MISC

2016年

応用事例:AIST歩行データベースとそれに基づく歩行評価技術

バイオメカニズム学会誌
  • 小林 吉之

40
3
開始ページ
179
終了ページ
182
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
バイオメカニズム学会

これまで国立研究開発法人産業技術総合研究所人間情報研究部門デジタルヒューマン研究グループでは,モーション キャプチャシステムで計測された,主に健常成人を中心とした400名以上の歩行データを独自の歩行データベースとしてまと め,そのデータを基に簡易的なセンサから取得できる情報からユーザの歩行特徴を評価できる技術の開発を行ってきた.本稿 では歩行データベースとその応用の先行事例として,産総研の歩行データベースと,それを用いた歩行特徴評価技術について 紹介する.

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130005882082

エクスポート
BibTeX RIS