山川烈

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/25 15:36
 
アバター
研究者氏名
山川烈
 
ヤマカワ タケシ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/00005547.ja.html

研究分野

 

経歴

 
2012年
 - 
現在
一般財団法人ファジィシステム研究所 副理事長・所長
 
1990年3月
 - 
2008年3月
財団法人ファジィシステム研究所 理事長
 

受賞

 
2016年10月
Asia Pacific Neural Network Society (APNNS) Outstanding Achievement Award
 
2009年9月
日本知能情報ファジィ学会 論文賞
 
2009年1月
米国電気電子学会 フェロー賞
 
2008年6月
IEEE 2008 Fuzzy Sytems Pioneer Award
 
2006年9月
日本知能情報ファジィ学会 業績賞
 
2006年9月
日本知能情報ファジィ学会 論文賞
 
2006年7月
WAC 2006 特別賞
 
2006年7月
Distinguished Keynote Speech Award
 
2005年9月
日本知能情報ファジィ学会 貢献賞
 
2005年7月
国際ファジィシステム学会 フェロー賞
 
2004年9月
KES 2004特別賞
 
2003年11月
KEDRI 最優秀科学者賞
 
2003年1月
日本知能情報ファジィ学会 フェロー賞
 
2001年11月
ANNES Award (ANNES賞)
 
2001年7月
INNS Gabor Award (INNS ガボール賞)
 
2000年6月
生涯業績賞
 
1999年5月
名誉博士号(ルーマニアPitesti大学)
 
