講演・口頭発表等

環流旧河谷を用いた河川下刻速度の推定技術の高度化に向けた研究開発

令和元年度東濃地科学センター地層科学研究情報・意見交換会
  • 中西 利典
  • ,
  • 小松 哲也
  • ,
  • 小形 学

開催年月日
2019年11月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
瑞浪
国・地域
日本

内陸部の河成段丘の乏しい地域において適用できる河川下刻速度の推定手法の一つに穿入蛇行の痕跡地形である環流旧河谷に着目した方法がある。この方法では、河川下刻速度を環流旧河谷に残された旧河床堆積物の現河床からの比高をその堆積年代で除することで得る。本研究開発では、この手法の適用性について紀伊山地を事例に検討した。本発表では、その検討結果について報告する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5067489