Kamihara, Yoichi

J-GLOBAL         Last updated: Aug 18, 2019 at 02:41
 
Avatar
Name
Kamihara, Yoichi
Nickname
超伝どうでしょう
URL
https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=sites&srcid=ZGVmYXVsdGRvbWFpbnwyMDEwbWtsYWJ8Z3g6Nzg4MWEyMjIxNjVlN2MwYQ
Affiliation
Keio University
Section
Faculty of Science and Technology Department of Applied Physics and Physico-Informatics
Job title
Associate Professor
Degree
Ph. D. in Engineering(Keio University)
Research funding number
50524055

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2005
 - 
Sep 2008
Researcher, HOSONO Transparent ElectroActive Materials, ERATO-SORST, Japan Science and Technology Agency
 
Oct 2008
 - 
Mar 2010
Tokyo Tech Postdoctoral Fellow, Materials and Structures Laboratory, Tokyo Institute of Technology
 
Oct 2008
 - 
Mar 2010
Researcher (PRESTO-type), Transformative Research-project on Iron pnictides (TRIP), Japan Science and Technology Agency
 
Apr 2010
 - 
Mar 2011
2年J組担任, 理工学部物理情報工学科, 慶應義塾大学
 
Apr 2010
 - 
Mar 2012
Assistant Professor, Department of Applied Physics and Physico-Informatics, Faculty of Science and Technology, Keio University
 

Education

 
Mar 1995
   
 
普通科, 全日制, 東京都立町田高校
 
Mar 2000
   
 
Department of Applied Physics and Physico-Informatics, Faculty of Science and Engineering, Keio University
 
Mar 2005
   
 
School of Fundamental Science and Technology, Graduate School of Science and Technology, Keio University
 

Committee Memberships

 
Sep 2019
 - 
Aug 2021
公益社団法人日本磁気学会  公益社団法人日本磁気学会顧問
 
Apr 2019
 - 
Today
一般社団法人 日本材料科学会  第一期 執行役員(学術講演大会, 国際交流, マテリアルズ・インフォマティクス基礎研究会)
 
Apr 2018
 - 
Sep 2018
日本磁気学会  第42回 日本磁気学会学術講演会 実行委員会(企画幹事)
 
Jun 2017
 - 
May 2019
日本磁気学会  日本磁気学会企画委員会, 企画幹事
 
Jun 2017
 - 
Sep 2017
日本磁気学会  第41回 日本磁気学会学術講演会 実行委員会(企画幹事)
 

Awards & Honors

 
Sep 2019
「企画委員会活動を通した学会活動の活性化への貢献」, 学会活動貢献賞, 日本磁気学会
 
Nov 2018
Electrical structure and thermal properties of ZrCuSiAs type mixed anion layered compounds, Best Presentation Awards (Poster), The Materials Research Society of Korea
Winner: M. Nakanishi, M. Matoba, and Y. Kamihara
 
Aug 2017
Transport properties of high sintered density layered oxychalcogenide, LaCuSeO, Best Poster Awards, The Materials Science Society of Japan
Winner: Tatsuki KATO, Kunihiro KIHOU, Chul-Ho LEE, Yoichi KAMIHARA
 
ポスター発表者の内, 約15-20%の方が受賞
Mar 2013
Evolution from Itinerant Antiferromagnet to Unconventional Superconductor with Fluorine Doping in LaFeAs(O1-xFx) Revealed by 75As and 139La Nuclear Magnetic Resonance, 18th Award for Academic Papers on Physics (The Physical Society of Japan)
Winner: Yusuke NAKAI; Kenji ISHIDA; Yoichi KAMIHARA, Masahiro, HIRANO, Hideo HOSONO
 
