佐村俊和

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/02 12:57
 
アバター
研究者氏名
佐村俊和
URL
http://www.ncc.csse.yamaguchi-u.ac.jp/
所属
山口大学
部署
大学院 創成科学研究科 工学系学域 知能情報工学分野
職名
助教
学位
博士(学術)(慶應義塾大学), 修士(工学)(山梨大学), 学士(工学)(山梨大学)

プロフィール

2009年 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了(博士(学術))後、研究員として九州工業大学大学院脳情報専攻、玉川大学脳科学研究所にて、海馬CA3ネットワークの時空間活動に関する研究や、海馬CA1における神経活動の解析に関する研究に携わる。現在は山口大学大学院創成科学研究科の助教として、脳型情報処理の実現と応用に向けて、特に海馬の記憶メカニズムの解明やに向けた研究と、その知見の応用を目指す人工衛星画像解析を行っている。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年10月
 - 
現在
山口大学大学院創成科学研究科工学系学域知能情報工学分野 准教授
 
2017年10月
 - 
現在
宇宙航空研究開発機構第一宇宙技術部門 衛星利用運用センター 主任研究開発員
 
2016年4月
 - 
2017年10月
山口大学大学院創成科学研究科工学系学域知能情報工学分野 助教
 
2014年4月
 - 
2016年3月
山口大学大学院医学系研究科応用分子生命科学系学域生命分子工学分野 助教
 
2014年4月
 - 
現在
玉川大学 脳科学研究所 特別研究員
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2009年3月
慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科 政策・メディア専攻
 
2003年4月
 - 
2005年3月
山梨大学 大学院医学工学総合教育部 コンピュータ・メディア工学専攻
 
1999年4月
 - 
2003年3月
山梨大学 工学部 コンピュータ・メディア工学科
 

受賞

 
2013年6月
日本神経回路学会 日本神経回路学会論文賞
受賞者: 佐村俊和、林初男
 
2003年3月
山梨工業会 山梨工業会奨励賞
 

論文

 
Toshikazu Samura, Yutaka Sakai, Hatsuo Hayashi, Takeshi Aihara
Lecture Notes in Computer Science   9947 384-392   2016年9月   [査読有り]
Samura T, Ikegaya Y, Sato YD
Cognitive neurodynamics   9(3) 265-277   2015年6月   [査読有り]
Hirofumi Hayakawa, Toshikazu Samura, Tadanobu Chuyo Kamijo, Yutaka Sakai, Takeshi Aihara
Cognitive Neurodynamics   9(1) 1-12   2015年2月   [査読有り]
Akiko Saiki, Rie Kimura, Toshikazu Samura, Yoko Fujiwara-Tsukamoto, Yutaka Sakai, Yoshikazu Isomura
PLOS ONE   9(6) e98662   2014年6月   [査読有り]
Toshikazu Samura, Yutaka Sakai, Hatsuo Hayashi, Takeshi Aihara
Lecture Notes in Computer Science   8228 1-8   2013年11月   [査読有り]

