山崎 誠

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/19 12:59
 
アバター
研究者氏名
山崎 誠
ハンドル
YAMAZAKI Makoto
所属
国立国語研究所
部署
言語変化研究領域/コーパス開発センター(併任)
職名
教授
学位
博士(学術)(東京学芸大学)

プロフィール

私は現代日本語の語彙,とくにその数量的特徴の解明をテーマとする計量語彙論を中心に研究しています。例えば,延べ語数の異なり語数に対する比の値に影響を与える条件の解明,語種や品詞の構成比とジャンルとの関係の分析などです。また,計量語彙論を応用した文章構造の研究についても取り組んでいきたいと考えています。例えば,コーパスを使って語が文章中のどの位置でどういう意味で使われているかを計量的に分析したり,文章における意味的なまとまりが当該の文章中にどのように分布しているかを語彙の類似度をもとに記述することなどです。

研究分野

 
 
  • 言語学 / 日本語学 / 計量日本語学/計量語彙論/コーパス/シソーラス

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
国立国語研究所 研究系言語変化研究領域 教授
 
2015年10月
 - 
2016年3月
国立国語研究所 言語資源研究系 教授
 
2009年10月
   
 
大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所言語資源研究系 准教授
 
1984年11月
 - 
1988年3月
国立国語研究所 言語計量研究部 研究員
 
1988年4月
 - 
1993年6月
国立国語研究所 言語体系研究部 第1研究室研究員
 
1993年7月
 - 
1996年12月
国立国語研究所 言語体系研究部 主任研究官
 
1995年1月
 - 
2001年3月
国立国語研究所 言語体系研究部第1研究室 室長
 
2001年4月
 - 
2003年3月
独立行政法人国立国語研究所 研究開発部門・第一領域 主任研究員
 
2003年4月
 - 
2006年3月
独立行政法人国立国語研究所 研究開発部門 第1領域長
 
2006年4月
 - 
2009年9月
独立行政法人国立国語研究所 研究開発部門 グループ長
 

担当経験のある科目

 
 
  • 計量日本語学 (一橋大学言語社会研究科,筑波大学大学院人文社会研究科(集中講義))
  • 語彙・意味 (文教大学文学部(集中講義),政策研究大学院大学,慶應大学大学院,同日本語・日本文化教育センター)
  • コーパス日本語学 (お茶の水女子大学・東京外国語大学大学院(集中講義),拓殖大学大学院言語教育研究科)

受賞

 
2007年3月
言語処理学会 言語処理学会第12回年次大会優秀発表賞
 

書籍等出版物

 
形式語研究の現在
山崎 誠 (担当:共編者)
和泉書院   2018年5月   
データで学ぶ日本語学入門
山崎 誠 (担当:共著, 範囲:第3章語彙)
朝倉書店   2017年3月   ISBN:978-4-254-51050-8
テキストにおける語彙的結束性の計量的研究
山崎 誠
和泉書院   2017年2月   ISBN:978-4757608252
講座日本語コーパス 2 書き言葉コーパス―設計と構築― 
山崎 誠
2014年12月   
三省堂国語辞典 第七版
山崎 誠 (担当:共編者)
三省堂   2014年1月   
A Frequency Dictionary of Japanese
投野由紀夫・山崎誠・前川喜久雄
Routledge   2013年2月   
言語研究のための統計入門
石川慎一郎・前田忠彦・山崎誠
くろしお出版   2010年12月   
複合辞研究の現在
藤田保幸・山崎誠
和泉書院   2006年11月   
大蔵虎明本狂言集総索引 4 鬼類・小名類
北原保雄・山崎誠
武蔵野書院   1989年10月   
88年版ことばのくずかご
見坊豪紀,稲垣吉彦,山崎誠
筑摩書房   1988年9月   

