古谷 研

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/12 10:14
 
アバター
研究者氏名
古谷 研
 
フルヤ ケン
通称等の別名
Ken Furuya
URL
http://fol.fs.a.u-tokyo.ac.jp/
所属
創価大学
部署
大学院工学研究科
職名
教授
学位
農学博士(東京大学)
その他の所属
東京大学大学院農学生命科学研究科

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
創価大学 大学院工学研究科 教授
 
2017年4月
 - 
現在
東京大学 大学院農学生命科学研究科 特任教授(非常勤)
 
2015年4月
 - 
2017年3月
東京大学 理事・副学長
 
2013年4月
 - 
2015年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科・農学部 研究科長・学部長(兼務)
 
1999年9月
 - 
2017年3月
東京大学 大学院・農学生命科学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年3月
東京大学  農学博士
 
 
 - 
1981年3月
東京大学 大学院農学系研究科 水産学専門課程博士課程修了
 
 
 - 
1975年3月
東京大学 理学部 生物学科卒業
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
情報・システム研究機構  経営協議会委員
 
2016年6月
 - 
現在
(公)日本海洋生物環境研究所  評議員
 
2015年3月
 - 
現在
国際科学技術財団  日本国際賞分野検討委員会委員
 
2017年10月
 - 
現在
第24期日本学術会議  会員
 
2012年4月
 - 
現在
国立極地研究所  運営会議委員
 

受賞

 
2014年10月
日本学術振興会 「科研費」審査委員表彰
 
2014年4月
日本海洋学会 日本海洋学会賞
 
1996年4月
日本海洋学会 日本海洋学会日高論文賞
 

論文

 
Phytoplankton community structure, as derived from pigment signatures, in the Kuroshio Extension and adjacent regions in winter and spring
Journal of Oceanography   73(4) 463-478   2017年   [査読有り]
Basin-scale distribution of NH4+ and NO2− in the Pacific Ocean
Journal of Oceanography   73(https://doi.org/10.1007/s10872)    2017年   [査読有り]
Sea-to-air flux of dimethylsulfide in the South and North Pacific Ocean as measured by Proton Transfer Reaction-Mass Spectrometry coupled with the Gradient Flux (PTR-MS/GF) technique
Journal of Geophysical Research Atmosphere   122(13) 7216-7231   2017年   [査読有り]
Utilization of ammonium by the hydrocarbon-producing microalga, Botryococcus braunii Showa
Algal Research   25 445-451   2017年   [査読有り]
Basin scale variability of active diazotrophs and nitrogen fixation in the North Pacific, from the tropics to the subarctic Bering Sea
Global Biogeochemical Cycles   31(6) 996-1009   2017年   [査読有り]
Comparison of community structures between particle-associated and free-living prokaryotes in tropical and subtropical Pacific Ocean surface waters
Journal of Oceanography   73(3) 383-395   2017年   [査読有り]
Nitrogen isotope ratios of nitrate and N* anomalies in the subtropical South Pacific
Geochemistry, Geophysics, Geosystems   16 1439-1448   2016年   [査読有り]
Phosphate release due to excess alkaline phosphatase activity in Trichodesmium erythraeum
Plankton and Benthos Research   11 1-82   2016年   [査読有り]
Nitrification and its influence on biogeochemical cycles from the equatorial Pacific to the Arctic Ocean
The ISME Journal   10 2184-2197   2016年   [査読有り]
Local and regional experiences with assessing and fostering ocean health
Marine Policy   71 54-59   2016年   [査読有り]
古谷 研
海の研究   24(2) 63-76   2015年3月   [招待有り]
Willingness to pay for ecosystem services of open oceans by choice-based conjoint analysis: a case study of Japanese residents
Ocean and Coastal Management   103 1-8   2015年   [査読有り]
Size-fractionated primary production in the Kuroshio Extension and adjacent regions in spring
Journal of Oceanography   71 27-40   2015年   [査読有り]
A highly sensitive and large concentration range colorimetric continuous flow analysis for ammonium concentration
Journal of Oceanography   71 65-75   2015年   [査読有り]
The effects of diel cycles and temperature on size distributions of pico- and nanophytoplankton in the subtropical and tropical Pacific Ocean
\
Plankton and Benthos Research   10 26-33   2015年   [査読有り]
Surface and middle layer enrichment of dissolved copper in the western subarctic North Pacific
古谷 研
La mer   53 1-18   2015年   [査読有り]
Effects of ethanol-preservation on stable carbon and nitrogen isotopic signatures in marine predators
Plankton and Benthos Research   10 91-97   2015年   [査読有り]
A new simplified method for the measurement of water-leaving radiance
La mer   53 29-39   2015年   [査読有り]
Liquid waveguide spectrophotometric measurement of nanomolar ammonium in seawater based on the indophenol reaction with o-phenylphenol (OPP)
Talanta   143 374-380   2015年   [査読有り]
In situ observations of a doliolid bloom in a warm water filament using a video plankton recorder: bloom development, fate, and effect on biogeochemical cycles and planktonic food webs
Limnology and Oceanography   60 1763-1780   2015年   [査読有り]

Misc

 
古谷 研
日本水産学会誌   80(1) 84-85   2014年
古谷 研
日本プランクトン学会報   58(2)    2011年8月
古谷 研, 吉川 康平, 武田 重信
水産海洋研究   74(1) 36-37   2010年2月
北島 聡, 武田 重信, 古谷 研
日本微生物生態学会講演要旨集   (25)    2009年11月
古谷 研
日本水産学会誌   75(1) 90-92   2009年1月
高柳 和史, 古谷 研, 野尻 幸宏, 伊藤 進一
水産海洋研究   72(2)    2008年5月
古谷 研
日本水産学会誌   69(2)    2003年3月
高木 稔, 岸 道郎, 古谷 研, 乙部 弘隆, 関口 勝司
シンポジウム要旨集 : 日本水産工学会秋季シンポジウム   14 17-20   2002年9月
林 雅人, 古谷 研, 服部 寛
海の研究   11(2)    2002年3月
荒波 一史, 渡辺 修一, 角皆 静男, 林 雅人, 古谷 研, 永田 俊
海の研究   11(2)    2002年3月
宮坂 郁, 難波 謙二, 古谷 研
藻類   47(1) 98-98   1999年3月
古谷 研
遺伝   50(7) 36-40,図巻頭1p   1996年7月
古谷 研
科学   62(10) p669-674   1992年10月

書籍等出版物

 
海洋保全生態学
古谷 研 (担当:共著, 範囲:恵みを生み出す海洋生態系)
講談社   2012年   
Coastal Marine Sciecne in Southeast Asia
Terrapub   2011年   
Introduction for Fisheries and Aquatic Biology
Introduction for Fisheries and Aquatic Biology   2011年   
Global Ecology and Oceanography of Harmful Algal Blooms: Harmful Algal Blooms in Asia
IOC and SCOR   2010年   
水圏生物科学入門
古谷 研・安田一郎 (担当:分担執筆, 範囲:水圏環境)
恒星社厚生閣   2009年