ティモシー・J・バンス

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/16 10:39
 
アバター
研究者氏名
ティモシー・J・バンス
所属
公立小松大学
部署
国際文化交流学部
職名
教授
学位
博士号
その他の所属
国立国語研究所

プロフィール

私はアメリカのミネソタ州で生まれました。初めて来日したのは1976年、スタンフォードセンター (アメリカ・カナダ連合日本研究センター) で1年間日本語を学びました。シカゴ大学大学院で言語学の博士号を取得後、アメリカの東西南北のいくつかの大学で約30年間教授に携わりました。1988〜89年に東京の立教大学の奨励研究員、2005〜06年に神戸の甲南大学国際交流センター副所長、2010年1月から2017年3月まで国立国語研究所に勤務していました。現在は新しく設立された公立小松大学で教えています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
公立小松大学 国際文化交流学部 教授
 
2010年1月
 - 
現在
国立国語研究所 教授
 
2000年7月
 - 
2009年12月
アリゾナ大学 教授
 
1994年7月
 - 
2000年6月
コネチカット・カレッジ 教授
 
1993年7月
 - 
1994年6月
コネチカット・カレッジ 准教授
 

書籍等出版物

 
連濁の研究-国立国語研究所プロジェクト論文選集
ティモシー・J・バンス 金子恵美子 渡邊靖史 [編]
開拓社   2017年   
Sequential Voicing in Japanese: Papers from the NINJAL Rendaku Project
Timothy J. Vance and Mark Irwin [編]
John Benjamins   2016年   
Laboratory Phonology 6.3 (special issue: Corpus-Based Approaches to the Phonological Analysis of Speech)
Haruo Kubozono (窪薗晴夫), Kikuo Maekawa (前川喜久雄), and Timothy J. Vance [編]
De Gruyter Mouton   2015年   
Japanese/Korean Linguistics 22
Mikio Giriko (儀利古幹雄), Naonori Nagaya (長屋尚典), Akiko Takemura (竹村亜紀子), and Timothy J. Vance [編]
CSLI   2014年   
The Sounds of Japanese
Timothy J. Vance
Cambridge University Press   2008年   

論文

 
The Inexorable Spread of <ou> in Romanized Japanese
ティモシー・J・バンス
Topics in Theoretical Asian Linguistics, ed. by Kunio Nishiyama, Hideki Kishimoto, and Edith Aldridge   287-301   2018年   [査読有り][招待有り]
Onset Cy and High Vowel Devoicing in Japanese
平山真奈美 ティモシー・J・バンス
Journal of Japanese Linguistics   34 103-126   2018年   [査読有り]
Moras and Syllables
ティモシー・J・バンス
The Cambridge Handbook of Japanese Linguistics, ed. by Yoko Hasegawa   135-153   2018年   [査読有り][招待有り]
Cambridge University Press
Rendaku Following a Moraic Nasal
ティモシー・J・バンス
音韻研究の新展開−窪薗晴夫教授還暦記念論文集 (田中真一他 編)   19-39   2017年
開拓社
Rendaku (Sequential Voicing) in Japanese Phonology
ティモシー・J・バンス
Oxford Research Encyclopedias: Linguistics      2017年   [査読有り][招待有り]
Oxford University Press (http://linguistics.oxfordre.com/view/10.1093/acrefore/ 9780199384655.001.0001/acrefore-9780199384655-e-280?rskey=qv63bo&result=23)

Misc

 
書評: The Phonology of Japanese (Laurence Labrune, Oxford University Press, 2012)
Timothy J. Vance
Lingua   123 168-174   2013年
: Kanji Politics (Nanette Gottlieb, Kegan Paul International, 1995); Literacy and Script Reform in Occupation Japan (J. Marshall Unger, Oxford University Press, 1996)
Timothy J. Vance
Language and Society   28 141-145   1999年
書評: Phonological Government in Japanese (Shohei Yoshida, Australian National University, 1996)
Timothy J. Vance
Journal of Linguistics   34 558-560   1998年
書評: Auditory and Acoustic Phonetics (Keith Johnson, Blackwell, 1997)
Timothy J. Vance
Modern Language Journal   83 439-439   1998年
書評: Sound Symbolism (Leanne Hinton, Johanna Nichols, and John J. Ohala, eds., Cambridge University Press, 1994)
Timothy J. Vance
The Times Higher Education Supplement      1996年4月
4月12日

講演・口頭発表等

 
Korean Aspiration, Japanese Voicing, and Emergent Features [招待有り]
ティモシー・J・バンス
25th Japanese/Korean Linguistics Conference   2017年10月   
Onset Optimization in Japanese
ティモシー・J・バンス
第12回音韻論フェスタ   2017年3月   
The Japanese Syllable Debate: A Skeptical Look at Some Anti-Syllable Arguments [招待有り]
ティモシー・J・バンス
GLOW in Asia XI   2017年2月   
Onset Cy Clusters in Japanese: Evidence from Vowel Devoicing
平山真奈美 ティモシー・J・バンス
14th Old World Conference in Phonology   2017年2月   
Toward a Spelling Pronunciation Typology: Examples from Japanese [招待有り]
ティモシー・J・バンス
音韻論フォーラム2016   2016年8月   
Lyman's Law, the OCP, and Prenasalization in Northern Tōhoku Japanese
ティモシー・J・バンス 川原繁人 宮下瑞生
New Ways of Analysing Variation Asia-Pacific 4   2016年4月   
The Challenge of Big Numbers for JFL Learners: Pitch-Accent and Phrasing [招待有り]
ティモシー・J・バンス
1st International Symposium on Applied Phonetics   2016年3月   
Is Spanish Stress Perceived as Japanese Vowel Length?
ティモシー・J・バンス
Phonetic Society of Japan International Workshop   2016年1月   
Postnasal Voicing, Japanese Rendaku, and the Naturalness Condition
ティモシー・J・バンス
13th Old World Conference in Phonology   2016年1月   
The Old Japanese Rendaku Database and the Strong Version of Lyman’s Law
ティモシー・J・バンス
言語科学会   2015年7月   

その他

 
2017年11月
招待講演: Japanese Spelling Pronunciations
ハワイ大学 (言語学科セミナー)
2017年10月
招待講演: Why Linguists Obsess about Rendaku
ハワイ大学 (日本研究センターセミナー)
2017年3月
招待講演: 連濁にみる日本語の奥行き
国際文化会館 (IUCレクチャー・シリーズ)
2017年1月
招待講演: Rendaku (Sequential Voicing) in Japanese Compounds
大阪女学院大学
2017年1月
招待講演: Compound Words in English and Japanese
大阪女学院大学