山田 祐樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/25 10:08
 
アバター
研究者氏名
山田 祐樹
 
ヤマダ ユウキ
URL
http://sites.google.com/site/yamadayuk/
所属
九州大学
部署
基幹教育院
職名
准教授
学位
博士 (心理学)(九州大学)
その他の所属
九州大学大学院人間環境学府応用知覚科学研究センターラーニングアナリティクスセンター 企画・評価部門
科研費研究者番号
60637700
Twitter ID
momentumyy
ORCID ID
0000-0003-1431-568X

プロフィール

より詳細な情報は
http://sites.google.com/site/yamadayuk/
にて

研究分野

 
 

経歴

 
2013年10月
 - 
現在
九州大学 基幹教育院 准教授
 
2018年4月
 - 
2018年9月
大阪大学 数理・データ科学教育研究センター 非常勤講師
 
2017年4月
 - 
2018年9月
中京大学 大学院心理学研究科 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
2018年3月
コルドバ国立大学 神経画像処理研究室 研究員
 
2012年5月
 - 
2013年9月
九州大学大学院人間環境学研究院 学術共同研究員
 
2012年4月
 - 
2013年9月
山口大学時間学研究所 助教 (特命)
 
2009年4月
 - 
2012年3月
-日本学術振興会特別研究員 (PD)
 
2009年4月
 - 
2012年3月
九州女子大学 人間科学部 非常勤講師
 
2008年4月
 - 
2009年3月
日本学術振興会特別研究員 (PD)
 
2006年4月
 - 
2008年3月
日本学術振興会特別研究員 (DC1)
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2008年3月
九州大学 大学院人間環境学府博士後期課程 
 
2004年4月
 - 
2006年3月
九州大学 大学院人間環境学府修士課程 
 
2000年4月
 - 
2004年3月
広島大学 教育学部 第五類 心理学系コース
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
日本認知心理学会 心理学の信頼性研究部会  代表
 
2018年5月
 - 
現在
公認心理師養成大学教員連絡協議会 学部カリキュラム・ワーキンググループ  メンバー
 
2018年4月
 - 
現在
日本視覚学会  世話人
 
2018年4月
 - 
現在
日本心理学会 広報委員会  委員
 
2017年12月
 - 
現在
日本基礎心理学会  理事
 
2017年10月
 - 
現在
「Frontiers in Psychology」Guest Associate Editor
 
2017年6月
 - 
現在
電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会  専門委員
 
2016年6月
 - 
現在
日本心理学会  サイエンスコミュニケーション研究会 共同代表
 
2016年1月
 - 
現在
「Frontiers in Psychology (Cognition)」Review Editor
 
2015年3月
 - 
現在
日本基礎心理学会  「基礎心理学研究」編集委員
 

受賞

 
2018年4月
日本心理学会 第13回日本心理学会国際賞奨励賞
 
2017年12月
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ ヒューマンコミュニケーション賞
受賞者: 佐々木恭志郎・山田祐樹
 
2017年8月
日本視覚学会2017年夏季大会 準ベストプレゼンテーション賞
受賞者: 郷原皓彦・山田祐樹
 
2017年1月
中国四国心理学会 優秀発表賞
受賞者: 米満文哉・佐々木恭志郎・郷原皓彦・山田祐樹
 
2016年12月
九州心理学会 優秀発表賞
受賞者: 郷原皓彦・山田祐樹
 
2016年12月
第18回図書館総合展 ポスターセッション優秀賞
受賞者: 郷原皓彦・米満文哉・中響子・佐々木恭志郎・大竹裕香・奥村優子・渡邊直美・服部正嗣・藤田早苗・山田祐樹・小林哲生
 
