Satoshi Tanaka

J-GLOBAL         Last updated: Nov 9, 2018 at 14:30
 
Avatar
Name
Satoshi Tanaka
E-mail
asatoshimail.ecc.u-tokyo.ac.jp
Research funding number
90242164

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1995
 - 
Mar 1998
Postdoctoral Fellow, Samuel Lunenfeld Research Institute, Mount Sinai Hospital, Toronto
 

Education

 
Apr 1982
 - 
Mar 1986
Department of Biology, Faculty of Science, Tohoku University
 

Awards & Honors

 
Sep 1996
Rochester Trophoblast Conference Young Investigator Award, IFPA
 

Published Papers

 
Hayakawa K, Terada K, Takahashi T, Oana H, Washizu M, Tanaka S
Scientific reports   8(1) 5811   Apr 2018   [Refereed]
Hayakawa K, Hirosawa M, Tani R, Yoneda C, Tanaka S, Shiota K
Epigenetics & chromatin   10(1) 51   Oct 2017   [Refereed]
Hirosawa M, Hayakawa K, Yoneda C, Arai D, Shiota H, Suzuki T, Tanaka S, Dohmae N, Shiota K
Scientific reports   6 31785   Sep 2016   [Refereed]
Tani R, Hayakawa K, Tanaka S, Shiota K
Epigenetics   11(4) 288-302   Apr 2016   [Refereed]

Misc

 
Hirosawa, M., Hayakawa, K., Shiota, K. and Tanaka, S.
OBM Genetics   2(3) 036   Sep 2018   [Refereed]
Hayakawa K, Himeno E, Tanaka S, Kunath T
Current protocols in stem cell biology   32 1E.4.1-32   Feb 2015   [Refereed]
Tanaka S, Nakanishi MO, Shiota K
The International journal of developmental biology   58(2-4) 231-238   2014   [Refereed]
中西もも, 田中智
臨床婦人科産科   65(3) 260-265   Mar 2011
Oda M, Shiota K, Tanaka S
Development, growth & differentiation   52(3) 285-291   Apr 2010   [Refereed]

Books etc

 
Croy B. A. (B. Anne), Yamada Aureo T., DeMayo Francesco J., Adamson S. Lee (Part:Contributor, Epigenetics of Placental Development and Function)
Elsevier   2014   ISBN:9780123944450
Stem Cell Biology (Cold Spring Harbor Monograph Series, 40)
Daniel R. Marshak (Author, Editor), Richard L. Gardner (Editor), David Gottlieb (Editor) (Part:Contributor, Trophoblast Stem Cells.)
Cold Spring Harbor Laboratory Press   Feb 2001   ISBN:9780879695750

Conference Activities & Talks

 
TANI Ruiko, HAYAKAWA Koji, TANAKA Satoshi, SHIOTA Kunio
The Journal of Reproduction and Development Supplement   2015   
リンカーヒストンH1のバリアントの一つであるH1Tは,精子形成過程中の精母細胞から精細胞の段階で高い発現を示す。最近の研究で我々は,卵子特異的なバリアントであるH1fooがクロマチン構造を弛緩させるという,これまで報告されていた体細胞型H1の機能とは逆の働きを有していること,また強制発現によりマウスES細胞の分化を阻害することを明らかにした。このことから,生殖細胞型H1には体細胞型とは異なった機能やゲノム標的領域を持つことが示唆される。そこで本研究では生殖細胞特異的H1の一つであるH1Tに...
田中智
日本絨毛性疾患研究会・日本胎盤学会学術集会プログラム・抄録集   2015   
YAMASHITA Midori, ARAI Yoshikazu, ITO Shuhei, OHGANE Jun, HIROSAWA-TAKAMORI Mitsuko, TANAKA Satoshi, YAGI Shintaro, SHIOTA Kunio
The Journal of Reproduction and Development Supplement   2011   
GSK3 (glycogen synthase kinase 3) はセリン/スレオニンリン酸化酵素で、インスリンやIGF等の様々なシグナル経路の中心酵素である。マウスでは、2つのアイソフォーム(GSK3a,b)が存在し、Gsk3ダブルノックアウトにより、ES細胞からのEB (embryoid body) 形成能が失われることが報告されている。遺伝子の少ない領域や転写が不活性な領域に存在するゲノム凝集状態を反映した動的な構造であるヘテロクロマチンの構築はES細胞の分化過程にお...
Abe Yukiko, Hayakawa Koji, Hirosawa-Takamori Mitsuko, Yagi Shintaro, Tanaka Satoshi, Shiota Kunio
The Journal of Reproduction and Development Supplement   2011   
マウス初期胚における核O-GlcNAcシグナル マウス初期胚では8細胞期以降で解糖系が機能し,グルコースを主なエネルギー源とした発生が進行する。胚の体外発生では培地中のグルコース除去及び高濃度グルコースは胚盤胞期胚への到達や正常な形態形成を阻害する。グルコース代謝経路の一つであるヘキソサミン合成経路において,O結合型N-アセチルグルコサミン(O-GlcNAc)修飾の基質であるUDP-GlcNAcはグルコースから合成され,O-GlcNAc転移酵素(Ogt)によりタンパク質へと付加される。O-...
Hayakawa Koji, Ohgane Jun, Tanaka Satoshi, Shiota Kunio, Yagi Shinntaro
The Journal of Reproduction and Development Supplement   2011   
哺乳動物のゲノム上には組織・細胞種依存的なメチル化可変領域(T-DMR)が多数存在し、T-DMRのメチル化・非メチル化の組み合わせであるDNAメチル化プロフィールは細胞種固有の機能発現に重要な役割を果たしている。ヒストンH1ファミリーに属するH1fooは、卵核胞期から受精後2細胞前期までの限られた時期・細胞のみで発現する。H1fooは T-DMRを有し、雌性生殖細胞系列でのみ脱メチル化され、体細胞および雄性生殖細胞系列ではDNAメチル化によって発現が抑制されている。H1fooは体細胞核のリ...