北舘祐

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/22 10:32
 
アバター
研究者氏名
北舘祐
eメール
kitadatenibb.ac.jp
所属
自然科学研究機構 基礎生物学研究所
部署
生殖細胞研究部門
科研費研究者番号
10455214

プロフィール

ヒトを含む哺乳動物のオスは、生涯にわたり精子を作り続けています。では、どのように作り続けているのでしょうか?答えは、精子をつくる精子幹細胞が細胞分裂を続けるから、です。では、精子幹細胞はどこにどれくらいあって、どのようにその数が調節されているのでしょうか?実にシンプルな問いですが、意外にも未解決なままです。最近、私たちの研究により「それぞれの精子幹細胞が互いに競合することでその数を一定に保つ」ことが明らかになってきました。現在、精子幹細胞の数を調節するメカニズムについて、研究を進めています。

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
基礎生物学研究所 生殖細胞研究部門 助教
 
2007年4月
 - 
2009年3月
基礎生物学研究所 博士研究員
 

受賞

 
2019年3月
第8回自然科学研究機構若手研究者賞
 
2008年2月
財団法人井上振興財団 井上研究奨励賞
 

論文

 
Kitadate Y, Jörg DJ, Tokue M, Maruyama A, Ichikawa R, Tsuchiya S, Segi-Nishida E, Nakagawa T, Uchida A, Kimura-Yoshida C, Mizuno S, Sugiyama F, Azami T, Ema M, Noda C, Kobayashi S, Matsuo I, Kanai Y, Nagasawa T, Sugimoto Y, Takahashi S, Simons BD, Yoshida S
Cell stem cell   24(1) 79-92.e6   2019年1月   [査読有り]
Shawki HH, Oishi H, Usui T, Kitadate Y, Basha WA, Abdellatif AM, Hasegawa K, Okada R, Mochida K, El-Shemy HA, Muratani M, Ogura A, Yoshida S, Takahashi S
PloS one   13(1) e0190800   2018年   [査読有り]
Tokue M, Ikami K, Mizuno S, Takagi C, Miyagi A, Takada R, Noda C, Kitadate Y, Hara K, Mizuguchi H, Sato T, Taketo MM, Sugiyama F, Ogawa T, Kobayashi S, Ueno N, Takahashi S, Takada S, Yoshida S
Stem cell reports   8(3) 561-575   2017年3月   [査読有り]
Kitadate Y, Kobayashi S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107(32) 14241-14246   2010年8月   [査読有り]
Mukai M, Hayashi Y, Kitadate Y, Shigenobu S, Arita K, Kobayashi S
Mechanisms of development   124(7-8) 570-583   2007年8月   [査読有り]
Kitadate Y, Shigenobu S, Arita K, Kobayashi S
Developmental cell   13(1) 151-159   2007年7月   [査読有り]
Shigenobu S, Kitadate Y, Noda C, Kobayashi S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   103(37) 13728-13733   2006年9月   [査読有り]
Mukai M, Kitadate Y, Arita K, Shigenobu S, Kobayashi S
Gene expression patterns : GEP   6(3) 256-266   2006年3月   [査読有り]
Shigenobu S, Arita K, Kitadate Y, Noda C, Kobayashi S
Development, growth & differentiation   48(1) 49-57   2006年1月   [査読有り]

Misc

 
幹細胞の数を保つ新たなしくみとして、幹細胞間の競合を発見
北舘 祐、吉田 松生
実験医学   37 1297-1300   2019年5月
マウス精子形成幹細胞集団とニッチ
北舘 祐、吉田 松生
細胞工学   29 652-657   2010年7月
ショウジョウバエ生殖細胞形成機構に関する最近のトピックス
北舘 祐、小林 悟
蛋白質核酸酵素   52 2073-2079   2007年

競争的資金等の研究課題

 
若手研究者支援研究費助成
基礎生物学研究所: 
研究期間: 2018年       代表者: 北舘祐
精子幹細胞ニッチと血管のワイヤリング
科学研究費補助金: 新学術領域公募研究
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 北舘祐
マウス精上皮管腔極性化機構の解明
科学研究費補助金: 新学術領域公募研究
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 北舘祐
周期的な変動を示すマウス精子幹細胞の実体およびその維持機構の解明
科学研究費補助金: 若手研究(B)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 北舘祐
ショウジョウバエ生殖幹細胞ニッチ形成機構の解明
科学研究費補助金: 若手研究(スタートアップ)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 北舘祐