宮本 真吾

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/21 14:51
 
アバター
研究者氏名
宮本 真吾
URL
http://https://scholar.google.co.jp/citations?user=1fEXL_8AAAAJ&hl=en
所属
公益財団法人佐々木研究所
部署
附属佐々木研究所 腫瘍細胞研究部
職名
研究員
学位
博士(農学)(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年9月
 - 
現在
公益財団法人佐々木研究所 附属佐々木研究所 腫瘍細胞研究部 研究員
 
2018年4月
 - 
2018年8月
神奈川工科大学 非常勤講師
 
2014年12月
 - 
2017年8月
国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究部 リサーチレジデント
 
2010年4月
 - 
2014年7月
コネチカット州立大学 Center for Molecular Medicine 博士研究員
 
2008年4月
 - 
2010年3月
日本学術振興会 特別研究員 (DC2-PD)
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年5月
京都大学大学院農学研究科 農学研究科 食品生物科学専攻 博士課程
 
2004年4月
 - 
2006年3月
京都大学大学院 農学研究科 食品生物科学専攻 修士課程
 
1997年4月
 - 
2001年3月
同志社大学 経済学部 
 
1994年4月
 - 
1997年3月
大阪府立北野高等学校  
 

論文

 
Miyamoto S, Nagamura Y, Nakabo A, Okabe A, Yanagihara K, Fukami K, Sakai R, Yamaguchi H
Biochemical and biophysical research communications   495(2) 1942-1947   2018年1月   [査読有り]
Onuma W, Asai D, Tomono S, Miyamoto S, Fujii G, Hamoya T, Nagano A, Takahashi S, Masumori S, Miyoshi N, Wakabayashi K, Mutoh M
Nutrition and cancer   69(6) 855-861   2017年8月   [査読有り]
Terasaki M, Maeda H, Miyashita K, Tanaka T, Miyamoto S, Mutoh M
Journal of clinical biochemistry and nutrition   61(1) 25-32   2017年7月   [査読有り]
Hamoya T, Miyamoto S, Tomono S, Fujii G, Nakanishi R, Komiya M, Tamura S, Fujimoto K, Toshima J, Wakabayashi K, Mutoh M
Journal of clinical biochemistry and nutrition   60(3) 199-207   2017年5月   [査読有り]
Miyamoto S, Komiya M, Fujii G, Hamoya T, Nakanishi R, Fujimoto K, Tamura S, Kurokawa Y, Takahashi M, Ijichi T, Mutoh M
International journal of molecular sciences   18(4)    2017年4月   [査読有り]
Noma N, Fujii G, Miyamoto S, Komiya M, Nakanishi R, Shimura M, Tanuma SI, Mutoh M
International journal of molecular sciences   18(4)    2017年4月   [査読有り]
大腸癌の化学予防
武藤倫弘、宮本真吾、鱧屋隆博、田村秀哉、藤井元
臨床消化器内科   32 50-53   2017年   [査読有り]
Nakanishi M, Chen Y, Qendro V, Miyamoto S, Weinstock E, Weinstock GM, Rosenberg DW
Cancer prevention research (Philadelphia, Pa.)   9(8) 692-703   2016年8月   [査読有り]
Prospective Targets for Colon Cancer Prevention: from Basic Research, Epidemiology and Clinical Trial
Journal of Digestive Cancer Reports   42(2) 64-76   2016年   [査読有り]
Hamoya T, Fujii G, Miyamoto S, Takahashi M, Totsuka Y, Wakabayashi K, Toshima J, Mutoh M
Genes and environment : the official journal of the Japanese Environmental Mutagen Society   38 6   2016年   [査読有り]
Komiya M, Fujii G, Miyamoto S, Takahashi M, Ishigamori R, Onuma W, Ishino K, Totsuka Y, Fujimoto K, Mutoh M
Cancer science   106(11) 1499-1505   2015年11月   [査読有り]
Shimizu S, Miyamoto S, Fujii G, Nakanishi R, Onuma W, Ozaki Y, Fujimoto K, Yano T, Mutoh M
Journal of clinical biochemistry and nutrition   57(1) 39-43   2015年7月   [査読有り]
Colorectal cancer prevention by the way of drug repositioning
Ulcer Res.   42 5-11   2015年   [査読有り]
Ménoret A, Drew DA, Miyamoto S, Nakanishi M, Vella AT, Rosenberg DW
Molecular carcinogenesis   53 Suppl 1 E11-22   2014年2月   [査読有り]
Miyamoto S, Nakanishi M, Rosenberg DW
Carcinogenesis   34(10) 2415-2423   2013年10月   [査読有り]
Murakami A, Furukawa I, Miyamoto S, Tanaka T, Ohigashi H
BioFactors (Oxford, England)   39(2) 221-232   2013年3月   [査読有り]
Miyamoto S, Rosenberg DW
Cancer science   102(11) 1938-1942   2011年11月   [査読有り][招待有り]
Nakanishi M, Menoret A, Tanaka T, Miyamoto S, Montrose DC, Vella AT, Rosenberg DW
Cancer prevention research (Philadelphia, Pa.)   4(8) 1198-1208   2011年8月   [査読有り]
Dietary flavonoids as cancer-preventive and therapeutic biofactors.
