二宮利治

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 16:42
 
アバター
研究者氏名
二宮利治
 
ニノミヤ トシハル
所属
九州大学
部署
医学研究院
職名
教授

プロフィール

平成 5年(1993) 3月 九州大学医学部卒業
平成 5年(1993) 6月 九州大学医学部第二内科に入局(研修医)
平成 7年(1995) 6月 第二内科・腎臓研究室に入研
平成 12年(1996) 3月 九州大学医学博士取得(免疫学)
平成 15年(2003) 4月 久山町研究に入研(学術研究員)
平成 18年(2006) 10月 シドニー大学ジョージ国際保健研究所(海外学術研究員)
平成 23年(2011) 4月 九州大学病院 腎・高血圧・脳血管内科(助教)
平成 25年(2013) 8月 シドニー大学ジョージ国際保健研究所(上席研究員)
平成 26年(2014) 5月 九州大学大学院医学研究院附属総合コホートセンター(教授)
平成 28年(2016) 6月 九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野 (教授)
現在に至る

研究分野

 
 

経歴

 
2016年6月
 - 
現在
九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野 教授
 
2014年5月
 - 
現在
九州大学大学院医学研究院 附属総合コホートセンター 教授(兼任)
 

受賞

 
2010年
成人血管病研究振興財団 平成22年度井村臨床研究奨励賞
 
2010年
ISN Nexus Symposium Kyoto 2010 Young Investigator Award 2010
 
2008年
Visiting Postdoctoral Award 2007-2008 sponsored by Foundation for High Blood Pressure Research
 
2007年
ISH Visiting Postdoctoral Award 2007 sponsored by Foundation for High Blood Pressure Research
 
2006年
Banyu Fellowship Program sponsored by Banyu Life Science Foundation International
 

論文

 
Ohara T, Honda T, Hata J, Yoshida D, Mukai N, Hirakawa Y, Shibata M, Kishimoto H, Kitazono T, Kanba S, Ninomiya T
Journal of the American Geriatrics Society   66(10) 1911-1918   2018年10月   [査読有り]
Ninomiya T
Journal of epidemiology      2018年10月   [査読有り]
Shibata M, Ohara T, Yoshida D, Hata J, Mukai N, Kawano H, Kanba S, Kitazono T, Ninomiya T
Journal of affective disorders   237 73-79   2018年9月   [査読有り]
Takeuchi K, Matsumoto K, Furuta M, Fukuyama S, Takeshita T, Ogata H, Suma S, Shibata Y, Shimazaki Y, Hata J, Ninomiya T, Nakanishi Y, Inoue H, Yamashita Y
Scientific reports   8(1) 13354   2018年9月   [査読有り]
Ohara T, Ninomiya T
Journal of the American Geriatrics Society      2018年9月   [査読有り]

Misc

 
健康・長寿を目指す体質と生活を考える 健康長寿に必要な生活習慣病対策 久山町研究の成績より
二宮 利治
日本体質医学会雑誌   80(3) 211-211   2018年8月
地域高齢住民における認知症の有病率・発症率・予後の時代的変化 久山町研究
小原 知之, 二宮 利治
老年期認知症研究会誌   22(7) 38-39   2018年7月
【脂質異常と冠動脈疾患】 臨床 脂質異常症と動脈硬化性疾患の疫学研究
秦 淳, 二宮 利治
Cardiac Practice   29(2) 103-106   2018年7月
【脂質クオリティ 生命機能と健康を支える脂質の多様性】 (第3章)リポクオリティによる疾患制御 脂肪酸バランスと疾患リスク(久山町研究)
二宮 利治
実験医学   36(10) 1761-1766   2018年6月
海外の疫学調査や臨床研究において、n-3系脂肪酸の摂取増加により心血管病の発症リスクが低下することが報告されている。本稿では、福岡県久山町の地域住民を対象とした疫学研究(久山町研究)の成績を用いて、血清EPA/AA比と心血管病発症との関係について検討する。高感度CRP1.0mg/L以上を呈する心血管病発症の高リスク群において、血清EPA/AA比の低下に伴い心血管病の発症リスクは有意に増加した(p for trend=0.002)。血清EPA/AA比はEPA摂取量に依存することから、EPAを...
地域住民における心血管病の危険因子 久山町研究の最新の知見より
二宮 利治
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   50回 208-208   2018年6月

講演・口頭発表等

 
久山町研究の成績より.
二宮 利治
日医生涯教育協力講座.   2018年   
地域住民における代謝性疾患の時代的推移:久山町研究.
二宮 利治
日本スポーツ栄養学会第5回大会.   2018年   
地域住民における心血管病の危険因子:久山町研究の最新の知見より.
二宮 利治
第50回日本動脈硬化学会総会学術集会.   2018年   
糖尿病と認知症: 久山町研究.
二宮 利治
第4回分子遺伝糖尿病研究会.   2018年   
循環器疾患疫学総論. 1.久山町研究の方法と知見.
二宮 利治
リーディング大学院前期講義.   2018年   

競争的資金等の研究課題

 
革新的機能性食品開発を目指した久山町研究基盤の構築
福岡県バイオ製品開発研究事業
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
糖尿病の遺伝・環境因子の包括的解析から日本発次世代型精密医療を実現するプロジェクト
日本医療研究開発機構研究費(ゲノム医療実現推進プラットフォーム事業先端ゲノム研究開発)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 門脇 孝
組織修復に基づく恒常性維持機構の変容による生活習慣病の病態解明と制御
日本医療研究開発機構研究費(革新的先端研究開発支援事業)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 尾池 雄一
健康長寿社会の実現を目指した大規模認知症コホート研究
日本医療研究開発機構研究費 (長寿・障害総合研究事業 認知症研究開発事業)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 二宮利治
久山町高齢者におけるMRIを基盤とした認知症・うつ病発症の前向きコホート研究
科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(基盤研究(A))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 二宮利治