1998年11月
バイオメディカル・ファジィ・システム学会 功労賞
 
1998年11月
第47回西日本文化賞
 
1994年8月
MOISIL賞 ゴールドメダル賞
 
1988年11月
第47回西日本文化賞
 

論文

 
Tokiwa T, Zimin L, Inoue T, Nomura S, Suzuki M, Yamakawa T
Epilepsy Research   143 27-32   2018年7月   [査読有り]
電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)   138 94-99   2018年2月   [査読有り]
Tomoki Sakogawa,Futoshi Kuroki,Masanori Eguchi,Takeshi Yamakawa
2018 IEEE Radio and Wireless Symposium, RWS 2018, Anaheim, CA, USA, January 15-18, 2018   94-96   2018年   [査読有り]
Kousei Kumahara,Futoshi Kuroki,Masanori Eguchi,Takeshi Yamakawa
2018 IEEE Radio and Wireless Symposium, RWS 2018, Anaheim, CA, USA, January 15-18, 2018   246-249   2018年   [査読有り]
元山宏宇、磯貝浩久、向野義人、山川烈
日本生理人類学会誌   22(4) 173-183   2017年10月   [査読有り]
Inoue T, Fujii M, Kida H, Yamakawa T, Maruta Y, Tokiwa T, He Y, Nomura S, Owada Y, Yamakawa T, Suzuki M
Neuroscience research   122 35-44   2017年4月   [査読有り]
The Development of a System Incorporating a "Multi-Mode Instruction" Exercise Program for Profoundly Intellectually Disabled Persons
Ritsuko Imamura and Takeshi Yamakawa
ICIC Express Letters   8(1) 215-220   2017年1月   [査読有り]
木と竹の文化 -箏と尺八-
山川烈
芸術工学会誌   71 15-21   2016年9月   [査読有り]
2016 WORLD AUTOMATION CONGRESS (WAC)      2016年   [査読有り]
Tatsuji Tokiwa, Lev Zimin, Satoru Ishizuka, Takao Inoue, Masami Fujii, Hiroshi Ishiguro, Hiroshi Kajigaya, Yuji Owada, Michiyasu Suzuki, and Takeshi Yamakawa
IEEE Transactions on Biomedical Engineering   62(8) 1949-1958   2015年8月   [査読有り]
Wong MY, Yamakawa T, Yoshikai N
Organic letters   17(3) 442-445   2015年2月   [査読有り]
Yamakawa Takeshi
FUZZY SETS AND SYSTEMS   258 134-138   2015年1月   [査読有り]
Hardware Implementation of Fuzzy Logic Controller -Designability, Stability and Robustness-
山川烈
Studies in Systems, Decision and Control   27 261-273   2015年   [査読有り]
Takeshi Yamakawa
Fuzzy Sets and Systems   258 134-138   2015年   [査読有り]
Takeshi Yamakawa and Tsutomu Miki
Studies in Fuzziness and Softcomputing   322 323-335   2015年   [査読有り]
山川烈
電気化学および工業物理化学   82(11) 1000-1006   2014年11月   [査読有り]
Nomura S, Fujii M, Inoue T, He Y, Maruta Y, Koizumi H, Suehiro E, Imoto H, Ishihara H, Oka F, Matsumoto M, Owada Y, Yamakawa T, Suzuki M
Epilepsia   55(5) 770-776   2014年5月   [査読有り]
Lalonde Francois, Gogtay Nitin, Giedd Jay, Vydelingum Nadarajen, Brown David, Tran Binh Q., Hsu Charles, Hsu Ming-Kai, Cha Jae, Jenkins Jeffrey, Ma Lien, Willey Jefferson, Wu Jerry, Oh Kenneth, Landa Joseph, Lin C. T., Jung T. P., Makeig Scott, Morabito Carlo Francesco, Moon Qyu, Yamakawa Takeshi, Lee Soo-Young, Lee Jong-Hwan, Szu Harold H., Cha Jae Hoon, Kaur Balvinder, Byrd Kenneth, Dang Karen, Krzywicki Alan, Familoni Babajide O., Larson Louis, Harkrider Susan, Krapels Keith A., Dai Liyi
INDEPENDENT COMPONENT ANALYSES, COMPRESSIVE SAMPLING, WAVELETS, NEURAL NET, BIOSYSTEMS, AND NANOENGINEERING XII   9118    2014年   [査読有り]
Yamakawa T, Yoshikai N
Chemistry, an Asian journal   9(5) 1242-1246   2014年5月   [査読有り]
Early Diagnostics of Leukemia by Employing Dielectrophoresis
PROCEEDINGS OF THE 2014 6TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTRONICS, COMPUTERS AND ARTIFICIAL INTELLIGENCE (ECAI)      2014年   [査読有り]
2014 WORLD AUTOMATION CONGRESS (WAC): EMERGING TECHNOLOGIES FOR A NEW PARADIGM IN SYSTEM OF SYSTEMS ENGINEERING      2014年   [査読有り]
Implantable Electronics for Diagnosis and Treatment of Intractable Epilepsy
PROCEEDINGS OF THE 2014 6TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTRONICS, COMPUTERS AND ARTIFICIAL INTELLIGENCE (ECAI)      2014年   [査読有り]
ペニシリン誘発けいれん発作は焦点領域における局所脳温度を上昇させる(Penicillin-induced epileptiform activity elevates focal brain temperature in anesthetized rats)
井上 貴雄, 常盤 達司, 藤井 正美, 石塚 智, 粟生 修司, 木田 裕之, 丸田 雄一, 山川 俊貴, 野村 貞宏, 鈴木 倫保, 山川 烈, Constortium of Advanced Epilepsy Treatment(CADET)
てんかん研究   31(2) 429-429   2013年9月
山川 烈
知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics   25(3)    2013年6月
Tokiwa T, Inoue T, Fujii M, Ishizuka S, Aou S, Kida H, Maruta Y, Yamakawa T, Nomura S, Suzuki M, Yamakawa T
Neuroscience research   76(4) 257-260   2013年8月   [査読有り]
Takeshi Yamakawa, Hidenori Kinoshita, Katsukiyo Miura
Journal of Organometallic Chemistry   724 129-134   2013年1月
Radical reactions using tribenzyltin hydride (Bn 3 SnH) easily prepared from tin and benzyl chloride were studied. The Et 3 B- initiated reduction and cyclization of haloalkanes and haloalkenes with Bn 3 SnH proceeded efficiently. Homolytic hydro...
