Tomofumi Sawada

J-GLOBAL         Last updated: Oct 8, 2019 at 11:46
 
Avatar
Name
Tomofumi Sawada
Affiliation
Iwate Medical University
Section
Department of Biomedical Engineering
Job title
Lecturer
Degree
Ph.D.(Kanagawa Dental College), Dr. med. dent(University of Tübingen)
Research funding number
80550821
ORCID ID
0000-0002-4937-7111

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2018
 - 
Today
Lecturer, Department of Biomedical Engineering, Iwate Medical University
 
May 2013
 - 
Mar 2018
Visiting Scholar, Department of Prosthodontics and Section Medical Materials Science & Technology, Center of Dentistry, Oral Medicine, and Maxillofacial Surgery, University of Tübingen
 
Apr 2013
 - 
Mar 2014
Part-time lecturer, Department of Prosthodontics and Oral Rehabilitation, Graduate School of Dentistry, Kanagawa Dental University
 
Apr 2012
 - 
Mar 2013
Lecturer, Division of Fixed Prosthodontics, Department of Oral and Maxillofacial, Kanagawa Dental College
 
Apr 2009
 - 
Mar 2012
Assistant professor, Division of Fixed Prosthodontics, Department of Oral and Maxillofacial, Kanagawa Dental College
 

Education

 
 