Nishiumi S, Miyamoto S, Kawabata K, Ohnishi K, Mukai R, Murakami A, Ashida H, Terao J
Frontiers in bioscience (Scholar edition)   3 1332-1362   2011年6月   [査読有り]
Cao L, Gibson JD, Miyamoto S, Sail V, Verma R, Rosenberg DW, Nelson CE, Giardina C
Differentiation; research in biological diversity   81(1) 1-10   2011年1月   [査読有り]
Miyamoto S, Yasui Y, Ohigashi H, Tanaka T, Murakami A
Chemico-biological interactions   183(2) 276-283   2010年1月   [査読有り]
Miyamoto S, Tanaka T, Murakami A
Chemico-biological interactions   183(2) 271-275   2010年1月   [査読有り]
Kim M, Murakami A, Miyamoto S, Tanaka T, Ohigashi H
BioFactors (Oxford, England)   36(1) 43-51   2010年1月   [査読有り]
Kim M, Miyamoto S, Yasui Y, Oyama T, Murakami A, Tanaka T
International journal of cancer   124(2) 264-271   2009年1月   [査読有り]
Aqueous and ethanolic extract fractions from the Brazilian propolis suppress azoxymethane-induced aberrant crypt foci in rats.
Yasui Y, Miyamoto S, Kim M, Kohno H, Sugie S, Tanaka T
Oncology reports   20(3) 493-499   2008年9月   [査読有り]
A tobacco-specific carcinogen, NNK, enhances AOM/DSS-induced colon carcinogenesis in male A/J mice.
Kim M, Miyamoto S, Sugie S, Yasui Y, Ishigamori-Suzuki R, Murakami A, Nakagama H, Tanaka T
In vivo (Athens, Greece)   22(5) 557-563   2008年9月   [査読有り]
Miyamoto S, Yasui Y, Tanaka T, Ohigashi H, Murakami A
Carcinogenesis   29(5) 1057-1063   2008年5月   [査読有り]
Miyamoto S, Yasui Y, Kim M, Sugie S, Murakami A, Ishigamori-Suzuki R, Tanaka T
Carcinogenesis   29(2) 418-426   2008年2月   [査読有り]
Miyamoto S, Epifano F, Curini M, Genovese S, Kim M, Ishigamori-Suzuki R, Yasui Y, Sugie S, Tanaka T
Nutrition and cancer   60(5) 675-684   2008年   [査読有り]
Yasui Y, Suzuki R, Miyamoto S, Tsukamoto T, Sugie S, Kohno H, Tanaka T
International journal of cancer   121(10) 2331-2339   2007年11月   [査読有り]
Kohno H, Takahashi M, Yasui Y, Suzuki R, Miyamoto S, Kamanaka Y, Naka M, Maruyama T, Wakabayashi K, Tanaka T
International journal of cancer   121(3) 506-513   2007年8月   [査読有り]
Suzuki R, Miyamoto S, Yasui Y, Sugie S, Tanaka T
BMC cancer   7 84   2007年5月   [査読有り]
Kohno H, Suzuki R, Yasui Y, Miyamoto S, Wakabayashi K, Tanaka T
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   13(8) 2519-2525   2007年4月   [査読有り]
Makita H, Mutoh M, Maruyama T, Yonemoto K, Kobayashi A, Fujitsuka H, Toida M, Shibata T, Miyamoto S, Yasui Y, Suzuki R, Wakabayashi K, Tanaka T
Carcinogenesis   28(3) 677-684   2007年3月   [査読有り]
Suzuki R, Kohno H, Yasui Y, Hata K, Sugie S, Miyamoto S, Sugawara K, Sumida T, Hirose Y, Tanaka T
International journal of cancer   120(2) 252-258   2007年1月   [査読有り]
Hayashi K, Suzuki R, Miyamoto S, Shin-Ichiroh Y, Kohno H, Sugie S, Takashima S, Tanaka T
Nutrition and cancer   58(1) 75-84   2007年   [査読有り]
Yasui Y, Suzuki R, Kohno H, Miyamoto S, Beppu F, Hosokawa M, Miyashita K, Tanaka T
Nutrition and cancer   59(1) 82-91   2007年   [査読有り]
Catalpa seed oil rich in 9t,11t,13c-conjugated linolenic acid suppresses the development of colonic aberrant crypt foci induced by azoxymethane in rats.
Suzuki R, Yasui Y, Kohno H, Miyamoto S, Hosokawa M, Miyashita K, Tanaka T
Oncology reports   16(5) 989-996   2006年11月   [査読有り]
Preventive effects of chrysin on the development of azoxymethane-induced colonic aberrant crypt foci in rats.
Miyamoto S, Kohno H, Suzuki R, Sugie S, Murakami A, Ohigashi H, Tanaka T
Oncology reports   15(5) 1169-1173   2006年5月   [査読有り]
Chemoprevention of colon carcinogenesis by dietary non-nutritive compounds
Curr. Topics Neutraceut. Res.   4 127-152   2006年   [査読有り]

