論文

査読有り
2000年12月

確率的セルラオートマトンによる粒子クラスタの形状変形モデル

電子情報通信学会論文誌. A
  • 高井 昌彰
  • ,
  • 斎藤 敏樹
  • ,
  • 冨川 裕樹
  • ,
  • 高井 那美

83
12
開始ページ
1565
終了ページ
1568
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
出版者・発行元
一般社団法人電子情報通信学会

平面上にすき間なく配置された多数の剛体球からなる粒子クラスタの形状変形を, 確率的状態遷移を含む4状態セルラオートマトンでモデル化する.物理実験との比較により, 本モデルが実際が形状変形と似た振舞いを示すことがわかった.

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003313919

エクスポート
BibTeX RIS