小野田 淳人

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/18 14:25
 
アバター
研究者氏名
小野田 淳人
 
オノダ アツト
eメール
3b13624alumni.tus.ac.jp
URL
http://www.atsuto-onoda.com/
所属
名古屋大学
部署
医学部附属病院
職名
特別研究員PD
学位
博士 (薬科学)(東京理科大学大学院)
科研費研究者番号
70835389

プロフィール

次世代を担う子ども達が心身ともに健全に育つことのできる社会を目指して研究に取り組んでいます。

博士課程(2015年~2017年):疾病や健康を「出生前後における環境刺激との関わり」の観点から理解し、その科学的根拠を提示することを研究の柱としています。とくに、大気環境中や労働環境下に浮遊している粒子状の物質(PM2.5やナノ粒子)が、胎児期に曝露された際の出生児の中枢神経系(脳)に及ぼす影響とそのメカニズムの解明を目的として行っています。

ポスドク(2018年~):胎児発育不全(FGR)や新生児低酸素性虚血(HI)に起因する発達神経障害の早期診断技術や根本的な治療手段を確立すべく、これら疾患の病態や発症機序の解明を目指して研究しています。とくに、現在の医療技術では診断や治療の困難な軽度な発達神経障害を対象に取り組んでいます。

研究分野

 

経歴

 
2018年4月
   
 
名古屋大学 医学部附属病院 日本学術振興会 特別研究員PD
 
2017年5月
 - 
2017年7月
National Research Centre for the Working Environment, NanoSafety Centre, Copenhagen, Denmark, Study abroad
 
2015年4月
 - 
2018年3月
東京理科大学大学院 薬学研究科 日本学術振興会 特別研究員DC
 
2015年4月
 - 
2016年3月
東京理科大学総合研究機構 戦略的環境次世代健康科学研究基盤センター リサーチアシスタント
 
2010年4月
 - 
2018年3月
東京理科大学 学習相談室 学習相談員(ES)
 

学歴

 
2015年4月
 - 
2018年3月
東京理科大学大学院 薬学研究科 薬科学専攻 博士後期 (博士) 課程
 
2013年4月
 - 
2015年3月
東京理科大学大学院 薬学研究科 薬科学専攻 博士前期 (修士) 課程
 
2009年4月
 - 
2013年3月
東京理科大学 薬学部 生命創薬科学科
 
2006年4月
 - 
2009年3月
千葉県立木更津高等学校  普通科
 

委員歴

 
2015年9月
 - 
2016年2月
International Postgraduate Conference on Pharmaceutical Sciences 2016  Co-Chair
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会(JSPS): 特別研究員奨励費
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 小野田 淳人
未熟脳に起因する神経発達障害の発症機序解明と治療法開発(フランス国立科学研究センター、エクス=マルセイユ大学との共同研究)
日本学術振興会 (JSPS): 二国間国際交流事業
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 辻 雅弘
日本学術振興会(JSPS): 特別研究員奨励費
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 小野田 淳人

受賞

 
2018年9月
リバネス 池田理化再生医療研究奨励賞
 
2018年3月
日本学術振興会 育志賞
 
https://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/ichiran_8_h29.html
2018年3月
東京理科大学 大村賞 (博士課程首席総代表)
 
