Yusuke Kawasumi

J-GLOBAL         Last updated: May 14, 2019 at 15:01
 
Avatar
Name
Yusuke Kawasumi
Affiliation
Tohoku University
Research funding number
00513540

Research Areas

 
 

Published Papers

 
鈴木 真太郎, 張 暁勇, 本間 経康, 市地 慶, 高根 侑美, 柳垣 聡, 川住 祐介, 石橋 忠司, 吉澤 誠
計測自動制御学会論文集 = Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers   54(8) 659-669   Aug 2018
Kudo Seina, Kawasumi Yusuke, Usui Akihito, Arakawa Makoto, Yamagishi Naoto, Igari Yui, Funayama Masato, Ishibashi Tadashi
JOURNAL OF FORENSIC RADIOLOGY AND IMAGING   12 57-63   Mar 2018   [Refereed]
Xiaoyong Zhang, Takuya Sasaki, Shintaro Suzuki, Yumi Takane, Yusuki Kawasumi, Tadashi Ishibashiz, Noriyasu Homma, Makoto Yoshizawa
2017 56th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2017   2017-November 793-796   Nov 2017
© 2017 The Society of Instrument and Control Engineers - SICE. Classification of benign and malignant masses in mammograms is one of the most difficult tasks in development of mammographic computer-aided diagnosis (CAD) system. This paper presents...
Igari Y, Takahashi S, Usui A, Kawasumi Y, Funayama M
Journal of forensic and legal medicine   52 93-97   Nov 2017   [Refereed]
Kawasumi Yusuke, Usui Akihito, Ikeda Tomoya, Ishibashi Tadashi, Funayama Masato
JOURNAL OF FORENSIC RADIOLOGY AND IMAGING   10 37-40   Sep 2017   [Refereed]
Usui A, Kawasumi Y, Usui K, Ishizuka Y, Takahashi K, Funayama M, Saito H
The Tohoku journal of experimental medicine   242(3) 183-192   Jul 2017   [Refereed]
本間 経康, 吉澤 誠, 張 暁勇, 鈴木 真太郎, 魚住 洋佑, 市地 慶, 柳垣 聡, 高根 侑美, 川住 祐介, 石橋 忠司
Trans. jpn. Soc. Med. Bio. Eng   55(3) 228-228   2017
<p>In recent years, deep convolutional neural network (DCNN) has attracted great attention due to its outstanding performance in recognition of natural images. However, its performance for medical image recognition is still uncertain because colle...
Usui A, Kawasumi Y, Ishizuka Y, Hosokai Y, Ikeda T, Saito H, Funayama M
The American journal of forensic medicine and pathology   37(4) 223-226   Dec 2016   [Refereed]
アルコール検査を契機にケトアシドーシスが判明した一例 1型糖尿病と清涼飲料水ケトーシスの鑑別
猪狩 由, 池田 知哉, 荒牧 友美, 臼井 章仁, 川住 祐介, 林崎 義映, 臼井 聖尊, 舟山 眞人
法医学の実際と研究   (59) 125-128   Nov 2016
症例は30歳代後半男性で、浴槽内で冷たくなっているのを発見された。救急隊が呼ばれたが、到着時、既に硬直および死斑を認めたため、死因不明として承諾解剖となった。自室には清涼飲料水やエナジードリンクの空容器が多数散在していた他、菓子類や粉末清涼飲料も多く見られた。血清中の総ケトン体濃度は12050μmol/l、尿中アセトン濃度は442μg/mlであった。死体血ではあるものの、基準値と比較すると両者とも著明な高値を呈し、加えて、肉眼的・組織学的検索において明らかな致死的傷病変は認められないことか...
Usui Akihito, Kawasumi Yusuke, Hosokai Yoshiyuki, Saito Haruo, Hayashizaki Yoshie, Funayama Masato
JOURNAL OF FORENSIC RADIOLOGY AND IMAGING   6 42-45   Sep 2016   [Refereed]
Takane Y, Kawasumi Y, Sato M, Horie T, Ishibashi T
Breast cancer (Tokyo, Japan)   23(4) 561-567   Jul 2016   [Refereed]
Kawasumi Y, Usui A, Sato Y, Sato Y, Daigaku N, Hosokai Y, Hayashizaki Y, Funayama M, Ishibashi T
European radiology   26(4) 1186-1190   Apr 2016   [Refereed]
Usui A, Kawasumi Y, Hosokai Y, Ishizuka Y, Ikeda T, Saito H, Funayama M
Legal medicine (Tokyo, Japan)   19 32-34   Mar 2016   [Refereed]
Usui A, Kawasumi Y, Hosokai Y, Kozakai M, Saito H, Funayama M
Legal medicine (Tokyo, Japan)   18 98-103   Jan 2016   [Refereed]
2016 55TH ANNUAL CONFERENCE OF THE SOCIETY OF INSTRUMENT AND CONTROL ENGINEERS OF JAPAN (SICE)   1382-1386   2016   [Refereed]
頸髄損傷を放射線学的に診断する1ヒント ある墜落の1例から
臼井 章仁, 川住 祐介, 林崎 義映, 細貝 良行, 齋藤 春夫, 舟山 眞人
法医学の実際と研究   (58) 73-79   Nov 2015
40代男性。自宅マンションから墜落して死亡した。法医解剖前にCT撮影を行い、肋骨多発骨折、骨盤部骨折、後腹膜血腫を認めた。頭部に大きな裂創があったため頸髄損傷を疑い、頭部CTを追加撮影した。その結果、頸椎のalignmentに乱れはなく、椎間板損傷も認められなかったが、生前に脊柱管拡大術を受けたさい第3-6頸椎に挿入された人工骨の破損像が認められ、剖検で当該頸髄の出血が確認された。
