伏見卓恭

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/20 19:17
 
アバター
研究者氏名
伏見卓恭
所属
東京工科大学
部署
コンピュータサイエンス学部
職名
助教
学位
博士(学術)(静岡県立大学)
科研費研究者番号
80755702

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京工科大学 コンピュータサイエンス学部 助教
 
2015年7月
 - 
2016年11月
筑波大学 情報学群 知識情報・図書館学類 非常勤講師(基礎数学A・情報数学)
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2015年4月
 - 
2017年3月
筑波大学 図書館情報メディア系 特別研究員
 
2013年4月
 - 
2015年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2-->PD)
 
2014年4月
 - 
2015年3月
静岡県立大学 経営情報学部 研究員
 

受賞

 
2016年
情報処理学会(情報科学技術フォーラム2016) FIT奨励賞 ピボットを用いたK-medoidsクラスタリング高速化による大規模機能コミュニティ抽出
 
2014年
情報処理学会 2013年度山下記念研究賞 個々のノードの視点に基づく機能コミュニティ抽出法
 
2014年
静岡県立大学 平成25年度静岡県立大学学長賞 (博士論文)ネットワークにおける機能的類似ノード群の抽出
 
2014年
情報処理学会(情報科学技術フォーラム2014) FIT奨励賞 メトリック空間オブジェクトを対象とした中心性指標の提案
 
2013年
日本データベース学会 2011年度日本データベース学会論文賞 ネットワーク機能コミュニティ抽出法
 

論文

 
High-Speed Clustering of Regional Photos Using Representative Photos of Different Regions
Takayasu Fushimi, Ryota Mori
Proceedings of the 2018 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI2018)   520-527   2018年12月   [査読有り]
Growth Analysis of Purchase History Graph Based on Relative Value of Edge Multiplicity
Kazufumi Inafuku, Takayasu Fushimi, Tetsuji Satoh
Proceedings of the 20th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2018)   65-69   2018年11月   [査読有り]
Modeling Opinion Formation by Incorporating Users Expertise and Friendshipness
Takayasu Fushimi, Mio Ono
Proceedings of the 20th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2018)   103-110   2018年11月   [査読有り]
伏見卓恭, 斉藤和巳, 池田哲夫, 風間一洋
情報処理学会論文誌トランザクション 数理モデル化と応用(Web)   11(2) 1‐11 (WEB ONLY)-11   2018年7月
本論文では,リンク切断が発生する状況下でも,孤立したノードまたは小さな連結成分となりにくく,つねに多くのノードに到達可能なノードを抽出するために,連結中心性と呼ぶ新たな中心性指標を提案する.リンク切断は確率的な事象であり,考えられる切断リンクの組合せ数は膨大であり,各ノードの連結中心性スコアを厳密に計算しようとすると,多大な時間計算量が必要となるため,大規模ネットワークへの適用は困難になる.そこで,すべてを孤立ノードとした初期状態から1本ずつリンクを追加した際の差分値だけを計算することで,...
Acceleration of Functional Cluster Extraction and Analysis of Cluster Affinity
Takayasu Fushimi,Kazumi Saito,Tetsuo Ikeda,Kazuhiro Kazama
Machine Learning Techniques for Online Social Networks (Lecture Notes in Social Networks)   1-22   2018年5月   [査読有り]
Dynamic Visualization of Citation Networks and Detection of Influential Node Addition
Takayasu Fushimi, Tetsuji Satoh, Noriko Kando
Proceedings of the 9th International Conference on Complex Networks (CompleNet2018)   291-302   2018年3月   [査読有り]
伏見卓恭, 佐藤哲司
日本データベース学会和文論文誌(Web)   16-J ROMBUNNO.1 (WEB ONLY)   2018年3月
Takayasu Fushimi,Kazumi Saito,Tetsuo Ikeda,Kazuhiro Kazama
Complex Networks and Their Applications VII - Volume 1 Proceedings The 7th International Conference on Complex Networks and Their Applications COMPLEX NETWORKS 2018, Cambridge, UK, December 11-13, 2018.   3-14   2018年   [査読有り]
Array,Kazumi Saito,Tetsuo Ikeda,Kazuhiro Kazama
Applied Network Science   3(1) 18:1-18:14   2018年   [査読有り]
伏見卓恭, 佐藤哲司, 斉藤和巳, 風間一洋
情報処理学会論文誌ジャーナル(Web)   58(6) 1246‐1257 (WEB ONLY)-1257   2017年6月
ある種のネットワークでは,隣接するノードどうしは互いに類似の特徴量を持つ傾向が発見されている.しかし一般に,ネットワーク上のすべてのノードが類似の特徴量を有するわけではなく,特徴量分布の変化点が存在すると想定できる.すなわち,ネットワーク上の一部のノード群を抽出したとき,その特徴量分布は他のノード群上の分布と大きく異なると仮定できる.さらに,特徴量分布は,分布の中心から距離が離れるに従って減衰していくと考えられる.そこで,各ノードの持つ特性や投稿内容などのコンテンツを特徴ベクトルで表現し,...
伏見卓恭, 斉藤和巳, 風間一洋
情報処理学会論文誌ジャーナル(Web)   58(6) 1258‐1267 (WEB ONLY)-1267   2017年6月