2016年10月
ウッドデザイン賞2016 ハートフルデザイン部門
 
2016年10月
日本基礎心理学会 優秀発表賞
受賞者: 佐々木恭志郎・山田祐樹・黒木大一朗・三浦佳世
 
2016年3月
日本生体医工学会九州支部 研究奨励賞
受賞者: 執行真旗・都築菜生・濱川昌之・田村かおり・山田祐樹・岡本剛
 
2016年1月
ウッドデザイン賞2015 ハートフルデザイン部門
 
2015年11月
九州心理学会 優秀発表賞
受賞者: 山田祐樹・佐々木恭志郎
 
2015年7月
日本認知心理学会 優秀発表賞 社会的貢献度評価部門
受賞者: 山田祐樹・佐々木恭志郎・三浦佳世
 
2014年12月
日本基礎心理学会 優秀発表賞
受賞者: 佐々木恭志郎・山田祐樹・三浦佳世
 
2013年12月
日本基礎心理学会 優秀発表賞
受賞者: 山田祐樹・河邉隆寛・宮崎真
 
2011年7月
九州大学心理学研究室 発表賞
 
2006年3月
九州大学大学院人間環境学府 学府長賞 優秀賞
 
2006年3月
九州大学学生後援会 学術研究賞
 
2007年5月
日本認知心理学会 優秀発表賞 発表力評価部門
受賞者: 山田祐樹・三浦佳世
 
2007年12月
日本基礎心理学会 優秀発表賞
受賞者: 山田祐樹・山口舞・三浦佳世
 
2006年6月
日本基礎心理学会 優秀発表賞
受賞者: 山田祐樹・河邉隆寛・三浦佳世
 

論文

 
Yamada, Y.
Frontiers in Psychology   9(1831)    2018年9月   [査読有り]
Yonemitsu, F., Sasaki, K., Gobara, A., Kosugi, K. E., & Yamada, Y.
Palgrave Communications   4(80)    2018年7月   [査読有り]
レジリエンスと感情処理過程の関連性—注意の瞬き課題を用いた検討—
米満文哉・井隼経子・山田祐樹
感情心理学研究   25(3) 58-61   2018年6月   [査読有り]
清水邦義・本傳晃義・奥田拓・羽賀栄理子・中島大輔・鷲岡ゆき・松本清・山本篤・吉村友里・井隼経子・渡邊雄一郎・安心院剛・安成信次・山田祐樹・永野純・岡本剛・石川洋哉・大貫宏一郎・藤本登留
木材工業   73(5) 187-192   2018年5月   [査読有り]
Trafimow, D., Amrhein, V., Areshenkoff, C. N., Barrera-Causil, C., Beh, E. J., Bilgiç, Y., Bono, R., Bradley, M. T., Briggs, W. M., Cepeda-Freyre, H. A., Chaigneau, S. E., Ciocca, D. R., Correa, J. C., Cousineau, D., de Boer, M. R., Dhar, S. S., Dolgov, I., Gómez-Benito, J., Grendar, M., Grice, J., Guerrero-Gimenez, M. E., Gutiérrez, A., Huedo-Medina, T. B., Jaffe, K., Janyan, A., Karimnezhad, A., Korner-Nievergelt, F., Kosugi, K., Lachmair, M., Ledesma, R., Limongi, R., Liuzza, M. T., Lombardo, R., Marks, M., Meinlschmidt, G., Nalborczyk, L., Nguyen, H. T., Ospina, R., Perezgonzalez, J. D., Pfister, R., Rahona, J. J., Rodríguez-Medina, D. A., Romão, X., Ruiz-Fernández, S., Suarez, I., Tegethoff, M., Tejo, M., van de Schoot, R., Vankov, I., Velasco-Forero, S., Wang, T., Yamada, Y., Zoppino, F. C. M., & Marmolejo-Ramos, F.
Frontiers in Psychology   9(699)    2018年5月   [査読有り]
Nitta, H., Tomita, H., Zhang, Y., Zhou, X., & Yamada, Y.
Cognitive Research: Principles and Implications   3(15)    2018年5月   [査読有り]
Gobara, A., Yoshimura, N., & Yamada, Y.
Scientific Reports   8(5752)    2018年4月   [査読有り]
山田祐樹
ヒューマンインタフェース学会誌   20(1) 17-22   2018年   [招待有り]
査読なし論文!
郷原皓彦・佐々木恭志郎・山田祐樹
基礎心理学研究   36(2) 197-205   2018年3月   [査読有り]
Yamada, Y., & Sasaki, K.
BMC Research Notes   10(658)    2017年12月   [査読有り]
Sasaki, K., Ihaya, K., & Yamada, Y.
Frontiers in Psychology   8(1792)    2017年10月   [査読有り]
佐々木恭志郎・山田祐樹
認知科学   25(1) 50-62   2018年3月   [査読有り]
岩佐和典・田中恒彦・山田祐樹
心理学研究   89(1) 82-92   2018年1月   [査読有り]
Yonemitsu, F., Sung, Y., Naka, K., Yamada, Y., & Marmolejo-Ramos, F.
BMC Research Notes   10(362)    2017年8月   [査読有り]
山田 祐樹大竹裕香・奥村優子・郷原皓彦・中響子・米満文哉・佐々木恭志郎・渡邊直美・藤田早苗・服部正嗣・山田祐樹・小林哲生