He Y, Fujii M, Inoue T, Nomura S, Maruta Y, Oka F, Shirao S, Owada Y, Kida H, Kunitsugu I, Yamakawa T, Tokiwa T, Yamakawa T, Suzuki M
Brain research   1497 53-60   2013年2月   [査読有り]
Harold H. Szu,Charles Hsu,Gyu Moon,Takeshi Yamakawa,Binh Q. Tran,Tzyy-Ping Jung,Joseph Landa
Applied Comp. Int. Soft Computing   2013 241489:1-241489:8   2013年   [査読有り]
Yamakawa T, Yoshikai N
Organic letters   15(1) 196-199   2013年1月   [査読有り]
Shudai Ishikawa,Keiichi Horio,Yoshiaki Ueda,Ryosuke Kubota,Takeshi Yamakawa
International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems, ISPACS 2013, Naha-shi, Japan, November 12-15, 2013   718-721   2013年   [査読有り]
丸田雄一, 丸田雄一, 藤井正美, 藤井正美, 野村貞宏, 野村貞宏, 井本浩哉, 井本浩哉, 岡史朗, 出口誠, 吉川功一, 米田浩, 石原秀行, 山川烈, 山川烈, 鈴木倫保, 鈴木倫保
臨床神経生理学   40(6) 519-526   2012年12月
光トポグラフィー(多チャンネル近赤外線分光計測)による非侵襲性言語優位半球決定法の有用性を検証するため、開頭手術を行った患者11例(男7例、女4例、平均57歳)を対象に判定を行い、Wada testの結果と比較した。疾患内訳は脳腫瘍6例、脳動脈瘤3例、脳動静脈奇形1例、てんかん1例であった。光トポグラフィーの課題はブロックデザインの単語想起記述を用い、左右6種の関心領域(ROI)を設定して課題遂行中のmean Oxy-Hb値から偏性指数を算出し、Ruttenらの方法にしたがって優位半球を判...
てんかん焦点の脳局所冷却における脳循環代謝
井上 貴雄, 藤井 正美, 藤岡 裕士, 賀 業霆, 丸田 雄一, 小泉 博靖, 野村 貞宏, 末廣 栄一, 井本 浩哉, 出口 誠, 歌田 浩二, 石田 和慶, 松本 美志也, 山川 烈, 鈴木 倫保
脳循環代謝   24(1) 214-214   2012年11月
光血栓法により誘導した脳梗塞に対する局所脳冷却の保護効果(Protective effects of focal brain cooling on photochemically-induced cerebral infarction)
賀 業霆, 井上 貴雄, 丸田 雄一, 木田 裕之, 岡 史朗, 野村 貞宏, 藤井 正美, 大和田 祐二, 山川 烈, 鈴木 倫保
脳循環代謝   24(1) 213-213   2012年11月
山川俊貴, 井上貴雄, 藤井正美, 鈴木倫保, 山川烈, 山川俊貴, 井上貴雄, 藤井正美, 鈴木倫保, 山川烈, 山川俊貴
てんかん研究   30(2) 430-430   2012年9月
井上貴雄, 藤井正美, 木田裕之, 山川俊貴, 丸田雄一, 賀業霆, 常盤達司, 野村貞宏, 大和田祐二, 山川烈, 山川烈, 鈴木倫保, 井上貴雄, 藤井正美, 木田裕之, 山川俊貴, 丸田雄一, 賀業霆, 常盤達司, 野村貞宏, 大和田祐二, 山川烈, 鈴木倫保
てんかん研究   30(2) 327   2012年9月
局所脳冷却はラット局所性脳虚血後脳損傷を減少させ、周期性てんかん様放電を抑制する(Focal brain cooling suppresses periodic epileptiform discharges and lessens brain injury after focal cerebral ischemia in rats)
賀 業霆, 藤井 正美, 井上 貴雄, 野村 貞宏, 木田 裕之, 丸田 雄一, 国次 一郎, 山川 烈, 鈴木 倫保
てんかん研究   30(2) 430-430   2012年9月
Fujii M, Inoue T, Nomura S, Maruta Y, He Y, Koizumi H, Shirao S, Owada Y, Kunitsugu I, Yamakawa T, Tokiwa T, Ishizuka S, Yamakawa T, Suzuki M
Epilepsia   53(3) 485-493   2012年3月   [査読有り]
Kida H, Fujii M, Inoue T, He Y, Maruta Y, Nomura S, Taniguchi K, Ichikawa T, Saito T, Yamakawa T, Suzuki M
Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology   123(9) 1708-1713   2012年9月   [査読有り]
Separation of Blood Cells by Employing Dielectrophoresis and Traveling-wave Electric Fields
Hiroko Imasato, Takeshi Yamakawa, and Masanori Eguchi
Intelligent Automation and Soft Computing   18(2) 139-152   2012年   [査読有り]
Particle Separation by Employing Non-uniform Electric Fields
Masanori Eguchi, Hiroko Imasato, and Takeshi Yamakawa
Intelligent Automation and Soft Computing   18(2) 121-137   2012年   [査読有り]
賀業霆, 井上貴雄, 丸田雄一, 木田裕之, 岡史朗, 野村貞宏, 藤井正美, 大和田祐二, 山川烈, 鈴木倫保
脳循環代謝   24(1) 213   2012年
Eguchi Masanori, Imasato Hiroko, Yamakawa Takeshi
INTELLIGENT AUTOMATION AND SOFT COMPUTING   18(2) 121-137   2012年   [査読有り]
Imasato Hiroko, Yamakawa Takeshi
INTELLIGENT AUTOMATION AND SOFT COMPUTING   18(2) 119-120   2012年   [査読有り]
Imasato Hiroko, Yamakawa Takeshi, Eguchi Masanori
INTELLIGENT AUTOMATION AND SOFT COMPUTING   18(2) 139-152   2012年   [査読有り]
Multimodal sensory motor coordination by learning in dynamical self-organizing relationship network
Shunsuke Sakaguchi, Keiichi Horio, Takeshi Yamakawa
International Journal of Innovative Computing, Information and Control   7(11) 6097-6114   2011年10月   [査読有り]
江口 正徳, 今里 浩子, 山川 烈
バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌   13(1) 49-56   2011年6月
近年,誘電泳動現象はウィルスや血中細胞の異常細胞を検出・同定する技術として注目されている.誘電泳動現象とは,不均一電界下に溶液中のマイクロ粒子が電界強度の強い方向(正の誘電泳動),もしくは電界強度の弱い方向(負の誘電泳動)へ移動する現象である.通常,誘電泳動用電極に用いる薄膜電極は,電極エッジに電界が集中する.したがって,マイクロ粒子が正の誘電泳動を示す場合,電極エッジに付着するので正の誘電泳動力の測定が困難である.そこで本研究は,シーリング・クリークギャップ電極を用いることで,正の誘電泳...
Hakaru Tamukoh, Keiichi Horio, Takeshi Yamakawa and Masatoshi Sekine
IEICE Electronics Express   8(11) 773-779   2011年6月   [査読有り]
Yuya Hirayama, Satoru Ishizuka, Zimin Lev Grigorievich, Takeshi Yamakawa, Toshitaka Yamakawa
Advanced Materials Research   222 281-284   2011年4月   [査読有り]
Masanori Eguchi, Toshitaka Yamakawa, Takeshi Yamakawa
Advanced Materials Research   222 52-55   2011年4月   [査読有り]
Satoru Ishizuka, Hiroaki Koga, Zimin Lev Grigorievichi, Takeshi Yamakawa
International Journal of Intelligent Computing in Medical Sciences and Image Processing   4(2) 165-171   2011年   [査読有り]

