MISC

2019年2月28日

プログラム要素間の関係のグラフ埋め込みに基づくクラス名の調査

第81回全国大会講演論文集
  • 栗本 真太郎
  • ,
  • 早瀬 康裕
  • ,
  • 米内 裕史
  • ,
  • 伊藤 寛祥
  • ,
  • 北川 博之

2019
1
開始ページ
307
終了ページ
308
記述言語
日本語
掲載種別

ソフトウェア開発においてクラス等のプログラム要素の適切な命名は重要である.しかしそれは開発言語の十分な理解のみならずドメイン知識を必要とする困難な作業である.要素名の推薦を行う先行研究では,要素がプログラム中で使われている文脈を用いて推薦を行なっていたが,この手法は要素が大量に使われていない場合推薦不可能であった.これに対し,メソッドの呼び出し関係を用いることで定義のみからのメソッド名推薦を可能とした研究が存在する.本論文では,この手法のクラス名推薦への拡張を目指し,継承関係や所有関係といったプログラム要素間の関係のグラフ埋め込みに基づくクラス名推薦手法について検討する.

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/170000179359
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00349328
URL
http://id.nii.ac.jp/1001/00196272/

エクスポート
BibTeX RIS