MISC

1997年10月

高速実験炉「常陽」第11回定期検査における被ばく管理報告

PNC-TN9410 97-094
  • 高嶋 秀樹
  • ,
  • 江森 修一
  • ,
  • 荻沼 宏樹
  • ,
  • 安藤 秀樹

開始ページ
27
終了ページ
記述言語
日本語
掲載種別
機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等

高速実験炉「常陽」では、平成7年5月10日から平成9年3月24日の期間にかけて、第11回定期検査が実施された。本定期検査は、期間延長が行なわれたため、被ばく管理については2期間に分割し実施した。その結果、前記(H7.5.10$\sim$H8.12.7:約17ヶ月)における総被ばく線量当量の実績は、予想総被ばく線量当量約280人・mSvに対して243.34人・mSv、後期(H8.12.8$\sim$H9.3.24:約3ヶ月)については予想総被ばく線量当量約85人・mSvに対して44.73人・mSvとなり、定期検査期間中の総被ばく線量当量は288.07人・mSvであった。これらのことを含め、今回の定期検査は適切な放射線作業計画の基に行なわれたことが確認できた。本報告書は、第11回定期検査で行った被ばく管理及び被ばく低減対策についてこれまでの定期検査の実績を基に取りまとめた。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?4036168

エクスポート
BibTeX RIS