2018年3月
東京理科大学 学長表彰
 
2017年9月
第57回 生命科学夏の学校, 最優秀発表賞
 

論文

 
梅澤 雅和, 小野田 淳人
日本小児禁煙研究会雑誌   8(2) 64-67   2018年10月   [査読有り]
Umezawa M*, Onoda A*(*Co-First), Korshunova I, Jensen ACØ, Koponen IK, Jensen KA, Khodosevich K, Vogel U, Hougaard KS
Particle and Fibre Toxicology   15(1) 36   2018年9月   [査読有り]
Onoda A, Takeda K, Umezawa M.
Science of the Total Environment.   634 1126-1135   2018年9月   [査読有り]
Samak DH, El-Sayed YS, Shaheen HM, El-Far AH, Onoda A, Abdel-Daim MM, Umezawa M.
Chemico-Biological Interactions   in press    2018年2月   [査読有り]
Umezawa M, Nakamura M, El-Ghoneimy AA, Onoda A, Shaheen HM, Hori H, Shinkai Y, El-Sayed YS, El-Far AH, Takeda K
Food and Chemical Toxicology   111 284-294   2018年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
The potential protective effect of antioxidants on nanoparticle toxicity "PM2.5 -Role of Oxidative Stress in Health Effects and Prevention Strategy-"
Onoda A, Umezawa M, Takeda K (担当:共著)
Nova Science Publishers, Inc. (NY, USA)   2015年5月   
https://www.novapublishers.com/catalog/product_info.php?products_id=56546
Findings regarding the hazard assessment of nanoparticles and their effects on the next generation "PM2.5 -Role of Oxidative Stress in Health Effects and Prevention Strategy-"
Umezawa M, Onoda A, Takeda K (担当:共著)
Nova Science Publishers, Inc. (NY, USA)   2015年5月   
https://www.novapublishers.com/catalog/product_info.php?products_id=56544&osCsid=b28f1349a8eeea21b3dc82db205204f1
これだけ! 生化学
有澤琴子、馬谷千恵、大上雅史、小野田淳人、香川璃奈、杉山康憲、高橋裕佳、瀧慎太郎、道喜慎太郎、豊田優、藤原慶 (担当:共著, 範囲:第1章 高校化学の復習)
秀和システム株式会社   2014年11月   
http://www.shuwasystem.co.jp/products/7980html/4226.html
青年よ 理学をめざせ:東京理科大学物語
馬場 錬成 (担当:図版作成)
東京書籍   2013年8月   
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/80695/

Misc

 
小野田 淳人
科学フォーラム   (407) 62   2018年10月   [依頼有り]
小野田 淳人,橋本 崇志
実験医学   36(6) 135   2018年4月   [依頼有り]
小野田 淳人
科学新聞      2018年3月
小野田 淳人
朝日新聞(山口版)      2018年3月   [依頼有り]

Works

 
小野田 淳人   教材   2017年9月 - 現在
小野田淳人   教材   2015年2月 - 現在

社会貢献活動

 
【取材協力】  東京理科大学   浩洋  2017年1月
Google Science Jam 2015
【助言・指導】  Google  2015年6月 - 2015年12月
生命科学夏の学校
【企画】  生化学若い研究者の会   2011年9月 - 2014年8月

講演・口頭発表等

 
大気環境中超微小粒子の妊娠期曝露が次世代の子ども達の中枢神経系に及ぼす影響とその機序
小野田 淳人
理窓博士会学位新取得者記念講演会   2018年9月29日   
Perivascular accumulation of denatured proteins in the mouse brain following maternal exposure to carbon black nanoparticle
Atsuto ONODA, Yosuke KONDO, Satoru MIYAZAKI, Ken TAKEDA, and Masakazu UMEZAWA
NANOTOX 2018   2018年9月18日   
生殖発生毒性の理解に向けた、緩徐かつ持続的に血流を抑制する 新規子宮内低灌流モデルの確立
小野田淳人, 北瀬悠磨、辻雅弘、早川昌弘、佐藤義朗
フォーラム2018 衛生薬学・環境トキシコロジー   2018年9月10日   
Developmental neurotoxicity of nanoparticle exposure during gestational period and suppressive efficacy of N-acetyl cysteine pretreatment [招待有り]
Atsuto Onoda, Ken Takeda, Masakazu Umezawa
WFSBP-Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry 2018   2018年9月8日   
大気環境中超微小粒子の妊娠期曝露が 次世代の子どもたちの中枢神経系に及ぼす影響とそのメカニズムの解明
小野田 淳人
平成30年度育志賞研究発表会   2018年9月6日