社会ネットワーク分析の分野で重要ノードを抽出する指標として媒介中心性,近接中心性が提案されており,これらは各ノードの媒介度と近接度をランキングし,上位ノードを抽出する手法である.本稿では,媒介中心性と近接中心性をベースに,メトリック空間オブジェクトの中から混合性と凝集性の高いオブジェクトを抽出する2つの指標を提案する.1つ目の混合中心性は,任意のオブジェクトペアの中間に存在する度合いにより各オブジェクトの混合度を定量化することにより,データ分布のクラスタの狭間に位置するハイブリッドなオブジ...
Takayasu Fushimi,Tetsuji Satoh
Proceedings of the International Conference on Web Intelligence, Leipzig, Germany, August 23-26, 2017   10-17   2017年   [査読有り]
Takayasu Fushimi,Kazumi Saito,Tetsuo Ikeda,Kazuhiro Kazama
Foundations of Intelligent Systems - 23rd International Symposium, ISMIS 2017, Warsaw, Poland, June 26-29, 2017, Proceedings   87-96   2017年   [査読有り]
Kazufumi Inafuku,Takayasu Fushimi,Tetsuji Satoh
Proceedings of the 19th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services, iiWAS 2017, Salzburg, Austria, December 4-6, 2017   358-365   2017年   [査読有り]
Kouga Kobayashi,Yuri Nozaki,Takayasu Fushimi,Tetsuji Satoh
Proceedings of the 19th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services, iiWAS 2017, Salzburg, Austria, December 4-6, 2017   146-150   2017年   [査読有り]
Takayasu Fushimi,Kazumi Saito,Tetsuo Ikeda,Kazuhiro Kazama
Complex Networks & Their Applications VI - Proceedings of Complex Networks 2017 (The Sixth International Conference on Complex Networks and Their Applications), COMPLEX NETWORKS 2017, Lyon, France, November 29 - December 1, 2017.   1210-1222   2017年   [査読有り]
Takayasu Fushimi,Kazumi Saito,Tetsuo Ikeda,Kazuhiro Kazama
JIP   25 398-406   2017年   [査読有り]
Takayasu Fushimi,Tetsuji Satoh,Kazumi Saito,Kazuhiro Kazama,Noriko Kando
Social Informatics - 8th International Conference, SocInfo 2016, Bellevue, WA, USA, November 11-14, 2016, Proceedings, Part II   40-54   2016年   [査読有り]
Kazufumi Inafuku,Takayasu Fushimi,Tetsuji Satoh
Proceedings of the 18th International Conference on Information Integration and Web-based Applications and Services, iiWAS 2016, Singapore, November 28-30, 2016   86-95   2016年   [査読有り]
Takayasu Fushimi,Kazumi Saito,Tetsuo Ikeda,Kazuhiro Kazama
2016 IEEE/ACM International Conference on Advances in Social Networks Analysis and Mining, ASONAM 2016, San Francisco, CA, USA, August 18-21, 2016   57-62   2016年   [査読有り]
伏見卓恭, 伏見卓恭, 斉藤和巳, 風間一洋
日本データベース学会和文論文誌   13-J(2) 32-37   2015年2月
伏見卓恭, 斉藤和巳, 武藤伸明, 池田哲夫, 風間一洋
人工知能学会論文誌(Web)   30(6) 703‐712 (J‐STAGE)-712   2015年
In this paper, we propose novel centrality measures which extract important nodes from weighted networks like road networks where an actual distance is assigned over each link. Since the distances between nodes are not taken into consideration in ...
Takayasu Fushimi,Tetsuji Satoh,Kazumi Saito,Kazuhiro Kazama
Proceedings of the 17th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services, iiWAS 2015, Brussels, Belgium, December 11-13, 2015   16:1-16:10   2015年   [査読有り]
伏見卓恭, 斉藤和巳, 郷古浩道
情報処理学会論文誌トランザクション データベース(Web)   7(2) 93-103 (WEB ONLY)-103   2014年6月
企業間あるいは業種間の取引関係や産業間の投入・産出構造など,オブジェクト間あるいはカテゴリ間の相互関係を重み付きグラフと見なして効果的に可視化することは,全体構造や法則性を把握するのに有用な方法の1つと考えられている.一方,重み付きグラフの可視化法として球面可視化法(SE-PI-W法)があるが,重みの規模の格差が大きい場合,規模の大きな重みが支配的となり,解釈可能な可視化結果を得ることが困難な場合がある.本稿では,オブジェクト間のインタラクションを数え上げカテゴリに関するMixing Ma...
Eri Kobayashi,Takayasu Fushimi,Kazumi Saito,Tetsuo Ikeda