読書科学   59(3) 58-72   2017年   [査読有り]
Sasaki, K., & Yamada, Y.
i-Perception   8(5) 1-7   2017年   [査読有り]
中響子・米満文哉・山田祐樹
基礎心理学研究   36 50-55   2017年   [査読有り]
Sasaki, K., Yamada, Y., Kuroki, D., & Miura, K.
Advances in Cognitive Psychology   13 224-231   2017年   [査読有り]
薛玉婷・郷原皓彦・佐々木恭志郎・山田祐樹
認知科学   24(3) 360-375   2017年   [査読有り]
Okazaki, Y. S., Asakawa, A., Ishii, K., & Yamada, Y.
Heliyon   3 e00252   2017年   [査読有り]
清水邦義・吉村友里・中川敏法・松本清・鷲岡ゆき・羽賀栄理子・本傳晃義・中島大輔・西條裕美・藤田弘毅・渡邊雄一郎・岡本元一・井上伸史・安成信次・永野純・山田祐樹・岡本剛・大貫宏一郎・石川洋哉・藤本登留
木材学会誌   63(3) 126-130   2017年   [査読有り]
Gobara, A., Yamada, Y., & Miura, K.
i-Perception   7 1-9   2016年   [査読有り]
Iwasa, K., Tanaka, T., & Yamada, Y.
PLOS ONE   11(10) e0164630   2016年   [査読有り]
Kawabe, T., Sasaki, K., Ihaya, K., & Yamada, Y.
Cognition      2016年   [査読有り]
Ariga, A., Yamada, Y., & Yamani, Y.
i-Perception   7 1-7   2016年   [査読有り]
Marmolejo-Ramos, F., Correa, J. C., Sakarkar, G., Ngo, G., Ruiz-Fernández, S., Butcher, N., & Yamada, Y.
Psychological Research      2016年   [査読有り]
Chaya, K., Xue, Y., Uto, Y., Yao, Q., & Yamada, Y.
PeerJ   4 e1942   2016年   [査読有り]
山田祐樹
心理学評論   59(1) 15-29   2016年   [査読有り][招待有り]
Kishimoto, R., Sasaki, K., Gobara, A., Ojiro, Y., Nam, G., Miura, K., & Yamada, Y.
Letters on Evolutionary Behavioral Science   7 17-20   2016年   [査読有り]
Yamani, Y., Ariga, A., & Yamada, Y.
Frontiers in Integrative Neuroscience   9 74   2016年   [査読有り]
Sasaki, K., Yamada, Y., & Miura, K.
Acta Psychologica   163 97-106   2016年   [査読有り]
Ojiro, Y., Gobara, A., Nam, G., Sasaki, K., Kishimoto, R., Yamada, Y., & Miura, K.
The Quantitative Methods for Psychology   11 r8-r11   2015年   [査読有り]
Sasaki, K., Yamada, Y., & Miura, K.
Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences   282 20140690   2015年   [査読有り]
Aoyama, T., Shimizu, S., & Yamada, Y.
Annals of the Japan Association for Philosophy of Science   23 1-18   2015年   [査読有り]
Yamada, Y., Kawabe, T., & Miyazaki, M.
Frontiers in Psychology   6 166   2015年   [査読有り]
Yamada, Y.
Science Postprint   1(2) e00041   2014年   [査読有り]
Yamada, Y., Sasaki, K., Kunieda, S., & Wada, Y.
Appetite   81 102-107   2014年   [査読有り]
Yamada, Y., Harada, S., Choi, W., Fujino, R., Tokunaga, A., Gao, Y., & Miura, K.
Frontiers in Psychology   5 307   2014年   [査読有り]
Yamada, Y., Sasaki, K., & Miura, K.
Perception   43 223-225   2014年   [査読有り]
Ihaya, K., Seno, T., & Yamada, Y.
Revista Latinoamericana de Psicología   46 53-58   2014年   [査読有り]
Yamada, Y., & Kawabe, T.
Universitas Psychologica   12(5) 1501-1510   2013年   [査読有り]
Marmolejo-Ramos, F., Elosúa, M. R., Yamada, Y., Hamm, N., & Noguchi, K.
PLOS ONE   8(12) e81688   2013年   [査読有り]
Yamada, Y., Kawabe, T., & Miyazaki, M.
