基本情報

所属
日本医師会総合政策研究機構 主任研究員
学位
公衆衛生学修士(専門職)(東京大学大学院医学系研究科)

J-GLOBAL ID
201901002562195759

研究キーワード

  4

学歴

  2

論文

  6

MISC

  7

書籍等出版物

  1

講演・口頭発表等

  15

共同研究・競争的資金等の研究課題

  5

その他

  10
  • 2020年6月
    田中美穂, 児玉聡 https://www.jmari.med.or.jp/research/research/wr_701.html ACPの話し合いは、日本をはじめ諸外国の政策・臨床において重視されている。しかし、COVID-19の場合、肺炎を発症して呼吸困難・呼吸不全等を伴い重症・重篤化し、発症から2週間余りで死に至るという事案が報告されている 。このように死に至るまでの時間が比較的短い疾患の場合、十分に話し合いを行う時間や余裕が、患者とその家族、医療従事者の双方に無い可能性が高くなる。 諸外国では、さまざまな内容について話し合うという特徴を有するアドバンス・ケア・プランニング(ACP)が、治療法が確立しておらず急速に重症化して死にいたる可能性のある感染症の世界的流行時の今こそ重要だ、と指摘されている。 実際に、欧米諸国を中心に、COVID-19に関するACPガイダンスやフォーマットが作成され、重症化するリスクのある人たちにACPの話し合いを促している。 日本では、COVID-19パンデミックにおいて、罹患して重症化した場合に高度医療を受けるかどうか、自分が最後まで大切にしたいことは何か、予め話し合っておく必要があるというような議論があまりなされていない。 もちろん、ACPの話し合いを患者や家族に強制するようなことがあってはならない。しかし、このような時こそ、日本でも「人生会議」をすることが大切ではないか。自分ががんなどの慢性疾患だけでなく、COVID-19のような感染症にかかって命が限られた状況になった時、どのような治療を望むのか、あるいは、望まないのか、さまざまな内容を家族や親しい友人などと話し合うということが重要だと考える。
  • 1
    2020年3月
    Dr Chao Fang and Miho Tanaka https://www.gla.ac.uk/research/az/endoflifestudies/projects/the-mitori-project/policy/ England and Japan are confronted with unprecedented challenges and opportunities in the face of population ageing and changing expectations about death and dying, which place heavy demands on health and social care systems. In the past 12 months, Dr Chao Fang and Ms Miho Tanaka have worked jointly to explore policy discourses regarding end of life care between England and Japan. An in-depth analysis has been undertaken to compare a set of key policy documents and legislation implemented and enacted in both countries. This policy brief summarises key findings from the analysis to report the commonalities and differences of end of life care, decision-making and bereavement support. Four key messages have been identified: 1) emphasising individualised care and support 2) improving care access and inclusion 3) supporting informal carers and family members 4) promoting integrated and holistic approaches The policy brief aims to be valuable for academics, policy-makers, practitioners, as well as the general public. It paints a comparative picture of end of life care policies and laws between the two post-industrial and rapidly ageing societies. This comparison enables mutual understanding, aiming to inform and reshape future policy-making and legislation in both countries.
  • 2018年10月 - 2018年10月
    田中美穂, 児玉聡, 馬場恵. 朝日新聞WEBRONZA. 2018年10月9日. https://webronza.asahi.com/politics/articles/2018100400004.html
  • 2018年9月 - 2018年9月
    児玉聡, 洪賢秀, 田中美穂. 朝日新聞WEBRONZA. 2018年9月26日. https://webronza.asahi.com/politics/articles/2018091900007.html
  • 2018年8月 - 2018年8月
    田中美穂, 児玉聡. シノドス. 2018年8月31日. https://synodos.jp/international/21894