村上 達郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/23 16:48
 

プロフィール

生化学、細胞生物学、分子生物学、遺伝学、組織学的手法を用いて、最近発見された非ビシクル型化学シナプスの形成機構や制御機構を分子で詳述し、またその存在の普遍性を明らかにすることで、非ビシクル型化学シナプスの主権を確固たるものにしようと考えております。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年7月
 - 
2019年3月
広告代理店(オムニコムグループ) メディカルコピーライター
 
2016年4月
 - 
2017年5月
University of Copenhagen Research assistant/PhD fellow
 
2015年12月
 - 
2016年4月
University of Copenhagen Guest Reseacher
 
2014年4月
 - 
2016年1月
日本学術振興会特別研究員 DC1
 
2012年4月
 - 
2014年3月
生理学研究所 Research Assistant
 

論文

 
Yokoi N, Fukata Y, Sekiya A, Murakami T, Kobayashi K, Fukata M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   36(24) 6431-6444   2016年6月   [査読有り]
Taruno A, Sun H, Nakajo K, Murakami T, Ohsaki Y, Kido MA, Ono F, Marunaka Y
The Journal of physiology   595(18) 6121-6145   2017年9月   [査読有り]
Fukata Y, Murakami T, Yokoi N, Fukata M
Current topics in membranes   77 97-141   2016年   [査読有り]
Suzuki M, Murakami T, Cheng J, Kano H, Fukata M, Fujimoto T
Molecular biology of the cell   26(12) 2333-2342   2015年6月   [査読有り]
Zhu D, Li C, Swanson AM, Villalba RM, Guo J, Zhang Z, Matheny S, Murakami T, Stephenson JR, Daniel S, Fukata M, Hall RA, Olson JJ, Neigh GN, Smith Y, Rainnie DG, Van Meir EG
The Journal of clinical investigation   125(4) 1497-1508   2015年4月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
電位依存性カリウムチャネルの統合失調症への関与
ルンドベック財団(デンマーク): Ph.D.フェローシップ
研究期間: 2017年3月 - 2017年5月    代表者: 村上 達郎
2017 525000DKK(約1000万円)
2018 525000DKK(約1000万円)
2019 525000DKK(約1000万円)
帰国につき辞退
パルミトイル化サイクルの意義とその基質によるシナプス伝達制御機構の解明
KAKEN: 特別研究員奨励費
研究期間: 2014年4月 - 2016年1月    代表者: 村上 達郎

社会貢献活動

 
SSH SSDayⅡ
【講師】  立命館慶祥高校SSH  2014年9月22日