講演・口頭発表等

事故時燃料挙動解析コードRANNSを用いたSPERT-CDC 859実験の解析

日本原子力学会2016年春の年会
  • 谷口 良徳
  • ,
  • 宇田川 豊
  • ,
  • 天谷 政樹

開催年月日
2016年3月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
仙台
国・地域
日本

反応度投入事象に係る評価指針の根拠の一つとなったSPERT-CDC 859実験に関して、試験燃料棒の破損挙動に対する腐食の影響を調べるため、燃料挙動解析コードFEMAXI-7及びRANNSを用いて解析した。この解析の結果、同実験の試験燃料棒には予備照射時に、軽水炉の通常運転時の燃料棒と比べ非常に大きな腐食が生じており、この腐食が燃料の破損時エンタルピに影響していることが示唆された。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5055021