Scientific Reports   3 2906   2013年   [査読有り]
ネイチャー・ジャパンの解説
http://www.natureasia.com/ja-jp/srep/abstracts/49489
Seno T, Ihaya K, Yamada Y
Frontiers in psychology   4 494   2013年   [査読有り]
Yamada Y, Kawabe T
PLOS ONE   8 e53815   2013年   [査読有り]
Yamada, Y., Kawabe, T., & Ihaya, K.
Japanese Psychological Research   55 20-32   2013年   [査読有り]
Yamada Y, Kawabe T, Miura K
Neuroscience Letters   531 96-98   2012年12月   [査読有り]
Seno, T., Yamada, Y., & Palmisano, S.
i-Perception   3 775-777   2012年   [査読有り]
Sasaki K, Seno T, Yamada Y, Miura K
Perception   41 875-877   2012年   [査読有り]
Yamada, Y., Kawabe, T., & Ihaya, K.
Advances in Cognitive Psychology   8 248-254   2012年   [査読有り]
Qian K, Kawabe T, Yamada Y, Miura K
Attention, perception & psychophysics   74(5) 1020-1032   2012年4月   [査読有り]
Yamada, Y., & Kawabe, T.
Japanese Psychological Research   54 348-359   2012年   [査読有り]
Seno T, Yamada Y, Ihaya K
Perception   40(11) 1390-1392   2011年   [査読有り]
Yamada Y, Kawabe T
Consciousness and cognition   20 1835-1841   2011年12月   [査読有り]
Yamada Y, Miura K, Kawabe T
Journal of vision   11    2011年   [査読有り]
Yamada Y, Ariga A, Miura K, Kawabe T
Advances in Cognitive Psychology   6 35-46   2010年2月   [査読有り]
Ihaya, K., Yamada, Y., Kawabe, T., & Nakamura, T.
Psychologia   53(2) 102-113   2010年   [査読有り]
Psychological resilience refers to the human capacity to cope with distressing events such as abuse, disaster, and other stressful or traumatic circumstances. Previous investigations by using self-report questionnaires have focused exclusively on ...
Kawabe T, Qian K, Yamada Y, Miura K
Perception   39(4) 573-576   2010年   [査読有り]
Yamada, Y., Kawabe, T., & Miura, K.
The Japanese Journal of Psychonomic Science   28 212-220   2010年   [査読有り]
Qian K, Yamada Y, Kawabe T, Miura K
Perception   38 1172-1182   2009年   [査読有り]
Kawabe, T. & Yamada, Y.
Consciousness and Cognition   18 168-175   2009年   [査読有り]
Yamada, Y., Kawabe, T., & Miura, K.
Psychologia   51(3) 206-213   2008年   [査読有り]
Kawabe, T., Miura, K., & Yamada, Y.
Acta Psychologica   128(2) 249-254   2008年   [査読有り]
Yamada Y, Kawabe T, Miura K
Psychological Research   72 273-280   2008年5月   [査読有り]
Yamada, Y., & Kawahara, J.
Perception & Psychophysics   69 1218-1229   2007年   [査読有り]
Kawabe, T., Yamada, Y., & Miura, K.
Visual Cognition   15 305-321   2007年   [査読有り]
Kawabe, T., Yamada, Y., & Miura, K.
Consciousness and Cognition   16 374-380   2007年   [査読有り]
Kawahara, J., Yamada, Y.
Psychonomic Bulletin & Review   13 594-599   2006年8月   [査読有り]
Yamada, Y., & Kawahara, J.
The Japanese Journal of Psychonomic Science   24 1-10   2005年   [査読有り]
Kawahara, J., & Yamada, Y.
Visual Cognition   11 997-1017   2004年   [査読有り]