Misc

 
武藤 倫弘, 藤井 元, 宮本 真吾
日本消化器病学会雑誌   113(7) 1186-1190   2016年
年齢調整大腸がん死亡率は治療法の進歩などにより近年減少しているものの,大腸がん患者数自体は増加している.罹患数増加に対して有効な先制医療の確立は医療経済学的にも非常に期待される研究課題/政策課題であり,現時点における答えの1つは,アスピリンを大腸がん化学予防剤として利用することだと思われる.果たして「がん予防により2050年までに80歳未満のがん死亡者をなくす」ことが実際可能なのか? アスピリンのがん予防介入試験を端緒として,ゲノム情報,環境要因,政策上の問題点など,がん化学予防"薬"の実...
宮本 真吾, 石川 秀樹, 若林 敬二, 酒井 敏行, 武藤 倫弘
日本血栓止血学会誌   27(1) 29-33   2016年
要約:症例対照研究やコホート研究ではアスピリンの常用者は大腸がんの発生頻度が低いことが多数報告されている.ランダム化比較試験においても,アスピリンは大腸がんの前がん病変である腺腫の発生を予防することがメタ解析レベルで示されている.大腸がんに関しては,これまで明らかではなかったが,アスピリン介入試験の終了後,長期間追跡すると大腸がんの発生を抑制することが示された.以上は欧米のデータであるが,日本でもアスピリンを用いた大腸がん予防を目的とした2 つの二重盲検無作為割付試験が報告されており,現在...
宮澤 克人, 宮本 真吾, 田中 卓二, 鈴木 孝治
日本泌尿器科学会雑誌   98(2)    2007年

書籍等出版物

 
次世代のがん治療・診断のための研究開発~免疫療法・遺伝子治療・がん幹細胞~
武藤倫弘、石川秀樹、藤井元、宮本真吾、若林敬二 (担当:共著, 範囲:第2章 がん予防薬の研究と開発 第2節 大腸がん予防薬開発に向けた臨床試験)
株式会社 技術情報協会   2016年   
Potential for Sesame Seed-Derived Factors to Prevent Colorectal Cancer
Springer   2016年   
肥満と大腸がんをつなぐ因子:レプチン ~柑橘類フラボノイドの新たな大腸発がん抑制メカニズム?~
宮本真吾、村上 明 (担当:共著)
食品研究社   2008年   
Cancer chemoprevention in preclinical animal studies
GLOBAL Research Network, Kerala (India)   2007年   
Obesity: A risk factor for hepatocellular carcinoma
Transworld Research Network, Kerala (India)   2007年   

