全卓樹

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/06 18:16
 
アバター
研究者氏名
全卓樹
 
ゼンタクジュ
URL
http://mathenv.kochi-tech.ac.jp/lab/t_zen-profile/
所属
高知工科大学
部署
環境理工学群
職名
教授、工学研究科長、工学部長
学位
理学士(東京大学 昭和55年), 理学博士(東京大学 昭和60年)

プロフィール

南国土佐のリーゾート風大学で理論物理学の研究をしています。量子論の中にどんな不可思議が入っているのかを探っています。

われわれが生きるのはただ美を発見するがためであり、他のすべては一種の待機である。(ハリル・ジブラン)

京都生まれの東京育ち、米国ワシントンが第三の故郷。東京大学理学部物理学科卒、東京大学理学系大学院物理学専攻博士課程修了、博士論文は原子核反応の微視的理論についての研究。専攻は量子力学、数理物理学。量子グラフ理論本舗/新奇量子ホロノミ理論本家。ジョージア大、メリランド大、法政大等を経て、現在高知工科大学理論物理学教授。

最近のエントリー

 
 

研究分野

 
 

論文

 
Takaaki Nakamura, Taksu Cheon
J. Phys. Soc. Jpn.   86 114001-(5pp)   2017年10月   [査読有り]
The stationary states of nonlinear Schr{ö}dinger equation on a ring with a defect is numerically analyzed. Unconventional connection conditions are imposed on the point defect, and it is shown that the system displays energy level crossings and...
Taksu Cheon, Sergey S. Poghosyan
Physica A   469 353-362   2017年2月   [査読有り]
We introduce the concept of metaasabiya, the second non-material resource, to the asabiya theory of historical dynamics. We find that the resulting three variable dynamical system has peculiar structures of the repeller axis, the attractor string...
Atushi Tanaka, Taksu Cheon
Functional Analysis and Operator Theory for Quantum Physics. A Festschrift in Honor of Pavel Exner, eds.J. Dittrich, H. Kovarik, A. Laptev   531-542   2016年12月   [査読有り][招待有り]
An adiabatic time evolution of a closed quantum system connects eigenspaces of initial and final Hermitian Hamiltonians for slowly driven systems, or, unitary Floquet operators for slowly modulated driven systems. We show that the connection of e...
Taksu Cheon, Sergey S. Poghosyan
Bulletin of Kochi University of Technology   13 105-114   2016年7月   [査読有り]
It is shown that any Hermitian operator can be expanded in terms of a set of operator formed from bi-orthogonal basis, and the expansion coefficients are given as products of weight functions and weak values, shedding a new light on the physical i...
Atushi Tanaka, Taksu Cheon
New J. Phys.   18 045023-(7)   2016年4月   [査読有り][招待有り]
We show that an adiabatic cycle excites Bose particles confined in a one-dimensional box. During the adiabatic cycle, a wall described by a Tex-shaped potential is applied and its strength and position are slowly varied. When the system is ...
Taksu Cheon, Jun Morimoto
Phys. Lett. A   380 429-434   2016年1月   [査読有り]
We introduce a novel type of contrarian agent, the balancer, to Galam model of opinion dynamics, in order to account for the skepticism over one-sidedness and for the sense of fairness. We find that the inclusion of balancers along with floaters ...
Taksu Cheon
J. Kor. Phys. Soc.   67 777-784   2015年9月   [査読有り]
Wigner's marginal probability theory is revisited, and systematically applied to n-particle correlation measurements. A set of Bell inequalities whose corollaries are Hardy contradiction and its generalisation are derived with intuitive graphical...
Taksu Cheon, Sergey S. Poghosyan
J. Phys. Soc. Jpn.   84 064006-(8pp)   2015年6月   [査読有り]
We introduce a double-stranded Kronig-Penney model, and analyse its transport properties. The asymmetric fluxes between two strands with suddenly alternating localization patterns are found as the energy is varied. The zero-size limit of the int...
Atushi Tanaka, Taksu Cheon
Phys. Lett. A   379 1693-1698   2015年5月   [査読有り]
A topological formulation of the eigenspace anholonomy, where eigenspaces are interchanged by adiabatic cycles, is introduced. The anholonomy in two-level systems is identified with a disclination of the director (headless vector) of a Bloch vect...
Ondrej Turek, Taksu Cheon
Linear Algebra & its Applications   469 569-593   2015年1月   [査読有り]
We study Hermitian unitary matrices Tex with the following property: There exist Tex and Tex such that the entries of Tex satisfy Tex and Tex for all $j,k=1,...

