基本情報

所属
國學院大學
学位
博士(文学)(2014年3月 國學院大學)

J-GLOBAL ID
201801008749370148
researchmap会員ID
B000347071

近代文学を専門にしています。とくに横光利一を中心に、大正末から昭和前期の文学に興味をもって研究を進めています。横光が果敢に試みた文学言語の革新には現在でも学ぶべき点が多く、それを極めることで、文学という言語表象について明らかにできればと思っています。「光のない言葉は嫌いである」と横光は言いました。まさに「光ある言葉」を探しながら、生きて在ることを豊かにしたいものです。

研究キーワード

  1

学歴

  1

論文

  72

書籍等出版物

  18

講演・口頭発表等

  12

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

その他

  4
  • 2007年07月01日 太田治子氏の著書で、NHKラジオ第二放送のテキストである。近代文学のベストセラーを取り上げる講座に企画段階から協力を依頼され参加した。明治以降のベストセラーを調査し、太田氏に選択してもらい、それで執筆いただいた。原稿の校正を担当しながら、不明箇所の意見を出した。読者の便宜をはかり、とりあげた15作品のあらすじを各回巻頭に置き、その執筆をした。
  • NHK出版, 2006年10月01日 井上謙氏の著書で、東京のほかに横浜や鎌倉を扱ってほしいとの要望から実現したものである。NHKラジオ第二放送のテキストである。横浜と鎌倉に湘南方面も加え、全25回構成で企画した。今回も編集協力として、現地コースの取材をし、井上謙氏の原稿の校正を担当した。各回の「脚注」と巻末に「参考文献一覧」を付した。
  • NHK出版, 2002年10月01日 井上謙氏の著書で、『東京文学探訪 明治を見る、歩く』の続編である。NHKラジオ第二放送のテキストとして、全26回分を企画し、それぞれの土地を取材した。それに基づいて井上謙氏に執筆してもらい、私は校正を担当した。さらに、各回の「脚注」と巻末に「関連文学史年表」を付し、読解の助けになるようにした。
  • NHK出版, 2002年03月01日 井上謙氏の著書で、NHKラジオ第二放送のためのテキストである。いわゆる文学探訪という文学作品や作家にゆかりの土地を実際に歩くという内容でラジオ講座を設けたいという企画があり、その構成の段階から協力した。上下合わせて26回あるため、作家や作品を選び、26コースを設定し、実際に取材した。また井上謙氏の原稿を取材内容に合わせて整合性をとるなど、編集にも協力し、各回の「脚注」と巻末に「主要人物生没年表」を作成し付した。