小野田 淳人

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/09 11:03
 
アバター
研究者氏名
小野田 淳人
 
オノダ アツト
通称等の別名
杉山淳人(戸籍名)
ハンドル
A-O
eメール
3b13624alumni.tus.ac.jp
所属
名古屋大学医学部附属病院
部署
小児科 総合周産期母子医療センター
職名
特別研究員PD
学位
薬学博士(東京理科大学大学院)
ORCID ID
0000-0002-4923-062X

プロフィール

次世代を担う子ども達が心身ともに健全に育つことのできる社会を目指して研究に取り組んでいます。

博士課程(2015年~2017年):疾病や健康を「出生前後における環境刺激との関わり」の観点から理解し、その科学的根拠を提示することを研究の柱としています。とくに、大気環境中や労働環境下に浮遊している粒子状の物質(PM2.5やナノ粒子)が、胎児期に曝露された際の出生児の中枢神経系(脳)に及ぼす影響とそのメカニズムの解明を目的として行っています。

ポスドク(2018年~):胎児発育不全(FGR)や新生児低酸素性虚血(HI)に起因する発達神経障害の早期診断技術や根本的な治療手段を確立すべく、これら疾患の病態や発症機序の解明を目指して研究しています。とくに、現在の医療技術では診断や治療の困難な軽度な発達神経障害を対象に取り組んでいます。

研究分野

 

経歴

 
2018年4月
   
 
名古屋大学 医学部附属病院 日本学術振興会 特別研究員PD
 
2017年5月
 - 
2017年7月
National Research Centre for the Working Environment, NanoSafety Centre, Copenhagen, Denmark, Study abroad
 
2015年4月
 - 
2018年3月
東京理科大学大学院 薬学研究科 日本学術振興会 特別研究員DC
 
2015年4月
 - 
2016年3月
東京理科大学総合研究機構 戦略的環境次世代健康科学研究基盤センター リサーチアシスタント
 
2010年4月
 - 
2018年3月
東京理科大学 学習相談室 学習相談員(ES)
 

学歴

 
2015年4月
 - 
2018年3月
東京理科大学大学院 薬学研究科 薬科学専攻 博士後期 (博士) 課程
 
2013年4月
 - 
2015年3月
東京理科大学大学院 薬学研究科 薬科学専攻 博士前期 (修士) 課程
 
2009年4月
 - 
2013年3月
東京理科大学 薬学部 生命創薬科学科
 
2006年4月
 - 
2009年3月
千葉県立木更津高等学校  普通科
 

委員歴

 
2015年9月
 - 
2016年2月
International Postgraduate Conference on Pharmaceutical Sciences 2016  Co-Chair
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会(JSPS): 特別研究員奨励費
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 小野田 淳人
日本学術振興会(JSPS): 特別研究員奨励費
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 小野田 淳人

受賞

 
2018年3月
日本学術振興会 育志賞
 
https://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/ichiran_8_h29.html
2018年3月
東京理科大学 大村賞 (博士課程首席総代表)
 
2018年3月
東京理科大学 学長表彰
 
2017年9月
第57回 生命科学夏の学校, 最優秀発表賞
 
2017年9月
日本薬学会・環境衛生部会, 優秀若手研究者賞
 
2017年5月
The 8th International Symposium on Nanotechnology, Occupational and Environmental Health (NanOEH2017), Young Researcher Award
 
2016年11月
International Conference on Prenatal Programming and Toxicity V (PPTOX V), The Best Presentation Award
 
2016年9月
The International Particle Toxicology Conference 2016 (IPTC2016), ANF-Asia Nano Safe Prize for the Oral Lecture と Travel grant award の同時受賞
 
2016年8月
リケイフェスティバル2016, MVP講演賞
 
2016年6月
The 8th International Nanotoxicology Congress (Nanotox 2016), Congress Travel Award
 
2016年3月
東京理科大学, 学生表彰(研究等の成果が優秀な学生を表彰)
 
2016年2月
International Postgraduate Conference on Pharmaceutical Sciences 2016 (iPoPS 2016), Oral Presentation Award
 
2015年9月
日本バイオイメージング学会 第24回学術大会, ベストイメージング賞(ニコン賞)
 
2015年8月
第55回 生命科学夏の学校, 優秀発表賞
 
2015年5月
日本学生支援機構, 特に優れた業績による奨学金全額返還免除
 
2015年3月
東京理科大学大学院 薬学研究科, 修士論文優秀賞
 
2014年4月
The 7th International Nanotoxicology Congress (Nanotox 2014), The Best poster presentation と Fellowship Award の同時受賞
 
