笠松 直

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/31 23:58
 
アバター
研究者氏名
笠松 直
 
カサマツ スナオ
eメール
skasamatsusendai-nct.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/40510558.ja.html
所属
仙台高等専門学校
部署
総合工学科
職名
准教授
学位
博士(文学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
   
 
仙台高等専門学校 総合科学系 准教授
 

受賞

 
 
(公財)インテリジェント・コスモス学術財団 第15回インテリジェント・コスモス奨励賞 ICTを応用したミャンマー僧院所伝の仏教古写本研究とデータベース公開
 

論文

 
Inflections of dā, pra-dā, pra-yam and Their Suppletion in the Saddharmapuṇḍarīka-sūtra
笠松 直
印度学仏教学研究   66(3) 89-96   2018年3月   [査読有り]
教混交梵語文献におけるアオリストの問題再考―abhūt / abhūṣi / abhūṣītの歴史素描―
笠松 直
歴史言語学   6 41-57   2017年12月   [査読有り]
asthāt / asthāsīt in the Saddharmapuṇḍarīka-sūtra
笠松 直
印度学仏教学研究   65(3) 118-125   2017年3月   [査読有り]
On the Derivation of samādapana-/samādāpana- in the Saddharmapuṇḍarīka-sūtra
笠松 直
印度学仏教学研究   65(3) 118-125   2017年3月   [査読有り]
samādapana-とsamādāpana-―『法華経』カシュガル写本再考に向けて―
笠松 直
三友健容先生古稀記念論集   529-542   2016年3月   [招待有り]
貝葉古写本研究への電子工学的支援の実際―「電子ブック」作成手法と調査現況報告―
藤原和彦,宮尾正大,笠松直,逢坂雄美
南アジア古典学   (10) 131-142   2015年7月   [査読有り]
Saddhammajotikā僧院U Pho Thi図書室所蔵貝葉古写本調査報告
笠松 直
印度学仏教学研究   63(2) 896-902   2015年3月   [査読有り]
Jinālaṅkāra 1-2
笠松 直
仏教学   (56) 49-61   2015年2月   [査読有り]
貝葉古写本研究への電子工学的支援について―ミャンマー仏教古写本の「電子ブック」化の提案―
藤原和彦,笠松直,逢坂雄美
南アジア古典学   (9) 199-206   2014年11月   [査読有り]
Skt. argha-/arghya-,仏教語「閼伽」とLat. aqua
笠松 直
歴史言語学   (3) 53-65   2014年11月   [査読有り]
ミャンマー所伝南方仏教古写本調査報告―シャン州Thar-lay僧院を中心として―
笠松 直
印度学仏教学研究   62(2) 217-223   2014年3月   [査読有り]
ミャンマー僧院所伝のパーリ語古写本の現地調査―初期調査概要の報告と今後の展望―
笠松 直
論集   (40) 112-102   2013年12月   [査読有り]
devayāna-, brahmayāna-, mahāyāna-
笠松 直
印度学仏教学研究   61(3) 8-14   2013年3月   [査読有り]
中期インド・アーリヤ語聖典のパーソナルコンピュータによる自動解析III ―ジャバによる実行形式Jarファイル―
笠松直,西康友,逢坂雄美
中央学術研究所紀要   (41) 35-52   2012年11月
ナツメヤシとタマリンド
笠松 直
論集   (38) 34-30   2011年12月   [査読有り]
Vedic svargá-
笠松 直
印度学仏教学研究   59(3) 17-22   2011年3月   [査読有り]
Vedic svargá-
笠松 直
論集   (37) 17-22   2010年12月   [査読有り]
Maitrāyaṇī Saṁhitā 「祭火の礼拝」章の構成について
笠松 直
印度学仏教学研究   57(2) 839-843   2009年3月   [査読有り]
Manu and his five sons
笠松 直
14th World Sanskrit Conference. Abstructs   13   2009年   [査読有り]
マヌと五人の息子たち
笠松 直
論集   35 38-50   2008年12月   [査読有り]
Veda文献におけるsaṁ-sarj/srjの語義について
笠松 直
印度学仏教学研究   54(2) 231-235   2007年12月   [査読有り]
「祭火の礼拝」とその義務
笠松 直
印度学仏教学研究   56(1) 244-249   2007年12月   [査読有り]
On the inflection of OInd. śíras-/śīrṣáṇ-, n. 'head'
笠松 直
印度学仏教学研究   52(2) 954-950   2004年3月   [査読有り]
祭式学者としてのUddālaka Āruṇi
笠松 直
印度学仏教学研究   49(2) 975-973   2001年3月   [査読有り]
Veda文献群におけるUddālaka Āruṇi ―祭式学者としてのĀruṇiとその周辺―
笠松 直
論集   27 55-74   2000年12月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
梵文『法華経』「法師品」に見られる言語的特徴
笠松 直
第60回 印度学宗教学会学術大会   2018年5月26日   
法華経諸本にみるā-khyāとā-cakṣの活用語形について
笠松 直
第10回 ヴェーダ文献研究会   2018年3月26日   
