松田 達磨

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/01 18:06
 
アバター
研究者氏名
松田 達磨
 
マツダ タツマ
URL
http://denshi-server.phys.se.tmu.ac.jp/Matsuda/Matsuda_jp.html
所属
首都大学東京
部署
理学研究科
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京都立大学理学部)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
首都大学東京 理学研究科 准教授
 
2013年4月
 - 
2018年3月
首都大学東京 理工学研究科 准教授
 
2011年10月
 - 
2013年3月
日本原子力研究開発機構 先端基礎研究センター 副主任研究員
 
2009年4月
 - 
2010年3月
フランス原子力庁(Grenoble) INAC, SPSMS 客員研究員
 
2005年10月
 - 
2011年9月
日本原子力研究開発機構 先端基礎研究センター 研究員
 

学歴

 
 
 - 
2001年3月
東京都立大学 理学研究科 物理学専攻博士課程修了
 
 
 - 
1996年3月
東京都立大学 理学部 物理学科
 

受賞

 
2009年
日本物理学会 第14回物理学会論文賞 J. Phys. Soc. Jpn. 76 (2007) 063701.
 
2012年10月
日本原子力研究開発機構 研究開発功績賞 アクチノイド化合物の単結晶育成と精密物性評価
 

論文

 
Yosuke Goto, Akira Miura, Chikako Moriyoshi, Yoshihiro Kuroiwa, Tatsuma D. Matsuda, Yuji Aoki, Yoshikazu Mizuguchi
Scientific Reports   8    2018年12月
© 2018, The Author(s). Superconductors with a van der Waals (vdW) structure have attracted a considerable interest because of the possibility for truly two-dimensional (2D) superconducting systems. We recently reported NaSn2As2as a novel vdW-type ...
T. Sugimoto, T. Sugimoto, T. Sugimoto, E. Paris, T. Wakita, K. Terashima, T. Yokoya, A. Barinov, J. Kajitani, R. Higashinaka, T. D. Matsuda, Y. Aoki, T. Mizokawa, N. L. Saini
Scientific Reports   8    2018年12月
© 2018 The Author(s). Recently CeOBiS 2 system without any fluorine doping is found to show superconductivity posing question on its origin. Using space resolved ARPES we have found a metallic phase embedded in the morphological defects and at the...
S. Kambe, Y. Tokunaga, H. Sakai, T. Hattori, N. Higa, T. D. Matsuda, T. D. Matsuda, Y. Haga, R. E. Walstedt, H. Harima
Physical Review B   97    2018年6月
© 2018 American Physical Society. We report Si29 and Ru101 NMR measurements on high-quality, single-crystal URu2Si2 samples with a residual resistivity ratio RRR∼70. Our results show that the Si and Ru sites exhibit fourfold electronic symmetry ar...
Kazuya Suyama, Kazuaki Iwasa, Yuka Otomo, Keisuke Tomiyasu, Hajime Sagayama, Ryoko Sagayama, Hironori Nakao, Reiji Kumai, Yoshinori Kitajima, Françoise Damay, Jean Michel Mignot, Akira Yamada, Tatsuma D. Matsuda, Yuji Aoki
Physical Review B   97    2018年6月
© 2018 American Physical Society. Structural studies were performed on R3Rh4Sn13 (R=La and Ce). X-ray diffraction measurements on single-crystalline samples of both Rh-based compounds, which were synthesized by the molten Sn-flux method, have reve...
Yukiharu Takeda, Yuji Saitoh, Tetsuo Okane, Hiroshi Yamagami, Tatsuma D. Matsuda, Etsuji Yamamoto, Yoshinori Haga, Yoshichika Onuki
Physical Review B   97    2018年5月
© 2018 American Physical Society. We have performed soft x-ray magnetic circular dichroism (XMCD) experiments on the itinerant-electron metamagnet UCoAl at the U 4d-5f(N4,5) and Co 2p-3d(L2,3) absorption edges in order to investigate the magnetic ...

Misc

 
Shota Onishi, Rajveer Jha, Atsushi Miyake, Ryuji Higashinaka, Tatsuma D. Matsuda, Masashi Tokunaga, Yuji Aoki
AIP Advances   8    2018年10月
© 2018 Author(s). We have measured magnetoresistance of type-II Weyl semimetal WTe2 in high magnetic fields of B//c up to B = 56 T using a high quality single crystal with the residual resistivity ratio 1330. A Kohler plot demonstrates the existen...
Rajveer Jha, Shota Onishi, Ryuji Higashinaka, Tatsuma D. Matsuda, Raquel A. Ribeiro, Yuji Aoki
AIP Advances   8    2018年10月
© 2018 Author(s). We measure the electrical resistivity ρ of type-II Weyl semimetal WTe2using high-quality single crystals for the current I along the a and b crystallographic directions in rotating magnetic fields in the plane perpendicular to th...
Yoshiki Nakanishi, Kazuto Nakamura, Masahiro Nakamura, Masaya Taniguchi, Mitsuteru Nakamura, Masahito Yoshizawa, Akira Yamada, Ryuji Higashinaka, Tatsuma D. Matsuda, Yuji Aoki
AIP Advances   8    2018年10月
© 2018 Author(s). Ultrasound measurements have been carried out to investigate the elastic and low-temperature 4f-electronic properties of the Sm-based 1-2-20 system SmPt2Cd20. It was found that SmPt2Cd20 shows a pronounced elastic softening towar...
S. Dash, T. Morita, K. Kurokawa, Y. Matsuzawa, N. L. Saini, N. Yamamoto, Joe Kajitani, R. Higashinaka, T. D. Matsuda, Y. Aoki, T. Mizokawa
Physical Review B   98    2018年10月
© 2018 American Physical Society. We have investigated the electronic properties of BiS2-based superconductors by using x-ray photoemission spectroscopy (XPS). In going from x=0.3 to 0.5 in PrO1-xFxBiS2, the Pr 3d and Pr 4d peaks are shifted by ∼0...
石見 聖, 山田 瑛, 東中 隆二, 松田 達磨, 青木 勇二
日本物理学会講演概要集   72(0) 2392-2392   2017年
<p>Iwami;Sei, Yamada;Akira, Higashinaka;Ryuji, Aoki;Yuji, Matsuda;Tatsuma我々はf電子を5つもつSm系化合物の結晶構造と特異な強相関物性に注目し物質探索を進めている。 最近我々はフラックス法によって新物質Sm_3_Pt_4_X_6_( X = Si , Ge )の単結晶合成に成功した。二つは斜方晶の結晶構造をとる。 Sm_3_Pt_4_Si_6_は、RRR =106の高純度単結晶である。Sm_3_Pt_4_Ge_6_で...