PRICAI 2014: Trends in Artificial Intelligence - 13th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence, Gold Coast, QLD, Australia, December 1-5, 2014. Proceedings   435-446   2014年   [査読有り]
Takayasu Fushimi,Kazumi Saito,Kazuhiro Kazama
Knowledge Management and Acquisition for Smart Systems and Services - 13th Pacific Rim Knowledge Acquisition Workshop, PKAW 2014, Gold Cost, Qld, Australia, December 1-2, 2014. Proceedings   236-245   2014年   [査読有り]
伏見卓恭, 斉藤和巳, 池田哲夫, 風間一洋
情報処理学会論文誌トランザクション データベース(Web)   6(4) 104-112 (WEB ONLY)-112   2013年9月
ネットワーク分析において,ノード全体より一部のノードまたはノード集合に焦点が向けられる場合がある.本稿では,分析者が注目したいネットワーク内の一部のノード集合に注目度を設定し,分析の解像度を制御する枠組みを提案する.ノード集合の選び方により得られる処理結果の特徴がどのように変化するかは自明ではないため,提案法により抽出される機能コミュニティの性質および有効性について評価する.複数のネットワークを用いた実験より,対象ノード集合がネットワークに分散している場合は,各対象ノードの周辺ノードを細か...
伏見卓恭, 斉藤和巳, 池田哲夫, 風間一洋
情報処理学会論文誌トランザクション 数理モデル化と応用(Web)   6(2) 137-146 (WEB ONLY)-146   2013年8月
本稿では,情報の発信や受信,片思いや両想いなどリンクの向きとして表れるノードの役割に着目し,有向ネットワークから機能的に類似するノード群で構成される機能コミュニティを抽出する手法を提案する.提案法の有効性を検証するとともに,無向化したネットワークに対する結果と比較し違いを分析する.また,ネットワークの局所的なリンク構造を分析するネットワークモチーフを用いた手法とも比較する.複数のネットワークを用いた評価実験から,無向化したネットワークに対する分析やモチーフを用いた手法では抽出できないノード...
伏見卓恭, 斉藤和巳, 池田哲夫, 武藤伸明
電子情報通信学会論文誌 D   J96-D(5) 1158-1165   2013年5月
社会ネットワーク分析の分野で重要ノードを抽出する指標として中心性指標が提案されており,これらはノードの独立的な性質により,各ノードをランキングする手法である.本論文では,集合内での各ノードの協調的振舞いを想定して,任意のノード群に対する指標として拡張した集合中心性を提案する.集合中心性は,集合内で各ノードが互いに影響し合う点を考慮し,集合としての中心性値が高くなるようなノード集合を抽出する.集合次数中心性を求める問題はK-vertex covering問題に帰着し,集合近接中心性を求める問...
伏見卓恭, 斉藤和巳, 池田哲夫, 風間一洋
日本データベース学会論文誌   11(3) 27-32   2013年2月
伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 風間 一洋
情報処理学会論文誌データベース(TOD)   5(3) 26-35   2012年9月
本稿では,ネットワークに対する各ノードの役割・機能・立場が類似したノードからなるコミュニティを抽出することを主題とする.周辺ノードとのリンク関係の類似性,すなわち同値性を同定するための Versim 法, Simrank 法と呼ぶ従来の手法,および機能の類似するノード群を抽出する Randwalk 法の 3 手法に着目する. Randwalk 法は,ネットワーク全体でのランダムウォークにより類似経路構造を探す方法であり, PageRank 反復計算時のスコア収束曲線の類似性を用いる手法であ...
伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 風間 一洋
日本データベース学会論文誌   10(3) 13-18   2012年2月
Takayasu Fushimi,Kazumi Saito,Kazuhiro Kazama
Knowledge Management and Acquisition for Intelligent Systems - 12th Pacific Rim Knowledge Acquisition Workshop, PKAW 2012, Kuching, Malaysia, September 5-6, 2012. Proceedings   328-334   2012年   [査読有り]
Shoko Kato,Akihiro Koide,Takayasu Fushimi,Kazumi Saito,Hiroshi Motoda
Knowledge Management and Acquisition for Intelligent Systems - 12th Pacific Rim Knowledge Acquisition Workshop, PKAW 2012, Kuching, Malaysia, September 5-6, 2012. Proceedings   298-312   2012年   [査読有り]
Takayasu Fushimi,Yamato Kubota,Kazumi Saito,Masahiro Kimura,Kouzou Ohara,Hiroshi Motoda
AI 2011: Advances in Artificial Intelligence - 24th Australasian Joint Conference, Perth, Australia, December 5-8, 2011. Proceedings   697-706   2011年   [査読有り]
Takayasu Fushimi,Kazumi Saito,Masahiro Kimura,Hiroshi Motoda,Kouzou Ohara
Knowledge Management and Acquisition for Smart Systems and Services, 11th International Workshop, PKAW 2010, Daegu, Korea, August 20 - September 3, 2010. Proceedings   208-222   2010年   [査読有り]
Takayasu Fushimi,Takashi Kawazoe,Kazumi Saito,Masahiro Kimura,Hiroshi Motoda
Knowledge Acquisition: Approaches, Algorithms and Applications, Pacific Rim Knowledge Acquisition Workshop, PKAW 2008, Hanoi, Vietnam, December 15-16, 2008, Revised Selected Papers   122-136   2008年   [査読有り]