2014年4月
日本薬学会 第134年会, 優秀発表賞
 
2013年3月
東京理科大学, 薬学部 首席卒業(学部総代表)
 
2012年10月
東京理科大学 こうよう会 学生論文コンテスト, 優秀賞
 
2011年11月
出版甲子園大会 全国大会決勝, 第5位(全257企画中)
 
2011年10月
東京理科大学 こうよう会 学生論文コンテスト, 奨励賞
 
2010年10月
東京理科大学 こうよう会 学生論文コンテスト, 奨励賞
 
2010年3月
日刊工業新聞社 第12回全国理工系学生科学技術論文コンクール, 入賞
 
2009年10月
東京理科大学 こうよう会 学生論文コンテスト, 最優秀賞
 

論文

 
Onoda A, Takeda K, Umezawa M.
Science of the Total Environment.   in press    2018年4月   [査読有り]
Samak DH, El-Sayed YS, Shaheen HM, El-Far AH, Onoda A, Abdel-Daim MM, Umezawa M.
Chemico-Biological Interactions   in press    2018年2月   [査読有り]
Umezawa M, Nakamura M, El-Ghoneimy AA, Onoda A, Shaheen HM, Hori H, Shinkai Y, El-Sayed YS, El-Far AH, Takeda K
Food and Chemical Toxicology   111 284-294   2018年1月   [査読有り]
Saleh HM, El-Sayed YS, Naser SM, Eltahawy AS, Onoda A, Umezawa M
Environ Sci Pollut Res Int.   24(31) 24593-24601   2017年11月   [査読有り]
Onoda A, Takeda K, Umezawa
Nanotoxicology   11(8) 1012-1025   2017年10月   [査読有り]
Onoda A, Kawasaki T, Tsukiyama K, Takeda K, Umezawa M
Frontiers in cellular neuroscience   11 92   2017年3月   [査読有り]
Kobayashi K, Saito E, Hirokami K, Hiroi T, Onoda A
Journal of the Japan Institute of Energy   96(6) 199‐206   2017年3月   [査読有り]
Umezawa M, Onoda A, Takeda K
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   137(1) 73-78   2017年2月   [査読有り]
Onoda A, Takeda K, Umezawa M
Particle and fibre toxicology   14(1) 4   2017年2月   [査読有り]
梅澤 雅和, 立花 研, 小野田 淳人, 武田 健
環境技術   45(11) 571-576   2016年11月   [査読有り][招待有り]
Shaheen HM*, Onoda A*, Shinkai Y, Nakamura M, El-Ghoneimy AA, El-Sayed YS, Takeda K, Umezawa M (*Co-First)
Ecotoxicology and environmental safety   132 396   2016年10月   [査読有り]
小野田淳人, 川崎平康, 築山光一, 武田健, 梅澤雅和
バイオイメージング   25(1) 0-1   2016年6月   [招待有り]
梅澤雅和, 新海雄介, 小野田淳人, 武田健, 上村真生, 曽我公平
バイオイメージング   25(1) 22-27   2016年6月   [招待有り]
El-Sayed YS, Shimizu R, Onoda A, Takeda K, Umezawa M
Toxicology   327 53-61   2015年1月   [査読有り]
Shimizu R, Umezawa M, Okamoto S, Onoda A, Uchiyama M, Tachibana K, Watanabe S, Ogawa S, Abe R, Takeda K
The Journal of toxicological sciences   39(4) 571-578   2014年8月   [査読有り]
Onoda A, Umezawa M, Takeda K, Ihara T, Sugamata M
PloS one   9(4)    2014年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
The potential protective effect of antioxidants on nanoparticle toxicity "PM2.5 -Role of Oxidative Stress in Health Effects and Prevention Strategy-"
Onoda A, Umezawa M, Takeda K (担当:共著)
Nova Science Publishers, Inc. (NY, USA)   2015年5月   
https://www.novapublishers.com/catalog/product_info.php?products_id=56546
Findings regarding the hazard assessment of nanoparticles and their effects on the next generation "PM2.5 -Role of Oxidative Stress in Health Effects and Prevention Strategy-"
Umezawa M, Onoda A, Takeda K (担当:共著)
Nova Science Publishers, Inc. (NY, USA)   2015年5月   
https://www.novapublishers.com/catalog/product_info.php?products_id=56544&osCsid=b28f1349a8eeea21b3dc82db205204f1
これだけ! 生化学
有澤琴子、馬谷千恵、大上雅史、小野田淳人、香川璃奈、杉山康憲、高橋裕佳、瀧慎太郎、道喜慎太郎、豊田優、藤原慶 (担当:共著, 範囲:第1章 高校化学の復習)
秀和システム株式会社   2014年11月   
http://www.shuwasystem.co.jp/products/7980html/4226.html
青年よ 理学をめざせ:東京理科大学物語
馬場 錬成 (担当:図版作成)
東京書籍   2013年8月   
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/80695/