講演・口頭発表等

 
大西 翔太, 山田 瑛, 三田 昌明, 東中 隆二, 松田 達磨, 青木 勇二
日本物理学会講演概要集   2017年   
<p>我々はBiS_2_系層状超伝導体単結晶試料を用いて超伝導転移温度の一軸圧力効果を調べている。本系は2枚の隣接するBiS_2_伝導層がVan der Waals力により結合した構造を持つ。c軸方向に一軸圧力を印加し、超伝導特性を調べることで、この2枚のBiS_2_伝導層の結合が超伝導にどのように関与しているのか知見を得ることが目的である。</p>
飯沼 拓也, 鄭 譽賛, 東中 隆二, 一ノ瀬 すみれ, 青木 勇二, 松田 達磨
日本物理学会講演概要集   2017年   
<p>ThCr_2_Si_2_-typeの結晶構造をとる化合物は強相関f電子系としてはSiやGeを含む系において長年精力的に研究されてきた。近年、FeAs系超伝導体の研究の進展もあり、ニクトゲン系の化合物について対象が広がっている。我々は高圧合成法など用いてRPd_2_P_2_系の研究を行っている。R=Ceにおいては強磁性転移と近藤効果が競合する系として注目されており、Rを系統的に変えて物性研究を行ったので報告する。</p>
神戸 振作, 酒井 宏典, 徳永 陽, 服部 泰佑, Lapertot G., 松田 達磨, Knebel G., Flouquet J., Walstedt R.E.
日本物理学会講演概要集   2017年   
<p>Si核間のRK相互作用、及び擬ダイポール相互作用の温度依存をスピンエコー減衰実験から求めた。その結果から、Fermi面の温度依存について議論する。</p>
服部 泰佑, 酒井 宏典, 徳永 陽, 神戸 振作, 松田 達磨, 芳賀 芳範
日本物理学会講演概要集   2017年   
<p>URu2Si2は、17.5 Kで「隠れた秩序」に相転移し、1.5 Kで超伝導を示す。「隠れた秩序」と共存する新奇な超伝導状態の詳細を明らかにするために、純良単結晶に対するSi NMR測定を行った。結果、磁化容易軸方向のナイトシフトは超伝導転移に伴い減少したが、磁化困難軸である面内ナイトシフトの変化は見られなかった。異方的なナイトシフトの変化について詳細を議論する。</p>
松田 達磨, 一ノ瀬 すみれ, 岸本 美晴, 山田 瑛, 國利 洸貴, 東中 隆二, 佐藤 英行, 青木 勇二
日本物理学会講演概要集   2017年   
<p>多くの強相関電子物性が発現する充填型スクッテルダイトは、一般に重希土類元素が充填された系の結晶育成が難しい。そのため、それらの基礎物性や、特徴的籠状構造に由来する非調和フォノンの物性への寄与と充填元素依存性等はあまり明らかになっていない。最近、我々は新規重希土類充填スクッテルダイトの高純度結晶育成に成功し、低温における物性異常を明らかにしたので報告する。</p>

担当経験のある科目

 
 

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
J-Physics:多極子伝導系の物理(B01: 遍歴多極子による新奇量子伝導相)
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2015年 - 2020年    代表者: 青木 大
層状超伝導体BiS2系における局所構造と量子臨界的挙動及び超伝導特性の相関
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 松田 達磨
籠状構造を有する希土類希薄化合物に普遍的な特性と充填スクッテルダイトの固有特性
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 佐藤 英行
強磁性超伝導体URhGe 及び UCoGe のフェルミ面の特性研究
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 松田 達磨
アルファ崩壊で探る固体内電子状態
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 芳賀 芳範
強磁性の量子臨界終点における新しい量子状態の解明と探索
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 小手川 恒
空間・時間反転対称性の破れたウラン化合物のフェルミ面の研究
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 松田 達磨
アクチノイド化合物における大きな磁気抵抗効果の研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 山本悦嗣
アクチノイド充填スクッテルダイト化合物の新しい展開
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 松田 達磨
強相関f電子系研究のプルトニウム化合物への発展
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 芳賀芳範