Apr 2009
オキシニクタイド高温超伝導体の発見, 第13回超伝導科学技術賞
Winner: 細野 秀雄, 平野 正浩, 神原 陽一
 

Published Papers

 
M. Yamaguchi, H. Fujioka, T. Otsuka, M. Seto, S. Kitao, M. Matoba, and Y. Kamihara
Transaction of Magnetic Society of Japan Special Issues   3(1) 28-33   May 2019   [Refereed]
An electronic and magnetic phase diagram of a mixed anion layered compound, Sr2CrFeAsO3−δ, is demonstrated. Sr2CrFeAsO3−δ is composed by a carrier conducting FeAs layer and carrier blocking Sr2CrO3−δ layer. Polycrystalline Sr2CrFeAsO3−δ samples we...
Terashima K., Yano Y., Paris E., Goto Y., Mizuguchi Y., Kamihara Y., Wakita T., Muraoka Y., Saini N., Yokoya T.
Journal of Applied Physics   125(14)    Apr 2019
© 2019 Author(s). Spectroscopic techniques, including photoelectron spectroscopy, diffuse reflectance, and x-ray absorption, are used to investigate the electronic structure and the local structure of LaOBiS 2 - xSe x thermoelectric material. It i...
Kaneyasu K., Sakagami R., Matoba M., Kamihara Y.
Japanese Journal of Applied Physics   58(3)    Mar 2019
Polycrystalline Ca and F co-doped LaFeAsO samples (La1-xCaxFeAsO1-yFy) were synthesized by solid-state reactions. Samples with nominal composition: (y–x) < 0.05 did not show bulk superconductivity at temperatures T> 4.2 K, although an anomalous ki...
Y. Tojo, T. Shibuya, T. Nakamura, K. Shoji, H. Fujioka, M. Matoba, S. Yasui, M. Itoh, S. Iimura, H. Hiramatsu, H. Hosono, S. Hirai, W. Mao, S. Kitao, M. Seto, Y. Kamihara
Journal of Physics: Condensed Matter   31(11) 115801_1-115801_14   Jan 2019   [Refereed]
We elucidate the magnetic phases and superconducting transition temperatures (Tc) in Sr2VFeAsO3-delta (21113V), an iron-based superconductor with a thick-blocking layer fabricated from a perovskite-related transition metal oxide. At low temperatur...
W. Malaeb, H. Basma, R. Awad, T. Hibino, Y. Kamihara
Journal of Superconductivity and Novel Magnetism      2019   [Refereed]
We have been investigating the effect of (CoFe2O4)x and (ZnFe2O4)x (x is the wt%) nano-sized ferrites on the superconducting (SC) properties of the high-Tc SC compound GdBa2Cu3O7-δ (Gd123) prepared by the conventional solid-state reaction techniqu...

Misc

 
Electronic properties of 1111 superconducting materials and superconducting wires made from 1111 via powder-in-tube process
KAMIHARA Yoichi
J. Cryo. Super. Soc. Jpn.   52(6) 415-421   Nov 2017   [Refereed][Invited]
In a history of superconductors 1911-2017, Fe-based superconductor ReFePnO1-xFx (Re: rare earth, Pn: Pnictogen) exhibits relative high superconducting transition temperatures (Tc)  58 K under ambient pressure. Electron doping by substitution of O...
A private story, discovery of iron-based high Tc superconductors II
KAMIHARA Yoichi
J. Cryo. Super. Soc. Jpn.   52(6) 383-388   Nov 2017   [Refereed][Invited]
After obtaining my doctorate in engineering from Keio University, I spent five years as a researcher at the Tokyo Institute of Technology, Suzukakedai Campus in Yokohama. During that time, I made the first report on a material system called iron-b...

