講演・口頭発表等

先進湿式再処理技術の研究開発計画; ホット工学実証の進め方

日本原子力学会2006年秋の大会
  • 中村 博文
  • ,
  • 永井 俊尚
  • ,
  • 須藤 真也
  • ,
  • 島田 隆
  • ,
  • 船坂 英之
  • ,
  • 杉山 俊英

開催年月日
2006年9月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
札幌
国・地域
日本

高速増殖炉サイクルの実用化戦略調査研究(FS)フェーズIIの最終報告において、燃料サイクルシステムとして先進湿式再処理技術を選定した。今後、この技術を実用化するためには各技術課題に対するホット工学実証として、それぞれの開発レベルに応じて各工程単体の試験(枢要プロセス試験)及び各工程をシステム的に結合させた総合的な機能確認を行う試験(総合システム試験)の2種類を行う必要がある。これら一連のホット工学実証試験によって得られたデータは将来の実用化プラント計画に反映していく。ホット工学実証のフィールドとしては、リサイクル機器試験施設(RETF)の活用を予定しており、計画するホット工学実証を行うには、枢要プロセス試験を行うためのフィールド(多目的セル)と総合システム試験を行うためのフィールド(試験セル)を設置するための改造工事が必要である。口頭発表では、ホット工学規模試験の意義と対応する試験施設の改造概念についての検討結果を発表する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5002871