Misc

 
小野田 淳人,橋本 崇志
実験医学   36(6) 135   2018年4月   [依頼有り]
小野田 淳人
科学新聞      2018年3月
小野田 淳人
朝日新聞(山口版)      2018年3月   [依頼有り]
小野田 淳人
科学新聞(東京版)      2018年2月
小野田淳人、梅澤雅和
日本幼少児健康教育学会第36回大会論文集      2018年2月   [査読有り]
小野田 淳人
東京理科大学 浩洋   51 14-15   2018年1月   [依頼有り]
小野田 淳人
東京理科大学 浩洋   50 16-17   2017年10月   [依頼有り]
小野田 淳人
東京理科大学 浩洋   49 24-25   2017年7月   [依頼有り]
小野田 淳人
東京理科大学 浩洋   48 44-45   2017年4月   [依頼有り]
小野田淳人、梅澤雅和
日本幼少児健康教育学会第35回大会論文集      2017年3月   [査読有り]
小野田淳人
東京理科大学FD通信   (49)    2017年2月
小野田淳人、梅澤雅和
日本幼少児健康教育学会第34回大会論文集      2016年3月   [査読有り]
Onoda A
International Symposium on Environment and Health Research for the Next Generation.      2015年2月   [査読有り]
小野田淳人
日本薬学会 学生コロキウム ジャーナルクラブ      2014年7月
小野田淳人
東京理科大学FD通信   (35)    2014年7月   [依頼有り]
小野田淳人、梅澤雅和、菅又昌雄
科学新聞      2014年5月
小野田淳人
東京理科大学FD通信   (31)    2013年11月   [依頼有り]
ストレートは変化球?
小野田淳人
Rikejo   9(48)    2011年   [依頼有り]
薬と食品の意外な関係
小野田淳人
Rikejo   5(48)    2011年   [依頼有り]

Works

 
小野田 淳人   教材   2017年9月 - 現在
小野田淳人   教材   2015年2月 - 現在

社会貢献活動

 
【取材協力】  東京理科大学   浩洋  2017年1月
Google Science Jam 2015
【助言・指導】  Google  2015年6月 - 2015年12月
生命科学夏の学校
【企画】  生化学若い研究者の会   2011年9月 - 2014年8月

