藤原 祐一郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/14 17:00
 
アバター
研究者氏名
藤原 祐一郎
 
フジワラ ユウイチロウ
eメール
fujiwaramed.kagawa-u.ac.jp
URL
https://scholar.google.com/citations?user=OTLVOgIAAAAJ&hl=ja
所属
香川大学
部署
医学部
職名
教授
学位
博士(医学)(東京医科歯科大学)
科研費研究者番号
20532980

プロフィール

生理学者

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
香川大学 医学部 医学系研究科 分子生理学 教授
 
2013年1月
 - 
2018年3月
大阪大学 大学院 医学系研究科 生理学講座 准教授
 
2008年9月
 - 
2012年12月
大阪大学 大学院 医学系研究科 生理学講座 助教
 
2006年4月
 - 
2008年8月
米国UCSF 心臓血管研究所 博士研究員
 
2004年4月
 - 
2006年3月
生理学研究所 分子生理研究系 日本学術振興会・特別研究員PD
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2004年3月
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 器官システム制御学専攻
 
1995年4月
 - 
2001年3月
広島大学  医学部 医学科
 

委員歴

 
2018年9月
 - 
2019年3月
第9回アジア・オセアニア生理学会連合大会FAOPS2019  プログラム査読委員
 
2012年12月
 - 
2015年5月
第92回 日本生理学会(第120回解剖学会合同大会)  大会運営事務局委員
 
2010年6月
 - 
2010年10月
第103回 近畿生理学談話会  事務局運営委員
 
2009年7月
 - 
2009年
第36回 国際生理学会IUPS2009  プログラム編成(査読委員)
 