梵文『法華経』におけるdā, pra-dā, pra-yamの活用とsuppletionについて
笠松 直
日本印度学佛教学会・第68回学術大会   2017年9月2日   
On the Jinālṅkāra and its ṭīkā
笠松 直
XVIIIth Congress, International Association of Buddhist Studies   2017年8月21日   
dā, pra-dā, pra-yamの活用とその変遷について
笠松 直
第59回インド学宗教学会学術大会   2017年5月27日   
Skt./BHS abhūt/ abhūṣi / abhūṣīt
笠松 直
第7回 ヴェーダ文献研究会   2016年11月20日   
仏教混交梵語文献におけるアオリストの問題再考―abhūṣi / abhūṣīt / abhūtの用例検証―
笠松 直
日本歴史言語学会 第6回大会   2016年11月20日   
asthāt/ asthāsīt
笠松 直
日本印度学仏教学会 第67回学術大会   2016年9月4日   
Jinālaṅkāraとその注釈
笠松 直
日本印度学佛教学会 第67回学術大会   2016年9月4日   
asthāt/ asthāsi/ asthāsīt
笠松 直
印度学宗教学会 第58会学術大会   2016年5月28日   
Saddhp samādapana- / samādāpana-
笠松 直
日本印度学仏教学会 第66回学術大会   2015年9月19日   
法華経の言語再考 ―中央アジア伝本「方便品」を中心に―
笠松 直
印度学宗教学会 第57回 学術大会   2015年5月30日   
Saddhp samādapana-/samādāpana-
笠松 直
第4回ヴェーダ文献研究会   2015年3月22日   
Saddhammajotikā僧院所蔵貝葉古写本調査報告
笠松 直
日本印度学仏教学会 第65回学術大会   2014年8月31日   
Saddhammajotikā僧院U Pho Thi図書室所蔵貝葉及びparabike写本調査報告
笠松 直
印度学宗教学会 第56回 学術大会   2014年7月12日   
Jinālaṅkāra及びṭīkā校注研究報告―Thar-lay, Saddhammajotikā僧院所蔵貝葉写本に基づく―
笠松 直
仏教思想学会 第三十回学術大会   2014年7月12日   
Skt. argha-/arghya-
笠松 直
日本歴史言語学会 2013年大会   2013年12月1日   
ミャンマー所伝南方仏教古写本調査報告―Thar-lay僧院を中心として
笠松 直
日本印度学仏教学会 第64回 学術大会   2013年9月1日   
シャン州Thar-lay僧院所蔵パーリ語古写本調査報告
笠松 直
印度学宗教学会 第55回学術大会   2013年6月2日   
devayāna-, brahmayāna-, mahāyāna-
笠松 直
日本印度学仏教学会 第63回学術大会   2012年6月30日   
devayāna-, brahmayāna-, mahāyāna-の語義と語の構成について
笠松 直
印度学宗教学会,第54回学術大会   2012年6月3日   
svargá-の語義と用法について
笠松 直
日本印度学仏教学会 第61回 学術大会   2010年9月10日   
svargá- 「天界」の原義について
笠松 直
印度学宗教学会 第53回学術大会   2010年5月30日   
Manu and his five sons
笠松 直
14th World Sanskrit Conference   2009年9月3日   
マヌと五人の息子たち
笠松 直
印度学宗教学会 第51回学術大会   2008年9月4日   
Maitrāyaṇī Saṃhitā「祭火の礼拝」章の構成について
笠松 直
日本印度学仏教学会第59回学術大会   2008年9月4日   
「祭火の礼拝」とその義務
笠松 直
日本印度学仏教学会 第58回学術大会   2007年9月4日   
MS I 5,7 ―晩と早朝の「祭火の礼拝」―
笠松 直
印度学宗教学会 第50回学術大会   2007年6月10日   
Veda文献におけるsaṁ-sarj/sjの語義について
笠松 直
日本印度学仏教学会 第56回学術大会   2005年7月29日   
Veda文献におけるsaṁ-sarjの語義について―獲得物分配の文脈における用法―
笠松 直
印度学宗教学会 第48回学術大会   2005年5月29日   
śíras-/(śīrṣá-/)śīrṣáṇ-の活用とその変遷について
笠松 直
日本印度学仏教学会 第54回学術大会   2003年9月6日   
祭式学者としてのUddālaka Āruni
笠松 直
日本印度学仏教学会 第51回学術大会   2000年9月2日   
Veda文献におけるUddālaka Āruni
笠松 直
印度学宗教学会 第42回学術大会   2000年5月27日   

競争的資金等の研究課題

 
ミャンマー所伝南方仏教古写本の現地調査及び収集資料のデジタル化とデータベース構築
日本学術振興会: 基盤研究B
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 笠松 直
ミャンマー所伝南方仏教史資料の国際協同現地調査
三菱財団: 平成25年度助成金・人文科学
研究期間: 2013年10月 - 2015年9月    代表者: 笠松 直
ミャンマーの南方仏教・パーリ語古写本と絵画資料の現地調査及び研究
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 笠松 直
ICT支援南方仏教文化研究と情報発信
KDDI財団: 2012年度・調査研究助成
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 笠松 直
『マイトラーヤニー サンヒター「祭火の礼拝」章訳注研究』
日本学術振興会: 若手研究(スタートアップ)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 笠松 直