講演・口頭発表等

 
カーボンブラックナノ粒子の胎児期曝露により出生児の脳血管周囲病変で誘導される小胞体ストレス
小野田 淳人、近藤 洋介、宮崎 智、武田 健、梅澤 雅和
日本薬学会138年会   2018年3月   
ナノ粒子の妊娠期曝露と次世代健康影響、その予防 [招待有り]
梅澤雅和、小野田淳人、武田健
第8回 日本小児禁煙研究会学術集会   2018年2月   
大気環境と子どもの健康に関する最新の国際動向  -Clean air for children-
小野田淳人、梅澤雅和
日本幼少児健康教育学会第36回大会【春季:朝霞大会】   2018年2月   
発達期の脳に及ぼすカフェインの影響の網羅的文献調査
梅澤雅和、小野田淳人
日本幼少児健康教育学会第36回大会【春季:朝霞大会】   2018年2月   
カーボンブラックナノ粒子の妊娠期吸入曝露により児に誘導されるアストログリオーシスと新奇環境下における行動変化
小野田淳人、Karin S Hougaard、Ulla B Vogel、武田健、梅澤雅和
フォーラム2017 衛生薬学・環境トキシコロジー   2017年9月   
ナノ粒子の発達神経毒性に対する抗酸化剤の効果
小野田淳人、武田健、梅澤雅和
第44回日本毒性学会学術年会   2017年7月   
Infrared MicroscopyAnalysis of Brain Perivascular Abnormalities Induced by Maternal Exposure to Carbon Black Nanoparticle
Atsuto Onoda, Takayasu Kawasaki, Koichi Tsukiyama, Ken Takeda, Masakazu Umezawa
International Symposium on Imaging Frontier (ISIF 2017)   2017年7月   
Induction of behavioral changes and astrogliosis in the brain of offspring mice following maternal inhalation of carbon black nanoparticle [招待有り]
Onoda A, Umezawa M, Takeda K, Jensen CØ A, Koponen K I, Jensen A K, Vogel U, Hougaard S K
8th International Symposium on Nanotechnology, Occupational and Environmental Health (NanOEH)   2017年5月   
受賞講演
小野田淳人、川﨑平康、築山光一、武田健、梅澤雅和
日本薬学会137年会   2017年3月   
大気環境と子どもの脳の発育
小野田淳人、梅澤雅和
日本幼少児健康教育学会第35回大会【春季:世田谷大会】   2017年3月   
PM2.5胎児期曝露により出生児の脳に起こるアストログリオーシスの赤外顕微分析
小野田淳人、梅澤雅和
FEL-TUS光利用ワークショップ2016   2017年2月   
Effect of maternal exposure to low-dose carbon black nanoparticle on neurobehavior of offspring in mice.
Umezawa M, Onoda A, Hagiwara S, Kubota N, Yanagita S, Takeda K
International Conference on Prenatal Programming and Toxicity V, PPTOX V   2016年11月   
Effects of N-acetyl cysteine pretreatment on the long-term astrocyte activation induced by maternal exposure to carbon black nanoparticle in mice.
Onoda A, Takeda K, Umezawa M
International Conference on Prenatal Programming and Toxicity V, PPTOX V   2016年11月   
小野田淳人、川﨑平康、築山光一、武田健、梅澤雅和
フォーラム2016 衛生薬学・環境トキシコロジー   2016年9月   
Low concentration of nanoparticle-rich diesel exhaust inhalation overexpressed ceramide production in bronchial epithelial cells in mice. [招待有り]
Umezawa M, Shaheen HM, Onoda A, El-Sayed YS, Takeda K
The International Particle Toxicology Conference 2016, IPTC 2016   2016年9月   
Effects of antioxidant preadministration on the long-term damage of astrocytes induced by maternal exposure to carbon black nanoparticle in mice.
Onoda A, Takeda K, Umezawa M
The International Particle Toxicology Conference 2016, IPTC 2016   2016年9月   
小野田淳人、川﨑平康、築山光一、武田健、梅澤雅和
第25回日本バイオイメージング学会学術大会   2016年8月   
PM2.5にまつわる健康影響の今 [招待有り]
小野田淳人
理系フェスティバル2016   2016年8月   
Exosome-like vesicles derived from plants improve the transfer of substances from the nasal cavity to the brain.
Umezawa M, Suyama F, Onoda A, Shinkai Y, Tachibana K, Takeda K
The 10th Forum of neuroscience, FENS2016.   2016年7月   
In situ characterization of the brain perivascular abnormalities induced by maternal exposure to nanoparticle using fourier transform infrared microspectroscopy (FT-IR).
Onoda A, Kawasaki T, Tsukiyama K, Takeda K, Umezawa M
The 10th Forum of neuroscience, FENS2016.   2016年7月   
