基本情報

所属
早稲田大学 文学学術院文学研究科博士後期課程
独立行政法人日本学術振興会 特別研究員DC2
学位
修士(文学)(2019年3月 早稲田大学)

J-GLOBAL ID
202001003558969100
researchmap会員ID
R000004229

後期中世・近世イタリア半島の信仰文化について歴史学の立場から研究しています。
基本的にはいわゆる「中部」(現トスカーナ、ウンブリア、マルケ、ラツィオ各州)をフィールドにしています。

博士論文では、13世紀後半に広まる神秘体験者/預言者に対する崇敬やそこで生まれる実践・表象の論理を、彼らを焦点とする人的結合や司牧的実践と「規律化」の関係、「預言」や「識別」をめぐる知的議論に着目して解明しようと試みています。

また、中世/イタリア/キリスト教という各カテゴリの形成過程を、それらと連動して変化する歴史叙述という場において捉え直すことにも関心を抱いています。特に、19世紀末に伝統的な「教会史」とは異なる「宗教史」のカテゴリーが浮上する経緯を、通時的には16-17世紀に形成された宗派的な歴史叙述の再編・転用、共時的には「信仰改革」論の一環という観点から把握することを目指しています。

連絡先は「研究者のみに公開」に設定しています。


主要な論文

  8

書籍等出版物

  2

主要な講演・口頭発表等

  19

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

主要な所属学協会

  8