書籍等出版物

 
伊丹 哲郎, 松井 伸之, 乾 徳夫, 全 卓樹 (担当:共著, 範囲:第4章、第5章後半)
コロナ社   2017年12月   ISBN:4339033561
全 卓樹
東京大学出版会   2014年9月   ISBN:4130636073
A. Iqbal, T. Cheon (担当:分担執筆, 範囲:pp.251-290, Ch. 13 "Evolutionary stability in quantum games")
Imperial College Press   2008年9月   ISBN:1848162677

Misc

 
田中篤司、全卓樹
日本物理学会誌   72 240-245   2017年4月   [査読有り][依頼有り]
量子系が持つパラメーターの断熱変化に対する定常状態の応答は、量子論の創世記から論じられてきた量子ダイナミクスの基本的な問題であると同時に、今日でも、断熱量子計算のような重要な応用を持つ。本論文では、断熱サイクルが定常状態を別の状態に変化させる「新奇な量子ホロノミー」の近年の成果を概観した。ここでは具体例の紹介を主としたが、同時にゲージ理論的な背景とそのトポロジーを通じた定式化にも触れた。
全卓樹
東京大学出版会会誌「UP」      2015年1月   [査読有り][依頼有り]
全 卓樹
計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers   51(4) 396-401   2012年4月   [査読有り][依頼有り]
全 卓樹
シミュレーション&ゲーミング   21(1) 16-26   2011年6月   [査読有り][依頼有り]
本稿では筆者の研究を中心に,量子ゲーム理論の現状レヴューを行う.量子ゲーム理論とは,通常のゲーム理論の戦略を表現する連結確率を,ヒルベルト・ベクトル(量子波動関数)から生成される量子連結確率で置き換えて拡張したものである.量子連結確率には量子的エンタングルメントに由来して,通常の連結確率にはない環境パラメータが含まれている.量子戦略の内実を精査することで,そのなかに通常の戦略を環境パラメータで変形した修正された擬古典戦略と,量子干渉に由来して古典戦略としては決して表せない純量子的成分との,...
特異点と一次元量子論
全卓樹,筒井泉
別冊・数理科学「量子の新世紀」(サイエンス社)   2006-4 197-207   2006年4月   [依頼有り]
全 卓樹
数理科学   40(11) 54-62   2002年11月   [依頼有り]
全卓樹
応用物理教育   24(1)    2000年   [依頼有り]
全 卓樹, 高柳 和雄
日本物理學會誌   48(4) 271-274   1993年4月   [査読有り][依頼有り]

講演・口頭発表等

 
Quantum vertices: Theory and applications [招待有り]
全卓樹
3rd Dynamics Days in Central Asia (Astana)   2016年9月5日   
Spiral orbits and oscillations in historical evolution of empires [招待有り]
全卓樹
Colloqium, Dept. of Mathematics, Nazarbayev University   2016年9月1日   
森本 潤, 全 卓樹
日本物理学会講演概要集   2016年3月19日   
森本 潤, 全 卓樹
日本物理学会講演概要集   2015年9月16日   
田中 篤司, 全 卓樹
日本物理学会講演概要集   2015年9月16日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
Taksu Cheon   教材   2006年1月
This electronic lecture covers the theory of "quantum graph", which is one of the main subject under current research at the Mathematical Engineering Laboratory/ Theoretical Physics Group at Kochi University of Technology. The lecture is based on...
Taksu Cheon   教材   2005年1月
This electronic lecture note on the cellular automaton models of traffic flow is an outgrowth of the materials pepared for the seminars and study meetings of the Mathematical Engineering Laboratory (aka, Theoretical Physics Group) at the Graduate ...
Taksu Cheon   教材   2004年1月
This eNote is a translation of my lecture note prepared for a course in the first and second quaters of academic year 2003 at Graduate School, Kochi University of Technology. This is made open in the hope to attract general public to the emerging ...
全卓樹   教材   2003年11月
この電子ノートは、高知工科大の大学院で平成15年度第1クオーターに行なわれた講義「自然科学と人間」の後半部分ために用意され素材を、進化ゲーム理論と生態系の数理に興味を持つ好事家のために公開したものです。前提知識はいりません。本当は微分方程式について知っていると深くわかりますが、知らなくてもかまいません。むしろテクニカルな部分は意図的に表に出さないように試みています。必要なのは冗談とまじめを同時に受け入れられ、かつその2つの区別ができることかもしれません。つまりは思考し判断する頭。まじめな学...

