基本情報

所属
山陽小野田市立山口東京理科大学 薬学部薬学科 助教
名古屋大学医学部附属病院 総合周産期母子医療センター 客員研究員
学位
博士 (薬科学)(2018年3月 東京理科大学大学院)

研究者番号
70835389
J-GLOBAL ID
201701019884686443

外部リンク

次世代を担う子ども達が心身ともに健全に育つことのできる社会を目指して研究に取り組んでいます。現在は主として、外的環境の変化、母体環境の変化に注目して以下の2つの研究に従事しています。

疾病や健康を「出生前後における環境刺激との関わり」の観点から理解し、その科学的根拠を提示することを研究の柱としています。とくに、大気環境中や労働環境下に浮遊している粒子状の物質(PM2.5やナノ粒子)が、胎児期に曝露された際の出生児の中枢神経系(脳)に及ぼす影響とそのメカニズムの解明を目的として行っています。

胎児発育不全(FGR)や新生児低酸素性虚血(HI)に起因する発達神経障害の早期診断技術や根本的な治療手段を確立すべく、これら疾患の病態や発症機序の解明を目指して研究しています。とくに、現在の医療技術では診断や治療の困難な軽度な発達神経障害を対象に取り組んでいます。


共同研究・競争的資金等の研究課題

  9

論文

  22

書籍等出版物

  4

MISC

  32

Works(作品等)

  2

社会貢献活動

  3

メディア報道

  1

講演・口頭発表等

  88