論文

査読有り
2021年3月

光ルミネッセンス(OSL)を用いた超低温領域の熱年代学

Radioisotopes
  • 小形 学
  • ,
  • 末岡 茂

70
3
開始ページ
159
終了ページ
172
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.3769/radioisotopes.70.159

光ルミネッセンス(OSL)熱年代法は、閉鎖温度にして数十度以下の超低温領域の熱史を推定できる手法である。一般的な地温構造を仮定すると、削剥深度にして数百メートルに相当するため、地殻浅部のより詳細な削剥史復元への利用が期待できる。本稿では、OSL熱年代法の原理や閉鎖温度、現在における最新の熱史解析法、応用研究例について紹介する。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.3769/radioisotopes.70.159
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5069485
ID情報
  • DOI : 10.3769/radioisotopes.70.159
  • ISSN : 0033-8303

エクスポート
BibTeX RIS