内海 敦子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/14 23:38
 
アバター
研究者氏名
内海 敦子
 
ウツミ アツコ
通称等の別名
Atsuko Kanda Utsumi
ハンドル
Atsuko Utsumi
eメール
utsumimbb.nifty.ne.jp
所属
明星大学
部署
人文学部 日本文化学科
職名
教授
学位
外国研究学士(上智大学), Master of Science(The University of Edinburgh), 文学修士(東京大学), 文学博士(東京大学)
科研費研究者番号
70431880

プロフィール

東京大学人文社会系研究科 博士課程修了
東京大学人文社会系研究科 助手
明星大学日本文化学部 講師
明星大学人文学部 准教授
明星大学人文学部 教授

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
明星大学 人文学部 教授
 
2011年4月
 - 
2018年3月
明星大学 人文学部 准教授
 
2010年4月
 - 
2011年3月
明星大学 人文学部 講師
 
2008年4月
 - 
2010年3月
明星大学 日本文化学部 講師
 
2006年4月
 - 
2008年3月
東京大学 人文社会系研究科 助教
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2001年3月
東京大学 人文社会系研究科 言語学専攻 博士後期課程
 
1993年4月
 - 
1996年3月
東京大学 人文社会系研究科 言語学専攻 博士前期課程
 
1993年9月
 - 
1994年9月
The University of Edinburgh  MSc in Department of Cognitive Science
 
1989年4月
 - 
1993年3月
上智大学 外国語学部 英語学科
 

委員歴

 
2017年1月
 - 
2018年6月
日本言語学会  大会運営委員長
 
2015年7月
 - 
2016年12月
日本言語学会  大会運営委員
 

論文

 
The intonation of interrogatives and focused elements in Bantik
内海 敦子
Proceedings of the Third International Workshop on Information Structure of Austronesian Languages   3    2017年   [査読有り]
"Wind" in Austronesian Languages
内海 敦子
Studies in Asian Geolinguistics   4 20-21   2017年   [査読有り]
"Sun" in Austronesian Languages
内海 敦子
Studies in Asian Geolinguistics   2 3-4   2016年   [査読有り]
Milk: Austronesian Languages
内海 敦子
Studies in Asian Geolinguistics   3 22-23   2016年   [査読有り]
Topic-marking Constructions in Bantik
内海 敦子
Proceedings for the second workshop on information structure of Austronesian languages. 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所   42-51   2015年3月   [査読有り]

Misc

 
内海 敦子
明星大学研究紀要. 人文学部・日本文化学科   (26) 80-67   2018年
内海 敦子
明星大学研究紀要. 人文学部・日本文化学科   (25) 144-118   2017年
内海 敦子
明星大学研究紀要. 人文学部・日本文化学科   (24) 168-135   2016年
内海 敦子
インドネシア言語と文化   (21) 67-75   2015年
内海 敦子
明星大学研究紀要. 人文学部・日本文化学科   (23) 344-330   2015年

書籍等出版物

 
Perspectives on information structure in Austronesian languages
Sonja Riesberg, Asako Shiohara, Atsuko Utsumi eds.
Language Science Press   2018年9月   
International Workshop on Information Structure of Austronesian Languages, 内海 敦子, 塩原 朝子
Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa (ILCAA), Tokyo University of Foreign Studies   2017年   ISBN:9784863372429
多言語主義再考
砂野 幸稔 編集
三元社   2012年3月   
Words in Motion: Language and Discourse in Post-New Order Indonesia. (eds by: Foulcher, Keith; M. Moriyama & M. Budiman.)
内海 敦子
NUS Press: Singapore   2012年   
言語研究の射程
加藤 重弘、吉田 浩美 編集
ひつじ書房   2006年6月   

講演・口頭発表等

 
Research on stress and intonation in varieties of Malay: the case of Manado Malay and Lampung Malay
内海敦子
2nd International Workshop on Varieties of Malayic Languages, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所   2018年10月13日   
Discourse Funtions of the Aspectual Clitics in Bantik
内海敦子
14th International Conference on Austronesian Linguistics   2018年7月17日   
The Tonsawang Language's Basic Morphology and Syntactic Features
内海敦子
28th Meeting of Southeast Asian Linguistics Society   2018年5月18日   
Address Terms in Indonesia
内海敦子
Fourth International Conference on Asian Geolinguistics   2018年5月4日   
Malay Variety Project
内海敦子
First International Workshop on Varieties of Malayic Languages   2017年12月19日