Misc

 
Design of Fuzzy Logic Controller and its Distinctive Feature
山川烈
Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics   22(5) 740-746   2018年9月   [依頼有り]
山川 烈
知能と情報   30(2) 67-72   2018年4月
心身医学へのファジィ的アプローチの可能性
山川 烈
心身医学   58(3) 286-286   2018年4月
空翔太, 熊原宏征, 黒木太司, 江口正徳, 今里浩子, 山川烈, 堀尾恵一, 米田和恵, 田中文啓
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.C‐2‐89   2018年3月
熊原宏征, 黒木太司, 江口正徳, 山川烈
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.C‐2‐92   2018年3月
空 翔太, 熊原 宏征, 黒木 太司, 江口 正徳, 今里 浩子, 山川 烈, 堀尾 恵一, 米田 和恵, 田中 文啓
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(463) 87-90   2018年3月
空 翔太, 熊原 宏征, 黒木 太司, 江口 正徳, 今里 浩子, 山川 烈, 堀尾 恵一, 米田 和恵, 田中 文啓
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(462) 87-90   2018年3月
空翔太, 熊原宏征, 黒木太司, 江口正徳, 今里浩子, 山川烈, 堀尾恵一, 米田和恵, 田中文啓
電子情報通信学会技術研究報告   117(462(MW2017 173-196)) 87‐90   2018年2月
堀部 典子, 青木 振一, アハラリ アリレザ, 林 修平, 宮坂 均, 山川 烈
崇城大学紀要   43 229-234   2018年
熊原 宏征, 黒木 太司, 江口 正徳, 山川 烈
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(366) 37-42   2017年12月
熊原宏征, 黒木太司, 江口正徳, 山川烈
電子情報通信学会技術研究報告   117(366(MW2017 142-161)) 37‐42   2017年12月
空翔太, 熊原宏征, 黒木太司, 江口正徳, 今里浩子, 山川烈, 堀尾恵一, 米田和恵, 田中文啓
電気学会マグネティックス研究会資料   MAG-17(200-210) 53‐54   2017年11月
元山宏宇, 磯貝浩久, 向野義人, 山川烈
日本生理人類学会誌   22(4) 173‐183-183   2017年11月
誘電泳動下で回転する細胞の形状と角速度の関係性検討及び角速度補正の試み
松山 公弥, 古賀 裕章, 江口 正徳, 山川 烈, 堀尾 恵一
バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会講演論文集   30回 80-83   2017年11月
空翔太, 熊原宏征, 黒木太司, 江口正徳, 今里浩子, 山川烈, 堀尾恵一, 米田和恵, 田中文啓
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.C‐2‐74   2017年8月
迫川智貴, 黒木太司, 江口正徳, 山川烈
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.C‐2‐78   2017年8月
熊原宏征, 黒木太司, 江口正憲, 山川烈
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.C‐2‐67   2017年8月
熊原 宏征, 中島 健吾, 黒木 太司, 江口 正徳, 山川 烈
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(104) 25-30   2017年6月
常盤 達司, ジミン レフ, 石黒 博, 山川 烈
生体医工学   55(4) 276-276   2017年
<p>我々は,低侵襲外科治療を実現する凍結プローブの開発を行っている.凍結による外科治療では,確実に細胞を凍結壊死させるために,凍結速度・温度などが重要なパラメータとなっており,術中のプローブ先端温度の高精度な計測が必要不可欠である.従来様々な凍結プローブが開発されており,先端温度計測のために熱電対が使用されている.しかし,熱電対をプローブ先端に接着させるために必要な接着剤が,先端外壁と熱電対との間で熱抵抗として働くため,先端部位の測温精度が下がるという問題があった.そこで本研究では,従来...
重度知的障がいに対する運動実施プログラム構築に向けて 跳躍動作と投補動作の指導法の確立
今村 律子, 山川 烈, 高橋 義直
バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会講演論文集   28回 13-14   2015年11月
障がい者支援施設における運動実施プログラム構築に向けて
今村 律子, 山川 烈, 大倉 義文, 力丸 哲也
バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会講演論文集   27回 61-62   2014年11月
障がい者支援施設における知的障害者の運動不足対策として、障がい者支援施設A園の入居者13名(男性3名、女性10名。18〜58歳、平均年齢34±12歳)を対象に、週1回、90分間、室内ホールで運動指導者2名と施設スタッフ2名により運動指導(有酸素運動30分、柔軟運動30分、協調性運動30分)を6ヵ月間にわたって行い、対象者の運動機能や達成感、社会性への影響について検討した。その結果、運動機能については、初回には跨ぐ動作にも多くの時間を要する対象者が多くみられたが、回数を重ねるごとに運動課題を...
脳科学に準拠した自閉症回復のためのトレーニングシステム
山川 烈, 今村 律子, 大倉 義文
バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会講演論文集   27回 59-60   2014年11月
中島 健吾, 黒木 太司, 江口 正徳, 山川 烈
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(219) 41-44   2014年9月
高周波スイッチはSiやGaAsなどの半導体を用いて構成されるが、一方でスイッチの損失低下を目的としたRF-MEMSの利用も有望である。そこで、ミリ波帯フェーズドアレイ用移相器を目的としたRF-MEMSスイッチの基礎検討として、今回はMEMSを実装する導波路の考察を行った。
中島健吾, 黒木太司, 江口正徳, 山川烈
電子情報通信学会技術研究報告   114(219(MW2014 84-99)) 41-44   2014年9月
黒木 太司, 中島 健吾, 江口 正徳, 山川 烈
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014(1)    2014年9月
山川 烈
バイオメディカル・ファジィ・システム学会大会講演論文集 : BMFSA   26(26)    2013年10月
てんかん低侵襲治療法の展望
山川 烈
バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会講演論文集   26回 xv-xv   2013年10月
黒木 太司, 明石 歩, 江口 正徳, 山川 烈
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2013(1)    2013年9月
江口 正徳, 山川 烈
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(110) 65-68   2013年6月
近年,誘電泳動は血液や体液中の異常細胞を検出・同定する技術として注目されている.誘電泳動とは,不均一電界によって溶液中の粒子に力(誘電泳動力)が生じることにより,その粒子が移動する現象である.誘電泳動力の大きさと方向は,粒子と溶液の誘電特性に依存するので,細胞の誘電特性の違いに基づいた分離が可能となる.本論文では,Bottle neck Fork-Trace (BF)電極を作製し,誘電泳動と進行波電界を用いた赤血球と白血球の分離を行う.作製したBF電極は,チャンバー内に存在するすべての細胞...
黒木 太司, 明石 歩, 江口 正徳, 山川 烈
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(110) 69-72   2013年6月
誘電泳動現象を用いた白血病同定システムが研究されている。誘電泳動現象とは、電界の傾きにより粒子が運動する現象のことであるが、これを用いた白血病同定システムは従来のものと比べ、白血病同定のための速度が速い、コストが安い、操作が簡単というメリットがあり、現在、早期の開発が望まれている。今回、誘電泳動力を制御する目的のボトルネック電極に関して、その高周波性を検討した。
黒木太司, 明石歩, 江口正徳, 山川烈
電子情報通信学会技術研究報告   113(110(MW2013 29-47)) 69-72   2013年6月
江口正徳, 山川烈
電子情報通信学会技術研究報告   113(110(MW2013 29-47)) 65-68   2013年6月
Yutaka Hata, Takeshi Yamakawa, Syoji Kobashi, Kei Kuramoto, Kazunari Asari, Kazuhiko Taniguchi
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   130    2010年1月
Personal classification using sole pressure change is essential for intelligent control, security on home because the users do not need to have anything, such as ID-Card, PIN code and so on. In our study, we propose a personal classification syste...
山川 烈, 鈴木 倫保, 大和田 祐二, 藤井 正美, 石塚 智, 堀尾 恵一, 常盤 達司, 野村 貞宏, 粟生 修司, 井上 貴雄, 平山 裕哉, 古賀 裕章
バイオメディカル・ファジィ・システム学会大会講演論文集   23(0) 7-8   2010年
The current localization accuracy of the epileptogenc focus is not good and thus the extirpation of focus with significant margin causes the removal of normal brain and leads to the severe aftereffects such as restricted vision, motor dysfunction,...
今里 浩子, 山川 烈
バイオメディカル・ファジィ・システム学会大会講演論文集   23(0) 9-10   2010年
Leukemia is a disease which is diagnosed by blood test following symptom onset. The patients are often transported to a hospital after they get into serious symptom. An existing automatic blood cell counter can detect leukemia cells, only when the...
江口 正徳, 今里 浩子, 山川 烈
バイオメディカル・ファジィ・システム学会大会講演論文集   23(0) 105-108   2010年
In recent years, dielectrophoresis has attracted much interest because of its effective method to achieve the separation, detection and characterization of particles such as biological cells and virus. Diectrophoresis (DEP) is a movement of partic...
堀尾 恵一, 片山 智洋, 升井 一朗, 山川 烈
バイオメディカル・ファジィ・システム学会大会講演論文集   23(0) 237-240   2010年
In this paper, a graphical analysis method of subjective evaluation for facial profiles is introduced. Subjective evaluation is approximated by using nonlinear synapse neuron model, and the relationship between evaluations of many dental surgeons ...
江口 正徳, 今里 浩子, 山川 烈
バイオエンジニアリング講演会   2009(0)    2010年
藤岡 裕士, 藤井 正美, 井本 浩哉, 野村 貞宏, 梶原 浩司, 加藤 祥一, 藤澤 博亮, 山川 烈, 鈴木 倫保
Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery   48(2) 168-171   2009年12月
Takeshi Yamakawa
Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   7343    2009年9月
Epilepsy is a chronic brain disorder characterized by recurrent seizures. The seizure is shot down by the surgical removal of the region which is so called "epileptogenc focus". However, the accuracy to detect the focus is not good (order of cm). ...
常盤 達司, 山川 烈
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2009(0) _2P1-C02_1-_2P1-C02_4   2009年
In this paper, we explain a proposed Central Pattern Generator (CPG) network with independent controllability. The network is comprised of some CPGs and one Rethm Generator (RG). Each CPG and RG is represented by the Van der Pol equation. In order...
今里 浩子, 山川 烈
バイオエンジニアリング講演会   2008(0) 373-374   2009年
Akira Masuda, Takeshi Yamakawa, Lev Zimin
Proceedings of the SICE Annual Conference   1747-1750   2008年12月
This paper presents a micromanipulation system based on matrix of piezoelectric elements in liquid. Each element could be independently actuated to generate a local vibration that distorts pressure distribution above a surface of the matrix. New p...
K. Horio, T. Koga, T. Yamakawa
2008 World Automation Congress, WAC 2008      2008年12月
In this paper, a new distance measure for learning improvement of self-organizing map is described. The new distance measure is defined based on data distribution, thus it can be efficiently used for real application, in which data is often distri...
Takeshi Yamakawa, Kazuhiko Taniguchi, Kazunari Asari, Syoji Kobashi, Yutaka Hata
2008 World Automation Congress, WAC 2008      2008年12月
In this paper, we propose a personal identification by sole pressure change. We obtain sole pressure change of multiple steps by using two pressure sensor sheets. Each pressure sensor sheet is inserted into each shoe as an inner sock. Then, we ext...
Hiroko Imasato, Takeshi Yamakawa
2008 World Automation Congress, WAC 2008      2008年12月
If the nuclear folding and clefting characteristic of monocytoid cells are not present, the morphologic features observed under light microscopy may not be sufficient to clarify the diagnosis. Much more reliable methodology should be developed for...
Masumi Ishikawa, Kenji Doya, Hiroyuki Miyamoto, Takeshi Yamakawa
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   4984 LNCS    2008年10月