Kawasumi Y, Usui A, Hosokai Y, Igari Y, Hosoya T, Hayashizaki Y, Saito H, Ishibashi T, Funayama M
European journal of radiology   84(4) 721-725   Apr 2015   [Refereed]
Igari Y, Hosoya T, Hayashizaki Y, Usui A, Kawasumi Y, Usui K, Funayama M
Forensic science international   245 e25-8   Dec 2014   [Refereed]
嚢胞腎・多発性肝嚢胞を伴う脳内出血の一例
池田 知哉, 大内 司, 臼井 章仁, 川住 祐介, 荒牧 友美, 細谷 直, 猪狩 由, 林崎 義映, 臼井 聖尊, 舟山 眞人
法医学の実際と研究   (57) 131-135   Nov 2014
60歳代女。高血圧、多発性嚢胞腎による慢性腎不全で投薬治療中であった。軒下で仰臥位にて死亡しているところを発見された。明らかな外傷や着衣の乱れはなく、左手にマグカップを握ったまま死亡していた。傍らには発見日から3日前の新聞があった。死後CT画像診断では、左大脳半球に血腫の広がりがあり、脳室内穿破が認められた。死因は脳内出血と判断された。肝および腎に多数の嚢胞が認められ、肝の圧排と胸水貯留による縦隔の左方偏位が確認された。
急性硬膜下血腫に病的出血傾向の関与が考えられた一例
猪狩 由, 山下 圭亮, 荒牧 友美, 池田 知哉, 細谷 直, 林崎 義映, 臼井 章仁, 川住 祐介, 細貝 良行, 臼井 聖尊, 舟山 眞人
法医学の実際と研究   (57) 125-130   Nov 2014
50歳代女。数日前から体調不良を訴えていた。リビングの布団上で吐血し、仰向けに倒れているところを発見した。救急要請したが、およそ1時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。剖検前CT撮影では左硬膜下血腫を認め、正中構造は右に偏位し、中脳付近は強く圧排されていた。また、中脳左側に結節状の血腫塊を認めた。死後CT並びに解剖によって左急性硬膜下血腫、脳ヘルニア、脳幹出血を認め、急性硬膜下血腫による死亡と考えられた。解剖当初は暴行の可能性も考慮したが、組織学的検索で諸臓器に白血球系の異型細胞を認め、...
Usui A, Kawasumi Y, Funayama M, Saito H
Japanese journal of radiology   32(7) 414-420   Jul 2014   [Refereed]
胃がん検診用高濃度硫酸バリウムの物理特性(Physical Properties of Highly Concentrated Barium Sulfate Contrast Agent Used in Gastric Cancer Screening)
臼井 章仁, 細貝 良行, 川住 祐介, 齋藤 春夫, 神戸 士郎
東北大学医学部保健学科紀要   23(2) 83-93   Jul 2014
硫酸バリウム造影剤は大粒子からなる高密度物質で、胃粘膜の被覆に適した低粘度溶液である。硫酸バリウムの粒径分布、粘度および濃度はこの高密度物質の相互関連因子である。走査型電子顕微鏡とレーザー解析分光分析法を用いて、市販の高密度硫酸バリウム造影剤の粒子の細かさや形を調べた。微細粒子は1.0〜3.0μmで、粗大粒子は約15μmであった。嚥下動作は咽頭内ボーラス投与に対して10s^-1の剪断速度を負荷した。硫酸バリウム造影剤の粘度は嚥下動作後に低下することで嚥下が容易となるが、異なる剪断速度では粘...
Aya Nakajima, Akihito Usui, Yoshiyuki Hosokai, Yusuke Kawasumi, Kenta Abiko, Masato Funayama, Haruo Saito
Insights into Imaging   5 77-83   Feb 2014
Objectives: This article reviews the prevalence of lumbarisation, sacralisation and lumbar ribs, and their morphological relevance by evaluating multi-slice computed tomography (MSCT) images. These segment variations can cause miscounting of verte...
Yui Igari, Tadashi Hosoya, Yoshie Hayashizaki, Tsukasa Ohuchi, Akihito Usui, Yusuke Kawasumi, Masaki Hashiyada, Masato Funayama
Legal Medicine   16 44-47   Jan 2014
A 3-year-old girl with no particular medical history complained of a stomachache and died on the way to the hospital. The autopsy revealed marked right ventricular hypertrophy and dilation with no other cardiac abnormalities. Microscopically, the ...
Yusuke Kawasumi, Akihito Usui, Yoshiyuki Hosokai, Miho Sato, Yoshie Hayashizaki, Haruo Saito, Tadashi Ishibashi, Masato Funayama
Journal of Forensic Radiology and Imaging   2 182-187   Jan 2014
© 2014 Elsevier Ltd. Objectives: To evaluate the post-mortem computed tomography (PMCT) findings of intervertebral separation. Methods: 10 subjects who had undergone PMCT and forensic autopsy were evaluated. The median age was 69 years (range, 25-...
法医解剖前CT画像における恥骨下角の性差について
安孫子 絹太, 臼井 章仁, 細貝 良行, 川住 祐介, 中島 彩, 齋藤 春夫, 林崎 義英, 舟山 眞人
法医学の実際と研究   (56) 264-265   Nov 2013
法医解剖前CT画像における恥骨下角、大坐骨切痕部の角度による性別判定
安孫子 絹太, 臼井 章仁, 坂上 和弘, 細貝 良行, 川住 祐介, 中島 彩, 林崎 義映, 境 純, 舟山 眞人, 齋藤 春夫
法医学の実際と研究   (56) 93-99   Nov 2013
東北大学オートプシー・イメージングセンターで2010年8月〜2012年11月に法医解剖前CTを撮影した事例で性別が既に判明している200例(男性133例、女性67例)を対象として標題の性別判定を試みた。恥骨下角の角度は男性が66.5±8.5°、女性が83.1±9.8°、大坐骨切痕部の角度は男性71.8±8.4°、女性87.7±7.9°であり、両角度とも女性のほうが有意に大きかった。両角度のROC曲線を作成し、cut off値を「ROC曲線上の真陽性はできるだけ高くなり、偽陽性はできるだけ低...