Books etc

 
Y. Kamihara, H. Hosono (Part:Contributor, Chapter 19, Section 1-4, Superconductivity in Iron Oxypnictide Induced by F-Doping, pp. 423-446.)
Elsevier   Mar 2016   ISBN:978-0-12-801639-8
フッ化物をドーパントとして利用した鉄系超伝導体の合成方法、線材作製方法、化学分析方法, 及び電子状態の測定と計算手法について概説した。 これまでに報告された鉄系超伝導体を用いた超伝導線材の作製には正確な電子磁気状態相図の理解が重要である。X線回折、メウバウワ分光、及び電子プローブマイクロアナライザ(EPMA)を使用した結果としての電子磁気状態相図、及び試料の化学組成を紹介する。
KAMIHARA Yoichi
国立研究開発法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター   Mar 2016   
鉄系高温超伝導体を含む層状混合アニオン化合物の結晶学的な性質を紹介し, 化学組成の評価方法, 電子磁気状態相図を複数示した。鉄系高温超伝導体の応用には、その目的を明らかにする必要があり、また幾つかの技術的な課題のあることを説明した。
KAMIHARA Yoichi (Part:Contributor, 第19章 19.1 鉄系超伝導材料 pp. 754-756)
朝倉書店   Dec 2014   ISBN:978-4-254-24020-7
鉄系高温超伝導体の転移温度(Tc)は55 Kに上る。この値は液体窒素の沸点よりは低いが液体水素の沸点20.28 Kの2倍以上の値である。現在、Nb-TiやNb3Snなどの合金や金属間化合物を利用した超伝導線材が普及しているが、既存の超伝導材料は安定動作に高価な液体ヘリウムを冷媒として必要とする。しかし, 鉄系高温超伝導体はヘリウムを使用せずに安定動作する超伝導線材候補として有望である。
HIRAMATSU Hidenori,KAMIHARA Yoichi (Part:Joint Work, 第3章, 3節, 層状化合物, pp. 71-93)
シーエムシー出版   Nov 2006   
代表的な2種類の層状混合アニオン化合物(オキシカルコゲナイド、オキシプニクタイド)の電子材料としての機能をまとめた。オキシカルコゲナイドに関しては、エピタキシャル膜の作製と、p型縮退伝導の達成を紹介した。オキシプニクタイドに関しては、そのうちの1つであるLaFeOP (= LaFePO)は“磁気秩序の消失した常磁性金属”であり、超伝導を示すことを紹介し、高温超伝導体発見の可能性に言及した。この予言は2008年に自ら実証した。
CrスピネルおよびMnペロブスカイト関連硫化物の異常磁気物性と相間電子状態
KAMIHARA Yoichi
Mar 2005   
スピネル型カルコゲン化物および層状Mn酸化硫化物に対しバンドフィリング制御を行い、 Tcの制御を実現した。 スピネル型Fe0.5Cu0.5Cr2S4は350 Kではp型がn型よりも2倍の磁気抵抗を示すことが明らかになった。層状Mn酸化硫化物Sr2CuMnS O3及びSr4Cu2Mn3S2 O7.5を対象にバンドフィリング制御によるオキシ硫化物半導体の設計指針を得た。磁気ポーラロン濃度および有効質量の変化により磁気抵抗性能の向上を証明した。