Misc

 
山田祐樹
心理学ワールド   82 41   2018年7月   [依頼有り]
Sasaki, K., Ono, F., & Yamada, Y.
PsyArXiv   psyarxiv.com/q6vpr    2017年10月
Gobara, A., & Yamada, Y.
PeerJ Preprints   5(e3305v1)    2017年9月
岡崎善弘・浅川淳司・石井健太郎・山田祐樹
カレントアウェアネス-E   325(E1912)    2017年5月   [依頼有り]
山田祐樹
BUNKEIスポットライト      2015年5月   [依頼有り]
山田 祐樹, 三浦 佳世, 河邉 隆寛
映像情報メディア学会技術報告   33(45) 51-56   2009年10月
定位標的に先行して標的近辺に手がかり刺激が呈示された場合,知覚される標的位置は手がかり位置から遠ざかる(注意反発).一方で,標的は手がかり方向に偏って誤定位されることもある(注意牽引).また手がかりが呈示されなくとも,標的は中心窩方向へ偏って定位される傾向にある(中心窩バイアス).本研究では,これら3つの現象が標的消失後の保持期間の長さに従って個別に生じる空間定位の歪みであると考え,これらがどのような順序で生起するかを検討した.具体的には,プローブによる相対位置判断課題を用い,標的・プロー...
井隼 経子, 山田 祐樹, 河邉 隆寛, 中村 知靖
映像情報メディア学会技術報告   33(45) 91-96   2009年10月
レジリエンスは近年着目されている心的機能である.具体的には、人間が精神的ダメージを受けて落ち込んだときに,さまざまな資源を用いながら心的回復を達成するための機能である.しかしながら、レジリエンスの心的プロセスについては、これまで十分な検討がなされてこなかった.本研究ではレジリエンスの概念を4つの側面に分類し,この分類をもとにそれぞれの側面を測定する尺度を作成した.また作成した尺度と潜在連合テスト(Implicit association Test:IAT)とを組み合わせた実験を行い,レジリ...
原口 恵, 山田 祐樹, 箱田 裕司
映像情報メディア学会技術報告   33(45) 103-108   2009年10月
高速逐次視覚呈示される刺激中にネガティブな情動価を持つ課題非関連刺激を提示すると,中性的な刺激の場合と比較して,それに後続するターゲットの検知率が低下する(情動誘発盲)。本研究ではこの情動誘発盲が情動刺激への感情系の反応に基づく注意の非自発的停留によるものであるかどうかを検討するために,閾下感情馴化を用いて情動刺激に対する感情系の反応を低減させ,情動的な妨害刺激の後に出現するターゲットの検出課題を実験参加者に行わせた。その結果,閾下感情馴化を行わなかった統制群では,ネガティブな妨害刺激によ...
井隼 経子, 山田 祐樹, 河邉 隆寛, 中村 知靖
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   109(261) 91-96   2009年10月
レジリエンスは近年着目されている心的機能である.具体的には、人間が精神的ダメージを受けて落ち込んだときに,さまざまな資源を用いながら心的回復を達成するための機能である.しかしながら、レジリエンスの心的プロセスについては、これまで十分な検討がなされてこなかった.本研究ではレジリエンスの概念を4つの側面に分類し,この分類をもとにそれぞれの側面を測定する尺度を作成した.また作成した尺度と潜在連合テスト(Implicit association Test:IAT)とを組み合わせた実験を行い,レジリ...

書籍等出版物

 
不気味の谷(松尾太加志 (編) ライブラリ心理学を学ぶ3 認知と思考の心理学)
山田祐樹 (担当:分担執筆)
サイエンス社   2018年7月   ISBN:978-4781914237
オンラインによる知覚研究(日本基礎心理学会 (監修) 坂上貴之・河原純一郎・木村英司・三浦佳世・行場次朗・石金浩史 (編) 基礎心理学実験法ハンドブック)
山田祐樹 (担当:分担執筆)
朝倉書店   2018年6月   ISBN:978-4254520231
日常と非日常からみる こころと脳の科学
宮崎真・阿部匡樹・山田祐樹ほか (編著)
コロナ社   2017年   
https://www.amazon.co.jp/dp/433907814X/
気持ち悪さの心理学(三浦佳世 (編) 感性認知—アイステーシスの心理学—)
山田祐樹 (担当:分担執筆)
北大路書房   2016年   
Awareness Shaping or Shaped by Prediction and Postdiction
Yamada, Y., Kawabe, T., & Miyazaki, M., eds.
Lausanne: Frontiers Media   2015年   
http://www.frontiersin.org/books/Awareness_shaping_or_shaped_by_prediction_and_postdiction/569

