基本情報

所属
国立大学法人山口大学 大学院医学系研究科 医学専攻 病態制御内科学講座 大学院担当教授 (副学長)
山口大学医学部附属病院 第3内科 科長
(兼任) 副学長
学位
医学博士(1987年3月 山口大学)

研究者番号
00217142
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-4742-8245
J-GLOBAL ID
200901039872004884

外部リンク

学歴

  2

論文

  205

MISC

  437

書籍等出版物

  90

講演・口頭発表等

  228

主要な所属学協会

  12

その他

  1
  • 1.新生児低血糖症の患者でグルタミン酸脱水素酵素の変異を同定した。この酵素はアロステリック因子による制御を受けない恒常活性型変異酵素であるが、この酵素を膵β細胞培養株に過剰発現することにより、同酵素のインスリン分泌調節における役割を解析している。<br>2.WFS1など糖尿病発症に関与すると考えられる遺伝子について、2型糖尿病患者で遺伝子変異の解析を行っている。<br>3.WFS1遺伝子の発現調節機構、ERストレス応答との関連などについて、細胞モデル、糖尿病動物モデルなどを用いて解析している。<br>4.胚性幹細胞からインスリン産生細胞を効率よく分化誘導するシステムを開発している。得られた細胞でのβ細胞特異遺伝子の発現を解析している。