Conference Activities & Talks

 
鉄系超伝導体Sr2VFeAsO3-δ (δ = 0.150)の自発磁化
岩崎 秀, 足立 伸太郎, 高野義彦, 山口道太郎, 木方邦宏, 李 哲虎, 神原陽一
第43回 日本磁気学会学術講演会   26 Sep 2019   
六方晶層状化合物EuSn2As2の自発分極
平田昂輝,坂上良介,的場正憲,神原陽一
第43回 日本磁気学会学術講演会   25 Sep 2019   
二次元近藤格子系EuSn2As2の熱電変換性能
坂上良介, 狩俣春成, 後藤陽介, 東 伸彦, 平田昂輝, 中西 愛, 岩崎 秀, 山口 道太郎, 北脇 樹, 水口佳一, 的場正憲, 神原陽一
第43回 日本磁気学会学術講演会   25 Sep 2019   
Computational analysis on magnetic phased of a superconducting layered compound, Sr2VFeAsO3-delta
Y. Tojo, M. Nakanishi, Y. Kamihara
日本物理学会2019年秋季大会   10 Sep 2019   
鉄系層状高温超伝導体の1つであるSr2VFeAsO3 (21113V)1は, ペロブスカイト関連Sr2VO3層とPbO型FeAs層が互いに積層した複合アニオン層状化合物(Mixed anion layered compounds: MALCs)である. 21113Vは, 酸素欠損量()  0.145 の酸素欠損量()を示す化学組成においてバルク超伝導相2を示すのみならず, Powder-in-tube (PIT)法により超電導線材が作製可能3であり, 高機能な酸素発生電気化学...
バルク層状磁性体に生じる非従来型異方的超伝導
櫻木俊輔, 佐々木秀, 明石遼介, 坂上良介, 黒田健太, C. Bareille, 橋本嵩広, 長島椿, 木下雄斗, 平田靖透, 下澤雅明, 浅井晋一郎, 土居抄太郎, 辻本直人, 國定聡, 野口亮, 黒川輝風, 東伸彦, 平田昂輝, T. K. Kim, C. Cacho, 益田隆嗣, 徳永将史, 和達大樹E, 岡﨑浩三, 辛埴, 神原陽一, 山下穣, 近藤猛
日本物理学会2019年秋季大会   10 Sep 2019   

Works

 
リバネスとトムソン・ロイター   The Others   
Web of Science などの, 論文検索機能をエンジニアや科学者以外の方にもわかりやすく紹介する動画に, 店員として出演した.
リバネスとトムソン・ロイター   The Others   
Web of Science などの, 論文検索機能をエンジニアや科学者以外の方にもわかりやすく紹介する動画に, 店員として出演した.
リバネスとトムソン・ロイター   The Others   
Web of Science などの, 論文検索機能をエンジニアや科学者以外の方にもわかりやすく紹介する動画に, 店員として出演した.

Research Grants & Projects

 
近藤格子系における複合電子状態に関する研究
東京工業大学科学技術創成研究院フロンティア材料研究所: 全国共同利用
Project Year: Apr 2019 - Mar 2020    Investigator(s): 神原陽一
ワイドギャップ半導体LaCuSeOへのプロトン駆動イオン交換
物質・デバイス領域共同利用拠点, 北海道大学: 
Project Year: Apr 2019 - Mar 2020    Investigator(s): 神原陽一
六方晶近藤格子系 EuSn2As2 単結晶における異相幾何学的電子相の研究
東京大学物性研究所: 全国共同利用
Project Year: Apr 2019 - Sep 2019    Investigator(s): 神原陽一
高温超伝導体を含む層状混合アニオン化合物に対するアニオン置換に関する研究
東京工業大学科学技術創成研究院フロンティア材料研究: 平成29年度共同利用研究一般C
Project Year: Apr 2018 - Mar 2019    Investigator(s): 神原陽一
独立行政法人日本科学技術振興会: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021    Investigator(s): 小濱 芳允 (東京大学, 物性研究所, 准教授)

Patents

 
2018-055975 : 混合アニオン化合物鉄系超電導線材とその製造方法
神原陽一, 的場正憲, 藤乘優治郎, 岩崎秀
Powder-in-tubeと酸素欠損制御により混合アニオン化合物鉄系超伝導体をコアとした超伝導線材を可能とする技術を提供する。
2016-58725 (P2016-58725A) : 層状ビスマスカルコゲナイド系熱電材料及びその製造方法
5440879 : 層状化合物及び超伝導体並びにそれらの製造方法
5518295 : 層状化合物及び超伝導体ならびにそれらの製造方法
細野 秀雄, 柳 博, 神谷 利夫, 松石 聡, 金 聖雄, 尹 錫奎, 平松 秀典, 平野 正浩, 野村 尚利, 神原 陽一
WO2009JP52714 : 高温超伝導化合物
細野 秀雄, 神原 陽一, 平野 正浩, 神谷 利夫, 柳 博