学術貢献活動

2022年10月15日 - 2022年10月15日

Tokyo Egyptology International Symposium (TEIC) "200 Years after Champollion —Text and Context in Ancient Egypt—"


役割
企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等, 監修
種別
大会・シンポジウム等
主催者・責任者
日本学術振興会 科研費 21K00537 基盤研究(C)「エジプト語歴史音韻論におけるコプト語の母音組織の研究」(研究代表者:宮川創)

リンク情報
共同研究・競争的資金等の研究課題
エジプト語歴史音韻論におけるコプト語の母音組織の研究