論文

 
日本語史研究に関する二次的情報の集約―語誌データベースの構築―
山崎 誠
人文科学とコンピュータシンポジウム論文集   2018    2018年12月   [査読有り]
翻訳小説と日本語小説における会話文の計量語彙論的比較
山崎 誠
語彙研究   15 1-15   2018年3月   [査読有り]
医療記録における語彙の月別出現分布
相良かおる,山崎 誠,中島直樹,山下貴範,小野正子
人文科学とコンピュータシンポジウム論文集   2017(2) 103-110   2017年12月   [査読有り]
山崎 誠
Recent Contributions to Quantitative Linguistics   255-267   2015年10月
テキストにおける多義語の語義の分布―『現代日本語書き言葉均衡コーパス』を利用して―
山崎 誠
計量国語学   20(7) 251-262   2014年12月   [査読有り]
医療経過記録における漢字連続複合語の計量的分析
山崎 誠・相良かおる
人文科学とコンピュータシンポジウム論文集   2014(3) 221-226   2014年12月   [査読有り]
語彙研究に足りないもの-語彙研究の発展のために-
山崎 誠
語彙研究   (11) 18-25   2014年3月   [招待有り]
形式語研究の方法論-定性的研究と定量的研究-
山崎 誠
形式語研究論集   1-18   2013年10月
Quantitative Analysis of Text Structure Using Co-occurrence of Words
山崎 誠
Methods and Applications of Quantitative Linguistics   96-104   2013年7月   [査読有り]
Type/Token Ratioと品詞との相関
山崎 誠
新時代的世界日語教育研究   59-64   2012年11月   [招待有り]

Misc

 
(書評)人工的にテクストを生み出すための研究という新たな方向性
山崎 誠
図書新聞   3336 5-5   2018年1月
伊藤雅光著『Jポップの日本語研究』(朝倉書店)の書評 2018年1月27日刊
コーパスが変える日本語の科学―日本語研究はどのように変わるか―
山崎 誠
日本語学   35(12) 12-17   2016年12月   [依頼有り]
基本統計量に現れるテキストの特徴(コーパス活用の勘所 第15回【現代語】文章・文体(2)
山崎 誠
34(7) 78-83   2015年6月   [依頼有り]
『日本語大事典』(朝倉書店)項目執筆(漢字調査、計量語彙論、語彙項目、語彙調査、語彙統計学、語数、古典対照語彙表、雑誌九十種の語彙調査、シソーラス、分類語彙表)
山崎 誠
   2014年10月   [依頼有り]
品詞・語種の割合とテキストのジャンルとの相関(コーパス活用の勘所 第4回【現代語】文章・文体(1)
山崎 誠
日本語学   33(8) 86-91   2014年7月   [依頼有り]
コーパスの普及と日本語・研究の動向
山崎 誠
文化情報学   9(2) 32-45   2014年3月
語彙調査の系譜とコーパス
山崎 誠
『講座日本語コーパス1コーパス入門』   134-158   2013年7月
新日本語学者列伝 見坊豪紀
山崎 誠
日本語学   32(4) 84-91   2013年4月   [依頼有り]
自然科学系書籍における複合動詞の使用傾向-後項動詞を指標として-
村田 年・山崎 誠
日本語と日本語教育(慶應義塾大学日本語・日本文化教育センター)   (40) 83-112   2012年3月
橋本和佳著『現代日本語における外来語の量的推移に関する研究』
山崎 誠
日本語の研究   8(1) 130-135   2012年1月   [依頼有り]

競争的資金等の研究課題

 
日本語研究用オントロジーの設計と開発
日本学術振興会: 科研費:挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2017年7月 - 2019年3月    代表者: 山崎 誠
会話文への発話者情報の付与によるコーパスの拡張
日本学術振興会: 科研費:基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 山崎 誠
語彙分類の理論的整備に基づくシソーラスの改良に関する研究
日本学術振興会:科研費:基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 山崎 誠
日本語のコロケーションを記述するための統計指標のコーパスによる検証
日本学術振興会: 科研費・基盤研究C
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 山崎 誠
代表性を有する現代日本語書籍コーパスの構築
文部科学省: 科研費・特定領域研究
研究期間: 2006年4月 - 2011年3月    代表者: 山崎 誠

