講演・口頭発表等

国際会議

穿入蛇行河川の過去数十万年間の平均下刻速度の推定; 紀伊山地十津川の事例

JpGU-AGU Joint Meeting 2020
  • 小松 哲也
  • ,
  • 小形 学
  • ,
  • 中西 利典
  • ,
  • 川村 淳

開催年月日
2020年7月
記述言語
日本語
会議種別
国・地域
日本

日本列島の山地における十万年から数十万年間の隆起速度は、気候段丘の認定・編年に基づく手法を用いて算出されている。しかし、その手法を適用できる山地は、河成段丘が分布する山地に限られる。地層処分技術の信頼性向上という観点からは、河成段丘が分布しない山地における十万$\sim$数十万年間の隆起速度の推定手法の開発が必要となる。そうした手法の一つとして環流旧河谷の離水年代に基づいて隆起速度に読み替えられる可能性がある下刻速度を算出するものがある。本発表では、この手法開発の一環で紀伊山地の十津川沿いの環流旧河谷を事例に実施した研究内容について説明した。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5068284