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
移動指標の将来を予測する視覚~表象的慣性~の獲得過程に関する認知行動科学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 今中國泰
気持ち悪さの認知多層科学
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 山田祐樹
身体化された情動の文化化を探る―中国雲南省少数民族の身体的心性―
日本学術振興会: 科学研究費補助金 新学術領域研究(公募研究)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 山田祐樹
学習アナリティクス基盤の拡張による多世代共創及び社会活動支援
科学技術振興機構: 未来社会創造事業
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 木實新一
親子の絵本読み活動が幼児の言語発達に及ぼす影響の研究
NTTコミュニケーション科学基礎研究所: 共同研究
研究期間: 2018年4月 - 2019年2月    代表者: 山田祐樹
絵本検索システム利用が幼児の言語認知発達に及ぼす影響の研究
NTTコミュニケーション科学基礎研究所: 共同研究費
研究期間: 2016年5月 - 2017年2月    代表者: 山田祐樹
変動性判断の神経機序―変動ある環境を克服する脳の仕組みの探究―
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 宮崎真
没入体感型英語スピーチ学習システムの開発と検証:視線方向と音声要素に基づく研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 冬野美晴
新奇食品に対する感性的質感認知の解明 -食用昆虫を例として-
日本学術振興会: 科学研究費補助金 新学術領域研究(公募研究)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 和田有史
読書活動を促進する拡張現実技術の開発:受動的読書から能動的読書へ
博報財団: 第11回児童教育実践についての研究助成
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 岡崎善弘
野生の認知科学:こころの進化とその多様性の解明のための比較認知科学的アプローチ
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(S)
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月    代表者: 友永雅己
ストレスを軽減する英語パブリックスピーキング指導法の新規開発: 応用言語学・英語教育学・心理学による統合的研究
九州大学: 教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P & P)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 冬野美晴
頭を良くする方法、悪くする方法
九州大学: 教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P & P)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 岡本剛
「世代」の測定を巡る学際的行動計量学研究--公衆衛生学と人文社会科学計量研究の融合
九州大学: 教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P & P)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 木村拓也
不・不安を超えた安心感の再定位
九州大学: 教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P & P)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 山田祐樹
英文・和文校閲経費支援
九州大学: 研究活動基礎支援制度
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 山田祐樹
気持ち悪さの認知的メカニズム
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 山田祐樹
こころの中の「いま、この瞬間」をとらえる―主観的同時性を形成する脳の仕組みの探究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 新学術領域研究(公募研究)
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 宮崎真
ランダムネス判断の神経機序
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 宮崎真
九州大学: 人間環境学府ファカルティ・カップリング
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 山田祐樹
予測的・後測的な空間認識に関する認知心理学的機序の解明
九州大学: 教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P & P)
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 山田祐樹
眠りへ誘う木質空間:生理心理反応と多変量解析を用いた木質環境の評価
九州大学: 教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P & P)
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 清水邦義
予測的知覚の潜在的・顕在的機能に関する認知行動科学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月    代表者: 今中國泰
身体知覚の時空間的適応性の神経機序
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 宮崎真
質感認知の脳神経メカニズムと高度質感情報処理技術の融合的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 新学術領域研究(公募研究)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 和田有史
情動と身体空間に関する認知心理学研究
山口大学: URA室研究助成金 科研チャレンジプロジェクト
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 山田祐樹
視覚的注意による物体定位バイアスの生起機序
日本学術振興会: 科学研究費補助金 研究活動スタート支援
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 山田祐樹
医農理工文連携による 「におい」の最先端総合研究
九州大学: 教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P & P)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 岡本剛
運動物体の衝突予測における「意識の外」にある情報の利用性
日産科学振興財団: 認知科学研究助成
研究期間: 2009年       代表者: 山田祐樹
日本学術振興会特別研究員PD採用のため辞退
意識,注意,および情動を包含する動的心的表象形成メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 山田祐樹
時空間的な視覚表象の形成過程-注意がそれを歪めるか?-
日本学術振興会: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 山田祐樹