講演・口頭発表等

原子力機構における将来ビジョン「JAEA 2050 +」の策定

日本原子力学会2020年春の年会
  • 前川 恵輔
  • ,
  • 永井 俊尚
  • ,
  • 小野 清

開催年月日
2020年3月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
福島
国・地域
日本

2005年10月の原子力二法人の統合によって発足してから今年で15年目を迎えた原子力機構は、将来にわたって社会に貢献し続けていくために、何を目指し、そのために何をすべきか、という原子力機構の将来の姿を、将来ビジョン「JAEA 2050 +」として取りまとめ、公表した(2019年10月31日)。本報告では、若い世代に向けて策定したこの将来ビジョン「JAEA 2050 +」で示した、将来の気候変動問題の解決や、安全性を向上させたエネルギーシステムによるエネルギーの安定確保および、わが国が目指すべき未来社会(Society5.0)の実現に貢献していくことを目指して、原子力のポテンシャルを最大限活用した原子力科学技術による取組の概要を紹介する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5068010