基本情報

所属
奈良教育大学 学校教育講座 教授
学位
博士(心理学)(名古屋大学)

研究者番号
90382465
J-GLOBAL ID
200901080790236124
researchmap会員ID
1000313883

外部リンク

【資格】

  • 学校心理士(学校心理士認定運営機構)
  • 認定心理士(日本心理学会)

【免許】

  • 高等学校教諭専修免許状(地理歴史,学校心理学付記)
  • 高等学校教諭専修免許状(公民,学校心理学付記)
  • 中学校教諭専修免許状(社会,学校心理学付記)

【研究テーマ】

  • 対人的相互作用による問題行動に対する制止の規定因:「教員間いじめ」に着目して(個人研究:2022.4-)

「対人的相互作用による問題行動」を制止する行為が,どのような事項によって規定されるのかについて,WEB調査等によって実証的に検討する。特に「教員間いじめ」への対応に着目する。

  • 教室における規範逸脱行動に対する個人要因および状況要因の影響(個人研究:2010.4-)

個人の態度が,周囲の人々との相互作用を通して規範逸脱行動に至る過程や,規範逸脱行動をとった者の適応について,質問紙調査やシミュレーションによって検討する。

  • 授業における私語の発生過程に対する調査およびシミュレーションによる検討(個人研究:2006.4-2009.3)

授業における私語の発生過程について,規範意識や適応などの概念に着目しつつ,調査やコンピュータ・シミュレーションによって検討する。

  • 教育場面におけるグループ学習に対する教師の指導法の実証的研究(個人研究:2003.4-2004.3)“The effects of teacher's instruction on interaction within a small group learning context”

グループ学習に対する教師の指導や児童の個人特性と,学習中の発言頻度の関連について検討する(The purpose of the research is to investigate the relationship amongst instruction, children's individual characteristics, and frequency of speaking within small group learning.)。


研究キーワード

  5

論文

  56

MISC

  1

書籍等出版物

  8

講演・口頭発表等

  95

担当経験のある科目(授業)

  31

共同研究・競争的資金等の研究課題

  10

社会貢献活動

  35