笹岡 直美

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/17 18:58
 
アバター
研究者氏名
笹岡 直美
 
ササオカ ナオミ
eメール
sasaoka.naomiaga.tuad.ac.jp
所属
東北芸術工科大学
部署
文化財保存修復研究センター
職名
准教授
学位
博士(文化財)(東京芸術大学)
科研費研究者番号
90586984

経歴

 
2002年4月
 - 
2017年9月
立正大学 仏教文化財修復研究・実習室 研究員
 
2009年4月
 - 
2016年3月
立正大学 仏教学部 非常勤講師
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2003年3月
東京芸術大学 大学院美術研究科 文化財保存学保存彫刻後期博士課程
 

論文

 
明治期のおける文化財行政と寺宝管理に関する一考察-京都・日蓮宗本法寺の事例より-
笹岡 直美
庵谷行亨先生古希記念論文集『日蓮教学とその展開』   855-874   2019年3月

Misc

 
善寳寺五百羅漢像保存修復業務2018年度事業報告
(共著)笹岡直美 柿田喜則 井戸博章
平成30年度東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター紀要   41-54   2019年
善寳寺五百羅漢像保存修復業務2017年度事業報告
(共著)笹岡直美 柿田喜則 井戸博章
平成29年度東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター紀要   63-74   2018年
千葉県茂原市藻原寺所蔵 山門安置木造釈迦如来立像修復に関する報告
笹岡 直美
法華文化研究   (35) 37-58   2009年

書籍等出版物

 
ハーバード大学燕京図書館蔵ブルーノ・ペツォールド氏旧蔵資料(軸装・巻子装)目録
安中尚史・笹岡直美 (担当:編者)
日蓮宗   2011年   

講演・口頭発表等

 
サンノゼ妙覚寺別院の仏像と修復について [招待有り]
笹岡直美
サンノゼ妙覚寺別院35周年記念招待講演   2015年10月   
仏像とは何か-保存と修復を通して- [招待有り]
笹岡直美
ハワイ仏教連盟主催公開講座招待講演   2014年12月   

担当経験のある科目

 
 

その他

 
2017年   龍澤山善寳寺五百羅漢像保存修復業務
東北芸術工科大学文化財保存修復研究センターによる受託事業のひとつで、2015年から開始された。
善寳寺(山形県鶴岡市)五百羅漢堂内安置の500体を超える仏像群に対する修復事業で、概ね20年をかけて完了予定である。
現在継続中。
2016年   千葉県本覚寺 木造日蓮像 修復
立正大学仏教文化財修復研究・実習室の受託事業で、
木造の日蓮坐像の修復である。
胎内に仏師名と制作年代(室町時代)や台座に複数の修復履歴が記され、
千葉県の仏師活動を考える上で重要な仏像である。
2015年   サンノゼ妙覚寺別院 木造日蓮坐像・一塔両尊像修復
立正大学仏教文化財修復研究・実習室の受託事業で、
サンノゼ妙覚寺別院所蔵の仏像修復である。
修復は所蔵寺院内でおこなった。
京都妙覚寺からアメリカに移座した仏像で、
仏師名や来歴に関わる銘文が多く見出された。