 - 
Oct 2016
Faculty of Medicine, Eberhard Karls Universität Tübingen
 
Apr 2005
 - 
Mar 2009
Graduate Schoool, Kanagawa Dental College
 
Apr 1997
 - 
Mar 2003
School of Dentisry, Kanagawa Dental College
 

Awards & Honors

 
2009
Young Investigator Award
 

Published Papers

 
Comparative analysis of mechanical properties and metal-ceramic bond strength of Co-Cr dental alloy fabricated by different manufacturing processes
Han X, Sawada T, Schille C, Schweizer E, Scheideler L, Geis-Gerstorfer J, Rupp F, Spintzyk S
Materials   11 1801   Sep 2018   [Refereed]
Sawada T, Schille C, Wagner V, Spintzyk S, Schweizer E, Geis-Gerstorfer J
Dental materials : official publication of the Academy of Dental Materials   34(8) 1199-1210   Aug 2018   [Refereed]
Sawada T, Schille C, Zöldföldi J, Schweizer E, Geis-Gerstorfer J, Spintzyk S
Dental materials : official publication of the Academy of Dental Materials   34(3) 486-493   Mar 2018   [Refereed]
Sawada T, Schille C, Almadani A, Geis-Gerstorfer J
Materials (Basel, Switzerland)   10(2) 194   2017   [Refereed]
Manufacturing process influence on Co–Cr base-alloy mechanical properties
X. Han, T. Sawada, R. Ebert, T. Wiest, M. Kaiser, J. Geis-Gerstorfer, S. Spintzyk
Dent Mater   33 e37-e38   2017   [Refereed]
Biaxial flexural strength of bilayered commercial porcelain/Ce-TZP/A disks
T. Sawada, C. Schille, S. Spintzyk, V. Wagner, E. Schweizer, J. Geis-Gerstorfer
Dent Mater   33 e70   2017   [Refereed]
Kournetas N, Spintzyk S, Schweizer E, Sawada T, Said F, Schmid P, Geis-Gerstorfer J, Eliades G, Rupp F
Dental Materials   33 e317-e327   2017   [Refereed]
Effect of a novel framework design in ceria-stabilized zirconia/alumina nanocomposite (Ce-TZP/A)-based all-ceramic crowns
Tomofumi Sawada
University of Tübingen      2016   [Refereed]
Prosthetic restoration by fix partial denture with ceria-stabilized ZrO2/Al2O3 nanocomposite for temporomandibular disorder due to occlusion insufficiency: a case report
Tomofumi Sawada
Journal of Esthetic Dentistry   26 94-100   2014   [Refereed]
Tomofumi Sawada
Ann Jpn Prosthodont Soc   5(2) 130-134   2013
Tomofumi Sawada
Ann Jpn Prosthodont Soc   4(4) 448-451   Oct 2012   [Refereed]
症例の概要:下顎前歯部咬耗を主訴に来院した76歳男性。口腔内検査および種々の検査より臼歯部の咬合支持喪失による前歯部の過蓋咬合と低位咬合が疑われた。客観的な基準を参考に咬合の再構築を図り、最終補綴処置に移行した。その後は1〜6ヵ月ごとの定期検診にて経過観察を行い、現在5年が経過したが良好な状態が保たれている。考察:全顎的な咬合の再構築により、咀嚼機能および審美障害の改善を図ることができたと考えられる。結論:本症例のように臼歯部欠損による咬合高径の低下と全顎にわたる著しい咬耗が認められる場合...
Odagiri K, Sawada T, Hori N, Seimiya K, Otsuji T, Hamada N, Kimoto K
Dental materials journal   31(3) 443-448   May 2012   [Refereed]
Sawada T, Sawada T, Kumasaka T, Hamada N, Shibata T, Nonami T, Kimoto K
Gerodontology   31(1) 68-75   Mar 2014   [Refereed]
Spintzyk S, Yamaguchi K, Sawada T, Schille C, Schweizer E, Ozeki M, Geis-Gerstorfer J
Materials (Basel, Switzerland)   9(9) 765   Sep 2016   [Refereed]
Kuwabara A, Hori N, Sawada T, Hoshi N, Watazu A, Kimoto K
Dental materials journal   31(3) 368-376   May 2012   [Refereed]
Sawada T, Spintzyk S, Schille C, Zöldföldi J, Paterakis A, Schweizer E, Stephan I, Rupp F, Geis-Gerstorfer J
Materials (Basel, Switzerland)   9(7) 518   Jun 2016   [Refereed]
Toyama T, Sawada T, Takahashi Y, Lee M-C, Hamada N, Todoki K
Oral Therap. Pharmacol.   30(2) 51-56   Aug 2011   [Refereed]
鶏血藤の口腔感染症を引き起こす口腔常在菌に対する殺菌効果を明らかにし、齲触や歯周病に関する創薬の可能性について検討した。グラム陰性菌に対して、鶏血藤は濃度ならびに時間依存的に殺菌効果を示した。F.nucleatumは、P.gingivalisやV.parvulaよりも鶏血藤に対する感受性が高かった。齲触原性細菌であるS.mutansに対して強い殺菌効果を示した。真菌であるC.albicansに対しては、いずれの鶏血藤濃度および作用時間でも殺菌効果は認めなかった。2%抽出液は、唾液中に含まれ...
Hoshi N, Mori H, Taguchi H, Taniguchi M, Aoki H, Sawada T, Kawabata M,Kuwabara A, Oono A, Tanaka K, Hori N, Toyoda M, Kimoto K
