山口 晃生

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/10 17:30
 
アバター
研究者氏名
山口 晃生
 
ヤマグチ テルオ
所属
熊本大学
部署
大学院先端科学研究部(工学系) ロボット・制御・計測
職名
講師
学位
博士(工学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1990年4月
 - 
1993年3月
東京大学 工学部 助手
 
1993年4月
 - 
1994年3月
熊本大学 大学院自然科学研究科(工学系) 助手
 
1994年4月
 - 
1995年3月
熊本大学 工学部 助手
 
1995年
 - 
2006年
熊本大学 工学部 講師
 
2006年
 - 
2016年3月
熊本大学 大学院自然科学研究科(工学系)機械知能システム講座 講師
 

学歴

 
1985年
 - 
1987年
東京大学 工学系研究科 計数工学専攻修士課程
 
1987年
 - 
1990年
東京大学 工学系研究科 計数工学専攻博士課程
 
1981年
 - 
1985年
東京大学 工学部 計数工学科
 

委員歴

 
2012年1月
 - 
現在
(社)計測自動制御学会  九州支部事業委員会委員
 

受賞

 
1999年
計測自動制御学会論文賞
 
2004年
The Best Paper Award for the Paper Presented at International Conference in Systems Science ICSS XV
 

論文

 
Yuta Hamada, Teruo Yamaguchi, Hiroshi Harada
International Conference on Control, Automation and Systems   123-127   2016年10月   [査読有り]
© 2016 Institute of Control, Robotics and Systems - ICROS.Spatio-temporal differentiation method is one of the most effective methods of determining the velocity of moving objects owing to its low calculation cost, unnecessity of feature points. I...
Ryota Hirakawa, Teruo Yamaguchi, Hiroshi Harada
International Conference on Control, Automation and Systems   392-396   2016年10月   [査読有り]
© 2016 Institute of Control, Robotics and Systems - ICROS.Optical flow is referred to as velocity distribution of object image, and we have used spatio-temporal differentiation method to obtain optical flow. It is possible to obtain optical flow f...
Yuta Eto, Teruo Yamaguchi, Hiroshi Harada
Proceedings of 15th International Conference on Control, Automation and Systems 2015   1(1) 351-355   2015年12月   [査読有り]
© 2015 Institute of Control, Robotics and Systems - ICROS.In this paper we estimate optical flow by using spatiotemporal differentiation scheme based on compensation method. Conventional spatiotemporal differentiation scheme enables us to calculat...
Yukihiro Sugiki, Teruo Yamaguchi, Hiroshi Harada
Proceedings of 15th International Conference on Control, Automation and Systems 2015   1(1) 347-350   2015年12月   [査読有り]
© 2015 Institute of Control, Robotics and Systems - ICROS.Optical flow estimation is one of the measuring method of object motion. It is important to prove that optical flow measurement system can perform in small scale computer to use as visual s...
Yusuke Miyajima, Teruo Yamaguchi, Hiroshi Harada
Proceedings of 15th International Conference on Control, Automation and Systems 2015   1(1) 342-346   2015年12月   [査読有り]
© 2015 Institute of Control, Robotics and Systems - ICROS.Spatio-temporal differentiation method is one of the most effective methods of determining the velocity of moving objects. However, the optical flow estimate takes long time so that real-ti...

講演・口頭発表等

 
早期体験型実験・演習科目としての 「機械システム入門セミナー」の改善
山口 晃生, 丸茂 康男
平成27年度工学教育研究講演会講演論文集   2015年   

Misc

 
杉木幸洋, 山口晃生, 原田博之
計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集(CD-ROM)   35th ROMBUNNO.202B1   2016年11月
小堀博史, 原田博之, 山口晃生, 丸茂康男
計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集(CD-ROM)   35th ROMBUNNO.205B3   2016年11月
江藤勇太, 山口晃生, 原田博之
計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集(CD-ROM)   35th ROMBUNNO.103B2   2016年11月
宮島悠輔, 山口晃生, 原田博之
計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集(CD-ROM)   35th ROMBUNNO.101A2   2016年11月
村上旭, 原田博之, 大渕慶史, 山口晃生
計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集(CD-ROM)   35th ROMBUNNO.204A2   2016年11月
松浦寿基, 山口晃生, 原田博之
計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集(CD-ROM)   35th ROMBUNNO.101A1   2016年11月
内村武嗣, 原田博之, 大渕慶史, 山口晃生
計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集(CD-ROM)   34th ROMBUNNO.204B2   2015年11月
盛満真里奈, 山口晃生
計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集(CD-ROM)   34th ROMBUNNO.103A1   2015年11月
大浦淳一, 山口晃生
計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集(CD-ROM)   34th ROMBUNNO.103A4   2015年11月

書籍等出版物

 
Elsevier Science   1996年12月   ISBN:0444895159

Works

 
初期視覚構造と眼球運動の連携で発現するバーニア速度知覚の提案と速度計測法への展開
2014年 - 2017年
M変換とウェーブレット縮退を用いる雑音除去手法とその機械計測への応用
2007年 - 2008年
眼震運動により摂動を補償する速度分布計測システムの研究
2005年 - 2007年
超音波アレイセンサの研究開発と機能評価
2003年 - 2004年
画像を用いる寸法計測
2003年 - 2004年