Misc

 
The functional roles of interaction between interneurons through gap junctions and GABAergic connections in organizing theta traveling waves in a hippocampal CA3 model
Toshikazu Samura, Yutaka Sakai, Hatsuo Hayashi, Takeshi Aihara
The proceedings of 27th Annual Conference of Japanese Neural Network Society   92   2017年9月   [査読有り]
佐村俊和、池谷裕二、佐藤能臣
生物物理   57(1) 33-35   2017年1月   [査読有り]
黒宮光平、塚元葉子、酒井裕、礒村宜和、藤山文乃、佐村俊和
信学技報   116(424) 49-52   2017年1月
対数正規分布に従う興奮性細胞へのシナプス結合荷重による海馬CA3の神経活動のべき乗則性の再現
佐村俊和、池谷裕二
平成27年度(第66回)電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集      2015年10月
ギャップ結合を通じた抑制性介在細胞の活動によるシータ進行波生成への影響
佐村俊和、酒井裕、林初男、相原威
第25回日本神経回路学会全国大会講演論文集   52-53   2015年9月   [査読有り]
Mechanism of information-integration of inputs to the hippocampus
Hirofumi Hayakawa, Tadanobu Kamijo, Toshikazu Samura, Takeshi Aihara
Proceedings of Life Engineering Symposium 2014 (LE 2014)   374-376   2014年9月
Localized Anisotropic Inhibition for Self-organized Directional Traveling Waves in the Hippocampal CA3
Toshikazu Samura, Yutaka Sakai, Hatsuo Hayashi, Takeshi Aihara
The proceedings of 24th Annual Conference of Japanese Neural Network Society   80-81   2014年8月   [査読有り]
佐村俊和、林初男、酒井裕、相原威
日本神経回路学会誌   21(2) 50-56   2014年6月   [依頼有り]
佐村俊和、酒井裕、林初男、相原威
2014 年 電子情報通信学会総合大会基礎・境界講演論文集   AS-1-4 S-7-S-8   2014年3月
開催報告 脳科学研究所特別講演 ジョージ・ブザキ教授
佐村俊和
玉川大学脳科学研究所紀要   (7) 18   2014年1月

講演・口頭発表等

 
海馬CA3におけるシータ進行波生成における抑制性介在細胞のGAP結合を通じた同期的活動
佐村俊和、酒井裕、林初男、相原威
第40回日本神経科学大会   2017年7月21日   
海馬顆粒細胞における空間情報と非空間情報の統合
中島直樹、早川博文、杉崎えり子、佐村俊和、相原威
第40回日本神経科学大会   2017年7月20日   
海馬の記憶メカニズムに関する計算機シミュレーションと局所電場電位の解析
佐村俊和
第2回ブレインウェア研究会   2016年11月29日   
報酬期待と報酬獲得を反映する2種類の海⾺鋭波リップルの⾏動機能および神経機構
佐村 俊和, ⿑⽊ 愛希⼦, 相澤 秀紀, 相原 威, 礒村 宜和, 酒井 裕
第39回 日本神経科学大会   2016年7月22日   
行動中のラットの海馬CA1における報酬期待と報酬獲得を反映する2種類の鋭波リップル
佐村 俊和, 齊木 愛希子, 相澤 秀紀, 相原 威, 礒村 宜和, 酒井 裕
第38回 日本神経科学大会   2015年7月28日   

社会貢献活動

 
玉川大学脳科学トレーニングコース 2017 -心をくすぐる技の共演-
【助言・指導】  玉川大学脳科学研究所  2017年6月10日
玉川大学脳科学トレーニングコース 2016 -心をくすぐる技の共演-
【助言・指導】  玉川大学脳科学研究所  2016年6月25日
玉川大学脳科学トレーニングコース 2015 -心をくすぐる技の共演-
【助言・指導】  玉川大学脳科学研究所  2015年6月13日
玉川大学脳科学トレーニングコース 2014 -心をくすぐる技の共演-
【助言・指導】  玉川大学脳科学研究所  2014年6月28日
玉川大学脳科学トレーニングコース 2013 -心をくすぐる技の共演-
【助言・指導】  玉川大学脳科学研究所  2013年6月1日

その他

 
2013年6月
Neuro2013 INCF Japan Node Platform Live Demos ダイナミックブレインプラットフォームデモ展示
2007年11月
慶應義塾大学 SFC Open Research Forum 2007 toward eXtremes 未来創造塾の挑戦 石崎研究室デモブース
脳型知識マイニング~海馬エミュレータ開発と応用に向けて~
2006年11月
慶應義塾大学 SFC Open Research Forum 2006 現代リアル学 石崎研究室デモブース
脳の知識獲得メカニズムの解明~海馬のコンピュータモデルの構築と応用~