死後CTにおける溺死肺画像所見の出現パターン
臼井 章仁, 川住 祐介, 中島 彩, 細貝 良行, 小堺 雅貴, 安孫子 絹太, 細谷 直, 猪狩 由, 舟山 眞人, 齋藤 春夫
法医学の実際と研究   (56) 87-92   Nov 2013
解剖により溺死と診断された事例で死後経過2日以内の74例を対象に標題の出現パターンを検討した。結果、溺死事例における死後CTの肺所見は、間質の肥厚を伴うスリガラス影が主体のもの(以下type 1)と、小葉中心性の淡い粒状〜斑状影が気道散布様に分布しているもの(type 2)に大別することができた。74例中、type 1は22例(30%)、type 2は32例(43%)、type 1とtype 2の混合型が9例(12%)であり、この2タイプと混合型を合わせると全体の85%を占めた。このほか、...
高度るいそうに関連した突然死 症例報告
池田 知哉, 細谷 直, 猪狩 由, 林崎 義映, 臼井 章仁, 川住 祐介, 大内 司, 臼井 聖尊, 舟山 眞人
法医学の実際と研究   (56) 83-86   Nov 2013
50歳代女。自宅ベッド上で布団をかけたまま仰向けで死亡しているのを家人に発見された。身長164cm、体重23kgと極度の低栄養であり、前日まで自ら行動できていたことと、剖検で死亡原因となるような傷病変は認められなかったことから、死因は低栄養を伴う循環不全とせざるをえなかった。本例は数年前から食事をほとんど摂らなくなっており、低栄養の原因となる器質的疾患はないことから神経性食欲不振症(AN)が疑われた。AN患者の突然死はしばしば報告されており、その原因については未だ不明な点が多いが、本例のよ...
Yoshiyuki Hosokai, Akihito Usui, Yusuke Kawasumi, Yoshie Hayashizaki, Masato Funayama, Haruo Saito
Journal of Forensic Radiology and Imaging   1 215-217   Oct 2013
An elderly woman was found dead in the aftermath of a fire. External inspection before autopsy showed no abnormal posture or hypermobility of the spine. Postmortem computed tomography and autopsy revealed a severe disruption of the 11th thoracic v...
Akihito Usui, Yusuke Kawasumi, Yoshiyuki Hosokai, Yoshie Hayashizaki, Haruo Saito, Masato Funayama
Japanese Journal of Radiology   31 637-641   Sep 2013
Gastromalacia is a postmortem artifact resulting from autolysis of the gastric walls. Gastromalacia is autolytic rupture of the stomach caused by endogenous enzymes, and it is devoid of any vital reactions. The left leaf of the diaphragm is occasi...
Yumi Takane, Yusuke Kawasumi, Tsunemitsu Horie, Tadashi Ishibashi
Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   8673    Jun 2013
We aimed to evaluate the influence of image reduction using a bi-cubic interpolation method on the accuracy of detection of clustered microcalcifications (MCLs) and masses on digital mammograms. Digital mammograms (n=194) of 97 subjects were selec...
Y. Kawasumi, A. Usui, Y. Hosokai, M. Sato, M. Funayama
Clinical Radiology   68    Feb 2013
Yusuke Kawasumi, Naoki Onozuka, Ayana Kakizaki, Akihito Usui, Yoshiyuki Hosokai, Miho Sato, Haruo Saito, Tadashi Ishibashi, Yoshie Hayashizaki, Masato Funayama
European Journal of Radiology   82 361-365   Feb 2013
Referring to our experience with post-mortem computed tomography (CT), many hypothermic death cases presented a lack of increase in lung-field concentration, blood clotting in the heart, thoracic aorta or pulmonary artery, and urine retention in t...
Yusuke Kawasumi, Tomoyoshi Kawabata, Yusuke Sugai, Akihito Usui, Yoshiyuki Hosokai, Miho Sato, Haruo Saito, Tadashi Ishibashi, Yoshie Hayashizaki, Masato Funayama
European Journal of Radiology   82    Jan 2013
Recent studies have reported that drowning victims frequently have fluid accumulation in the paranasal sinuses, most notably the maxillary and sphenoid sinuses. However, in our previous study, many nondrowning victims also had fluid accumulation i...
Usui A, Kawasumi Y, Hosokai Y, Saito H, Igari Y, Funayama M
Acta radiologica short reports   2(2) 2047981613482898   2013   [Refereed]
Zhang X, Homma N, Goto S, Kawasumi Y, Ishibashi T, Abe M, Sugita N, Yoshizawa M
Journal of medical engineering   2013 615254   2013   [Refereed]
Masahiko Konno, Masahiko Konno, Yoshiyuki Hosokai, Akihito Usui, Mitsuya Abe, Toshiki Tateishi, Yusuke Kawasumi, Masashi Tsuda, Hideki Ota, Kei Takase, Haruo Saito
Acta Radiologica   53 1107-1111   Dec 2012
Background: Optimal contrast enhancement is crucial for the detection of coronary artery stenoses and atherosclerotic changes in coronary CT angiography (CTA). Purpose: To demonstrate the feasibility of using the cardiac output (CO) obtained from ...
Yusuke Kawasumi, Tomoyoshi Kawabata, Yusuke Sugai, Akihito Usui, Yoshiyuki Hosokai, Miho Sato, Haruo Saito, Tadashi Ishibashi, Yoshie Hayashizaki, Masato Funayama
European Journal of Radiology   81 3953-3955   Dec 2012
Recent reports have detailed common computed tomography (CT) findings in drowning victims, most notably fluid accumulation in the maxillary and sphenoidal sinuses. This CT finding could help forensic doctors to diagnose drowning. This study retros...
気腫性腎盂炎の一剖検例
細谷 直, 猪狩 由, 林崎 義映, 臼井 章仁, 川住 祐介, 細貝 良行, 臼井 聖尊, 橋谷田 真樹, 舟山 眞人
法医学の実際と研究   (55) 177-181   Nov 2012
70歳代女。1年前から食欲低下があり、2ヵ月前からほとんど歩けない状態になっていた。呼び掛けに反応しなくなり体が冷たくなっていたことから110番通報した。解剖前画像診断では、右腎盂・尿管にエアーをみとめ、尿管は拡張していた。膀胱内には多量の尿貯留があり、かつ膀胱腔内にもエアーがあるとの指摘を受けた。肺野の濃度上昇はなく、冠状動脈3枝に石灰化がみられた。警察臨場から約13時間後に解剖を行った。両側腎膿瘍がみられ、放射線学的に気腫性腎盂腎炎と診断した。気腫性腎盂腎炎の所見があり他の損傷や疾病が...