受賞

 
2013年4月
文部科学省 文部科学大臣表彰・若手科学者賞 「イオンチャネル分子機能の構造基盤の研究」
 
2011年3月
日本生理学会 入澤宏・彩記念・若手研究奨励賞 「電位依存性H+チャネルの2量体会合結晶構造と温度感知機構」
 
2009年7月
日本生理学会 日本生理学会奨励賞 「イオンチャネルの構造機能連関研究」
 
2015年7月
大阪大学 大阪大学総長顕彰・総長奨励賞
 
2014年7月
大阪大学 大阪大学総長顕彰・総長奨励賞
 
2013年8月
大阪大学 大阪大学総長顕彰・総長奨励賞
 

論文

 
Structural insights into the nucleotide base specificity of P2X receptors
Kasuya G., Fujiwara Y.#(Co-first author), Tsukamoto H., Morinaga S., Satoshi R., Touhara K., Ishitani R., Furutani Y., Hattori M., Nureki O.
Scientific Reports   7 45208   2017年   [査読有り]
Structural basis for the membrane association of ankyrinG via palmitoylation
Fujiwara Y.*, Kondo HX., Shirota M., Kobayashi M., Takeshita K., Nakagawa A., Okamura Y., Kinoshita K.
Scientific Reports   6 23981   2016年   [査読有り]
Crystal structures of the TRIC trimeric intracellular cation channel orthologues.
Kasuya G., Hiraizumi M., Maturana AD., Kumazaki K., Fujiwara Y., Liu K., Nakada-Nakura Y., Iwata S., Tsukada K., Komori T., Uemura S., Goto Y., Nakane T., Takemoto M., Kato HE., Yamashita K., Wada M., Ito K., Ishitani R., Hattori M., Nureki O.
Cell Res.   26 1288-1301   2016年   [査読有り]
Comparison between mouse and sea urchin orthologs of voltage-gated proton channel suggests role of S3 segment in activation gating.
Sakata S., Miyawaki N., McCormack TJ., Arima H., Kawanabe A., Özkucur N., Kurokawa T., Jinno Y., Fujiwara Y., Okamura Y.
Biochim Biophys Acta.   1858 2972-2983   2016年   [査読有り]
Conductance of P2X4 purinergic receptor is determined by conformational equilibrium in the transmembrane region.
Minato Y., Suzuki S., Hara T., Kofuku Y., Kasuya G., Fujiwara Y., Igarashi S., Suzuki E., Nureki O., Hattori M., Ueda T., Shimada I.
Proc. Natl. Acad. Sci. USA   113 4741-4746   2016年   [査読有り]
Direct Interaction between the Voltage-sensors Produces Cooperative Sustained Deactivation in Voltage-gated H+ Channel Dimers
Okuda H., Yonezawa Y., Takano Y., Okamura Y., Fujiwara Y.*
Journal of Biological Chemistry   291 5935-5947   2016年   [査読有り]
Structural Insights into Divalent Cation Modulations of ATP-Gated P2X Receptor Channels
Kasuya G., Fujiwara Y.#(Co-first author), Takemoto M, Dohmae N, Nakura Y, Ishitani R, Hattori M., Nureki O.
Cell Reports   14 932-944   2016年   [査読有り]
Gating mechanisms of voltage-gated proton channels.
Okamura Y, Fujiwara Y, Sakata S
Annual Review of Biochemistry   84 685-709   2015年   [査読有り]
X-ray Crystal Structure of Voltage-gated Proton Channel
Takeshita K., Sakata S., Yamashita E., Fujiwara Y., Kawanabe A., Kurokawa T., Okochi Y., Matsuda M., Narita H., Okamura Y., Nakagawa A.
Nature Structural & Molecular Biology   21 352-357   2014年   [査読有り]
Long α-helices projecting from the membrane as the dimer interface in the voltage-gated H+ channel
Fujiwara Y.*, Kurokawa T., Okamura Y.
Journal of General Physiology   143 377-386   2014年   [査読有り]
Structural Characteristics of the Redox Sensing Coiled-coil in the Voltage-gated H+ Channel
Fujiwara Y.*, Takeshita K., Nakagawa A., Okamura Y.
Journal of Biological Chemistry   288 17968-17975   2013年   [査読有り]
Gating of the Designed Trimeric/Tetrameric Voltage-Gated H+ Channel
Fujiwara Y.*, Kurokawa T., Takeshita K., Nakagawa A., Larsson HP., Okamura Y.
Journal of Physiology   591 627-640   2013年   [査読有り]
The cytoplasmic coiled-coil mediates cooperative gating temperature sensitivity in the voltage-gated H+ channel Hv1
Fujiwara Y.*, Kurokawa T, Takeshita K, Kobayashi M, Okochi Y, Nakagawa A, Okamura Y
Nature Communications   3 816   2012年   [査読有り]
Structual and functional dynamics of the ATP receptor channel P2X(2).
Kubo Y, Fujiwara Y., Keceli B, Nakajo K.
Brain Nerve   62 1323-1329   2010年   [査読有り]
Selection of Inhibitor-Resistant Viral Potassium Channels Identifies a Selectivity Filter Site that Affects Barium and Amantadine Block.
Chatelain FC, Gazzarrini S, Fujiwara Y., Arrigoni C, Domigan C, Ferrara G, Pantoja C,Thiel G, Moroni A, Minor DL.
PLoS One   4 e7496   2009年   [査読有り]
Voltage- and [ATP]-dependent gating of the P2X2 ATP receptor channel
Fujiwara Y.*, Keceli B, Nakajo K, Kubo Y.
Journal of General Physiology   133(1) 93-109   2009年   [査読有り]
Dynamic aspects of functional regulation of the ATP receptor channel P2X2.
Kubo Y, Fujiwara Y, Keceli B, Nakajo K.
Journal of Physiology   587 5317-5324   2009年   [査読有り]
X-ray Crystal Structure of a TRPM Assembly Domain Reveals an Antiparallel Four-stranded Coiled-coil.
Fujiwara Y., Minor DL Jr.
Journal of Molecular Biology   383 854-870   2008年   [査読有り]
Structures of CaV2 Ca2+/CaM-IQ domain complexes reveal binding modes that underlie calcium-dependent inactivation and facilitation
Kim EY, Rumf CH, Fujiwara Y., Cooley ES, Van Petegem F, Minor DL Jr.
Structure   16 1455-1467   2008年   [査読有り]
Regulation of the desensitization and ion selectivity of ATP-gated P2X2 channels by phosphoinositides.
Fujiwara Y.*, Kubo Y.
Journal of Physiology   576 135-149   2006年   [査読有り]
Functional Roles of Charged Amino Acid Residues on the Wall of the Cytoplasmic Pore of Kir2.1.
Fujiwara Y.*, Kubo Y.
Journal of General Physiology   127 401-419   2006年   [査読有り]
Additional gene variants reduce effectiveness of beta-blockers in the LQT1 form of long QT syndrome.
Kobori A, Sarai N, Shimizu W,Nakamura Y, Murakami Y, Makiyama T, OhnoS, Takenaka T, Ninomiya T, Fujiwara Y., Matsuoka S, Takano M, Noma A, Kita T, Horie M.
Journal of Cardiovascular Electrophysiology   15 190-199   2004年   [査読有り]
Density Dependent Changes of the Pore Properties of the P2X2 Receptor Channel.
Fujiwara Y., Kubo Y.
Journal of Physiology   558 31-43   2004年   [査読有り]
Identification of a Site Involved in the Block by Extracellular Mg2+ and Ba2+ as well as Permeation of K+ in the Kir2.1 K+ Channel.
Murata Y., Fujiwara Y., Kubo Y.
Journal of Physiology   544 665-677   2002年   [査読有り]
Novel KCNJ2 Mutation in Familial Periodic Paralysis with Ventricular Dysrhythmia.
Ai T, Fujiwara Y., Tsuji K, Otani H, Nakano S, Kubo Y and Horie M.
Circulation   105 2592-2594   2002年   [査読有り]
Ser165 in the Second Transmembrane Region of the Kir2.1 Channel Determines its Susceptibility to Blockade by Intracellular Mg2+.
Fujiwara Y., Kubo Y.
Journal of General Physiology   120 677-693   2002年   [査読有り]