Misc

 
伏見卓恭, 斉藤和巳, 池田哲夫, 風間一洋
情報処理学会研究報告(Web)   2018(MPS-120) Vol.2018‐MPS‐120,No.17,1‐6 (WEB ONLY)   2018年9月
太田駿, 伏見卓恭
情報処理学会研究報告(Web)   2018(MPS-120) Vol.2018‐MPS‐120,No.15,1‐2 (WEB ONLY)   2018年9月
菅野健一, 伏見卓恭
情報処理学会研究報告(Web)   2018(MPS-120) Vol.2018‐MPS‐120,No.16,1‐6 (WEB ONLY)   2018年9月
小野水緒, 伏見卓恭
情報処理学会研究報告(Web)   2018(MPS-120) Vol.2018‐MPS‐120,No.4,1‐6 (WEB ONLY)   2018年9月
松井直大, 伏見卓恭
情報処理学会研究報告(Web)   2018(MPS-120) Vol.2018‐MPS‐120,No.19,1‐2 (WEB ONLY)   2018年9月
毛利亮太, 伏見卓恭
情報処理学会研究報告(Web)   2018(MPS-120) Vol.2018‐MPS‐120,No.18,1‐6 (WEB ONLY)   2018年9月
菅野健一, 伏見卓恭
情報科学技術フォーラム講演論文集   17th 133‐136   2018年9月
毛利亮太, 伏見卓恭
情報科学技術フォーラム講演論文集   17th 125‐128   2018年9月
伏見卓恭, 斉藤和巳, 池田哲夫, 風間一洋
情報処理学会研究報告(Web)   2017(MPS-116) Vol.2017‐MPS‐116,No.6,1‐7 (WEB ONLY)   2017年12月
小林 滉河, 野崎 祐里, 伏見 卓恭, 佐藤 哲司
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(212) 69-74   2017年9月
伏見卓恭, 斉藤和巳, 池田哲夫, 風間一洋
情報処理学会研究報告(Web)   2017(MPS-115) Vol.2017‐MPS‐115,No.14,1‐6 (WEB ONLY)   2017年9月
小林滉河, 野崎祐里, 伏見卓恭, 佐藤哲司
電子情報通信学会技術研究報告   117(212(DE2017 13-23)) 69‐74   2017年9月
稲福和史, 伏見卓恭, 佐藤哲司
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2017(1) 1107‐1113   2017年6月
伏見卓恭, 斉藤和巳, 風間一洋
情報処理学会全国大会講演論文集   79th(1) 1.393‐1.394   2017年3月
伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 風間 一洋
人工知能学会全国大会論文集   2017(0) 3M11-3M11   2017年
<p>高次元ベクトルで表現されるデータの増大により,クラスタリング技術が注目を浴びている.ベクトル間の距離計算には多大な計算コストを要するため,L1距離に着目した一般化ピボットを利用し効率的なピボット枝刈りによる高速なK-medoidsアルゴリズムを提案する.実データを用いた評価実験により,クラスタリングの高速化を実現できていることを示す.</p>
伏見卓恭, 斉藤和巳, 風間一洋
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   31st ROMBUNNO.3M1‐1   2017年
稲福和史, 伏見卓恭, 佐藤哲司
情報処理学会研究報告(Web)   2016(DBS-163) Vol.2016‐DBS‐163,No.18,1‐6 (WEB ONLY)   2016年9月
伏見卓恭, 伏見卓恭, 斉藤和巳, 池田哲夫, 風間一洋
情報科学技術フォーラム講演論文集   15th 13‐20   2016年8月
伏見卓恭, 佐藤哲司, 斉藤和巳, 風間一洋
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2016(1) 1608‐1615   2016年6月
伏見卓恭, 斉藤和巳, 風間一洋
可視化情報学会誌   36(141) 68‐74,55(2)-20   2016年4月
本稿では,複雑な構造を有するネットワークの特徴や機能を視覚的に明らかにするために,従来とは異なる視点のコミュニティを抽出し,コミュニティごとに色分けしてノードを可視化するフレームワークについて解説する.ネットワークを構成する各ノードはそれぞれ固有の機能や役割を有し,他のノードと相互に影響を及ぼし合っている.本稿では,従来の密結合しているノード群としてのコミュニティとは異なり,類似の機能を有するノード群を機能コミュニティと称し抽出する.具体的には,PageRankモデルにより得られるスコアの...
伏見卓恭, 佐藤哲司
情報処理学会全国大会講演論文集   78th(2) 2.69-2.70   2016年3月
伏見卓恭, 佐藤哲司, 斉藤和巳, 風間一洋
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   30th(0) ROMBUNNO.1E4‐1-1E41   2016年
平松 淳, 山本 修平, 伏見 卓恭
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(230) 7-12   2015年9月
