MISC

2018年4月

核拡散リスクの最小化に関する動向の分析

日本核物質管理学会第38回年次大会論文集(インターネット)
  • 須田 一則
  • ,
  • 清水 亮
  • ,
  • 田崎 真樹子
  • ,
  • 玉井 広史
  • ,
  • 北出 雄大

開始ページ
9
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別

1974年に実施されたインドの核実験以降、世界的に核不拡散に関する議論が実施されている。まず国際的な核燃料サイクル評価(INFCE)では、核拡散防止の観点から、濃縮能力、長期供給保証、再処理、プルトニウムの取扱い、高速増殖炉、使用済燃料の管理、新型燃料サイクル等、といった広範にわたる議論が行われた。その後、イラクや北朝鮮の核問題から、IAEA保障措置協定追加議定書が起草されるなど、制度的な強化が行われた。近年においては、IAEAの革新的原子炉及び燃料サイクル国際プロジェクトや第4世代原子力システムに関する国際フォーラムにおいて、核拡散抵抗性に係る評価手法の検討、また核物質が有する内在的な抵抗性に係る研究が各国の専門家の間で進められている。本報告では、INFCE-WG4(再処理、プルトニウムの取扱いとリサイクル)の代替技術(コ・コンバージョン、コプロセス等)の議論を基に、核拡散リスクの最小化に関する動向と今後の展開について検討する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5060927

エクスポート
BibTeX RIS