高齢女性の直腸憩室穿孔の一例
猪狩 由, 細谷 直, 林崎 義映, 臼井 章仁, 川住 祐介, 細貝 良行, 境 純, 臼井 聖尊, 橋谷田 真樹, 舟山 眞人
法医学の実際と研究   (55) 171-176   Nov 2012
90歳代女。認知症・脂質異常症・虚血性心疾患にて内服加療していた。死亡の約2ヵ月前に転倒による大腿骨骨折で寝たきりとなり、それ以降は食事量が減少し、便秘傾向であった。腹痛を訴えたが、介護職員が服の上からさすったところ良くなった様子であった。口からコーヒー色の吐瀉物を出して横たわっており、心臓マッサージをしながら119番通報をしたが、その後死亡が確認された。腹部は青藍色に変色かつ膨隆し、死因が不詳であるとして司法解剖となった。解剖前CT検査では、咽頭・食道内は貯留物で充満していたほか、両側胸...
頭部全体の浮腫をきたした自絞死の一例
細谷 直, 猪狩 由, 林崎 義映, 臼井 章仁, 川住 祐介, 細貝 良行, 境 純, 臼井 聖尊, 橋谷田 真樹, 舟山 眞人
法医学の実際と研究   (55) 165-169   Nov 2012
70歳代男。ベッド上で右側臥位の状態で死亡しているところを発見された。電気コードの一端をベッドの柵に結び付け、頸部に2重に巻いた後に、もう一端を柵に固定したコードに幾重にも巻きつけて頸部を圧迫した状態であった。発見から約20時間後に解剖が行われた。索痕よりも上の頸部では広範な浮腫を呈し、著明な喉頭浮腫を認めた。死因として喉頭浮腫による気道閉塞が考えられ、その機序として頸静脈の狭窄が考えられた。
Akihito Usui, Yusuke Kawasumi, Yoshiyuki Hosokai, Yoshie Hayashizaki, Masato Funayama, Haruo Saito
Japanese Journal of Radiology   30 612-615   Aug 2012
Since May 2009, we have performed multislice computed tomography (MSCT) prior to forensic autopsy for cases of suspicious death. In the present case, innumerable widely scattered nodules in both pulmonary fields on MSCT were indicative of miliary ...
HD-PET搭載PET/CT装置を用いた画像再構成条件の基礎的検討
細貝 良行, 武藤 洋平, 小田桐 逸人, 川住 祐介, 臼井 章仁, 齋藤 春夫
東北大学医学部保健学科紀要   21(2) 87-96   Jul 2012
HD-PET法は従来のPET画像に比べ、病変のコントラストを4倍鮮明に描き出すとされ、癌診断の正確性が向上すると言われている。しかし、画像コントラストが変化することで、standardized uptake value(SUV)の値も変化し、疾患のフォローアップのような経時的な変化を把握する上で問題となる可能性も否定できない。そこで、この適正再構成条件を求め、従来から使用されている2D-OSEM法、3D-OSEM法と比べながら、その特性について検討した。本法により、理想画像と臨床条件の画像...
Akihito Usui, Yusuke Kawasumi, Yoshiyuki Hosokai, Yoshie Hayashizaki, Haruo Saito, Masato Funayama
Japanese Journal of Radiology   30 458-462   Jun 2012
A body in an advanced stage of mummification was found in a concrete apartment in Japan. Natural complete mummification is very rare in Japan's humid and temperate climate. We performed multi-slice computed tomography (MSCT) to obtain information ...
Yusuke Kawasumi, Yoshiyuki Hosokai, Akihito Usui, Haruo Saito, Tadashi Ishibashi, Masato Funayama
Japanese Journal of Radiology   30 167-170   Feb 2012
The use of post-mortem radiological imaging is becoming increasing widespread in forensic medicine. These images can help improve the quality and safety of autopsy. We report two cases of homicide victims that had broken pieces of a weapon in thei...
Takeshi Handa, Xiaoyong Zhang, Noriyasu Homma, Tadashi Ishibashi, Yusuke Kawasumi, Makoto Abe, Norihiro Sugita, Makoto Yoshizawa
Proceedings of the SICE Annual Conference   762-767   Jan 2012
We propose a new method for accurate detection of architectural distortion that is a typical sign of breast cancer lesions in mammograms and necessary to be detected and diagnosed properly at an early stage for improvement of the survival rate of ...
Yoshie Hayashizaki, Kiyotaka Usui, Takuya Moriya, Masaki Hashiyada, Akihito Usui, Yoshiyuki Hosokai, Yusuke Kawasumi, Haruo Saito, Masato Funayama
Legal Medicine   13 293-297   Nov 2011
A female infant was found unresponsive at home. The mother alleged that she delivered the baby at home 13. days prior to the death. The mother did not have any prenatal examinations during the pregnancy and the infant was not examined by a doctor ...
同時多発性脳内出血の一例
林崎 義映, 臼井 聖尊, 臼井 章仁, 細貝 良行, 川住 祐介, 齋藤 春夫, 橋谷田 真樹, 舟山 眞人
法医学の実際と研究   (54) 77-80   Nov 2011
事例は高度肥満の40代女性、自宅の布団上で死亡しているのを発見された。剖検前の脳CTで左右の基底核にほぼ同じ大きさの出血像が認められ、死亡前後の状況から、この2つの出血はほぼ同時期に発症したものと推測された。内因性の同時多発性脳出血は法医解剖事例では極めて稀と思われたので、発症機序の文献的考察を加えて報告した。
Noriyasu Homma, Satoshi Shimoyama, Tadashi Ishibashi, Yusuke Kawazumi, Makoto Yoshizawa
Artificial Life and Robotics   15 526-529   Dec 2010
In this article, we develop an automatic detection method for non-isolated pulmonary nodules as part of a computer-aided diagnosis (CAD) system for lung cancers in chest X-ray computed tomography (CT) images. An essential core of the method is to ...
