基本情報

所属
早稲田大学 文学学術院文学研究科後期博士課程
学位
修士(文学)(2019年3月 早稲田大学)

J-GLOBAL ID
202001003558969100

後期中世から近世のイタリア半島における信仰文化について研究しており、13世紀後半から14世紀初頭に出現した信仰の諸形態や、それら諸形態と14世紀末以後の托鉢修道会改革や「規律化」の接続というテーマに取り組んでいます。

修士論文は「後期中世イタリアにおける同時代聖人の『創造』」(2018年度・早稲田大学)

博士論文では、13世紀後半に活発化する神秘体験者に対する聖人としての崇敬を対象とし、カリスマ的信徒を中心とする信仰サークルとネットワークの実態や、そこから生み出される実践・表象の論理を解明しようと試みています。

また、近世・近代のイタリア半島で展開された、「キリスト教」をめぐる政治思想・宗教思想と歴史学の関係にも関心を抱いており、現在は宗教改革以後の歴史叙述における中世の異端者(特にヴァルド派)の表象について調べています。


委員歴

  1

MISC

  5

主要な講演・口頭発表等

  11

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1