小林 正樹, 伏見 卓恭, 佐藤 哲司
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(230) 53-57   2015年9月
伏見 卓恭, 佐藤 哲司
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(230) 71-76   2015年9月
伏見卓恭, 佐藤哲司
電子情報通信学会技術研究報告   115(230(DE2015 20-34)) 71-76   2015年9月
小林正樹, 伏見卓恭, 佐藤哲司
電子情報通信学会技術研究報告   115(230(DE2015 20-34)) 53-57   2015年9月
平松淳, 山本修平, 伏見卓恭, 佐藤哲司
電子情報通信学会技術研究報告   115(230(DE2015 20-34)) 7-12   2015年9月
伏見 卓恭, 佐藤 哲司, 斉藤 和巳, 風間 一洋
情報科学技術フォーラム講演論文集   14(2) 7-10   2015年8月
伏見卓恭, 伏見卓恭, 佐藤哲司, 斉藤和巳, 風間一洋
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2015(1) 1487‐1495   2015年7月
伏見卓恭, 佐藤哲司, 斉藤和巳, 風間一洋
情報科学技術フォーラム講演論文集   14th 7-10   2015年8月
鈴木優伽, 伏見卓恭, 斉藤和巳, 風間一洋
情報処理学会全国大会講演論文集   77th(2) 2.259-2.260   2015年3月
伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 風間 一洋, 佐藤 哲司
人工知能学会全国大会論文集   2015(0) 1M41-1M41   2015年
<p>本稿では,ネットワーク内のコミュニティと呼ばれるサブネットワークを対象とし,その特性を定量化することでコミュニティ間の構造的な類似度を定義する. 具体的には,PageRank収束曲線を各ノードの特徴ベクトルとして表現し,各コミュニティに属するノードの特徴ベクトルを平均化することで,コミュニティの特性を定量化する. 複数の構造の異なるネットワークに適用し提案指標の有効性を確認する</p>
伏見卓恭, 斉藤和巳, 風間一洋
情報処理学会全国大会講演論文集   77th(1) 1.513-1.514   2015年3月
伏見卓恭, 斉藤和巳, 風間一洋, 佐藤哲司
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   29th ROMBUNNO.1M4-1-4   2015年
藤野まり菜, 佐藤杏奈, 伏見卓恭, 斉藤和巳, 大久保誠也, 池田哲夫
情報処理学会全国大会講演論文集   77th(2) 2.251-2.252   2015年3月
伏見卓恭, 伏見卓恭, 佐藤哲司, 斉藤和巳, 風間一洋
ネットワーク生態学シンポジウム予稿集(CD-ROM)   12th ROMBUNNO.POSUTA16   2015年
伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 風間 一洋
知識ベースシステム研究会   103 31-37   2014年11月
伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 風間 一洋
情報科学技術フォーラム講演論文集   13(2) 31-36   2014年8月
伏見卓恭, 斉藤和巳, 風間一洋
人工知能学会知識ベースシステム研究会資料   103rd 31-37   2014年11月
鈴木 優伽, 伏見 卓恭, 武藤 伸明, 斉藤 和巳
情報科学技術フォーラム講演論文集   13(2) 291-292   2014年8月
伏見卓恭, 斉藤和巳, 風間一洋
情報処理学会全国大会講演論文集   76th(1) 1.451-1.452-452   2014年3月
本研究では,レビューサイトにおけるユーザとアイテムをノードとしたレビュー関係ネットワークなどから,特徴的なリンク傾向を抽出・分析することを試みる.特に,ユーザ,アイテムの属性に着目し,どのような属性値を有するユーザがどのようなアイテムに高い評価をするかについて,Zスコアを用いて算出する.算出したZスコアの値によりユーザ属性とアイテム属性のペアをランキングし,特徴的なリンク傾向を抽出・分析する.
小林 えり, 伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 池田 哲夫
情報科学技術フォーラム講演論文集   13(2) 305-306   2014年8月
鈴木優伽, 伏見卓恭, 武藤伸明, 斉藤和巳
情報科学技術フォーラム講演論文集   13th 291-292   2014年8月
伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 風間 一洋
人工知能学会全国大会論文集   2014(0) 3F33-3F33   2014年
<p>本研究では,属性情報などのエゴセントリック情報のみを用いて,連結性を保証してネットワーク全体の構造を推定することを試みる.著者らが提案した構造推定法では,推定結果のネットワークが1つの連結成分になることを保証していない.そこで,全体が1つの連結成分になることを保証した推定法へ改良する. 複数のネットワークを用いた評価実験から,改良を加えた提案法が既存法より推定精度が幾分か高いことを確認する.</p>
伏見卓恭, 斉藤和巳, 風間一洋