Tadashi Ishibashi, Yusuke Kawasumi, Takayuki Yamada, Masahiro Sai, Takayoshi Uematsu, Nachiko Uchiyama
Breast Cancer   17 159-162   Jul 2010
We describe the current status of mammographic screening and investigate how digital mammography is used in screening in Japan. Despite the widespread use of digital mammographic equipment, the mammographic screening rate for invited women is very...
卵巣癌に対するS-1およびL-OHPの抗腫瘍効果の比較検討
地元 佑輔, 仲田 栄子, 駒村 一樹, 長澤 陽介, 渡邊 重明, 齋藤 春夫, 森 一生, 田村 元, 町田 好男, 石橋 忠司, 千田 浩一, 志田原 美保, 小山内 実, 小倉 隆英, 細貝 良行, 川住 祐介, 土橋 卓, 高井 良尋
東北大学医学部保健学科紀要   19(2) 107-115   Jul 2010
卵巣癌に対するS-1とL-OHPの併用効果を明らかにすることを目的に、in vitro系としてヒト卵巣漿液性嚢胞腺癌由来細胞株であるSHIN-3を対象に、また、in vivo系としてヌードマウスに腫瘍を移植したものを対象に検討した。その結果、in vivoでは、S-1とL-OHPの併用により卵巣癌の腹腔内転移に対して優れた抗腫瘍効果が認められ、in vitroでもin vivoほどの顕著な効果は認められなかったものの、コントロール群(5-FUおよびL-OHPの単剤使用)に比べて大きな効果が...
核医学における心筋血流評価法の検討 Polar map表示法について
高根 侑美, 佐藤 彩, 藤原 怜子, 三品 昌仁, 小田桐 逸人, 南部 武幸, 児玉 裕康, 阿部 養悦, 梁川 功, 石橋 忠司, 高井 良尋, 齋藤 春夫, 森 一生, 田村 元, 町田 好男, 千田 浩一, 小山内 実, 佐藤 行彦, 川住 祐介, 小倉 隆英, 仲田 栄子, 丸岡 伸, 細貝 良行
東北大学医学部保健学科紀要   18(2) 83-92   Jul 2009
メーカーが指定するPolar mapと、解析ソフトを用いて作成したPolar mapの表示法の違いによって、心筋SPECT画像がどのような影響を受けるのかを検討した。さらに、収集角度の違いや吸収・散乱補正の有無による画像への影響も検討した。心臓ファントムを4台のSPECT装置で撮影した。同じファントムを撮影し、同じデータを表示したが、表示系が違うと視覚的に大きく異なる印象が得られた。2種類の解析ソフトは、セグメントの数や配置を同一にし、同じデータを解析したのにも関わらず、欠損部の位置や見え...
Kawasumi Yusuke, Yamada Takayuki, Ota Hideki, Tsuboi Masahiro, Takase Kei, Sato Akihiro, Higano Shuichi, Ishibashi Tadashi, Takahashi Shoki
EUROPEAN RADIOLOGY   18(10) 2148-2154   Oct 2008   [Refereed]
Hisao Ito, Hisao Ito, Shoichi Nakayama, Noboru Aso, Yusuke Kawasumi, Tomonori Matsuura, Takahiro Medoki, Takayuki Yamada, Tadashi Ishibashi, Shoki Takahashi
Radiation Medicine - Medical Imaging and Radiation Oncology   23 447-450   Sep 2005
We describe the CT features of an unusual collateral pathway of systemic to pulmonary venous shunt in a patient with lung cancer that obstructed the superior vena cava (SVC). Spiral CT scan with rapid injection of contrast medium from a right arm ...

Misc

 
【シーン別画像診断のいま-社会的要求への対応と課題 Scene Vol.12 オートプシー・イメージング(Ai)第七弾:多死社会の到来で多様化するニーズに対応するAiの最前線】 Aiの検査・診断の最前線 東北大学におけるオートプシーイメージングセンターの運用と検査・診断の実際
臼井 章仁, 川住 祐介, 舟山 眞人, 齋藤 春夫
INNERVISION   33(1) 42-44   Dec 2017
東北大学では、2009年より法医解剖前のCT撮影を行ってきた。途中、CT装置の更新もあり、現在では、ポータブルX線撮影装置(キヤノン社製フラットパネルディテクタ[CXDI-50G」搭載)による単純撮影と、東芝メディカルシステムズ社製64列マルチスライスCT「Aquilion」による死後画像撮影・診断を行っている。多くはないが、日立社製永久磁石型0.3T MRI「AIRIS Vento」による撮像を行うこともある。また、当センターでは、法医解剖に付される異状死体、いわゆる犯罪性が疑われる遺体...
【シーン別画像診断のいま-社会的要求への対応と課題[Scene Vol.6] オートプシー・イメージング(Ai)第三弾-さらなる普及と教育・研修への取り組み-】 オートプシー・イメージング(Ai)における教育・研修の取り組み Aiにおける新たな画像所見
川住 祐介
INNERVISION   29(1) 62-64   Dec 2013
東北大学大学院医学系研究科オートプシー・イメージングセンターでは、法医解剖前のCT検査を行っている。2013年9月末までで、約800件の検査を行った。病院の救急で扱われる症例とは異なり、死後1、2日経過している症例がほとんどである。そのため、さまざまな程度の死後変化が加わっており、画像診断を難しくしている。また、警察や法医学からは、溺死や低体温死、縊頸など、臨床ではほとんど見かけない死因の判断を求められることが多く、経験や報告の少なさから画像の解釈に苦慮している。開始当初はわからないことば...