書籍等出版物

 
自己組織化マップとその応用(共著)
シュプリンガー・ジャパン株式会社   2007年   
重み付き距離測度に基づく自己組織化マップとその顎変形症診断支援システムへの応用(共著)
自己組織化マップとその応用   2007年   
Workshop on Self-Organizing Maps, Kohonen Teuvo, Fort Jean-Claude, Hammer Barbara, Kaski Samuel, Principe Jose, 山川 烈
Université Paris 1 Panthéon-Sorbonne   2005年   
徳高 平蔵, 藤村 喜久郎, 山川 烈
海文堂出版   2002年   ISBN:4303732311
International Conference on Soft Computing and Information/Intelligent Systems, 山川 烈, 松本 元, International Fuzzy Systems Association
World Scientific   1998年   ISBN:9810236328
International Conference on Soft Computing, 山川 烈, 松本 元, International Fuzzy Systems Association
World Scientific   1996年   ISBN:9810229305
日本ファジィ学会, 山川 烈, 内川 嘉樹
日刊工業新聞社   1995年   ISBN:4526036056
山川 烈
講談社   1992年7月   ISBN:4061851128
九州産学官協力会議, 山川 烈
工業調査会   1991年   ISBN:4769350481
小林 重信, 山川 烈, 福島 邦彦
NHK放送研修センター, ランゲージ・サービス (発売)   1990年   ISBN:4947536152
山川 烈
講談社   1988年8月   ISBN:4062039745
Gupta Madan M., 山川 烈
North-Holland, Sole distributors for the U.S.A. and Canada, Elsevier Science Pub. Co.   1988年   ISBN:0444704493
Gupta Madan M., 山川 烈
North-Holland, Sole distributors for the U.S.A. and Canada, Elsevier Science   1988年   ISBN:0444704507
International Conference on Soft Computing and Information/Intelligent Systems, 山川 烈, 松本 元, International Fuzzy Systems Association
World Scientific   ISBN:9810236336
International Conference on Soft Computing and Information/Intelligent Systems, 山川 烈, 松本 元, International Fuzzy Systems Association
World Scientific   ISBN:9810239637
International Conference on Soft Computing and Information/Intelligent Systems, 山川 烈, 松本 元, International Fuzzy Systems Association
World Scientific   ISBN:9810239645
International Conference on Soft Computing and Information/Intelligent Systems, 山川 烈, 松本 元, International Fuzzy Systems Association
World Scientific   ISBN:9810239653
International Conference on Soft Computing and Information/Intelligent Systems, 山川 烈, 松本 元, International Fuzzy Systems Association
World Scientific   ISBN:9810239661
International Conference on Soft Computing, 山川 烈, 松本 元, International Fuzzy Systems Association
World Scientific   ISBN:9810229313
International Conference on Soft Computing, 山川 烈, 松本 元, International Fuzzy Systems Association
World Scientific   ISBN:9810229321
International Conference on Soft Computing, 山川 烈, 松本 元, International Fuzzy Systems Association
World Scientific   ISBN:981022933X
International Conference on Soft Computing, 山川 烈, 松本 元, International Fuzzy Systems Association
World Scientific   ISBN:9810228457
International Conference on Soft Computing, 山川 烈, 松本 元, International Fuzzy Systems Association
World Scientific   ISBN:9810228465