Effect of airway exposure to carbon black nanoparticle on the liver of mouse fed with n-3 polyunsaturated fatty acids-deficient diet.
Umezawa M, Nakamura M, Hori H, Onoda A, Takeda K
The 8th International Conference on Nanotoxicology, Nanotoxicology 2016   2016年6月   
Prenatal exposure to carbon black nanoparticle induces protein conformational change in the brain determined by in situ fourier transform infrared spectroscopy (FT-IR).
Onoda A, Kawasaki T, Tsukiyama K, Takeda K, Umezawa M
The 8th International Conference on Nanotoxicology, Nanotoxicology 2016   2016年6月   
須山史也、立花研、小野田淳人、武田健、梅澤雅和
日本薬学会136年会   2016年3月   
小野田淳人、Hazem M. E. Shaheen、中村仁幸、新海雄介、Ashraf A. El-Ghoneimy、武田健、梅澤雅和
日本薬学会136年会   2016年3月   
脳内の老廃物排出に対する睡眠の効果ならびに出生前環境の関わり
小野田淳人、梅澤雅和
日本幼少児健康教育学会第34回大会【春季:青山大会】   2016年3月   
Gene expression change in the frontal cortex with perivascular damage induced by prenatal exposure to carbon black nanoparticle in mice.
Umezawa M, Onoda A, Takeda K
The Society of Toxicology 55th Annual Meeting (SOT)   2016年3月   
Effect of ascorbic acid pretreatment on brain perivascular injury induced by prenatal exposure to carbon black nanoparticle in mice.
Onoda A, Takeda K, Umezawa M
The Society of Toxicology 55th Annual Meeting (SOT)   2016年3月   
Diffuse perivascular abnormalities and GFAP and aquaporin-4 dysregulation in the brain induced by maternal exposure to carbon black nanoparticle.
Onoda A, Takeda K, Umezawa M
4th International Postgraduate Conference on Pharmaceutical Sciences (iPoPS2016)   2016年2月   
Brain perivascular macrophage, the sensitive target of Nanotoxicology. [招待有り]
Onoda A
Invitation to International Joint Seminar on Environmental toxicity and Mental Health.   2016年1月   
シリカナノ粒子によるアルブミン分子構造変化の赤外分光スペクトル解析
松澤智美、小野田淳人、川崎平康、武田健、梅澤雅和
第38回日本分子生物学会年会・第88回生化学会大会合同大会   2015年12月   
カーボンブラックナノ粒子の胎児期曝露に伴う脳血管周辺異常の赤外顕微分析
小野田淳人、川﨑平康、築山光一、武田健、梅澤雅和
東京理科大学・日本医科大学第2回合同シンポジウム   2015年12月   
ナノ粒子の胎児期曝露が引き起こす脳血管周辺組織の異常の赤外顕微法による可視化
小野田淳人、梅澤雅和
FEL-TUS利用者懇談会   2015年11月   
Dysregulation of GFAP and aquapolin-4 proteins of astrocytes in the frontal cortex by prenatal exposure to carbon black nanoparticle.
Onoda A, Takeda K, Umezawa M
7th International Symposium on Nanotechnology, Occupational and Environmental Health (NanOEH)   2015年10月   
Brain perivascular macrophages decreased by oral exposure to silver nanoparticles and its interaction with high-fat diet in mice.
Hagiwara S, Onoda A, Tabata M, Takeda K, Umezawa M
FENS Featured Regional Meeting 2015   2015年10月   
RT-PCR analysis of the distribution of exosomes with exogenous miRNA to the brain.
Suyama F, Tachibana K, Onoda A, Takeda K, Umezawa M
FENS Featured Regional Meeting 2015   2015年10月   
ナノ粒子曝露がn-3系多価不飽和脂肪酸欠乏食を摂取したマウスの肝臓に及ぼす影響
中村仁幸、堀寛、El-Ghoneimy AA、小野田淳人、新海雄介、Shaheen H. ME、武田健、梅澤雅和
フォーラム2015 衛生薬学・環境トキシコロジー   2015年9月   
ナノ粒子の胎仔期曝露が脳血管周囲細胞に及ぼす影響とアスコルビン酸の前投与による効果の検証
小野田淳人、武田健、梅澤雅和
フォーラム2015 衛生薬学・環境トキシコロジー   2015年9月   
超微小粒子の胎児期曝露に伴う脳血管周辺異常の赤外顕微法による可視化 [招待有り]
小野田淳人、川﨑平康、築山光一、武田健、梅澤雅和
第24回日本バイオイメージング学会   2015年9月   
ディーゼル排ガス曝露が呼吸器のセラミド代謝と遺伝子発現に及ぼす影響
梅澤雅和、小野田淳人、Shaheen Hazem ME、新海雄介、武田健
第56回大気環境学会年会   2015年9月   
自身の研究を伝えるために [招待有り]
小野田 淳人
群馬県樹徳高等学校講演会   2015年9月   
梅澤 雅和, 小野田 淳人, 川副 翔太郎, 立花 研, 武田 健
第42回日本毒性学会学術年会   2015年6月   