細貝 良行, 臼井 章仁, 川住 祐介, 齋藤 春夫, 舟山 真人
日本放射線技術学会雑誌   68(12) 1681-1687   Dec 2012
【シーン別画像診断のいま-社会的要求への対応と課題[Scene Vol.5] オートプシー・イメージング(Ai)第二弾-普及の実態と適応の拡大-】 オートプシー・イメージング(Ai)の実際 東北大学医学系研究科オートプシー・イメージングセンター 法医解剖前CTの有用性 三次元画像が診断に寄与した例を中心に
齋藤 春夫, 川住 祐介, 臼井 章仁, 細貝 良行, 佐藤 美帆, 石橋 忠司, 舟山 眞人
INNERVISION   28(1) 50-53   Dec 2012
東北大学医学系研究科オートプシー・イメージングセンターは、法医解剖前CTを主な業務として活動している。CT件数は法医解剖数の約50%で、累積件数は2012年10月末までで約590件である。本稿では、運用の仕組み、検査の流れ、検査後の検討方法について述べ、代表的な症例を提示する。法医解剖前に画像検査を追加することで、解剖時に術者を傷害する可能性がある成傷器の破片の有無や局在を明らかにでき、結核など解剖時に厳重な注意が必要な感染症を示唆しうる場合がある。また、死因となりうる所見・状態が明らかと...
齋藤春夫, 川住祐介, 臼井章仁, 細貝良行, 佐藤美帆, 石橋忠司, 舟山眞人
Innervision   27(8) 2(1)-2(2)   Jul 2012
【オートプシー・イメージング 各大学の取り組み】 東北大学におけるオートプシー・イメージングの取り組みについて
石橋 忠司, 斉藤 春夫, 細貝 良行, 川住 祐介, 臼井 章仁, 佐藤 美帆, 舟山 真人
映像情報Medical   43(4) 283-287   Apr 2011
AI・法医学解剖前CT検査の初期経験
川住 祐介
日本放射線技術学会東北部会雑誌   (20) 19-21   Feb 2011
法医解剖前CT検査の初期経験
石橋 忠司, 斉藤 春夫, 川住 祐介, 細貝 良行, 臼井 章二, 佐藤 美帆, 高橋 識志, 境 純, 舟山 真人
日本画像医学雑誌   28(2) 134-134   Feb 2010
【3D PACS ネットワーク対応リアルタイム3Dイメージング】 3D PACS運用の実際 大規模〜小規模システムの構築例(海外事例も含めて) 読影スタイルと画像データ配信の現状
川住 祐介, 高瀬 圭, 石橋 忠司, 壺井 匡浩
INNERVISION   20(5) 112-114   Apr 2005
【テラバイト時代における大容量画像データへの挑戦】 3D画像を含む大規模画像配信の現状
川住 祐介, 壺井 匡浩, 高瀬 圭, 石橋 忠司, 高橋 昭喜
映像情報Medical   36(9) 962-965   Aug 2004

Conference Activities & Talks

 
Advanced examination for diagnosing hypothermic death using post-mortem computed tomography.
Y. Kawasumi, A. Usui, S. Kudo, N. Hirakawa, Y. Ito, T. Ueda, M. Funayama
ECR2019   Mar 2019   
Postmortem multislice computed tomography is expected to be an effective tool for airway obstruction by food
M Funayama, A Usui, S Takahashi, Y Kawasumi, Y Igari, X Guan, T Ohuchi, K Usui
24th Congress of the International Academy of Legal Medicine (IALM)   5 Jun 2018   
小児に発生した巨大前縦隔腫瘍の一剖検例
猪狩 由, 舟山 眞人, 臼井 章仁, 川住 祐介, 高橋 識志
法医学の実際と研究   Nov 2017   
法医解剖前CT画像における薬物中毒診断能の検討
石塚 裕也, 臼井 章仁, 細貝 良行, 齋藤 春夫, 川住 祐介, 臼井 聖尊, 林崎 義映, 舟山 眞人
法医学の実際と研究   Nov 2016   
巨大肝嚢胞・嚢胞腎を伴う脳内出血の一例
池田 知哉, 大内 司, 荒牧 友美, 細谷 直, 猪狩 由, 林崎 義映, 臼井 聖尊, 舟山 眞人, 臼井 章仁, 川住 祐介
法医学の実際と研究   Nov 2015   
小脳嚢胞による死亡例
猪狩 由, 細谷 直, 林崎 義映, 臼井 聖尊, 橋谷田 真樹, 舟山 真人, 臼井 章仁, 川住 祐介
法医学の実際と研究   Nov 2014   
医療用モニタのMTF測定におけるエッジ法の可能性についての検討
堀江 常満, 高根 侑美, 川住 祐介, 石橋 忠司
日本放射線技術学会雑誌   Sep 2014   
死後CTにおける上部消化管内高吸収物と薬物中毒死の関連
臼井 章仁, 川住 祐介, 細貝 良行, 齋藤 春夫, 舟山 眞人
日本法医学雑誌   May 2014   
法医解剖前CT検査における溺水診断 副鼻腔内液貯留を診断基準として
中島 彩, 川住 祐介, 臼井 章仁, 細貝 良行, 安孫子 絹太, 齋藤 春夫, 林崎 義映, 舟山 眞人
法医学の実際と研究   Nov 2013   
法医解剖前CT画像における骨盤の性差について
安孫子 絹太, 細貝 良行, 川住 祐介, 中島 彩, 小堺 雅貴, 舟山 眞人, 齋藤 春夫
日本放射線技術学会雑誌   Sep 2013   
次世代デジタルマンモグラフィ総合ビューアシステムの開発
高根 侑美, 川住 祐介, 本間 経康, 伊藤 典明, 大友 祐司, 紺野 純, 石橋 忠司
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jun 2013   
解剖前CT検査における溺水・非溺水例の気道内液貯留の検討
中島 彩, 川住 祐介, 臼井 章仁, 細貝 良行, 齋藤 春夫, 境 純, 舟山 眞人
日本法医学雑誌   May 2013   
法医解剖前CT画像における骨盤部の性差について
安孫子 絹太, 臼井 章仁, 細貝 良行, 中島 彩, 川住 祐介, 境 純, 舟山 眞人
日本法医学雑誌   May 2013   
モニタ診断時の衝立の効果
堀江 常満, 高根 侑美, 佐藤 美帆, 川住 祐介, 石橋 忠司
日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   Feb 2013   
法医解剖前CT画像における恥骨下角の性差について
安孫子 絹太, 臼井 章仁, 細貝 良行, 川住 祐介, 中島 彩, 齋藤 春夫, 林崎 義映, 境 純, 舟山 眞人
日本放射線技術学会東北部会雑誌   Jan 2013   
法医解剖前CT症例152例(男98例、女54例)を用い、人類学的計測と過去の報告に基づき恥骨下角の角度を計測し、その性差について検討した。計測は3D Work Station(Ziostation2)を使用してVolume renderingの画像を用い、まず画像上で骨盤だけ残し、画像を回転して左右の恥骨枝を合わせ、水平面に対して垂直になるように回転させた後、画像を正面に向けて両側の坐骨結節と恥骨結合下縁との成す角度を計測した。その結果、恥骨下角の平均角度は男性67.1°、女性82.4°と...
