共同研究・競争的資金等の研究課題

2012年4月 - 2016年3月

グローバル化した世界における哲学的「人権」概念の研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

課題番号
24320007
体系的課題番号
JP24320007
配分額
(総額)
8,320,000円
(直接経費)
6,400,000円
(間接経費)
1,920,000円

本研究の第一の成果は、日独倫理学コロキウムを4回開催し(ドイツで3回、日本で1回)、国際研究交流を実現したことである。グローバル化した世界における人権問題を、その問題に対峙しているドイツ人哲学研究者と重ねて討議できた。カント実践哲学に依拠しつつ行われた討論から得た成果として次のものが挙げられる。まず、人権は制度・機関なくして実現するものでないものの、それだけで実現するものでもないことを確認した。次に、人権と<人間の尊厳>との関係について、見解の相違があることを確認し、双方の理路を明らかにした。さらに、人権を実現するための政治がいかに道徳と関係しているかを、その道徳の意味とともに明らかにした。

リンク情報
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-24320007
ID情報
  • 課題番号 : 24320007
  • 体系的課題番号 : JP24320007