講演・口頭発表等

 
スキルス胃癌と間質線維芽細胞の直接的な相互作用に関わる分子機構の解明
宮本 真吾、堺 隆一、山口英樹
第27回日本がん転移学会学術集会・総会   2018年7月19日   
腹膜播種性転移に関わるスキルス胃癌細胞と間質線維芽細胞の直接的相互作用メカニズムの解明
宮本 真吾、永村ゆうこ、中坊彩花、堺 隆一、山口英樹
第25回日本がん予防学会総会   2018年6月27日   
Establishment of intestinal epithelial cell lines from ApcMin/+ mice in 2D and 3D cultures for cancer prevention research [招待有り]
9th Asian-Pacific Topic Conference   2018年4月20日   
新たな大腸発がん予防薬の探索 [招待有り]
宮本真吾、藤井 元、武藤倫弘
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)   2017年12月6日   
腸上皮制御機構に着目した大腸がん予防法の探索 [招待有り]
宮本 真吾
岐阜大学医学部腫瘍病理学講座 第2回腫瘍病理セミナー   2017年11月20日   
Establishment of intestinal epithelial cell lines from ApcMin/+ mice in 2D and 3D cultures
第76回日本癌学会総会   2017年9月28日   
NanoLucによる生体内転写活性の定量的解析 [招待有り]
宮本 真吾
プロメガ株式会社2017 ユーザー講演会   2017年9月13日   
マウスデスモイド腫瘍様細胞株の樹立
宮本真吾、田村秀哉、尾沼若奈、藤井 元、中西るり、小宮雅美、鱧屋隆博、黒川友理絵、高橋麻衣子、武藤倫弘
第5回日本家族性大腸腺腫症研究会学術集会   2017年9月8日   
新たな大腸発がん予防薬の探索
宮本真吾、鱧屋隆博、藤井 元、武藤倫弘
第32回発癌病理研究会   2017年8月23日   
Itraconazoleによる発がん抑制メカニズムの探索
宮本真吾、藤井 元、小宮雅美、鱧屋隆博、田村秀也、黒川友理恵、高橋麻衣子、武藤倫弘
第24回日本がん予防学会総会   2017年6月16日   
Inhibition of intestinal polyp formation in Min mice by itraconazole
Miyamoto S, Hamoya T, Tamura S, Fujii G, Komiya M, Takahashi M, Ishigamori R, Mutoh M
第75回日本癌学会総会   2016年10月6日   
Recent Progress in Chemoprevention of Colorectal Cancer [招待有り]
宮本 真吾
26th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists   2016年9月8日   
既承認薬ライブラリを用いた大腸がん化学予防剤スクリーニング
宮本真吾、藤井 元、武藤倫弘
第69回日本酸化ストレス学会学術集会   2016年8月30日   
標準阻害剤キットを用いたがん化学予防剤スクリーニング
宮本真吾、福士悠里、藤井 元、小宮雅美、鱧屋隆博、田村秀也、武藤倫弘
第23回日本がん予防学会総会   2016年7月1日   
Establishment of desmoid- like cell lines by an intestinal tumor-derived xenograft model
10th AACR-JCA Joint Conference   2016年2月16日   
Minマウス腸ポリープからのデスモイド腫瘍細胞樹立の試み
宮本真吾、武藤倫弘、尾沼若奈、藤井 元、高橋真美
第26回日本消化器癌発生学会   2015年11月19日   
Inhibition of intestinal polyp formation in Min mice by erythromycin
第74回日本癌学会総会   2015年10月8日   
NOX阻害による腸発がん抑制作用の検討
宮本真吾、藤井 元、武藤倫弘
第30回発癌病理研究会   2015年8月26日   
胡麻由来成分Sesamolによる腸発がん抑制機構の解明(第2報)
宮本真吾、清水聡美、藤井 元、中西るり、小宮雅美、三浦彩華、尾沼若奈、鱧屋隆博、高橋真美、矢野友啓、武藤倫弘
第22回日本がん予防学会総会   2015年6月5日   
Oncogenic activation of RAS and RAF induce distinct ERK activation in the colon
American Association for Cancer Research Annual Meeting 2014   2014年4月   
Suppression of colon carcinogenesis by targeting Notch signaling
American Association for Cancer Research Annual Meeting 2013   2013年4月   