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 全卓樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 全卓樹
一次元量子可解系であり、単電子デバイスの数学的モデルでもある「量子グラフ理論」にあって、量子グラフの素要素である「特異節点」の散乱行列の数理的解析と分類を行い、それが含意する物理的性質の解明を行った。その過程でモデュラー交換対称性を持つユニタリーかつエルミートな行列の数学的特徴づけと分類、具体的な構成法について、幾つかの定理を発見した。応用として、外場によって制御可能な量子流束を持つ量子グラフによる「量子フィルター」の模型を考案した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 全卓樹
Berry位相やWilczek-Zeeホロノミの、近年発見されたエキゾティックな姉妹である「新奇量子ホロノミ」について研量子究を行い、次のような成果をあげた。1) 量子ホロノミの統一理論を作り上げたベリー位相と新奇量子ホロノミーの両方を統一的に扱う一般的な枠組みを、ベリー位相を導出する藤川のフォーマリズムを拡張する事により、作り上げる事に成功した。時間的発展を記述する部分と、各瞬間の基底状態をつないで行く基底変換の部分の両方に、ミード・ベリーのゲージ接続が登場することの発見が鍵であった。2...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 全卓樹
(1)通常のゲーム理論は二名のプレーヤーの戦略をそれぞれ独立した確率で表して定式化される。これを二名のプレーヤーの戦略を連結確率として表す型に書き換え,この連結確率を,通常のようにここのプレーヤーの戦略確率の積に限らず,一般的な非分離型で書くという,新しいゲーム理論の定式化を考えた。
(2)これをスーザニー型の複数タイププレーヤーのある非完備情報ゲームに適用して,この連結戦略を陽に量子状態で書く代わりに,一般的な和則や訂プレーヤー間の通信の欠如を表す「局所性」の仮定を置いて制限すると,連結...
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2006年9月 - 2008年3月    代表者: 全卓樹
ゲーム理論の量子的拡張である量子ゲームの研究を行った。古典戦略に比したときの量子戦略の利点が明確になるような量子ゲームの定式化を試みて、次の二点の成果を得た。 1)量子ゲームを、ヒルベルトベクトルを直接用いずに、確率分布の用語のみを使って表現する手法を開拓した。この場合に鍵となったのは、非分離型の連合確率(nonfactorizable jointy probability)である。これによって量子戦略というものの物理的内容が明確になるとともに、量子ゲーム的設定をどのようにして実現できるか...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 全卓樹
本研究では、グラフの量子論、すなわち複数の一次元的直線を接点で接続した構造物上に存在する量子的粒子の運動についての研究を行った。これは、量子で細線デバイスを理想化した数学的モデルであり、さらには量子計算のための素子ともなりうる事が期待される系である。量子グラフには通常の量子力学では見られず、「場の量子論」にのみ出てくるよう様々な奇妙な現象が隠されていることが、これまでの筆者の研究で明らかになっている。本研究において、そのような諸現象の背後にパラメータ空間のU(N)多様体構造があって、その非...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年4月 - 2001年3月    代表者: 全卓樹
本研究では、内部に点状相互作用を含んだ1、2次元のビリヤード系の量子力学の数理的性質を詳細に調べ、この系にはその非常な単純さにもかかわらず幾つかの興味深い特異な性質が存する事を解明した。まず、これまでにも比較的良く調べられてきた二次元量子ビリヤード系における量子カオス的順位統計については、量子カオス出現の条件の簡潔な解析的表式を得ることが出来た。さらに一次元量子系における点状相互作用について、通常のデルタ函数とは異なる波動函数そのものに非連続性をもたらす「第二種の点状相互作用」というべきも...