Tomoyuki Kabutoya

J-GLOBAL         Last updated: Jul 25, 2017 at 12:25
 
Avatar
Name
Tomoyuki Kabutoya

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kabutoya T, Hoshide S, Ogata Y, Eguchi K, Kario K
Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.)   16(2) 156   Feb 2014   [Refereed]
Oba Y, Kabutoya T, Hoshide S, Eguchi K, Kario K
Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.)   19(4) 402-409   Apr 2017   [Refereed]
Kabutoya T, Hoshide S, Ogata Y, Eguchi K, Kario K
Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.)   15(9) 630-636   Sep 2013   [Refereed]
Kuno T, Imaeda S, Asakawa Y, Nakamura H, Takemura G, Asahara D, Kanamori A, Kabutoya T, Numasawa Y
Case reports in cardiology   2017 9473917   2017   [Refereed]
Hoshide S, Fukutomi M, Eguchi K, Watanabe T, Kabutoya T, Kario K
Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)   35(1) 40-44   2013   [Refereed]

Misc

 
渡部 智紀, 甲谷 友幸, 渡辺 裕昭, 佐藤 彰洋, 小森 孝洋, 今井 靖, 三橋 武司, 苅尾 七臣
心臓   49(2) 103-109   Feb 2017
背景:Brugada症候群における心室性不整脈イベントにおいて就寝中や食後などの副交感神経活性との関連性が示唆されている。しかしながら不整脈発生時の状況およびtriggerとなる生活要因に関して、いまだ不明な点も多い。われわれはBrugada症候群における不整脈イベントの発生状況を検討した。方法:当院で植込み型除細動器(ICD)植込み術を施行したBrugada症候群連続32例を対象にICD適切作動を認めた患者背景を検討した。心室性不整脈に対しての適切動作を起こした9例と作動のなかった23例...
心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射と睡眠呼吸障害の関連
甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
日本臨床生理学会雑誌   46(5) 159-163   Dec 2016
【目的】心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射(baroreflex sensitivity:BRS)と低酸素イベント、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)との関連を調べること。【方法】心血管リスク(高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙)のうち1つ以上を持つ200名(男性52%、平均63±11歳)を対象とした。タスクフォースモニタ(CNSystems、日本光電)を用いて、5分間心電図と非侵襲的血圧測定を行い、BRSを測定した。また、パルスオキシメーターを用いて就寝中のSpO2を測定し、睡眠中の3...
1心拍ごとの血圧変動は24時間自由行動下血圧の血圧変動や加齢に関連している
甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   39回 348-348   Sep 2016
高リスク患者の右脚ブロックはBNP高値や尿中アルブミン高値に関連している
石山 裕介, 甲谷 友幸, 苅尾 七臣
日本心臓病学会学術集会抄録   64回 O-096   Sep 2016
心血管リスク患者のBrugada型心電図の予後
篠原 肇, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
日本心臓病学会学術集会抄録   64回 P-525   Sep 2016