CDMAMファントムによる3Mモニタと5M、15MsPモニタの視覚評価
高根 侑美, 川住 祐介, 堀江 常満, 脇 是孝, 佐藤 美帆, 石橋 忠司
日本乳癌検診学会誌   Oct 2012   
法医解剖前画像診断における肺所見の有用性
臼井 章仁, 川住 祐介, 林崎 義映, 細貝 良行, 佐藤 美帆, 齋藤 春夫, 境 純, 舟山 眞人
日本法医学雑誌   May 2012   
東北大学における法医解剖前画像診断
林崎 義映, 舟山 眞人, 川住 祐介, 臼井 章仁, 細貝 良行, 佐藤 美帆, 境 純, 臼井 聖尊, 橋谷田 真樹, 齋藤 春夫
日本法医学雑誌   May 2012   
CDMAMファントムによる3Mモニタと5Mモニタの視覚評価
高根 侑美, 川住 祐介, 堀江 常満, 佐藤 美帆, 石橋 忠司
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   May 2012   
通常観察における環境光の医療用モニタへの影響 照明の条件と、モニタの輝度とコントラスト応答の関係
堀江 常満, 高根 侑美, 佐藤 美帆, 川住 祐介, 石橋 忠司
日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   Feb 2012   
法医解剖前CT検査が剖検従事者の結核感染予防に有用であった2例
臼井 章仁, 川住 祐介, 齋藤 春夫, 細貝 良行, 佐藤 美帆, 高根 侑美, 石橋 忠司, 境 純, 大久保 諭一, 舟山 眞人
Japanese Journal of Radiology   Feb 2012   
東北大学における法医解剖前全身CT検査システムの紹介とその具体的利点の一つである結核感染情報の入手
齋藤 春夫, 臼井 章仁, 川住 祐介, 細貝 良行, 佐藤 美帆, 高根 侑美, 石橋 忠司, 林崎 義映, 大久保 愉一, 境 純, 舟山 真人
法医学の実際と研究   Nov 2011   
同一メーカー4機種のAAPMTG18ガイドライン基準に沿ったモニタの反射とコントラスト応答についての検討
堀江 常満, 高根 侑美, 佐藤 美帆, 川住 祐介, 石橋 忠司
日本放射線技術学会雑誌   Sep 2011   
LCDモニタの低輝度領域における環境光の影響についての検討
堀江 常満, 高根 侑美, 佐藤 美帆, 川住 祐介, 石橋 忠司
日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   Feb 2011   
法医解剖前CT検査の初期経験
川住 祐介, 細貝 良行, 高根 侑美, 佐藤 美帆, 臼井 章仁, 齋藤 春夫, 石橋 忠司, 小倉 隆英, 仲田 栄子, 小山内 実, 佐藤 行彦, 千田 浩一, 高井 良尋, 田村 元, 町田 好男, 森 一生, 高橋 識志, 境 純, 舟山 真人
Japanese Journal of Radiology   Jan 2011   
臓器損傷と死後画像診断
境 純, 高橋 識志, 舟山 眞人, 齋藤 春夫, 川住 祐介, 細貝 良行, 石橋 忠司
法医学の実際と研究   Nov 2010   
下肢AVMの治療経験
松永 賢一, 高瀬 圭, 清治 和将, 松橋 俊夫, 津田 雅視, 山田 隆之, 奥本 忠之, 川住 祐介, 高橋 昭喜
Japanese Journal of Radiology   Jul 2010   
肺結節検出用CADシステムの診断性能比較 放射線科医vs.Lung VCAR vs.Lung CARE
川住 祐介, 山田 隆之, 高瀬 圭, 松橋 俊夫, 津田 雅視, 清治 和将, 奥本 忠之, 金田 朋洋, 高橋 昭喜
Japanese Journal of Radiology   Apr 2009   
特発性器質化肺炎(COP)と細気管支肺胞上皮癌(BAC)が合併し、画像上鑑別が困難であった1例
森 菜緒子, 山田 隆之, 清治 和将, 高瀬 圭, 松橋 俊夫, 津田 雅視, 奥本 忠之, 川住 祐介, 高橋 昭喜, 渡辺 みか
日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   Sep 2008   
Whole Heart Coronary MRA 2回撮像法による検討
伊藤 久雄, 前沢 裕道, 森田 佳明, 高浪 健太郎, 川住 祐介, 松浦 智徳, 目時 隆博, 高橋 昭喜
Radiation Medicine   Apr 2008   
民生用液晶モニタは診断モニタとして十分か? AAPM TG18テストパターンを用いた検証
川住 祐介, 壷井 匡浩, 石橋 忠司, 高瀬 圭, 山田 隆之, 佐藤 明弘, 高橋 昭喜
Radiation Medicine   Apr 2007   
医療用高精細液晶モニタと民生用液晶モニタでの診断能の違い 肝臓単純CTによる検証
川住 祐介, 山田 隆之, 大田 英揮, 壺井 匡浩, 高瀬 圭, 佐藤 明弘, 石橋 忠司, 高橋 昭喜
日本医学放射線学会学術集会抄録集   Feb 2006   
参照・教育用イメージマネージメントシステムによる画像データベースの構築・運用
川住 祐介, 石橋 忠司, 山田 隆之, 佐藤 明弘, 高瀬 圭, 高橋 昭喜
日本医学放射線学会学術集会抄録集   Feb 2005   
経静脈造影MDCTにおける正常虫垂の性状・同定率の検討
壺井 匡浩, 高瀬 圭, 大田 英揮, 川住 祐介, 力丸 裕哉, 石橋 忠司, 高橋 昭喜
