平井幸彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/10 18:02
 
アバター
研究者氏名
平井幸彦
 
ヒライ ユキヒコ
eメール
hirainms.ac.jp
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/10089617.ja.html
所属
日本医科大学
部署
医学部
職名
特別研究生

プロフィール

1976年 日本医科大学助手
1984年 医学博士(日本医科大学) 取得
1985年 日本医科大学講師
1986年Visiting Assistant Professor of
Ohio State University (Columbus, OH. USA)
1988年 日本医科大学講師に復帰
2007年 日本遺伝子治療学会 評議員
2016年 Editorial Board member of Cell Biochemistry and Biophysics(Springer Science)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
   
 
日本医科大学 医学部 講師
 

論文

 
Highly efficient ultracentrifugation-free chromatographic purification of recombinant AAV serotype 9 (rAAV9)
Molecular Therapy Methods &Clinical Development   11 180-190   2018年12月   [査読有り]
平井幸彦
Molecular Vision   22 816-826   2016年7月   [査読有り]
Tomono T, Hirai Y, Okada H, Adachi K, Ishii A, Shimada T, Onodera M, Tamaoka A, Okada T
Molecular therapy. Methods & clinical development   3 15058   2016年   [査読有り]
Nakamura-Takahashi A, Miyake K, Watanabe A, Hirai Y, Iijima O, Miyake N, Adachi K, Nitahara-Kasahara Y, Kinoshita H, Noguchi T, Abe S, Narisawa S, Millán JL, Shimada T, Okada T
Molecular therapy. Methods & clinical development   3 15059   2016年   [査読有り]
Hironaka K, Yamazaki Y, Hirai Y, Yamamoto M, Miyake N, Miyake K, Okada T, Morita A, Shimada T
Scientific reports   5 13104   2015年8月   [査読有り]
Yamazaki Y, Hirai Y, Miyake K, Shimada T
Scientific reports   4 5506   2014年7月   [査読有り]
Hirai T, Enomoto M, Kaburagi H, Sotome S, Yoshida-Tanaka K, Ukegawa M, Kuwahara H, Yamamoto M, Tajiri M, Miyata H, Hirai Y, Tominaga M, Shinomiya K, Mizusawa H, Okawa A, Yokota T
Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy   22(2) 409-419   2014年2月   [査読有り]
Machida A, Kuwahara H, Mayra A, Kubodera T, Hirai T, Sunaga F, Tajiri M, Hirai Y, Shimada T, Mizusawa H, Yokota T
Molecular pain   9 36   2013年7月   [査読有り]
Hirai T, Enomoto M, Machida A, Yamamoto M, Kuwahara H, Tajiri M, Hirai Y, Sotome S, Mizusawa H, Shinomiya K, Okawa A, Yokota T
Human gene therapy methods   23(2) 119-127   2012年4月   [査読有り]
Uchida A, Sasaguri H, Kimura N, Tajiri M, Ohkubo T, Ono F, Sakaue F, Kanai K, Hirai T, Sano T, Shibuya K, Kobayashi M, Yamamoto M, Yokota S, Kubodera T, Tomori M, Sakaki K, Enomoto M, Hirai Y, Kumagai J, Yasutomi Y, Mochizuki H, Kuwabara S, Uchihara T, Mizusawa H, Yokota T
Brain : a journal of neurology   135(Pt 3) 833-846   2012年3月   [査読有り]
Miyake K, Miyake N, Yamazaki Y, Shimada T, Hirai Y
Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi   79(6) 394-402   2012年   [査読有り]
Nihira T, Yasuda T, Hirai Y, Shimada T, Mizuno Y, Mochizuki H
Journal of neuroscience methods   201(1) 55-60   2011年9月   [査読有り]
Isotani M, Miyake K, Miyake N, Hirai Y, Shimada T
Cancer investigation   29(5) 353-359   2011年6月   [査読有り]
Miyake N, Miyake K, Yamamoto M, Hirai Y, Shimada T
Brain research   1389 19-26   2011年5月   [査読有り]
Mayra A, Tomimitsu H, Kubodera T, Kobayashi M, Piao W, Sunaga F, Hirai Y, Shimada T, Mizusawa H, Yokota T
Biochemical and biophysical research communications   405(2) 204-209   2011年2月   [査読有り]
Kubodera T, Yamada H, Anzai M, Ohira S, Yokota S, Hirai Y, Mochizuki H, Shimada T, Mitani T, Mizusawa H, Yokota T
Human gene therapy   22(1) 27-34   2011年1月   [査読有り]
Ogawa K, Hirai Y, Ishizaki M, Takahashi H, Hanawa H, Fukunaga Y, Shimada T
Molecular genetics and metabolism   96(3) 91-96   2009年3月   [査読有り]
Tahara I, Miyake K, Hanawa H, Kurai T, Hirai Y, Ishizaki M, Uchida E, Tajiri T, Shimada T
Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy   15(10) 1805-1811   2007年10月   [査読有り]
渡邉 淳, 浅野 ありさ, 三宅 秀彦, 右田 真, 平井 幸彦, 志村 俊郎, 島田 隆
医学教育   38(4) 245-250   2007年8月
Kurai T, Hisayasu S, Kitagawa R, Migita M, Suzuki H, Hirai Y, Shimada T
Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy   15(1) 38-43   2007年1月   [査読有り]

