MISC

2018年11月

二国間原子力協力協定に係る昨今の米国政権の見解について

日本核物質管理学会第39回年次大会論文集(インターネット)
  • 田崎 真樹子
  • ,
  • 玉井 広史
  • ,
  • 清水 亮
  • ,
  • 木村 隆志
  • ,
  • 北出 雄大
  • ,
  • 中西 宏晃
  • ,
  • 須田 一則

開始ページ
7
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別

米国が他国と平和目的の原子力協力を行う上では、米国原子力法(AEA)に基づき、原則として9つの核不拡散要件を盛り込んだ二国間原子力協力協定(NCA)を締結する必要がある。本稿では、2018年7月末時点での米/サウジアラビアNCAに係る交渉と、2018年5月に署名された米/英、及び米/メキシコNCA等を例示し、昨今の米国のNCAに係る見解及び将来展望を考察した。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5063717

エクスポート
BibTeX RIS