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   28th ROMBUNNO.3F3-3-4   2014年
伏見卓恭, 斉藤和巳, 風間一洋
情報科学技術フォーラム講演論文集   13th 31-36   2014年8月
小林えり, 伏見卓恭, 斉藤和巳, 池田哲夫
情報科学技術フォーラム講演論文集   13th 305-306   2014年8月
小林 えり, 伏見 卓恭, 斉藤 和巳
知識ベースシステム研究会   102 13-18   2014年7月
伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 武藤 伸明
知識ベースシステム研究会   102 34-39   2014年7月
伏見卓恭, 斉藤和巳, 武藤伸明, 池田哲夫, 風間一洋
人工知能学会知識ベースシステム研究会資料   102nd 34-39   2014年7月
小林えり, 伏見卓恭, 斉藤和巳, 池田哲夫
人工知能学会知識ベースシステム研究会資料   102nd 13-18   2014年7月
郷古浩道, 伏見卓恭, 斉藤和己, 武藤伸明
日本経営工学会春季大会予稿集   2014 50-51   2014年5月
伏見卓恭, 斉藤和巳, 武藤伸明, 池田哲夫, 風間一洋
ネットワーク生態学シンポジウム予稿集(CD-ROM)   11th ROMBUNNO.163   2014年
伏見卓恭, 斉藤和巳, 武藤伸明, 池田哲夫, 大久保誠也
情報処理学会全国大会講演論文集   75th(1) 1.455-1.456-456   2013年3月
企業間取引関係や産業構造,生態系など階層構造のあるデータにおいて,同階層内や階層間のオブジェクト間あるいはカテゴリ間の相互関係を効果的に可視化することは,全体構造および各階層特有の構造を把握するのに有用な方法のひとつと考えられる.また,カテゴリカルデータのカテゴリ間の関係の強さの指標としてMixing Matrixがあげられる.本研究では,Mixing Matrixの値を多項分布に従うものと仮定し,その平均および標準偏差よりZ-scoreを計算することで,カテゴリ間の類似度を定義する.そし...
伏見卓恭, 斉藤和巳, 武藤伸明, 池田哲夫, 大久保誠也
全国大会講演論文集   2013(1) 455-457   2013年3月
企業間取引関係や産業構造,生態系など階層構造のあるデータにおいて,同階層内や階層間のオブジェクト間あるいはカテゴリ間の相互関係を効果的に可視化することは,全体構造および各階層特有の構造を把握するのに有用な方法のひとつと考えられる.また,カテゴリカルデータのカテゴリ間の関係の強さの指標としてMixing Matrixがあげられる.本研究では,Mixing Matrixの値を多項分布に従うものと仮定し,その平均および標準偏差よりZ-scoreを計算することで,カテゴリ間の類似度を定義する.そし...
小林えり, 伏見卓恭, 斉藤和巳, 池田哲夫
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2013(5) ROMBUNNO.B2-2   2013年11月
伏見卓恭, 斉藤和巳, 風間一洋
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2013(5) ROMBUNNO.A1-2   2013年11月
伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 風間 一洋
知識ベースシステム研究会   100 11-16   2013年10月
小林 えり, 伏見 卓恭, 斉藤 和巳
知識ベースシステム研究会   100 17-22   2013年10月
小林えり, 伏見卓恭, 斉藤和巳, 池田哲夫
人工知能学会知識ベースシステム研究会資料   100th 17-22   2013年10月
伏見卓恭, 斉藤和巳, 風間一洋
人工知能学会知識ベースシステム研究会資料   100th 11-16   2013年10月
杉澤 優馬, 伏見 卓恭, 斉藤 和巳
情報科学技術フォーラム講演論文集   12(2) 83-84   2013年8月
小林 えり, 伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 池田 哲夫
情報科学技術フォーラム講演論文集   12(2) 149-150   2013年8月
伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 池田 哲夫, 武藤 伸明
情報科学技術フォーラム講演論文集   12(2) 353-354   2013年8月
伏見卓恭, 斉藤和巳, 池田哲夫, 武藤伸明
情報科学技術フォーラム講演論文集   12th 353-354   2013年8月
小林えり, 伏見卓恭, 斉藤和巳, 池田哲夫
情報科学技術フォーラム講演論文集   12th 149-150   2013年8月
杉澤優馬, 伏見卓恭, 斉藤和巳
情報科学技術フォーラム講演論文集   12th 83-84   2013年8月
小林 えり, 伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 池田 哲夫
人工知能学会全国大会論文集   2013(0) 1C44-1C44   2013年