講演・口頭発表等

 
負性抵抗素子を用いた循環腫瘍細胞検出リング共振器型電極のQ値改善に関する検討
空翔太、熊原宏征、黒木太司、江口正徳、山川烈、田中文啓
2019年電子情報通信学会総合大会   2019年3月   
ピンセット形電極の共振現象を利用した肺癌部位推定に関する一考察
熊原宏征、坂本雅弥、黒木太司、江口正徳、山川烈、田中文啓
2019年電子情報通信学会総合大会   2019年3月   
Numerical and Experimental Investigations on Ring Resonator Type of Electrode for Circulating Tumor Cell Detection
Shouta Sora, Kousei Kumahara, Masanori Eguchi, Futoshi Kuroki, Takeshi Yamakawa, Fumihiro Tanaka
2019 Radio ans Wireless Week   2019年3月   
The Necrotization of Lentigines by the Cryoprobe
Takeshi Yamakawa, Masayo Omaru
13th International Conference on Innovative Computing, Information, and Control (ICICIC2018)   2018年8月21日   
The Study on Response Time and Duration of Acupuncture Effect for Five Kinds of Physical Stimuli - Quantification of the Effect by Finger-Floor Distance (FFD) -
Tetsuya Yoneda, Takeshi Yamakawa
13th International Conference on Innovative Computing, Information, and Control (ICICIC2018)   2018年8月21日   
Identifying and Handling a Biological Cell by Employing Dielectrophoresis [招待有り]
Takeshi Yamakawa
7th International Conference on Informatics, Electronics & Vision (ICIEV2018)   2018年6月26日   
Numerical Investigation of Circulating Tumor Cell Detection Using Resonant Circuits
Shouta Sora, Kousei Kumahara, Futoshi Kuroki, Masanori Eguchi, Hiroko Imasato, Takeshi Yamakawa, Keiichi Horio, Kazue Yoneda, Fumihiro Tanaka
World Automation Congress 2018 (WAC2018)   2018年6月5日   
Development of Pillar Electrode Array for Electrorotation Analysis of Single Cells
Masanori Eguchi, Keiichi Horio, Futoshi Kuroki, Hiroko Imasato, Takeshi Yamakawa
World Automation Congress 2018 (WAC2018)   2018年6月5日   
Consideration of Relationship between Shape and Angular Velocity of Particles under Electrorotation
Keiichi Horio, Koya Matsuyama, Masanori Eguchi, Takeshi Yamakawa
World Automation Congress 2018 (WAC2018)   2018年6月5日   
Sensing Performance Evaluation of Landslides Prediction System Based on Bistatic Radar Technology Using Public AM Radio Broadcasting
Kousei Kumahara, Futoshi Kuroki, Masanori Eguchi, Takeshi Yamakawa
2018 IEEE MTT-S International Microwave Symposium   2018年6月   
Prospect for Mild Epiepsy Treatment [招待有り]
山川烈
The 2nd International Conference on Healthcare, SDGs and Social Business   2018年4月26日   
中島健吾, 黒木太司, 江口正徳, 山川烈
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016年9月6日   
江口正徳, 今里浩子, 山川烈
化学とマイクロ・ナノシステム学会研究会講演要旨集   2015年11月26日   
今村律子, 今村律子, 山川烈, 山川烈, 山川烈, 高橋義直
バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会講演論文集   2015年11月21日   
重度知的障がいに対する運動実施プログラム構築に向けて 跳躍動作と投補動作の指導法の確立
今村 律子, 山川 烈, 高橋 義直
バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会講演論文集   2015年11月   
中島健吾, 黒木太司, 江口正徳, 山川烈
電子情報通信学会技術研究報告   2015年4月9日   
中島健吾, 黒木太司, 江口正徳, 山川烈
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2015年2月24日   
井上貴雄, 野村貞宏, 木田裕之, 木田裕之, 常盤達司, 丸田雄一, 賀業霆, 山川俊貴, 大和田祐二, 山川烈, 鈴木倫保
日本てんかん外科学会プログラム・抄録集   2015年1月   
山川烈, 今村律子, 大倉義文
バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会講演論文集   2014年11月11日   
今村律子, 山川烈, 大倉義文, 力丸哲也
バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会講演論文集   2014年11月11日   
障がい者支援施設における知的障害者の運動不足対策として、障がい者支援施設A園の入居者13名(男性3名、女性10名。18〜58歳、平均年齢34±12歳)を対象に、週1回、90分間、室内ホールで運動指導者2名と施設スタッフ2名により運動指導(有酸素運動30分、柔軟運動30分、協調性運動30分)を6ヵ月間にわたって行い、対象者の運動機能や達成感、社会性への影響について検討した。その結果、運動機能については、初回には跨ぐ動作にも多くの時間を要する対象者が多くみられたが、回数を重ねるごとに運動課題を...
黒木 太司, 中島 健吾, 江口 正徳, 山川 烈
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014年9月9日   
山川 烈
バイオメディカル・ファジィ・システム学会大会講演論文集 : BMFSA   2013年10月12日   
てんかん低侵襲治療法の展望
山川 烈
バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会講演論文集   2013年10月   
黒木 太司, 明石 歩, 江口 正徳, 山川 烈
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2013年9月3日   
井上貴雄, 藤井正美, 藤岡裕士, 賀業霆, 丸田雄一, 小泉博靖, 野村貞宏, 末廣栄一, 井本浩哉, 出口誠, 歌田浩二, 石田和慶, 松本美志也, 山川烈, 鈴木倫保
日本てんかん外科学会プログラム・抄録集   2012年12月20日   
井上貴雄, 藤井正美, 山川俊貴, 堀尾恵一, 丸田雄一, 野村貞宏, 石塚智, 粟生修司, 大和田祐二, 山川烈, 鈴木倫保
日本てんかん外科学会プログラム・抄録集   2012年12月20日   
山川俊貴, 山川俊貴, 山川俊貴, 井上貴雄, 井上貴雄, 藤井正美, 藤井正美, 丸田雄一, 丸田雄一, 木田裕之, 木田裕之, 野村貞宏, 野村貞宏, 山川烈, 山川烈, 鈴木倫保, 鈴木倫保
日本てんかん外科学会プログラム・抄録集   2012年12月20日   
山川烈, 山川烈, 鈴木倫保, 藤井正美, 野村貞宏, 丸田雄一, 井上貴雄, 大和田祐二, 山川俊貴, 石塚智, 粟生修司, 堀尾恵一, 常盤達司, 常盤達司
日本てんかん外科学会プログラム・抄録集   2012年12月20日   
山川 烈, 鈴木 倫保, 大和田 祐二, 藤井 正美, 石塚 智, 堀尾 恵一, 常盤 達司, 野村 貞宏, 粟生 修司, 井上 貴雄, 平山 裕哉, 古賀 裕章