日本医学放射線学会雑誌   Nov 2004   
VPN型遠隔画像診断システムの構築
川住 祐介, 壺井 匡浩, 石橋 忠司, 高橋 昭喜
日本医学放射線学会雑誌   Nov 2004   
CTAPで肝S2,3に非定型的pseudolesionsを生じた1例
川住 祐介, 佐藤 明弘, 松橋 俊夫, 高瀬 圭, 斉藤 春夫, 石橋 忠司, 高橋 昭喜
日本医学放射線学会雑誌   May 2004   
超選択的腎静脈サンプリングで診断し得たReninomaの1例
川住 祐介, 奈良崎 覚太郎, 佐藤 明弘, 齋藤 春夫, 石橋 忠司, 高橋 昭喜, 阿部 高明, 荒井 陽一
日独医報   Apr 2004   
VPNを用いた遠隔画像診断システムの構築とその評価
川住 祐介, 壷井 匡浩, 石橋 忠司, 高橋 昭喜
日本医学放射線学会雑誌   Feb 2004   
食道癌に対するNedaplatin+5-FU併用放射線治療の治療成績
有賀 久哲, 高井 良尋, 根本 建二, 小川 芳弘, 武田 賢, 後藤 卓美, 小藤 昌志, 野宮 琢磨, 藤本 圭介, 加藤 裕美子, キース・ブリトン, 久保園 正樹, 奈良崎 覚太朗, 川住 祐介, 神宮 啓一, 山田 章吾
日本医学放射線学会雑誌   Nov 2003   
胃MALTの放射線治療
久保園 正樹, 高井 良尋, 根本 建二, 小川 芳弘, 有賀 久哲, 武田 賢, 後藤 卓美, 小藤 昌志, 野宮 琢磨, 藤本 圭介, 加藤 裕美子, キース・ブリトン, 奈良崎 覚太朗, 川住 祐介, 神宮 啓一, 山田 章吾
日本医学放射線学会雑誌   Nov 2003   
当科におけるT2喉頭癌の治療成績
野宮 琢磨, 高井 良尋, 根本 建二, 小川 芳弘, 有賀 久哲, 武田 賢, 後藤 卓美, 小藤 昌志, 藤本 圭介, 加藤 裕美子, キース・ブリトン, 久保園 正樹, 奈良崎 覚太朗, 川住 祐介, 神宮 啓一, 山田 章吾
日本医学放射線学会雑誌   Nov 2003   
I期非小細胞肺癌における炭素イオン線治療とX線治療との肺DVHの相違
小藤 昌志, 高井 良尋, 根本 建二, 小川 芳弘, 有賀 久哲, 武田 賢, 後藤 卓美, 野宮 琢磨, 藤本 圭介, 加藤 裕美子, キース・ブリトン, 久保園 正樹, 奈良崎 覚太朗, 川住 祐介, 神宮 啓一, 山田 章吾
日本医学放射線学会雑誌   Nov 2003   
根治照射後5年以上経過して再発した子宮頸癌の検討
加藤 裕美子, 高井 良尋, 根本 建二, 小川 芳弘, 有賀 久哲, 武田 賢, 後藤 卓美, 小藤 昌志, 野宮 琢磨, 藤本 圭介, キース・ブリトン, 久保園 正樹, 奈良崎 覚太朗, 川住 祐介, 神宮 啓一, 山田 章吾
日本医学放射線学会雑誌   Nov 2003   
Ir-RALSを用いた子宮頸癌の放射線治療
小川 芳弘, 高井 良尋, 根本 建二, 有賀 久哲, 武田 賢, 後藤 卓美, 小藤 昌志, 野宮 琢磨, 藤本 圭介, 加藤 裕美子, キース・ブリトン, 久保園 正樹, 奈良崎 覚太朗, 川住 祐介, 神宮 啓一, 山田 章吾
日本医学放射線学会雑誌   Nov 2003   
加齢黄斑変性の放射線治療
武田 賢, 高井 良尋, 根本 建二, 小川 芳弘, 有賀 久哲, 後藤 卓美, 小藤 昌志, 野宮 琢磨, 藤本 圭介, 加藤 裕美子, キース・ブリトン, 久保園 正樹, 奈良崎 覚太朗, 川住 祐介, 神宮 啓一, 山田 章吾
日本医学放射線学会雑誌   Nov 2003   
原発性肝癌の放射線治療
奈良崎 覚太朗, 高井 良尋, 根本 建二, 小川 芳弘, 有賀 久哲, 武田 賢, 後藤 卓美, 小藤 昌志, 野宮 琢磨, 藤本 圭介, 加藤 裕美子, キース・ブリトン, 久保園 正樹, 川住 祐介, 神宮 啓一, 山田 章吾
日本医学放射線学会雑誌   Nov 2003   
心臓原発血管肉腫の治療経験
神宮 啓一, 高井 良尋, 根本 建二, 小川 芳弘, 有賀 久哲, 武田 賢, 後藤 卓美, 小藤 昌志, 野宮 琢磨, 藤本 圭介, 加藤 裕美子, キース・ブリトン, 久保園 正樹, 奈良崎 覚太朗, 川住 祐介, 山田 章吾
日本医学放射線学会雑誌   Nov 2003   
放射線化学療法及びgemcitabineが著効した進行膵癌の1例
川住 祐介, 高井 良尋, 根本 建二, 小川 芳弘, 有賀 久哲, 武田 賢, 後藤 卓美, 小藤 昌志, 野宮 琢磨, 藤本 圭介, 加藤 裕美子, キース・ブリトン, 久保園 正樹, 奈良崎 覚太朗, 神宮 啓一, 山田 章吾
日本医学放射線学会雑誌   Nov 2003   

Association Memberships

 
 

Patents

 
特許9,808,217 : Breast cancer detection system, breast cancer detection method, breast cancer detection program, and computer-readable recording medium having breast cancer detection program recorded thereon.
Homma Noriyasu, Handa Takeshi, Ishibashi Tadashi, Kawasumi Yusuke, Yoshizawa Makoto