J Prosthodont Res   55(1) 48-52   Jan 2011   [Refereed]
Oral hygiene instruction and prosthetic treatment are related to improvemnet of salivary flow and oral symptoms
Mori H, Hoshi N, Taniguchi M, Taguchi H, Sawada T, Kimoto K
Jpn J Oral Diag/Oral Med   24(3) 283-290   2011   [Refereed]
Effect of ceria-stabilized ZrO2/Al2O3 nanocomposite on color quality in esthetic all-ceramic restoration
Sawada T, Sawada T
Journal of Esthetic Dentistry   23(1) 12-17   Sep 2010   [Refereed]
オールセラミック修復で用いるナノジルコニアフレームの半焼結体から完全焼結体へ移行させるための焼結操作が、色調および透過性に与える影響について検討した。背景が模型色の場合のナノジルコニアフレームでは、完全焼結体と比較しL*値は半焼結体で値が上がり明度が増し、a*値は下がった。L*値、a*値、b*値すべての値で、完全焼結体と半焼結体の間に有意差を認めた。素焼き後およびグレーズ後では、頬側面が咬合面と比較して、L*値、a*値、b*値すべての値が有意に増加した。背景が黒色模型の場合のナノジルコニア...
Sawada T, Yoshino F, Kimoto K, Takahashi Y, Shibata T, Hamada N, Sawada T, Toyoda M, Lee MC
Journal of dental research   89(8) 848-853   Aug 2010   [Refereed]
Sawada T, Spintzyk S, Schille C, Schweizer E, Scheideler L, Geis-Gerstorfer J
Materials (Basel, Switzerland)   9(5) 339   May 2016   [Refereed]
Influence of color changes on acrylic denture base resin containing fluoridated apatite-coated titanium dioxide
Sawada T, Sawada T, Katayama I, Shibata T, Hoshi N, NonamiT, Toyoda M, KimotoK
Journal of Japan Academy of Color for Dentistry   16(1) 10-17   Mar 2010   [Refereed]
Kimoto S, Kimoto K, Gunji A, Shinomiya M, Sawada T, Saita M, Kobayashi K
Int J Prosthodont   23(2) 110-116   Mar 2010   [Refereed]
An attempt to recover mastication in a patient having a strong vomiting reflex
Hoshi N, Taguchi H, Mori H, Taniguchi M, Sawada T, Kimoto K
Jpn J Oral Diag/Oral Med   22(2) 303-306   Oct 2009
78歳女。上顎局部床義歯、下顎全部床義歯を使用していたが、上顎右側の第一大臼歯を歯周病のために抜歯した。しかし、義歯により誘発される嘔吐反射のため修理せずに使用しており、食事は粥などの軟食を時間をかけて取る状態であった。異常絞扼反射と義歯不適合した。嘔吐反射が歯科治療への不安感と繋がっていると考え、初診時から治療を行うことをせず、十分に患者の不安感と要望を聞くための時間をとった。歯科医院の治療に向けた練習をユニットにて開始した。その後、適正な大きさの既製トレーを嘔吐反射が起きにくいように、...
Characterization of fluoridated apatite-coated titanium dioxide photocatalyst
Sawada T, Sawada T, Takahashi Y, Shibata T, Okada S, Hoshi N, Hamada N, Kimoto K, Toyoda M
The Bulletin of Kanagawa Dental College   37(2) 111-116   2009   [Refereed]
Antibacterial activity of denture base acrylic resin containing apatite-coated TiO2 photocatalyst
Shibata T, Kimoto K, Hamada N, Kumada H, Sawada T, Sawada T, Toyoda M
The Bulletin of Kanagawa Dental College   37(2) 105-110   2009   [Refereed]
Sawada T, Kimoto K, Takahashi Y, Sawada T, Hamada N,Shibata T, Hori N, Aoki H, Nonami T, Toyoda M
Prosthodont Res   7(2) 201-203   2008   [Refereed]
Shibata T, Hamada N, Kimoto K, Sawada T, Sawada T, Kumada H, Umemoto T, Toyoda M
Dental materials journal   26(3) 437-444   May 2007   [Refereed]
アパタイト被覆型二酸化チタンの義歯床用レジンへの応用 紫外線照射による色調の変化について
澤田 智史, 澤田 智慈, 木本 克彦, 岡田 周策, 星 憲幸, 柴田 武士, 田中 欣也, 野浪 亨, 豊田 實
歯科の色彩   13(1) 29-36   Mar 2007   [Refereed]
義歯の清掃は口腔衛生の維持に重要であり、高齢者や要介護者とって容易ではない。より安全で簡便な義歯の清掃法の確立を目的として、光触媒である二酸化チタンを義歯床用レジンに配合し検討を行った。本研究では、義歯床用レジンに二酸化チタン(Ti)およびアパタイト被覆型二酸化チタン(AP)を1・5・10重量%の割合で配合して試験片を作製、紫外線照射と非照射による色調の変化ならびに物性試験、表面性状について評価を行った。その結果、色調の変化では、色差はTi・AP共に光触媒反応により急激に増大を示した。その...
Metallic composition and metallic ratio of crowns in oral cavities
Sawada T, Sawada T, Uryu A, Okudera M, Toyoda M
The Bulletin of Kanagawa Dental College   35(1) 43-46   2007   [Refereed]
Effect of a slow-cooling protocol of bilayered porcelain-ceria-stabilized zirconia/alumina nanocomposite (Ce-TZP/A) disks on biaxial flexural strengths
Sawada T, Wagner V, Schille C, Spintzyk S, Schweizer E, Geis-Gerstorfer J
Dental Materials   35(2) 270-282   2019   [Refereed]