バイオメディカル・ファジィ・システム学会大会講演論文集 : BMFSA   2010年10月9日   
The current localization accuracy of the epileptogenc focus is not good and thus the extirpation of focus with significant margin causes the removal of normal brain and leads to the severe aftereffects such as restricted vision, motor dysfunction,...
今里 浩子, 山川 烈
バイオメディカル・ファジィ・システム学会大会講演論文集 : BMFSA   2010年10月9日   
Leukemia is a disease which is diagnosed by blood test following symptom onset. The patients are often transported to a hospital after they get into serious symptom. An existing automatic blood cell counter can detect leukemia cells, only when the...
江口 正徳, 今里 浩子, 山川 烈
バイオメディカル・ファジィ・システム学会大会講演論文集 : BMFSA   2010年10月9日   
In recent years, dielectrophoresis has attracted much interest because of its effective method to achieve the separation, detection and characterization of particles such as biological cells and virus. Diectrophoresis (DEP) is a movement of partic...
堀尾 恵一, 片山 智洋, 升井 一朗, 山川 烈
バイオメディカル・ファジィ・システム学会大会講演論文集 : BMFSA   2010年10月9日   
In this paper, a graphical analysis method of subjective evaluation for facial profiles is introduced. Subjective evaluation is approximated by using nonlinear synapse neuron model, and the relationship between evaluations of many dental surgeons ...
山川 俊貴, 山川 烈, 石塚 智
ファジィシステムシンポジウム講演論文集   2010年9月13日   
今里 浩子, 山川 烈
バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2010年1月8日   
江口 正徳, 今里 浩子, 山川 烈
バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2010年1月8日   
藤岡 裕士, 藤井 正美, 井本 浩哉, 野村 貞宏, 梶原 浩司, 加藤 祥一, 藤澤 博亮, 山川 烈, 鈴木 倫保
Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery   2009年12月12日   
常盤 達司, 山川 烈
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2009年5月25日   
In this paper, we explain a proposed Central Pattern Generator (CPG) network with independent controllability. The network is comprised of some CPGs and one Rethm Generator (RG). Each CPG and RG is represented by the Van der Pol equation. In order...
今里 浩子, 山川 烈
バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2009年1月22日   
堀尾 恵一, 升井 一朗, 古賀 崇了, 山川 烈
バイオメディカル・ファジィ・システム学会大会講演論文集 : BMFSA   2008年10月11日   
In this paper, an orthognathic surgery support system, in which features of patients before and after surgery are represented in 2D map using weighted distance-based self-organizing map, is proposed. The proposed system makes it easy to visually o...
今里 浩子, 山川 烈
バイオメディカル・ファジィ・システム学会大会講演論文集 : BMFSA   2008年10月11日   
If the nuclear folding and clefting characteristic ofmonocytoid cells are not present, the morphologic features observed under light microscopy may not be sufficient to clarify the diagnosis. Much more reliable methodology should be developed for ...
山川 烈, Grigorievich Zimin Lev, 石塚 智, 堀尾 恵一, 鈴木 倫保, 大和田 祐二, 藤井 正美, 野村 貞宏, 山川 俊貴
バイオメディカル・ファジィ・システム学会大会講演論文集 : BMFSA   2008年10月11日   
Epilepsy is a chronic brain disorder characterized by recurrent seizures. The seizure is shot down by the surgical removal of the region which is so called "epileptogenic focus ". However, the accuracy to detect the focus is not good (order of cm)...
堀尾 恵一, 古賀 崇了, 山川 烈
ファジィシステムシンポジウム講演論文集   2008年9月3日   
常盤 達司, Paulin Michael G., 山川 烈
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集   2008年6月6日   
In this paper, we explain the proposed Central Pattern Generator (CPG) network with independent controllability. The network is comprised of some CPGs and one Rethm Generator (RG). Each CPG and RG is represented by the Van der Pol equation. In ord...
園尾 聡, 粟生 修司, 堀尾 恵一, 田向 権, 古賀 崇了, 下 尚紀, 山川 烈
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2008年3月5日   
下 尚紀, Pane Shaoning, 堀尾 恵一, Kasabov Nikola, 田向 権, 古賀 崇了, 園尾 聡, 磯貝 浩之, 山川 烈
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2008年3月5日   
石川 眞澄, 永松 正博, 萩原 隆男, 山本 尚幸, 桐明 芙三子, 西田 武彦, 山川 烈, 石井 和男, 中川 秀樹, 章 宏
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2008年3月5日   
園尾 聡, 粟生 修司, 堀尾 恵一, 田向 権, 古賀 崇了, 下 尚紀, 山川 烈
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2008年3月5日   
下 尚紀, Pang Shaoning, 堀尾 恵一, Kasabov Nikola, 田向 権, 古賀 崇了, 園尾 聡, 磯貝 浩之, 山川 烈
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2008年3月5日   
石川 眞澄, 永松 正博, 萩原 隆男, 山本 尚幸, 桐明 芙三子, 西田 武彦, 山川 烈, 石井 和男, 中川 秀樹, 章 宏
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2008年3月5日   