小野田 淳人, 菅又 昌雄, 井原 智美, 武田 健, 梅澤 雅和
第42回日本毒性学会学術年会   2015年6月   
妊娠中期及び後期におけるカーボンブラックナノ粒子の経気道曝露が次世代免疫系に及ぼす影響
梅澤雅和、El-Sayed Yasser S、小野田淳人、清水隆平、武田健
日本薬学会第135年会   2015年3月   
N-3系多価不飽和脂肪酸欠乏食を摂取したマウスに対するディーゼル排ガス曝露の影響
中村仁幸、El-Ghoneimy Ashraf A、新海雄介、Shaheen Hazem ME、小野田淳人、武田健、梅澤雅和
日本薬学会第135年会   2015年3月   
ディーゼル排ガスの低用量曝露が呼吸器系の酸化ストレス応答とセラミド代謝に及ぼす影響
小野田淳人、Hazem M. E. Shaheen、中村仁幸、新海雄介、Ashraf A. El-Ghoneimy、武田健、梅澤雅和
日本薬学会135 年会   2015年3月   
Nanotoxicology -- oxidative stress and its potential target, brain perivascular cells. [招待有り]
Onoda A
Invitation to the International Joint Workshop on Nanoscience: Benefits and Risks.   2015年3月   
Nanotoxicology, brain research and prospects for health education. [招待有り]
Onoda A
International Symposium on Environment and Health Research for the Next Generation.   2015年2月   
Effect of maternal exposure to carbon black nanoparticle on the thymus and spleen of neonatal mouse.
Umezawa M, Onoda A, Shimizu R, Okamoto S, Yoshida A, Takeda K
PPTOXIV the 4th International Conference on Fetal Programming and Developmental Toxicity   2014年10月   
カーボンブラックナノ粒子の胎仔期曝露が新生仔免疫系に及ぼす影響の曝露時期による差異
小野田淳人、岡本沙紀、清水隆平、小川修平、渡辺志帆、安部良、武田健、梅澤雅和
フォーラム2014 衛生薬学・環境トキシコロジー   2014年9月   
妊娠期カーボンブラックナノ粒子曝露による母体の肺と出生仔脾臓への影響
吉田英美果、小野田淳人、吉川洋一郎、武田健、梅澤雅和
第21回日本免疫毒性学会学術年会   2014年9月   
小野田 淳人, 梅澤 雅和, 井原 智美, 菅又 昌雄, 武田 健
第41回 日本毒性学会学術年会   2014年7月2日   
Effects of prenatal exposure to carbon black and titanium dioxide nanoparticle on thymic and splenic phenotypes of neonatal mouse.
Umezawa M, Ishinabe T, Okamoto S, Shimizu R, Onoda A, Takeda K
The 7th International Conference on Nanotoxicology, Nanotoxicology 2014   2014年4月   
Carbon black nanoparticle exposure during middle and late fetal development induces immune activation in male offspring mice.
El-Said YS, Umezawa M, Shimizu R, Onoda A, Takeda K
The 7th International Conference on Nanotoxicology, Nanotoxicology 2014   2014年4月   
Effects of maternal exposure to carbon black and titanium dioxide nanoparticle on perivascular macrophages and surrounding astrocytes in the brain of offspring mouse.
Onoda A, Umezawa M, Ihara T, Sugamata M, Takeda K
The 7th International Conference on Nanotoxicology, Nanotoxicology 2014   2014年4月   
カーボンブラックナノ粒子が次世代免疫系に及ぼす影響の投与時期による違い
梅澤雅和、岡本沙紀、小野田淳人、清水隆平、小川修平、渡辺志帆、安部良、武田健
日本薬学会第134年会   2014年3月   
炭素ナノ粒子の胎仔期曝露が脳血管周囲マクロファージ及びアストロサイトに及ぼす影響
小野田淳人、梅澤雅和、武田健、井原智美、菅又昌雄
日本薬学会134年会   2014年3月   
Effect of treatment of pregnant mice with carbon black nanoparticle on the neonatal immune system.
Okamoto S, Umezawa M, Shimizu R, Onoda A, Uchiyama M, Watanabe S, Ogawa S, Abe R, Takeda K
6th International Symposium on Nanotechnology, Occupational and Environmental Health   2013年10月   
Maternal exposure to carbon black nanoparticle affects perivascular cells in the brain of offspring.
Onoda A, Umezawa M, Takeda K, Ihara T, Sugamata M
6th International Symposium on Nanotechnology, Occupational and Environmental Health   2013年10月   
カーボンブラックナノ粒子の胎仔期曝露が新生児期の免疫系に及ぼす影響
清水隆平、梅澤雅和、岡本沙紀、小野田淳人、二木力夫、小川修平、渡辺志帆、安部良、武田健
日本薬学会第133年会   2013年3月   
東京理科大学 教育開発センター 学習相談室」の活動報告
小野田淳人、庄野厚
学生FDサミット2013夏   2013年3月   
炭素ナノ粒子の胎仔期曝露が脳血管周囲マクロファージに与える影響
小野田淳人、梅澤雅和、二木力夫、武田健、井原智美、菅又昌雄
フォーラム2012 衛生薬学・環境トキシコロジー   2012年10月