Misc

 
ドイツにおける歯科補綴学教育と大学病院の臨床 4年におよぶ歯学博士取得経験からの報告
澤田 智史
補綴臨床   50(2) 226-239   Mar 2017
両側支持構造を有するCe-TZP/Aフレームによるオールセラミッククラウンの検討
澤田 智史, Geis-Gerstorfer Juergen
日本補綴歯科学会誌   8(特別号) 226-226   Jul 2016
Ce-TZP/Al2O3ナノ複合体フレームを用いたオールセラミック修復における可能性
熊坂 知就, 澤田 智史, 大野 晃教, 渡辺 清子, 清宮 一秀, 尾辻 剛, 浜田 信城, 木本 克彦
神奈川歯学   48(抄録集) 25-25   Nov 2013
紫外線照射を行った二酸チタン/ハイドロキシアパタイト-ハイブリッドチタンの面の評価
桑原 淳之, 星 憲幸, 澤田 智史, 田中 欽也, 木本 克彦
日本補綴歯科学会誌   5(2) E163-E163   Apr 2013
チーム基盤型学習(TBL)のクラウンブリッジ補綴学への導入
澤田 智史, 小田切 憲, 星 憲幸, 熊坂 知就, 石井 康鉉, 番家 雅子, 木本 克彦
日本補綴歯科学会誌   4(特別号) 282-282   May 2012
咀嚼はワーキングメモリ課題遂行時の前頭前野と上側頭回の活動を促進する
川本 翔一, 川畑 政綱, 大野 晃教, 澤田 智史, 熊坂 知就, 小宮山 嵩, 木本 克彦
日本補綴歯科学会誌   4(2) E74-E74   Apr 2012
下顎前歯部咬耗による咀嚼機能障害の回復を図った一症例
澤田 智史, 熊坂 知就, 澤田 智慈, 木本 克彦
神奈川歯学   46(抄録集) 43-43   Dec 2011
歯科材料への新たな消毒方法の可能性について 床用レジンへの影響
小田切 憲, 澤田 智史, 堀 紀雄, 浜田 信城, 木本 克彦
神奈川歯学   46(抄録集) 48-48   Dec 2011
OSCE時標準模擬患者ストレスについて 終了時実施アンケートより考察する
森 啓, 谷口 紀江, 田口 長, 星 憲幸, 澤田 智史, 木本 克彦
日本口腔診断学会雑誌   24(3) 470-470   Oct 2011
ロールプレイ演習による医療面接学習終了時感想より見た学生の学習効果 歯学部1年生と4年生の比較
谷口 紀江, 森 啓, 星 憲幸, 澤田 智史, 木本 克彦
日本口腔診断学会雑誌   24(3) 470-470   Oct 2011
ハイドロキシアパタイトと二酸化チタンを用いてチタン表面に形成されたハイブリット構造体の検討
桑原 淳之, 堀 紀雄, 澤田 智史, 星 憲幸, 木本 克彦
日本口腔インプラント学会誌   24(特別号) 286-286   Aug 2011
活性酸素を使用した新たな消毒方法の可能性 床用レジンへの影響
小田切 憲, 澤田 智史, 堀 紀雄, 木本 克彦
日本補綴歯科学会誌   3(特別号) 297-297   May 2011
下顎前歯部咬耗による咀嚼機能障害の回復を図った症例
澤田 智史
日本補綴歯科学会誌   3(特別号) 334-334   May 2011
ナノジルコニアフレームによるオールセラミックの臨床
澤田 智慈, 澤田 智史, 岡田 周策, 瓜生 厚, 奥寺 充, 山田 直樹, 木本 克彦
日本補綴歯科学会誌   3(1) E80-E80   Jan 2011
若年期からの臼歯喪失が認知機能に与える影響
川畑 政綱, 大野 晃教, 川本 翔一, 堀 紀雄, 青木 宏道, 星 憲幸, 澤田 智史, 桑原 淳之, 木本 克彦
日本補綴歯科学会誌   3(1) E82-E82   Jan 2011
Characterization of acrylic resin containing fluoridated apatite-coated titanium dioxide photocatalyst
Sawada T, Sawada T, Lee M-C, Hamada N, Kimoto K
The Bulletin of Kanagawa Dental College   39 33-35   2011
