基本情報

所属
東北大学 大学院理学研究科・理学部 附属地震・噴火予知研究観測センター 准教授
学位
博士(理学)(東北大学)

J-GLOBAL ID
200901094595227855

外部リンク

委員歴

  11

受賞

  3

論文

  77

MISC

  23

共同研究・競争的資金等の研究課題

  12

社会貢献活動

  9

メディア報道

  1

その他

  14
  • 2016年10月 - 2016年10月
    断層運動により発生する摩擦熱や地熱による影響が小さいため,高温になるとは考えにくい地殻浅所での断層運動を想定したESR信号強度のゼロセットに関する研究
  • 2012年9月 - 2012年9月
    岩塩をガウジとして用いた摩擦実験により,脆性―塑性遷移域における破壊伝播特性を解明する.
  • 2010年7月 - 2010年7月
  • 2009年4月 - 2009年4月
    高感度・高精度のAE観測で,被害地震の震源断層を事前にとらえる.断層極近傍の高感度歪観測で較 正することで,採掘進行に伴う応力変化の数値予測精度を向上する.非弾性変形や前駆すべりの開始をAE活動や歪の変化で検知する.以上を現行の鉱山地震発生予測ルーチン処理に統合する.断層直近での動的応力計測により,強震動の生成機構を解明する.AEの余震観測で正確に描写された本震破壊域にもとづき,より正確に応力再配分を推定し,後続地震の予測精度を高める.
  • 2009年4月 - 2009年4月