<p>高次元データの次元圧縮は重要な研究課題であり、代表的な埋め込み手法として主成分分析があげられる。しかしデータ内には外れ値が存在し、結果に影響を与え頑健性を損ねてしまう場合がある。そこで、代表的な既存埋め込み法と同様な縮小写像を実現し、かつ、次元圧縮の頑健性を向上させることを目的に頑健線形射影法を開発した。 提案法をランダム射影法と比較して空間充填率の観点からその特性を明らかにする。 </p>
伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 池田 哲夫, 風間 一洋
人工知能学会全国大会論文集   2013(0) 2J15-2J15   2013年
<p>従来の機能コミュニティ抽出法では,ネットワーク上でのランダムウォークを仮定したPageRank計算において,各ステップでの確率ベクトルの収束過程を基にノードの機能を定義し,類似機能を有するノード群を抽出していた.本稿では,ネットワーク上での情報拡散に着目し,他のノードへの影響力を基にノードの機能を定義した機能コミュニティ概念,および抽出手法を提案する.</p>
小林 えり, 伏見 卓恭, 斉藤 和巳
人工知能学会全国大会論文集   27    2013年
伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 池田 哲夫
人工知能学会全国大会論文集   27 1-4   2013年
伏見卓恭, 斉藤和巳, 池田哲夫, 風間一洋
ネットワーク生態学シンポジウム予稿集(CD-ROM)   10th ROMBUNNO.P28   2013年
加藤 翔子, 小出 明弘, 伏見 卓恭
知識ベースシステム研究会   97 31-36   2012年11月
伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 池田 哲夫
知識ベースシステム研究会   97 37-42   2012年11月
上野 雄史, フォン ブイ・スアン, 大森 美香, 伏見 卓恭, 榊原 源基, 沈 劼英, 斉藤 和巳
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   40 307-310   2012年9月
伏見卓恭, 斉藤和巳, 武藤伸明, 池田哲夫
全国大会講演論文集   2012(1) 485-487   2012年3月
道路上に広告・宣伝などの看板を配置する際,少ないコストでより多くの通行人や車両の目に留まるように,効果的な配置場所を求めることが問題になる.本研究では交差点をノード,交差点間の道路をリンクとしたネットワークを対象に看板配置問題を考える.そして,任意の交差点(出発地)から他の交差点(目的地)へ最短パスで行く際の看板閲覧確率を目的関数とし,目的関数を最適化することで,複数の最適な看板配置場所を求める.配置する看板数が1つの場合,ネットワーク分析手法である媒介中心性と等価であるが,複数看板の最適...
伏見卓恭, 斉藤和巳, 武藤伸明, 池田哲夫
第74回全国大会講演論文集   2012(1) 485-486   2012年3月
道路上に広告・宣伝などの看板を配置する際,少ないコストでより多くの通行人や車両の目に留まるように,効果的な配置場所を求めることが問題になる.本研究では交差点をノード,交差点間の道路をリンクとしたネットワークを対象に看板配置問題を考える.そして,任意の交差点(出発地)から他の交差点(目的地)へ最短パスで行く際の看板閲覧確率を目的関数とし,目的関数を最適化することで,複数の最適な看板配置場所を求める.配置する看板数が1つの場合,ネットワーク分析手法である媒介中心性と等価であるが,複数看板の最適...
伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 池田 哲夫, 武藤 伸明
人工知能学会全国大会論文集   2012(0) 1B2R32-1B2R32   2012年
<p>ネットワーク全体構造を定性的に評価する手法として,可視化が多く用いられている.大規模ネットワークを対象とする場合,全てのノードを描画するには限界がある.本研究では,中心性概念による重要ノードに着目し,ネットワークを粗視化する手法を提案する.現実の交差点ネットワークを対象に,本質的な骨格の鮮明化およびオリジナルネットワークの統計量の保存という観点により評価し,提案法の有効性を示す. </p>
加藤 翔子, 小出 明弘, 伏見 卓恭, 斉藤 和巳
人工知能学会全国大会論文集   2012(0) 4C1R63-4C1R63   2012年
<p>新たなユーザー嗜好モデルの構築に向けた一歩として,TwitterのFavorite機能を多重有向グラフとして捉え,Favoriteする頻度がユーザー毎に異なる点に着目し,格差を評価するジニ係数を用いて分析した.具体的には,出・入次数のジニ係数をユーザー毎に求め,相関関係,出・入次数との関係,近接度・媒介度との関係をそれぞれ探究した.また,mention機能についても同様の分析し,結果を比較した.</p>
伏見卓恭, 斉藤和巳, 武藤伸明, 池田哲夫
第73回全国大会講演論文集   2011(1) 297-298   2011年3月
社会ネットワークにおいて、重要ノード抽出のための中心性指標として有名なPageRankやHITS、媒介中心性などが挙げられる。ネットワーク構造推定問題などにおいて、ネットワークにリンクの張替やmissingリンクなどのエラーが混入すると、これら中心性指標によるノードのランキングが必然的に変化する。エラーが含まれていてもランキングがあまり変化しない中心性が頑健な指標とみなすことができる。この頑健性を評価するための定量的な尺度を提案する。既存の尺度としてピアソンの相関係数やコサイン類似度などが...