講演・口頭発表等

 
Annotation of `Word List by Semantic Principles' Labels for the Balanced Corpus of Contemporary Written Japanese
加藤祥,浅原正幸,山崎誠
The 32nd Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC 32)   2018年12月3日   
UTF 版実践医療用語辞書ComeJisyo1.0 の作成
相良かおる,小野正子,山崎誠
第38回医療情報学連合大会(第19回医療情報学会学術大会)   2018年11月24日   
予稿集 pp.508-511
BCCWJ小説会話文への発話者情報の付与と計量的分析
山崎誠,宮嵜由美,柏野和佳子
計量国語学会第62回大会   2018年9月29日   
実践医療用語に現れる語構成要素の辞書構築にむけて
東条佳奈,内山清子,岡照晃,小野正子,相良かおる,山崎誠
計量国語学会第62回大会   2018年9月29日   
『BTSJ日本語自然会話コーパス(トランスクリプト・音声)2018年版』の紹介と『BTSJ文字化入力支援・自動集計・複数ファイル自動集計システムセット』を用いた分析法
宇佐美まゆみ,山崎誠
計量国語学会第62回大会   2018年9月29日   
話し言葉における代名詞「あれ」の用法の分布
山崎 誠
言語資源活用ワークショップ2018   2018年9月5日   
職場編資料と名大会話コーパスとの比較
山崎 誠
『現日研・職場談話コーパス』公開記念シンポジウム   2018年9月3日   
語誌ポータルの構築について
山崎 誠
国際シンポジウム「古辞書研究の射程」   2018年8月25日   
予稿集 p.44-49
コーパスを利用した研究
山崎 誠
2018年日本語教育国際研究大会   2018年8月4日   
日本語コーパスの紹介
山崎 誠
2018年日本語教育国際研究大会   2018年8月4日   
自然会話の分析がなぜ平和のための対話教育につながるのか?―自然会話コーパスの分析から言えること―
宇佐美まゆみ,山崎誠
2018年日本語教育国際研究大会   2018年8月3日   
Distribution and Characteristics of Co-occurrence words across different texts in Japanese
YAMAZAKI Makoto
11th International Conference on Quantitative Linguistics (QUALICO 2018)   2018年7月7日   
Quantitative Characteristics of the BTSJ Japanese Natural Conversation Corpus (BTSJ-Corpus) ver. 2018: Focusing on the Differences of the Use of Polite Forms According to Sub-groups
Mayumi Usami and Makoto Yamazaki
11th International Conference on Quantitative Linguistics (QUALICO 2018)   2018年7月6日   
Annotation and Quantitative Analysis of Speaker Information in Novel Conversation Sentences in Japanese
山崎誠,宮嵜由美,柏野和佳子
11th edition of the Language Resources and Evaluation Conference (LREC2018)   2018年5月9日   
翻訳小説における会話文の語彙的特徴
山崎 誠
シンポジウム「日常会話」Ⅲ   2018年3月19日   
『BTSJ日本語自然会話コーパス(2018年版)』構築の趣旨と特徴
宇佐美まゆみ,山崎誠
言語処理学会第24会年次大会   2018年3月13日   
語誌データベースの設計とその活用(2)
山崎 誠,相澤 正夫,大西 拓一郎,柏野 和佳子,高田 智和,新野 直哉,藤本 灯
「通時コーパス」シンポジウム2018   2018年3月10日   
言語資源を利用した日本語研究の新展開 [招待有り]
山崎 誠
2nd International Conference of the Center of the Global Area Studies   2017年11月16日   Center of Global Area Studies, Chonbuk National University
予稿集ページ 163-197
辞書における自動詞他動詞
山崎 誠
日本語の自動詞・他動詞を考える   2017年10月7日   
外国語翻訳小説と日本語小説の会話文の計量語彙論的比較
山崎 誠
2017年語彙研究会大会   2017年9月16日   

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
言語処理学会  代議員
 
2016年9月
 - 
現在
日本語教育学会  審査・運営協力員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本語文法学会  学会誌委員
 
2005年4月
 - 
現在
計量国語学会  理事
 
2013年5月
 - 
2016年8月
日本語教育学会  学会誌査読協力者
 
2012年4月
 - 
2016年3月
言語処理学会  理事(編集担当)
 
2006年6月
 - 
2009年3月
日本語学会  常任査読委員
 
1997年4月
 - 
2003年3月
計量国語学会  委員(2002年4月より理事と改称)