競争的資金等の研究課題

 
ソフトコンピューティングと誘電泳動現象を利用した血中微量循環腫瘍細胞の早期同定
文部科学省: 科学研究費補助金基盤研究(A)
研究期間: 2016年6月 - 2018年3月    代表者: 山川烈
扁桃体モデルと情動発現
研究期間: 2015年   
ソフトコンピューティング技術による「てんかん」原性域の特定と低侵襲治療法の確立
文部科学省: 科学研究費補助金特別推進研究
研究期間: 2008年6月 - 2012年3月    代表者: 山川烈
生体神経ダイナミクス制御用複合マイクロプローブの試作と制御方式
文部科学省: 科学研究費補助金基盤研究(A)
研究期間: 2006年 - 2010年3月    代表者: 山川烈
生物とロボットが織りなす脳情報工学の世界
文部科学省: 21世紀COEプログラム
研究期間: 2013年 - 2008年3月    代表者: 山川烈
自己組織化学習チップの開発とそのロボティクスへの応用
文部科学省: 科学研究費補助金基盤研究(A)
研究期間: 2002年 - 2006年3月    代表者: 山川烈
誘電泳動現象の臨床検査への応用
研究期間: 2004年   
知的瞬時処理複合化集積システム(領域代表者 大見忠弘教授) 知的プリプロセルアルゴリズム
文部科学省: 科学研究費補助金特定領域研究
研究期間: 2000年 - 2003年3月    代表者: 山川烈
生命情報プロセッサの出入力機構の設計と構築
日本学術振興会: 未来開拓学術研究推進事業
研究期間: 1997年 - 2002年3月    代表者: 山川烈
脳のモデル自己組織化関係ネットワーク(SORネットワーク)とその応用
研究期間: 1999年   
知能の極限集積化(略称)(領域代表者 大見忠弘教授)多次元情報生体的処理システムの研究(研究代表者 石原宏教授)
文部省: 科学研究費補助金特定領域研究(A)
研究期間: 1998年       代表者: 山川烈
カオス遍歴を利用した脳の連鎖的想起モデル
文部省: 科学研究費補助金重点領域研究(2)
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 山川烈

特許

 
山川 烈, ジミン レフ グレゴリエビッチ, ジミン ユーリ ルボビッチ
山川 烈, ジミン レフ グレゴリエビッチ, ジミン ユーリ ルボビッチ
ジミン レフ グレゴリエビッチ, 山川 烈, ジミン ユーリ ルボビッチ
ジミン レフ グレゴリエビッチ, 山川 烈, ジミン ユーリ ルボビッチ
ジミン レフ グレゴリエビッチ, 山川 烈
山川 烈, 仲西 淳治, 森藤 司, 永杉 茂, 稲川 直裕
山川 烈, 仲西 淳治, 森藤 司, 永杉 茂, 稲川 直裕
山川 烈, 仲西 淳治, 森藤 司, 永杉 茂, 稲川 直裕
ホリア ニコライ テオドレスク, 山川 烈