須藤 洋一

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/01 11:17
 
アバター
研究者氏名
須藤 洋一
 
ストウ ヨウイチ
所属
岩手医科大学
部署
いわて東北メディカル・メガバンク 生体情報解析部門
職名
特命助教
学位
博士(医学)(北海道大学)

プロフィール

免疫学(進化免疫学、比較免疫学)、分子生物学。ヒトを始めとする脊椎動物の獲得免疫系の進化を主なテーマとして、最も原始的な脊椎動物、ヤツメウナギを主に利用した研究を行う。こうした比較研究を通じ、細胞数が極めて少ないなどの理由で、ヒト・マウスを中心とした研究では解明の難しい免疫学の諸テーマ(gamma delta T細胞など)について、新たなモデル動物を提供し、免疫系全体の理解をさらに押し上げることも視野に入れている。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年
 - 
現在
岩手医科大学 いわて東北メディカル・メガバンク 特命助教
 
2013年
 - 
2017年
Emory University School of Medicine Post-doctoral fellow
 
2012年
 - 
2013年
北海道大学 大学院医学研究科 学術研究員
 
2011年
 - 
2012年
学術振興会 特別研究員(PD)
 
2009年4月
 - 
2010年3月
北海道大学 大学院医学研究科 リサーチ・アシスタント
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2011年3月
北海道大学 大学院医学研究科 医学専攻
 
2005年4月
 - 
2007年3月
新潟大学 大学院自然科学研究科 生命食糧科学専攻
 
2001年4月
 - 
2005年3月
新潟大学  理学部 生物学科
 
1998年4月
 - 
2001年3月
宮城県気仙沼高校  普通科
 

受賞

 
2012年
International Society for Developmental and Comparative Immunology ISDCI travel bursary
 
2010年
日本生化学会北海道支部 優秀発表賞
 
2010年
北海道大学医学研究科分子病理学分野 研究奨励賞
 

論文

 
Hachiya T, Narita A, Ohmomo H, Sutoh Y, Komaki S, Tanno K, Satoh M, Sakata K, Hitomi J, Nakamura M, Ogasawara K, Yamamoto M, Sasaki M, Hozawa A, Shimizu A
Scientific reports   8(1) 14162   2018年9月   [査読有り]
A genome‐wide association study of coping behaviors suggests FBXO45 is associated with emotional expression
Chisato Shimanoe, Tsuyoshi Hachiya, Megumi Hara, Yuichiro Nishida, Keitaro Tanaka, Yoichi Sutoh, Atsushi Shimizu, Asahi Hishida, Sayo Kawai, Rieko Okada, Takashi Tamura, Keitaro Matsuo, Hidemi Ito, Etsuko Ozaki, Daisuke Matsui, Rie Ibusuki, Ippei Shimoshikiryo, Naoyuki Takashima, Aya Kadota, Kokichi Arisawa, Hirokazu Uemura, Sadao Suzuki, Miki Watanabe, Kiyonori Kuriki, Kaori Endoh, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Yukihide Momozawa, Michiaki Kubo, Masahiro Nakatochi, Mariko Naito, Kenji Wakai
Genes, Brain and Behavior      2018年4月   [査読有り]
Individuals use coping behaviors to deal with unpleasant daily events. Such behaviors can moderate or mediate the pathway between psychosocial stress and health-related outcomes. However, few studies have examined the associations between coping b...
Das S, Sutoh Y, Hirano M, Han Q, Li J, Cooper MD, Herrin BR
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   197(7) 2695-2703   2016年10月   [査読有り]
Hara M, Hachiya T, Sutoh Y, Matsuo K, Nishida Y, Shimanoe C, Tanaka K, Shimizu A, Ohnaka K, Kawaguchi T, Oze I, Matsuda F, Ito H, Kawai S, Hishida A, Okada R, Sasakabe T, Hirata A, Ibusuki R, Nindita Y, Furusyo N, Ikezaki H, Kuriyama N, Ozaki E, Mikami H, Nakamura Y, Suzuki S, Hosono A, Katsuura-Kamano S, Arisawa K, Kuriki K, Endoh K, Takashima N, Kadota A, Nakatochi M, Momozawa Y, Kubo M, Naito M, Wakai K
Medicine and science in sports and exercise      2018年8月   [査読有り]
私の実験動物 #4 ヤツメウナギ
須藤 洋一
JADCI News   (48)    2016年6月   [招待有り]

書籍等出版物

 
The evolution of the immune system: conservation and diversification
須藤 洋一 (担当:共著, 範囲:Lymphocyte Populations in Jawless Vertebrates: Insights Into the Origin and Evolution of Adaptive Immunity.)
Elsevier   2016年   ISBN:978-0-12-801975-7
Instead of T-cell and B-cell receptors, jawless vertebrates represented by lampreys and hagfish use variable lymphocyte receptors (VLRs) as antigen receptors. VLRs generate diversity comparable to that of T-cell and B-cell receptors by assembling ...
Encyclopedia of Immunobiology
Y. Sutoh, M. Kasahara (担当:共著, 範囲:The Immune System of Agnathans (Jawless Vertebrates))
2016年   ISBN:978-0-08-092152-5
The discovery of variable lymphocyte receptors (VLRs) has demonstrated that jawless vertebrates have an adaptive immune system significantly different from that of jawed vertebrates. VLRs generate diversity comparable to that of T cell and B cell ...
Molecular Biology of B Cells
B. R. Herrin, M. Hirano, J. Li, S. Das, Y. Sutoh, M. D. Cooper (担当:共著, 範囲:B Cells and Antibodies in Jawless Vertebrates)
Elsevier   2015年   ISBN:78-0-12-397933-9
An adaptive immune system (AIS) based on clonally diverse lymphocytes that can recognize specific pathogens and provide protective memory against a second encounter is found only in vertebrate species. Alternative AISs have now been defined in jaw...
Advances in Immunology
Masanori Kasahara, Yoichi Sutoh (担当:共著, 範囲:Two forms of adaptive immunity in vertebrates: similarities and differences)
Academic Press   2014年   ISBN:0065-2776
Unlike jawed vertebrates that use T-cell and B-cell receptors for antigen recognition, jawless vertebrates represented by lampreys and hagfish use variable lymphocyte receptors (VLRs) as antigen receptors. VLRs generate diversity comparable to tha...

講演・口頭発表等

 
ヤツメウナギにおける胸腺教育
須藤 洋一
ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会   2018年   
Origin of the thymic selection implied from the deviated T-cell repertoire in lamprey
須藤 洋一
日本免疫学会   2017年   
ヤツメウナギ胸腺に「教育」は存在するか?
須藤 洋一
日本比較免疫学会   2017年   
NKG2Dリガンド遺伝子ファミリーの比較ゲノミクス
須藤 洋一
日本比較免疫学会   2017年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
無鶚類抗原受容体VLRの分子細胞免疫学的解析
学術振興会: 特別研究員
研究期間: 2011年3月 - 2010年4月    代表者: 須藤 洋一