武藤 伸明, 斉藤 和巳, 池田 哲夫, 永田 大, 伏見 卓恭
情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM)   4(1) 1-10   2011年1月
施設配置問題は,施設を開設するコストと利用者が施設を利用するコストの和を最小化する問題である.本論文では,利用コストに複数施設が確率的に貢献するタイプの施設配置問題を考える.その解法として,コストの総和を目的関数とした貪欲法,あるいは解品質の向上のため単位開設コストあたりのコストの総和の差分を評価関数とする貪欲法が考えられる.本論文では,これらの目的関数および評価関数の数理構造を分析し,これらの貪欲法に遅延評価と呼ばれる手法が導入可能なことを示す.また計算機実験によって,遅延評価の導入によ...
伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 木村 昌弘, 大原 剛三, 元田 浩
情報科学技術フォーラム講演論文集   9(2) 73-76   2010年8月
武藤 伸明, 斉藤 和巳, 池田 哲夫, 永田 大, 伏見 卓恭
研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2010(4) 1-9   2010年5月
施設配置問題は,施設を開設するコストと利用者が施設を利用するコストの和を最小化する問題である.本論文では,利用コストに複数施設が確率的に貢献するタイプの施設配置問題を考える.その解法として,コストの総和を目的関数とした貪欲法,あるいは解品質の向上のため単位開設コストあたりのコストの総和の差分を評価関数とする貪欲法が考えられる.本論文では,これらの目的関数及び評価関数の数理構造を分析し,これらの貪欲法に遅延評価と呼ばれる手法が導入可能なことを示す.また計算機実験によって,遅延評価の導入による...
伏見 卓恭, 入月 卓也, 永田 大, 斉藤 和巳, 池田 哲夫, 武藤 伸明
全国大会講演論文集   72(0) 437-438   2010年3月
永田 大, 入月 卓也, 伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 池田 哲夫, 武藤 伸明
全国大会講演論文集   72(0) 439-440   2010年3月
伏見 卓恭, 吉川 友也, 斉藤 和巳, 元田 浩, 木村 昌弘
情報科学技術フォーラム講演論文集   8(2) 421-422   2009年8月
吉川 友也, 伏見 卓恭, 斉藤 和巳, 元田 浩, 木村 昌弘
情報科学技術フォーラム講演論文集   8(2) 425-426   2009年8月
伏見 卓恭, 水本 嗣留, 斉藤 和巳, 木村 昌弘, 元田 浩
人工知能学会全国大会論文集   2009(0) 1H44-1H44   2009年
<p>社会ネットワークにおける情報拡散の代表モデルである、独立カスケード(IC)モデルや線形閾値(LT)モデルを適用し分析を行った。詳細には、現実ネットワークと各ノードの次数を一定にしたままリンクを張り替えて、コミュニティ構造を壊した一般ランダムネットワークを比較した分析を行う。実験によりコミュニティ構造の影響がICモデルで強く受けるのに対し、LTモデルではほとんど変化が見られなかったことなどを示す。</p>
伏見 卓恭, 水本 嗣留, 斉藤 和巳
論文集   23 1-4   2009年

競争的資金等の研究課題

 
農業実践例の大規模類似ネットワークに基づくナレッジベースの構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業・基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 大久保 誠也
要点と評価を軸とした評価文書可視化に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業・若手研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 伏見卓恭
大規模空間ネットワークのネットワーク分析に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業・基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 風間一洋
ソーシャルキャピタルの成長とユーザの情報行動との相互作用に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業・基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 佐藤哲司
大規模ネットワークからのトピック指向コミュニティとキーパーソンの抽出
日本学術振興会: 科学研究費助成事業・特別研究員奨励費
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 伏見卓恭
コミュニティメディアからの知識抽出に基づくソーシャルキャピタルの変容過程の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業・基盤研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 佐藤哲司
複雑ネットワークの構造分析と構造推定
日本学術振興会: 科学研究費助成事業・特別研究員奨励費
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 伏見卓恭