渥美剛史

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/11 11:39
 
アバター
研究者氏名
渥美剛史
 
アツミ タケシ
ハンドル
Takeshi Atsumi
eメール
atsumi-takeshirehab.go.jp
URL
http://www.rehab.go.jp/ri/noukinou/hattatsu/
所属
国立障害者リハビリテーションセンター 研究所
部署
脳機能系障害研究部
職名
流動研究員
学位
博士(理学)(京都大学)

プロフィール

2010年度3月 立教大学現代心理学部卒
2011年度4月 立教大学大学院現代心理学研究科 博士課程前期課程 入学
2013年度3月 同修了
2013年度4月 京都大学大学院理学研究科生物科学専攻 博士課程 入学
2014年度4月 日本学術振興会 特別研究員DC2
2015年度3月 京都大学大学院理学研究科生物科学専攻 博士課程 修了
2016年度4月 国立障害者リハビリテーションセンター研究所 脳機能系障害研究部 発達障害研究室 流動研究員
2017年度4月 順天堂大学医学部・生理学第一講座 非常勤助教

研究分野

 
 

論文

 
井手正和,矢口彩子,渥美剛史,安 啓一,和田 真
BRAIN and NERVE   69(11) 1281-1289   2017年11月   [査読有り][招待有り]
自閉スペクトラム症者の多くが,感覚過敏・感覚鈍麻という問題を訴える。これまで,刺激の検出感度の上昇,脳の構造的・機能的変容,分子レベルの抑制機能の低下などが研究されてきたが,まだ自閉スペクトラム症者の感覚過敏のすべてを説明できていない。筆者らは,この問題の一端が,過剰に向上した刺激の時間処理精度に起因する可能性を示した。このように,極めて高い刺激の時間処理能力を示す症例などをもとに研究を進めることは,臨床への貢献はもちろんのこと,脳における時間の知覚メカニズムの解明に寄与するだろう。
Yamaguchi Y*, Atsumi T*, Poirot R*, Lee YA, Kato A, & Goto Y (* Equal contribution)
Psychopharmacology   1-8   2017年2月   [査読有り]
Rationale: Dopamine (DA) plays a central role in reward processing. Accumulating evidence suggests that social interaction and social stimuli have rewarding properties that activate the DA reward circuits. However, few studies have attempted to in...
Takeshi Atsumi, Hiroki Koda, Nobuo Masataka
Scientific Reports   7    2017年1月   [査読有り]
Humans interpret others’ goals based on motion information, and this capacity contributes to our mental reasoning. The present study sought to determine whether Japanese macaques (Macaca fuscata) perceive goal-directedness in chasing events depict...
渥美剛史・長坂泰勇
Animal Cognition      2015年7月   [査読有り]
Understanding the intentions of others is crucial
in developing positive social relationships. Comparative
human and non-human animal studies have addressed
the phylogenetic origin of this ability. However, few
studies have explored the importance...
実際の生物と無生物の運動と比較したときの人工的な単一運動物体における物理的変化とアニマシーの知覚. 立教大学心理学研究
渥美剛史・長田佳久
立教大学心理学研究   (54) 1-11   2012年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Neural basis of extraordinary higher temporal resolution in a case of autism spectrum disorders
Masakazu Ide, Takeshi Atsumi, Mrinmoy Chakrabarty, Keiichi Yasu, Makoto Wada
第95回日本生理学会大会   2018年3月   
C-Fos expressions in the cerebral cortex during rubber tail task in mice
Makoto Wada, Masakazu Ide, Takeshi Atsumi, Kouji Takano, Hiroki Ora, Kenji Kansaku
第95回日本生理学会大会   2018年3月   
過剰な感覚情報処理に基づく自閉スペクトラム症者の感覚過敏の検討
井手正和,渥美剛史,ムリンモイ・チャクラバティ,矢口彩子,安啓一,佐野美沙子,深津玲子,和田真
第29回東北神経心理懇話会   2018年2月3日   
自閉スペクトラム症の1例に着目した感覚過敏の認知神経基盤
渥美剛史,井手正和,ムリンモイ・チャクラバティ,矢口彩子,安啓一,和田真
新学術領域研究 こころの時間学 第3回領域会議   2018年1月   
Caps2 KO自閉症モデルマウスにおける触覚刺激の時間分解能の検討
渥美剛史・井手正和・佐野良威・篠田陽・古市貞一・和田真
次世代脳プロジェクト 冬のシンポジウム   2017年12月21日   

担当経験のある科目

 
 

社会貢献活動

 
LIGHT IT UP BLUE所沢実行委員会
【助言・指導】  LIGHT IT UP BLUE in Tokorozawa (世界自閉症啓発デー)  2017年4月2日 - 2017年4月8日
NPO法人発達障害療育センター 学習教室ブーゲンビリア講師
【講師, 運営参加・支援】  NPO法人発達障害療育センター  2013年4月 - 2016年3月
となりは何をする人ぞ ~アニメをみることの進化と発達~
【講師】  公益財団法人 日本モンキーセンター  第20回京大モンキー日曜サロン  2015年11月22日 - 2015年11月22日