Denture-base resin containing apatite-coated TiO2 photocatalyst
Kimoto K, Shibata T, Sawada T, Hoshi N, Hamada N
The Bulletin of Kanagawa Dental College   39 29-32   2011
唾液流出量と口腔不定愁訴との関連性の検討
星 憲幸, 青木 宏道, 澤田 智史, 柴田 武士, 田中 欽也, 伊藤 藍子, 小金井 弘明, 青木 流香, 相原 裕名, 森 啓, 田口 長, 谷口 紀江, 木本 克彦
神奈川歯学   45(抄録集) 20-20   Dec 2010
アパタイト被覆二酸化チタンを応用した低濃度過酸化水素漂白剤の新規開発
斉田 牧子, 吉野 文彦, 小林 杏, 長谷 博子, 野浪 亨, 澤田 智史, 星 憲幸, 李 昌一, 木本 克彦
神奈川歯学   45(抄録集) 33-33   Dec 2010
光テクノロジーを応用した新たなインプラント体表面への改質
木本 克彦, 堀 紀雄, 青木 宏道, 星 憲幸, 澤田 智史
神奈川歯学   45(抄録集) 78-78   Dec 2010
唾液流出量と口腔不定愁訴との関連性の検討
星 憲幸, 谷口 紀江, 江川 亜沙美, 森 啓, 田口 長, 澤田 智史, 木本 克彦
日本口腔診断学会雑誌   23(2) 385-385   Oct 2010
光触媒二酸化チタン応用アバットメントによる歯肉線維芽細胞の応答
星 憲幸, 青木 宏道, 澤田 智史, 田中 欽也, 木本 克彦
日本口腔インプラント学会誌   23(特別号) 173-173   Aug 2010
ハイドロキシアパタイトと二酸化チタンによる二重薄膜生成技術を応用したチタン表面改質の検討
桑原 淳之, 堀 紀雄, 星 憲幸, 澤田 智史, 柴田 武士, 青木 宏道, 澤田 智慈, 木本 克彦
日本補綴歯科学会誌   2(2) E58-E58   Apr 2010
ナノジルコニアによる審美修復の色調に関して
澤田 智慈, 澤田 智史, 木本 克彦, 豊田 實
歯科審美   22(2) 190-190   Mar 2010
光触媒二酸化チタンを応用したアバットメント表面の検討
星 憲幸, 青木 宏道, 澤田 智史, 柴田 武士, 田中 欽也, 渥美 美穂子, 根岸 秀幸, 岡田 周策, 寺中 敏夫, 木本 克彦
神奈川歯学   44(抄録集) 31-31   Dec 2009
二酸化チタン光触媒配合義歯床用材料の色調に及ぼす影響について
澤田 智史, 澤田 智慈, 柴田 武士, 星 憲幸, 豊田 實, 木本 克彦
神奈川歯学   44(抄録集) 39-39   Dec 2009
ナノジルコニアフレームの色彩学的検討について
澤田 智慈, 澤田 智史, 清宮 一秀, 尾辻 剛, 木本 克彦, 豊田 實
神奈川歯学   44(抄録集) 39-39   Dec 2009
フッ素化アパタイト被覆二酸化チタンの電子スピン共鳴(ESR)法による活性酸素種(ROS)検出と義歯床用レジンへの応用
澤田 智史, 吉野 文彦, 高橋 祐介, 桑原 淳之, 柴田 武士, 澤田 智慈, 浜田 信城, 木本 克彦, 李 昌一, 豊田 實
神奈川歯学   44(抄録集) 70-70   Dec 2009
唾液流出量の低下による口腔不定愁訴の一症例
星 憲幸, 森 啓, 田口 長, 谷口 紀江, 澤田 智史, 木本 克彦
日本口腔診断学会雑誌   22(2) 367-367   Oct 2009
光触媒二酸化チタンを応用したアバットメント表面の検討
星 憲幸, 青木 宏道, 澤田 智史, 柴田 武士, 田中 欽也, 渥美 美穂子, 木本 克彦
日本口腔インプラント学会誌   22(特別号) 263-263   Aug 2009
フッ素化アパタイト被覆二酸化チタン配合義歯床用レジンの色調に及ぼす影響について
澤田 智史, 澤田 智慈, 片山 伊九右衛門, 柴田 武士
日本歯科色彩学会総会・学術大会プログラム・抄録集   17回 22-22   Jul 2009
光触媒二酸化チタンを応用したアバットメント表面の検討
星 憲幸, 青木 宏道, 柴田 武士, 澤田 智史, 斎田 牧子, 川畑 政綱, 田中 欽也, 山田 重雄, 木本 克彦