Misc

 
平井幸彦
日本医科大学ハイテクリサーチセンター研究報告 平成10年4月-平成15年3月   23-25   2003年
渡辺淳, 平井幸彦, 島田隆, 浅野ありさ
J Nippon Med Sch   69(6) 672   2002年12月
平井幸彦
日本医科大学ハイテクリサーチセンター研究報告 平成10年4月-平成15年3月   26-28   2003年

講演・口頭発表等

 
三宅弘一, 藤倉輝道, 渡邉淳, 平井幸彦, 山崎吉之, 飯島修, 三宅紀子, 山本基子, 竹下俊行, 島田隆
医学教育   2012年7月4日   
渡辺淳, 平井幸彦, 飯島修, 山崎吉之, 三宅紀子, 山本基子, 佐々木元子, 島田隆, 三宅弘一
日本遺伝カウンセリング学会誌   2012年5月10日   
比企能人, 佐々木敬, 根本昌実, 根元昌実, 大橋十也, 平井幸彦, 田嶼尚子
糖尿病   2009年4月25日   
比企能人, 佐々木敬, 根本昌実, 大橋十也, 平井幸彦, 田嶼尚子
再生医療   2009年2月5日   
比企 能人, 佐々木 敬, 中井 望, 藤本 啓, 根本 昌実, 大橋 十也, 羽野 寛, 衞藤 義勝, 平井 幸彦, 島田 隆, 田嶼 尚子
東京慈恵会医科大学雑誌   2008年11月15日   

競争的資金等の研究課題

 
適正製造規範に適合する簡易精製が可能な次世代AAVベクターの開発 その2
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年10月 - 2019年3月    代表者: 平井幸彦
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 平井 幸彦
AAVベクターの作成・精製条件を検討している中で、現在最も遺伝子治療で用いられている1型、および第2世代のAAVベクターで、最も適応が期待されている9型AAVベクターを超遠心分離操作を含まづ、適正製造規範(GMP)にも適合する可能性のある方法を開発出来た。即ち、無血清培養液下のHEK293細胞へ3つのプラスミドをPolyethylenimine (PEI) を用いてトランスフェクションし、1型、および 9型AAVベクターをそれぞれ、細胞培養液中に分泌させる。この細胞培養液を限界排除分子量が...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 清野 精彦
1)αGal-AノックアウトFabry病マウスにおいて、大腿筋へのAAVベクターを用いた酵素補充遺伝子導入により、全身各臓器における欠損酵素αGal-A活性の上昇とセラマイド(CTH)沈着量の防止を明らかにした。2)心筋においても欠損酵素αGal-A活性の上昇(ただし20%程度)とセラマイド(CTH)沈着の防止、心肥大の抑止効果が認められた。腎臓でも同様の効果が認められた。しかし、このマウスのモデルでは、血管内皮への蓄積は検出されず、それらに対する効果については分析することができなかった。...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 島田 隆
ASA(ArylsulfataseA)酵素欠損症であるMLD(Metachromatic leukodystrophy)をモデルとした、遺伝性神経変性疾患の細胞遺伝子治療の可能性を検討した。1.遺伝子治療(1)ASAの活性化:スルファターゼの活性化酵素として最近クローニングされたFGE(SUMF1)の発現ベクターを作製し、ASA発現への影響を検討した。in vitroの実験では、FGEの共発現により、数十倍のASA活性の上昇が認められた。FGEによる活性化作用は、マウス肝臓や脳組織でも認め...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 平井 幸彦
野生型AAVは、非病原性であり、更にヒトの第19染色体の特定の部位(AAVS1領域)に組込まれる等の特徴を持ち、遺伝子治療のためにベクターとして開発が期待されていうる。しかし、その部位特異的組込みは、ウイルスのコードするRepタンパク質(Rep78/68)を介したウイルスゲノムの両末端の繰り返し構造(ITR)と第19染色体のAAVS1領域との非相同組換えにより起こると考えられている。この為、現行の組換えAAVベクターではRep遺伝子を取り除いているため、野生型AAVの持つ部位特異的挿入能を...