Onda Nariaki

J-GLOBAL         Last updated: Jul 9, 2019 at 07:08
 
Avatar
Name
Onda Nariaki
E-mail
onda.nariaki.285m.kyushu-u.ac.jp
Affiliation
Kyushu University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Mar 2017
 - 
Today
Lecturer, Institute of Decision Science for a Sustainable Society, Kyushu University
 

Education

 
Apr 2003
 - 
Mar 2010
Doctoral Program in Appropriate Technology and Science for Sustainable Development, Graduate School of Life and Environment Sciences, University of Tsukuba
 
Jun 2007
 - 
Mar 2009
Konservasi Sumberdaya Hutan dan Ekowisata, Faklutas Kehutanan, Institut Pertanian Bogor
 
Apr 1997
 - 
Mar 2003
Agro-Biological Resource Sciences, Second culster of Colleges, University of Tsukuba
 

Awards & Honors

 
Mar 2018
The Japanese Forest Economic Society Progress Prize, The Japanese Forest Economic Society
 

Published Papers

 
VATTHANATHAM Southida, HYAKUMURA K., ONDA N., OGATA K.
九州大学大学院農学研究院紀要   63(2) 411-416   Sep 2018
The Lao People's Democratic Republic (Laos) is economically a Least Developed Country in Southeast Asia and characterized by rich natural resources and biodiversity. A majority of the rural population relies on natural resources, particularly non ...
ONDA Nariaki, YANAGISAWA Shota, OTA Masahiko, IWANAGA Seiji
FOREST ECONOMY   70(6) 1-21   2017
「ランド・スペアリング」は、一定の土地の生産性を高めることで、その他の土地の生物多様性保全を図る概念である。ランド・スペアリングのアプローチは、今後予想される人口増加に伴う食糧安全保障と生物多様性保全との両立のあり方を検討する目的で議論されてきた。本研究ではこの概念を援用し、集約的な土地利用の1つであるアブラヤシ農園の開発が自然保護区および地域社会に与えた影響を検討することで、アブラヤシ農園のランド・スペアリングとしての機能を評価した。インドネシア、西カリマンタン州に位置するアブラヤシ農園...
ONDA Nariaki
FOREST ECONOMY   68(7) 1-17   2015
インドネシア、西カリマンタン州に位置するグヌンパルン国立公園を事例とし、1990年代末期から2008年にかけての、(1)違法伐採の利害関係者内における地域住民の位置づけとその変容、および(2)地域住民が違法伐採に従事する動機となった内部要因と外部要因とを明らかにし、地域住民が従事する違法伐採の対応のあり方を検討した。違法伐採が拡大した1990年代末期から2000年代初頭にかけて、地元住民は伐採労働力としての役割を担うにすぎなかったが、2007年以降、地元住民は違法伐採を主導する役割を果たす...
IWANAGA Seiji, ANAKURA Natsuko, ONDA Nariaki, AMANO Masahiro
Journal of Forest Economics   61(1) 75-85   2015
Oil palm plantation has a negative impact on Global warming on particularly on peat land that is not suitable for agriculture. This survey focuses on two factors that change the source of income and economic condition of the local people in Centra...
ONDA Nariaki, OTA Masahiko, SHIGA Kaori
FOREST ECONOMY   67(8) 1-18   2014
森林法執行の強化を通じた違法伐採対策においては、生産国の森林警察の役割が重要である。本研究では、地方分権体制下のインドネシアにおける、森林警察の制度的課題、および現場レベルでの運用上の課題を明らかにし、森林法執行の強化を通じたアプローチの違法伐採の抑止に対する効果を検討した。その結果、保全林および生産林における林地管理の欠落が森林法執行上の課題であることが示された。また、県政府林業局は違法材の摘発に対する経済的インセンティブが得られる流通管理に重点を置く傾向があること、人員面および予算面の...