日本補綴歯科学会誌   1(2) E58-E58   Apr 2009
An analysis study on the accumulation of toxic metals in patients with suspected metal allergy
Sawada T, Higuchi M, Sawada T, Okada S, Shimizu T, Teranaka T, Toyoda M
The Bulletin of Kanagawa Dental College   37(2) 155-157   2009
電子スピン共鳴(ESR)法を用いたチタン酸化膜における活性酸素種(ROS)生成評価
大野 晃教, 堀 紀雄, 吉野 文彦, 澤田 智史, 斎田 牧子, 桑原 淳之, 木本 克彦, 豊田 實, 李 昌一
神奈川歯学   43(抄録集) 31-31   Dec 2008
金属アレルギー患者における有害金属の蓄積に関する検討
澤田 智史, 樋口 渚, 澤田 智慈, 岡田 周策, 清水 統太, 寺中 敏夫, 豊田 實
神奈川歯学   43(抄録集) 44-44   Dec 2008
電子スピン共鳴(ESR)法を用いたチタンディスク酸化膜層における活性酸素種(ROS)生成評価
大野 晃教, 堀 紀雄, 吉野 文彦, 澤田 智史, 齋田 牧子, 桑原 淳之, 渥美 美穂子, 木本 克彦, 李 昌一
日本口腔インプラント学会誌   21(特別号) 285-285   Aug 2008
光触媒二酸化チタンコーティングによる表面性状の検討
星 憲幸, 木本 克彦, 澤田 智史, 斎田 牧子, 岡田 周策, 野浪 亨, 豊田 實
日本補綴歯科学会雑誌   52(2) 295-295   Apr 2008
Antifungal effects of acrylic denture base resin containing fluoridated apatite-coated titanium Dioxide
Sawada T, Takahashi Y, Kimoto K, Hamada N, OkadaS, Shibata T, Sawada T, Nonami T, Toyoda M, Teranaka T.
The Bulletin of Kanagawa Dental College   36 100-102   2008
チタンインプラントと金属アレルギーについて
澤田 智慈, 澤田 智史, 渥美 美穂子, 清水 統太, 岡田 周策, 寺中 敏夫, 豊田 實
神奈川歯学   42(抄録集) 48-48   Dec 2007
義歯床用レジンへのフッ素化アパタイト被覆二酸化チタンの応用 Calbicansに対する抗菌効果および細菌付着阻止効果について
澤田 智史, 高橋 祐介, 木本 克彦, 浜田 信城, 岡田 周策, 柴田 武士, 澤田 智慈, 野浪 亨, 豊田 實, 寺中 敏夫
神奈川歯学   42(抄録集) 54-54   Dec 2007
早期の骨結合を目的としたインプラント表面の開発 複合スパッタ法について
田中 欽也, 木本 克彦, 澤田 智史, 星 憲幸, 澤田 智慈, 豊田 實
神奈川歯学   42(抄録集) 74-74   Dec 2007
フッ化アパタイト二酸化チタン配合床用レジンに関する研究 機械的強度について
澤田 智史, 木本 克彦, 柴田 武士, 星 憲幸, 田中 欣也, 澤田 智慈, 野浪 亨, 豊田 實
日本補綴歯科学会雑誌   51(116回特別) 177-177   May 2007
Antifungal effect of acrylic resin incorporating fluorapatite-coated titanium dioxide
Sawada T, Takahashi Y, Hamada N, Kimoto K, Shibata T, Sawada T, Nonami T, Umemoto T, Toyoda M
The 6th International symposium on Titanium in dentistry   125   2007