Suppressive effects of -secretase inhibitor on azoxymethane-induced colon carcinogenesis in mice
American Association for Cancer Research Special Conference on Colorectal Cancer: Biology to Therapy   2010年10月   
遺伝性肥満db/dbマウスにおける大腸前がん病変の生成に対するquercetinの抑制作用
宮本真吾、安井由美子、村上明、大東肇、田中卓二吾
第13回日本フードファクター学会学術集会   2008年11月   
脂肪細胞のレプチン分泌に対するノビレチンの抑制メカニズム
宮本真吾、村上明、田中卓二
第15回日本がん予防学会   2008年5月   
Possible roles of leptin in colon carcinogenesis in mice
Miyamoto S, Yasui Y, Murakami A, Ohigashi H, Tanaka T
3rd International Conference on Polyphenols and Health   2007年11月   
Leptin is involved in the colon carcinogenesis in mice
Miyamoto S, Yasui Y, Murakami A, Ohigashi H, Tanaka T
第66回日本癌学会学術総会   2007年10月   
マウス大腸化学発がんモデルにおけるレプチンの役割
宮本真吾、村上明、大東肇、安井由美子、田中卓二
第14回日本がん予防学会   2007年7月   
Citrus auraptene suppresses azoxymethane- induced colonic preneoplasia in db/db mice
Miyamoto S, Hayashi K, Suzuki R, Kohno H, Takashima S, Murakami A, Ohigashi H, Hirose Y, Tanaka T
American Association for Cancer Research Annual Meeting 2007   2007年4月   
マウス大腸発がんにおけるレプチンの関与
宮本真吾、安井由美子、村上明、大東肇、田中卓二
日本農芸化学会2007年度大会   2007年3月   
CB6F1-Tg-rasH2マウスにおける4-NQO誘発舌発がん感受性
宮本真吾、安井由美子、鈴木里加子、甲野裕之、杉江茂幸、田中卓二
第23回日本毒性病理学会学術集会   2007年1月   
レプチンは新たな発がん促進因子?
宮本 真吾
第16回フードサイエンスフォーラム研究集会   2006年11月   
Azoxymethane誘発db/dbマウスACFおよびBCACに対するaurapteneの抑制作用の検討
宮本真吾、林圭、鈴木里加子、吉谷新一郎、甲野裕之、杉江茂幸、高島茂樹、田中卓二
第11回日本フードファクター学会学術集会   2006年11月   
Azoxymethane誘発db/dbマウスACFおよびBCACに対する柑橘類じょうのう膜の抑制作用
宮本真吾、鈴木里加子、安井由美子、甲野裕之、畑和也、杉江茂幸、廣瀬善信、田中卓二
第65回日本癌学会学術総会   2006年9月   
Chrysinによるアポトーシス誘導およびラット大腸発がん抑制作用の検討
宮本真吾、鈴木里加子、甲野裕之、田中卓二、村上明、大東肇
第13回日本がん予防学会   2006年7月   
クリシンの大腸がん細胞アポトーシス誘導作用とアゾキシメタン誘発大腸ACFの抑制
宮本真吾、鈴木里加子、甲野裕之、田中卓二、村上明、大東肇
日本農芸化学会2006年度大会   2006年3月   
大腸がん細胞に対するクリシンのアポトーシス誘導およびラット大腸ACFの抑制作用
宮本真吾、鈴木里加子、甲野裕之、田中卓二、村上明、大東肇
日本農芸化学会関西支部・支部例会第443回講演会   2006年2月   
Dietary auraptene inhibits azoxymethane-induced colonic aberrant crypt foci in female db/db mice
Miyamoto S, Suzuki R, Kohno H, Sugie S, Tanaka T
The 4th Regional Conference of Asian Pacific Organization for Cancer Prevention   2006年1月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
増殖性浸潤能を指標としたデスモイド腫瘍発症を予防し得る食品因子の探索
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 宮本 真吾
NADPH oxidase阻害活性を指標とした花粉荷によるbeta-catenin関連がんの予防
山田養蜂場: みつばち研究助成基金
研究期間: 2015年10月 - 2016年9月    代表者: 宮本 真吾