共同研究・競争的資金等の研究課題

2013年4月 - 2016年

太平天国とキリスト教の関わりからみる中国初期プロテスタント史の研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業
  • 倉田 明子

担当区分
研究代表者
配分額
(総額)
3,380,000円
(直接経費)
2,600,000円
(間接経費)
780,000円
資金種別
競争的資金

香港バプテスト大学で開かれた第八屆近代中国基督教史研討会「近代中国基督教与現代性――比較視覚」に参加し、「通商口岸知識分子与基督教 ――19世紀西方知識与現代性」を発表した。アメリカ・テネシー州のSouthern Baptist Historical Library and Archivesを訪問し、ロバーツほか中国に派遣された宣教師の史料の閲覧と撮影をおこなった。これらの史料は従来の研究ではあまり顧みられてきておらず、19世紀の中国ミッション史を知る上で重要なものとなる可能性が高い。これらの史料のうち、上海に赴任したイェーツについての史料を部分的に用い、中国・杭州で開かれた国際シンポジウム「中西交匯中的近代中国都市与郷村国際学術研討会」において「中西交匯中的上海――通商口岸城市的成立与伝教士」と題して発表し、中国、台湾の研究者と意見交換を行った。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/p/25770253.ja.html