Misc

 
Approaches to structural dynamics of the voltage-gated H+ channel gating.
Fujiwara Y.*
Journal of Physiological Sciences   68(Supplement1) S54   2018年   [査読有り]
Temperature-Sensitive Gating of Voltage-Gated H+ Channels
Fujiwara Y.*
Journal of Physiological Sciences   67(Supplement1) S61   2017年   [査読有り]
A study of dynamics of palmitoylated Ankyrin-G around a lipid bilayer by coarse-grained simulations
Kondo XH, Fujiwara Y., Shirota M., Kinoshita K.
Journal of Physiological Sciences   67(Supplement1) S43   2017年   [査読有り]
Structural insights into divalent cation modulations and ligand specificity of ATP-gated P2X receptor channels
Fujiwara Y.*, Kasuya G., Hattori M., Nureki O.
Journal of Physiological Sciences   66(Supplement1) S66   2016年   [査読有り]
Conserved Trp in the adjacent S4 helices cooperatively produce the sustained-deactivation in the voltage-gated H+ channel dimer
Okuda H., Yonezawa Y., Takano Y., Okamura Y., Fujiwara Y.*
Journal of Physiological Sciences   65(Supplement1) S119   2015年   [査読有り]

書籍等出版物

 
生物物理
藤原 祐一郎、近藤 寛子、城田 松之、木下 賢吾 (担当:分担執筆, 範囲:アンキリンが生体膜に相互作用する構造基盤)
日本生物物理学会   2018年   
Current Topics in Membranes vol.74 “Thermal Sensors”
Fujiwara Y., Okamura Y. (担当:分担執筆, 範囲:Temperature sensitive gating of voltage-gated proton channel)
Elsevier B.V   2014年   
脳科学辞典
藤原祐一郎*、岡村康司 (担当:分担執筆, 範囲:膜電位センサー 電子書籍URLhttp://bsd.neuroinf.jp/wiki/膜電位センサー)
理化学研究所   2013年   
生体の科学「伝達物質と受容体」
藤原祐一郎、Batu Keceli、中條浩一、山本友美、久保義弘 (担当:分担執筆, 範囲:ATP 受容体チャネルP2X2 の膜上発現密度依存性と膜電位依存性)
医学書院   2009年   
医学のあゆみ 別冊「イオンチャネル最前線update」
久保義弘、藤原祐一郎 (担当:分担執筆, 範囲:内向き整流性K+チャネル IRK1の構造機能連関とその遺伝子異常による疾患)
医歯薬出版   2006年   