Satisfaction with resilient denture liner among edentulous patients at the first appointment following the denture delivery
Kimoto K, Kimoto S, Tanaka K, Aoki H, Kushida S, Sawada T, Nishimura T, Otsuji T, Izawa T, Murakami H, Syu K, Gunji A, Kawai Y, Kobayashi K, Toyoda M
The Bulletin of Kanagawa Dental College   35 210-212   2007
無歯顎患者への軟性裏装材使用義歯の効果について 無作為割付臨床試験による検討
木本 克彦, 田中 欣也, 青木 宏道, 串田 祥生, 澤田 智史, 西村 拓也, 尾辻 剛, 村上 洋, 伊澤 武志, 朱 一慶, 郡司 敦子, 河相 安彦, 木本 統, 小林 喜平, 豊田 實
神奈川歯学   41(抄録集) 31-31   Dec 2006
フッ化アパタイト被覆型二酸化チタンの特性 耐酸性能と活性酸素種検出について
澤田 智史, 星 憲幸, 吉野 文彦, 根岸 秀幸, 藤原 努, 柴田 武士, 田中 欣也, 木本 克彦, 澤田 智慈, 野浪 亨, 李 昌一, 川瀬 俊夫, 豊田 實
神奈川歯学   41(抄録集) 71-71   Dec 2006
義歯床用レジンに対するアパタイト被覆型二酸化チタンの応用 紫外線照射による色調および物性の変化について
澤田 智史, 澤田 智慈, 星 憲幸, 柴田 武士, 田中 欣也, 木本 克彦, 豊田 實
日本歯科色彩学会総会・学術大会プログラム・抄録集   14回 25-25   Jul 2006
フッ化アパタイト被覆型二酸化チタンの特性 耐酸性能と活性酸素種検出について
澤田 智史, 星 憲幸, 吉野 文彦, 柴田 武士, 木本 克彦, 澤田 智慈, 野浪 亨, 園田 努, 李 昌一, 豊田 實
日本補綴歯科学会雑誌   50(115回特別) 180-180   Jul 2006
Antifungal effects of incorporating apatite Coated TiO2 Photocatalyst into Acrylic Resin
Shibata T, Tanaka K, Sawada T, Shimizu T, Hoshi N, Kimoto K, Sawada T, Watazu A, Nonami T, Toyoda M, Kumada H, Hamada N, Umemoto T
The Bulletin of Kanagawa Dental College   34 121-123   2006
アパタイト被覆型二酸化チタンを応用した義歯用レジンの開発 Candida albicansに対する抗菌効果について
柴田 武士, 田中 欽也, 澤田 智史, 清水 統太, 星 憲幸, 木本 克彦, 澤田 智慈, 渡津 章, 野浪 亨, 豊田 實, 熊田 秀文, 浜田 信城, 梅本 俊夫
神奈川歯学   40(抄録集) 35-35   Dec 2005
アパタイト被覆型二酸化チタン光触媒を応用した義歯用レジンの開発 物性について
星 憲幸, 澤田 智史, 柴田 武士, 田中 欽也, 清水 統太, 木本 克彦, 澤田 智慈, 野波 亨, 渡津 章, 園田 勉, 豊田 實
神奈川歯学   40(抄録集) 54-54   Dec 2005
アパタイト被覆型二酸化チタンを応用した義歯用レジンの抗菌効果 Candida albicansについて
柴田 武士, 田中 欽也, 澤田 智史, 清水 統太, 星 憲幸, 木本 克彦, 澤田 智慈, 熊田 秀文, 浜田 信城, 梅本 俊夫, 園田 勉, 渡津 章, 野浪 亨, 豊田 實
日本補綴歯科学会雑誌   49(114回特別) 74-74   Oct 2005
アパタイト被覆型二酸化チタン光触媒を応用した義歯用レジンの開発 物性について
星 憲幸, 澤田 智史, 柴田 武士, 田中 欽也, 清水 統太, 木本 克彦, 澤田 智慈, 野波 亨, 渡津 章, 園田 勉, 豊田 實
日本補綴歯科学会雑誌   49(114回特別) 100-100   Oct 2005

