菊地 逸平

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/14 12:05
 
アバター
研究者氏名
菊地 逸平
 
キクチ イッペイ
ハンドル
Ippei Kikuchi
eメール
ikikuchim.u-tokyo.ac.jp
所属
東京大学
部署
大学院 医学系研究科 微生物学分野
職名
特任研究員
学位
博士(医学)(東京大学)
科研費研究者番号
80772376

プロフィール

ヒトのがん遺伝子・がん抑制遺伝子を世界で初めて単離されたロバート・ワインバーグ博士(MIT)に憧れ、がん研究の世界に入りました。大学院では東京大学医学部の畠山昌則教授の下、核内チロシンリン酸化タンパク質「Parafibromin」の機能解析を行いました (Kikuchi et al., Nat. Commun. 2016)。現在は複数の遺伝子変異・パスウェイ異常に基づいた「ネットワーク的な」がんという病気の理解およびその制御法の開発に興味を持ち、研究を行っています。

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
東京大学 大学院医学系研究科 特任研究員
 
2015年3月
   
 
東京大学 大学院医学系研究科 博士課程 修了
 
2012年4月
 - 
2015年3月
日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
 
2011年3月
   
 
東京大学 大学院医学系研究科 修士課程 修了
 
2009年3月
   
 
東北大学 農学部 卒業
 

受賞

 
2017年11月
 第9回 日本プロテインホスファターゼ研究会賞
 
2017年8月
 一般財団法人東京医学会 医学研究助成
 

論文

 
Tang C, Takahashi-Kanemitsu A, Kikuchi I, Ben C, Hatakeyama M.
iScience   1(1) 1-15   2018年2月   [査読有り]
Kikuchi I, Takahashi-Kanemitsu A, Sakiyama N, Tang C, Tang PJ, Noda S, Nakao K, Kassai H, Sato T, Aiba A, Hatakeyama M.
Nature Communications   7(12887)    2016年9月   [査読有り]
Tsutsumi R, Masoudi M, Takahashi A, Fujii Y, Hayashi T, Kikuchi I, Satou Y, Taira M, Hatakeyama M.
Developmental Cell   26(6) 658-665   2013年9月   [査読有り]
Treen N, Itoh N, Miura H, Kikuchi I, Ueda T, Takahashi KG, Ubuka T, Yamamoto K, Sharp PJ, Tsutsui K, Osada M.
General and Comparative Endocrinology   176(2) 167-172   2012年4月   [査読有り]
Takahashi A, Tsutsumi R, Kikuchi I, Obuse C, Saito Y, Seidi A, Karisch R, Fernandez M, Cho T, Ohnishi N, Rozenblatt-Rosen O, Meyerson M, Neel BG, Hatakeyama M.
Molecular Cell   43(1) 45-56   2011年7月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Parafibromin acts as a transcriptional scaffold protein that integrates multiple morphogen signaling pathways
Ippei Kikuchi*, Atsushi Takahashi-Kanemitsu, Natsuki Sakiyama, and Masanori Hatakeyama (*presenter)
第37回札幌がんセミナー国際シンポジウム   2018年7月   
Dephosphorylated parafibromin is a transcriptional coactivator of the Wnt/Hedgehog/Notch pathways(第9回 日本プロテインホスファターゼ研究会賞 受賞講演) [招待有り]
Ippei Kikuchi* (*presenter)
平成29年度 日本プロテインホスファターゼ研究会学術集会   2017年11月   
Phosphorylation-dependent transcriptional scaffold function of parafibromin
Ippei Kikuchi*, Atsushi Takahashi, and Masanori Hatakeyama. (*presenter)
第76回 日本癌学会学術総会   2016年10月   
Parafibromin is a transcriptional scaffold that integrates multiple morphogen signaling pathways [招待有り]
Ippei Kikuchi* (*presenter)
The 2nd Symposium Max-Planck-The University of Tokyo Center for Integrative Inflammology   2015年10月   
Parafibromin acts as a signaling hub that orchestrates the Wnt, Hedgehog and Notch signaling pathways
Ippei Kikuchi*, Atsushi Takahashi, Natsuki Nojima, and Masanori Hatakeyama. (*presenter)
第75回日本癌学会学術総会   2015年9月   
ParafibrominはWnt-Notch経路間の協調的クロストークを担うシグナルハブタンパク質として機能する
Ippei Kikuchi*, Atsushi Takahashi, Natsuki Nojima, and Masanori Hatakeyama. (*presenter)
平成26年度「がん研究分野等踏まえた支援活動」公開シンポジウム   2015年1月   
Parafibromin acts as a signaling hub protein that mediates cooperative crosstalk between the Wnt and Notch pathways
Ippei Kikuchi*, Atsushi Takahashi, Natsuki Nojima, and Masanori Hatakeyama. (*presenter)
第74回日本癌学会学術総会   2014年9月   

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費 若手研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 菊地 逸平
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 菊地 逸平

研究分野

 
 

所属学協会