講演・口頭発表等

 
電気生理学で蛋白質の構造と機能に迫るー電位依存性H+チャネルを中心にー
藤原 祐一郎
第12回医農連携セミナー   2018年9月10日   香川大学 医学部・農学部
電位依存性H+チャネルの電気的・化学的勾配センシング機構 [招待有り]
藤原 祐一郎
構造情報に基づいた膜イオン輸送タンパク質の 生理機能の解明に向けて   2018年9月3日   
電位依存性+チャネルの開閉機構の理解への取り組み [招待有り]
藤原祐一郎
第95回日本生理学会大会   2018年   
電位依存性H+チャネルのゲーティングとその構造基盤 [招待有り]
藤原祐一郎
京都大学Advanced Biological Chemistry Seminar 2017   2017年   
電位依存性プロトンチャネルの温度感受性ゲーティング [招待有り]
藤原祐一郎
第94回日本生理学会大会   2017年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
プロトンチャネルの温度感知機構の解明と理論応用
文部科学省 科学研究費補助金: 新学術領域研究(温度を基軸とした生命現象の統合的理解)
研究期間: 2018年 - 2019年    代表者: 藤原 祐一郎
フォトスイッチ電位センサーの創製
文部科学省 科学研究費補助金: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2018年 - 2019年    代表者: 藤原 祐一郎
電位依存性チャネルタンパク質の温度センシング機構の解明
文部科学省 科学研究費補助金: 新学術領域研究(温度を基軸とした生命現象の統合的理解)
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 藤原 祐一郎
蜘蛛毒と虫駆除薬を利用したプリン作動性シグナルの理解
文部科学省 科学研究費補助金: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 藤原 祐一郎
分子が膜電位を感知する基本原理の理解
文部科学省 科学研究費補助金: 基盤研究(B)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 藤原 祐一郎
電位センサータンパクにおけるモジュール間共役機構の解明
文部科学省 科学研究費補助金: 基盤研究(A)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 岡村康司
温度受容分子の統合的機能解析
文部科学省 科学研究費補助金: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 藤原 祐一郎
血球細胞のプロトンチャネルによる生体防御システム
文部科学省 科学研究費補助金: 新学術領域研究(統合的多階層生体機能学領域の確立とその応用)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 藤原 祐一郎
アンキリンによるイオンチャネルの膜上集積機構の解明
文部科学省 科学研究費補助金: 若手研究(A)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 藤原 祐一郎
活動する細胞の酸化還元状態を可視化する
文部科学省 科学研究費補助金: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 藤原 祐一郎
血球細胞の活性酸素産生における多階層制御:分子構造変化からホメオスタシスへ
文部科学省 科学研究費補助金: 新学術領域研究(統合的多階層生体機能学領域の確立とその応用)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 藤原 祐一郎
電位センサードメイン蛋白群を基盤とする新たな膜電位シグナルの解明
文部科学省 科学研究費補助金: 基盤研究(S)
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 岡村康司
人工イオンチャネルデザインに向けたチャネル会合モジュールの構造と機能の解析
文部科学省 科学研究費補助金: 若手研究(B)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 藤原 祐一郎
膜電位化学連関の新しい生理メカニズムの解明
文部科学省 科学研究費補助金: 基盤研究(A)
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 岡村康司
興奮性細胞が電気的信号を感知する分子構造基盤
武田科学財団: 武田科学振興財団研究奨励金
研究期間: 2015年 - 2015年    代表者: 藤原 祐一郎
精子鞭毛運動のトリガー分子
かなえ医薬振興財団: 研究助成金
研究期間: 2014年 - 2014年    代表者: 藤原 祐一郎
細胞膜の局所性興奮調節機構の構造基盤
上原生命科学財団: 上原生命記念科学財団研究奨励金
研究期間: 2013年 - 2013年    代表者: 藤原 祐一郎
神経細胞軸索の興奮性制御の構造生物学的解析
武田科学財団: 武田科学振興財団研究奨励金
研究期間: 2013年 - 2013年    代表者: 藤原 祐一郎
電位依存性チャネルの膜電位感知機構の統合的理解
内藤記念科学財団: 内藤記念科学奨励金
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 藤原 祐一郎
Structural and functional analysis of the modulation of the voltage-gated calcium channel
米国心臓財団: American Heart Association Grant-in-Aid
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 藤原 祐一郎

社会貢献活動

 
平成30年度 中学生・高校生のサイエンスキャンプ 生命科学の最前線「生体の電気信号」
【講師, 企画, 実演】  香川の医療系大学  中学生・高校生のサイエンスキャンプ  2018年7月28日