Conference Activities & Talks

 
Influence of fluoride corrosion attack on the metal-porcelain bond strength of TiCr20 compared to titanium
Schille C, Sawada T, Takemoto S, Geis-Gerstorfer J
Euro BioMAT 2019   8 May 2019   
Biaxial flexural strength of the bilayered commercial porcelain/Ce-TZP/A disks
Sawada T, Schille C, Spintzyk S, Wagner V, Schweizer E, Geis-Gerstorfer J
Academy of Dental Materials Annual Meeting   5 Oct 2017   
Manufacturing processes influence on Co-Cr base-alloy mechanical properties
Han X, Sawada T, Ebert R, Kaiser M, Wiest T, Geis-Gerstorfer J, Spintzyk S
Academy of Dental Materials Annual Meeting   5 Oct 2017   
How the application of surface conditioner to pre-sintered Y-TZP influences the biaxial flexural strength and phase transformation?
Sawada T, Schille C, Zöldföldi J, Schweizer E, Geis-Gerstorfer J, Spintzyk S.
10th memorial Internationa Federation of Esthetic Dentistry (IFED) world congress   14 Sep 2017   
Bond strength between high translucent zirconia with different surface treatments and adhesive luting cement
Paterakis A, Sawada T, Paterakis E, Schille C, Schweizer E, Klink A, Spintzyk S, Geis-Gerstorfer J
66th German Society for Prosthetiic Dentistry and Biomaterials (DGPro)   19 May 2017   
Mechanical properties of recent CAD/CAM polymer materials
Spintzyk S, Geis-Gerstorfer J, Lyu C, Sawada T, Oldenburger D
4th Euro BioMAT 2017 European Syposium & Exhibition on Biomaterials and Rellated Areas   9 May 2017   
Influence of bilayer ceria-stabilized zirconia/alumina nanocomposite-based crowns with supporting structures on fracture properties
Sawada T, Spintzyk S, Schille C, Schweizer E, Geis-Gerstorfer J
International Dental Materials Congress 2016   4 Nov 2016   
Adhesion of zirconia surface by conditioner application to resin cement
Sawada T, Spintzyk S, Schille C, Schweizer E, Rupp F, Shibata T, Sawada T, Geis-Gerstorfer J
94th General Session & Exhibition of the IADR   22 Jun 2016   
Influence of surface conditioner to pre-sintered zirconia on flexural strength
Sawada T, Spintzyk S, Schille C, Schweizer E, Geis-Gerstorfer J
40th European Prothodontics Association (EPA) & 65th German Society for Prosthetiic Dentistry and Biomaterials (DGPro)   2016   
Influence of a primer on the shear test between zirconia and ceramics
Yamaguchi K, Spintzyk S, Schweizer E, Chang L, Schille C, Sawada T, Ishiura Y, Ebert R, Ozeki M, Geis-Gerstorfer J
The 16th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists   Sep 2015   
Influence of fracture strength on different zirconia framework designs
Sawada T, Spintzyk S, Udaka T, Schille C, Schweizer E, Sugata F, Geis-Gerstorfer J
The 23nd European Dental Materials Conference   27 Aug 2015   
Clinical performance of all-ceramic FPDs with nano-zirconia frameworks: 2-years follow-up
Sawada T, Kumasaka T, Ohno A, Kuwabara A, Kimoto K
91th general session &exhibition of the IADR   20 Mar 2013   
Clinical performance of all-ceramic fixed partial dentures with Ce-TZP-Al2O3 frameworks
Sawada T, Sawada T, Kikuta D,Kumasaka T, Ohno A, Kuwabara A, Kimoto K
FDI Annual World Dental Cogress   29 Aug 2012   
A prospective clinical study of Ce-TZP-Al2O3 frameworks for fixed partial dentures: A 1-year follow-up
Sawada T, Sawada T, Kumasaka T, Kimoto K
12th Biennial Meeting of Asian Academy of Aesthetic Dentistry   19 Jul 2012   
In vitro surface roughness and bacterial adherance of ceria-stabilized tetragonal zirconia/alumina-nanocomposite frameworks
Kumasaka T, Sawada T, Sawada T, Kimoto K
12th Biennial Meeting of Asian Academy of Aesthetic Dentistry   19 Jul 2012   
Examination of the relationship between the amount of salivary flow and oral complaints indefinite
Hoshi N, Sawada T, Odagiri K, Kuwabara A, Ishii K, Banka M, Sawada T, Kimoto K
14th Meeting of the International College of Prostodontists   8 Sep 2011   
Surface property and streptococcal adherence of Ce-TZP/Al2O3 nanocomposite
Sawada T, Sawada T, Hamada N, Kumasaka T, Kimoto K
International Dental Materials Congress   29 May 2011   
Surface properties of denture base resin after several disinfection methods
Sawada T, Odagiri K, Hori N, Hoshi N, Hamada N, Kimoto K
International Dental Materials Congress   27 May 2011   
Reactive oxygen species generated by titanium dioxide with fluoridated apatite
Yoshino F, Sawada T, Kimoto K, Lee M-C
88th general session &exhibition of the IADR   14 Jul 2010   
Effect of acrylic denture base resin containing TiO2 coated with fluoridated apatite
Sawada T, Takahashi Y, Shibata T, Sawada T, Hamada N, Kimoto K, Toyoda M
The 6th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics   24 Apr 2009   

Research Grants & Projects

 
Development of denture base material with antibacterial / a self-cleaning function
Japan society for the promotion of science: Grants-aid for scientific research
Project Year: 2011 - 2012    Investigator(s): Tomofumi Sawada